岡山県華僑華人総会 ブログ

中国領事館の各種業務代行
各国ビザ代行
中国語講座の運営
格安航空券販売
その他困った事があればご連絡ください!

日中国交正常化50周年企画

2022-04-05 13:31:25 | 日記

日中国交正常化50周年企画

 

岡山県華僑華人総会と、一般社団法人大阪福建同郷会は、協力して50周年大会を充実・発展させる為動き出した。

 岡山県下の各界に対し、祖国・商務部が主催し9月8日(木)から11日(日)まで、福建省厦門市で開催される『中国国際投資貿易商談会』に対する説明会を、5月23日(月)14:00~16:00、岡山国際交流センター6階において開催される先遣隊として、大阪福建同郷会会長・張 頴氏、副会長・薛 強氏、専務理事・張 華強氏を岡山へ招き、2泊3日で、会長・劉 勝徳と理事長・林 肇輝が、県内の経済中核団体・マッチングに推薦したい企業へ案内した。

 先遣隊が来岡した3月28日(月)18:30~  「岡山プラザホテル4階・鶴鳴の間」において総会役員と県内友好人士と共に歓迎夕食会を開催した。

 受付では、ウクライナの惨状に心を痛めていた総会事務局員が、人が集まることの少ないこの時期、今回の催しの場を借りて、岡山市花き地方卸売市場から仕入れた、ウクライナ国旗のカラーである 珍しい青色のバラと黄色のバラを2本セットにして販売し、ウクライナの支援活動に協力した。

 歓迎夕食会は、総会副会長・尚徳 強の開会の辞で始まり、過去厦門市で開催された商談会のビデオを鑑賞。歓迎主催者側を代表し副会長・山本芳栄が歓迎の挨拶を行った。

 出席者全員が自己紹介とアピールを行い、総会副会長・胡 森雄が乾杯の音頭をとり食事会が始まった。合間に、日中友好協会岡山支部理事・小川涼子氏による、太極拳演武が披露された。

 答礼を、張 穎氏が行い、閉会の辞を総会副会長・高橋民雄が行った。

 29日早朝6:00ホテルを出発。赤磐市桃園を訪問。赤磐市長・友實武則氏、桃茂実苑社長・友實浩子氏の出迎えとご案内を頂き、桃の花がまだつぼみ状態の桃園を散策した。

  9:00 ナカシマプロペラ内にある、岡山県経済団体連絡協議会を表敬訪問。事務局長・神崎浩二氏の出迎えで、部屋に案内された。机の上には日中両国の国旗が飾ってあった。中国建国直後、ナカシマプロペラがいち早く技術支援を行い、中国政府から沢山表彰されていることを知った。事務局長から、マッチングが成功する様、協議会の会員に広めていくことを表明された。

 10:00 加計学園・岡山理科大学を訪問、玄関で広報部の柏原参事、理 晶広報課員が迎えてくださり、二人の案内で山本准教授が待つ、好適環境水(海水の中から海の魚に必要な成分を、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどに絞り込み、海水魚も淡水魚も同じ水槽で飼育できる人工飼育水 *加計学園の資料より)を使った海の魚を養殖する研究室へ。鰻・エビ・くえ等を見学。一行は技術の高さに驚くばかり・・・。その後、恐竜館へ。内モンゴルから発掘したとの説明を受けた。

 宮下酒造が経営するレストランで昼食後、専務・宮下晃一氏の案内で酒倉へ。ウイスキー・日本酒が中国で広く販売されている事の説明を受けた。さらに、販売路を拡大する為、9月の商談会に参加したいと表明された。専務の父である宮下社長が中国の紹興で講演された時の写真が飾ってあった。

  14:00 岡山商工会議所を訪問。事務局参事・吉田洋一氏、部長・藤原裕久氏、次長・黒崎良子氏、課長補佐・難波武典氏に対応頂き、今回の目的を説明して、会員に広めて頂く事を確認した。

 15:15 OG技研本社を訪問。社長・奥田宏氏、東京営業本部部長・三好亮氏、海外営業課員・楊萌氏と会い、最新医療介護機器を製造する企業を実際にこの目で見て、更なる成長が期待できると感じた。

また、奥田社長の劉に対する思いやりと気配りが感じられた。

 夜は湯原温泉に宿泊し、ホテルの経営者との意見交流を行った。

 

30日 7:30にホテルを出発し、8:50に津山中央病院に到着。林 同輔院長の歓迎を受け、金 東村医師から陽子線治療などの説明を受けた。

  11:30 笠岡市役所・小林嘉文市長を表敬訪問。市長は、長い間伊藤忠の社員として中国に赴任されており、中国語が堪能。我々を熱烈歓迎して頂き、5月に行われるマッチングに、笠岡経済界からも参加するよう応援して頂く事を約束した。

その後、ロームワコーの吉岡会長を表敬訪問。吉岡会長の経営する笠岡グランドホテルで昼食後、ホテル内にある美術館の作品を鑑賞した。

  15:00 玉野市日比観音院住職・岩崎増英氏を表敬訪問、強制連行で亡くなった中国青年25名を慰霊し、外交部歴代の方々が訪問された歴史を伺った。

  17:30 「又来軒岡山駅前店」において、張 穎氏がこの3日間お世話になった方々・赤磐市長ご夫妻をはじめ、佐々木同市議会議員、備前市長代理・掛谷市議会議員、備前焼協会会長、商工会議所専務理事、総会岡山大学法学部・張 紅教授、張 建光顧問等をご招待し返礼宴会を行った。終了後、彼らは夜遅く帰阪した。

 

 

 


☆2022年4月~2022年9月中国語講座申込受付中☆

2022-04-05 12:08:39 | 日記

☆2022年4月~2022年9月中国語講座申込受付中

受講者の年齢層は幅広く、現在小学生から80代の方が受講されています。

中国語に興味のある方、まずはお気軽に無料体験にご参加ください。

各クラス1回無料体験ができます。(予約不要)

必ずマスクを着用してください※


〔2022年春節のご挨拶〕

2022-01-13 19:17:32 | 日記

〔2022年春節のご挨拶〕

岡山県華僑華人総会は、県内の中国人同胞(華僑・華人・留学生・技能実習生・国際結婚者)で来日来岡している約1万人の方々に対し、県内の風俗習慣・中日友好史・日本の法律、特に外国籍者に対する出入国管理法を伝え、彼らの夢と目的を聴き、その目的が到達できるようサポートする組織で、45年の歴史を持っています。

任意団体である我々が、日本の公共施設で事務局を持ち活動できているのは岡山県のみです。

理由は、45年前、県内同胞数は280名。今日1万名の同胞が在住。困難同胞の支援を「為人民服務」の精神で継続的に行っているからです。

 岡山県内の友好人士:吉備真備・内山完造・中西寛治・栗本泰治・犬養毅・黒田寿男・岡崎嘉平太・大原孫三郎・大原総一郎・頼本節夫・江尻美惠子・長野士郎・岡崎平夫・川崎祐宣・大藤真・松本安正・忠政智登士・赤木五郎・吉岡一太郎・田口克己・江草安彦・小林軍治・幡司勝治・奥津亘・水谷賢・大石和昭・原田健明・横見幸憲・時實達枝・福田通雅・景山貢明・稲田健三・松井三平・片山浩子・黒住章子・中島博・松田基・岩崎増修・小合康長・山本遺太郎・金政泰弘・宮本光研・則井保博・西田憲治・国定豪・山下貴司・森田潔等の先生方(順不同)が、様々な形で文化と友誼を発展させました。

このような中日友好の聖地である岡山は、中日友好史を学習し、中日国交正常化50周年の節目の年、更に多くの友人と共に飛躍させなければなりません。コロナ禍の中でたくさんの困難が発生しています。互いに知恵を出し合い、隣国の移動不可能な地に住む我々は、両国民のウインウインの関係の為、橋渡しをすることが私たちの役割です。

多くの華僑華人は、困難を乗り越え安定した生活を営んでいます。しかし、切実な問題もあります。祖国の一人っ子政策の時代に来日した人には、祖国に高齢な両親を抱えています。高齢な両親を看る人もいなく、子供として日本へ呼び寄せ安心して老後を看る事が出来ない状況です。

日本で高齢な両親と生活する在留ビザは、家族滞在ビザ(90日)は可能ですが、過ぎたら帰国しなければなりません。人道問題として日本に在住する100万人の同胞にも呼びかけ、日本の友人にも理解していただき、新たに両親を迎え入れるビザを新設する運動を起こしましょう。

 日本の医療機関での治療は自由診療となり、治療費負担はそれぞれの病院で決定できます。東京の聖路加国際病院では基本料金の300%、倉敷中央病院では200%です。両親には保険もありません。新たな保険制度を創設していただく為の体制も確立しなければなりません。

このような運動は切実で緊急な案件として各団体・友人にご理解いただくよう強く訴えたいと考えます。

同胞のパスポート新規発行・更新は、昨年の8月末までは私たちの事務局で可能でした。昨年9月1日から、外交部は全世界に在留する中国人に対し、中国アプリを利用し各自のスマートフォンから申請と支払いが可能になったと宣伝・指導しています。中国国内とは違い、世界各国に住む中国人の中には、スマートフォンを持たない人・操作が出来ない人もおり、この日本にも同じような状況の人がたくさんいます。さらに支払い方法もチャットでしか出来ず、祖国に口座がある人のみで、口座を持たない人は発行・更新が出来ません。

駐大阪総領事館と相談のうえ、下記の対応といたします。

1.可能な人はアプリで申請する。

2.不可能な人は華僑総会がアプリの操作を指導し、補助する。

3.チャットの支払いが出来ない人は、総領事館と日時相談のうえ、バスでまとまって総領事館へご案内します。

 

公証・認証関係は今まで通り事務局で可能です

市町村発行の公文書は、3か月の有効期間がありますのでご注意ください。

 

福山医療専門学校の作業療法学科(4年)、理学療法学科(4年、)救急救命学科(3年)、看護学科(3年)には、岡山県華僑華人総会からの推薦があれば入学が可能です。 

祖国への各留学制度・奨学金制度の情報も持っていますので、ご相談ください。

 

中國東方航空岡山支店では、3月末まで岡山空港の利用が出来ません。成田・関西から祖国へは、週一便しか運航していない事、隔離期間もある事にご注意ください。

 

華僑総会は、国交正常化記念行事として「慶祝中日国交正常化50周年大会」を9月19日(月・祝)岡山プラザホテルにおいて、11:00から行います。

式典、弁論大会、カラオケ大会、チャイナドレスファッションショー、豪華景品が当たる抽選を

企画しています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。 

  

高齢社会の中で、日本語の会話もできない同胞がまだまだたくさんいます。

中国語の可能な職員が配置されている施設も県内に増えています。

 

《県内の友好団体は下記の通りです》

*岡山県日中懇話会  *岡山県日中友好協会  *日本中国友好協会岡山県支部連合会

*任意NPO法人岡山市日中友好協会  *倉敷市日中友好協会  *新見市日中友好協会

*玉野市日中友好協会  *笠岡市日中友好協会  *日中友好協会岡山支部

*日中友好協会倉敷支部  *日中友好協会井笠支部  

*世界女性会議岡山連絡会岡山県日中女性委員会

 

以上 


〈2021年はあとわずか・・・ 2022年は目の前に・・・〉

2021-12-22 16:58:13 | 日記

〈2021年はあとわずか・・・ 2022年は目の前に・・・〉

 

2021年12月22日

岡山県華僑華人総会

会長 劉 勝徳

同胞の皆様・友人の皆様

この1年間多大なご支援ご協力ありがとうございました。

新型コロナ禍で悲惨な状況の中、一日一日歯を食いしばり乗り越えていらっしゃる事とお察しします。暗闇から抜け出す日も目前と信じ、この困難を乗り越えていきましょう。

来年は、2月に祖国で冬季オリンピックが開催され、秋には中日間において国交正常化50周年記念として各地で多彩な企画が予定されています。

私たちも、中・四国地方の仲間と共に、先人の足跡を受け継ぎ・守り・発展させるため奮闘いたしましょう。

 

【2022年日帰り旅行計画 主催:岡山県華僑華人総会、旅行企画:中國旅行社】

 1、利用対象者:岡山県、鳥取県、広島県、香川県、兵庫県在住者

 2、ワクチン接種証明書又は陰性証明書を提示する必要がある

 

〇1月16日(日)冬の味覚・カニ市場へ日帰りバス旅行(県の助成金活用)

9:00国際交流センター出発⇒蒜山高原センター(0867-66-3600:鈴木)で昼食(ジンギスカン料理)⇒鳥取賀露市場(カニ)自由行動⇒又来軒で夕食⇒国際交流センターで解散

要予約、参加費8,000円、先着50名で締め切り、昼・夕2食付き、ドリンクは個人負担、1,000円クーポン券付き)

 

〇1月29日(土)神戸・孫文の街へ日帰りバス旅行(県の助成金活用)

9:00岡山国際交流センター出発⇒孫文記念館見学(TEL:078-783-7172)⇒神戸中華街自由行動⇒神戸中華同文学校(TEL:078-341-7885)・展覧会鑑賞(15:00~16:00)⇒又来軒で夕食⇒国際交流センターで解散。

要予約、参加費8,000円、先着50名で締め切り、夕食付き、ドリンクは個人負担)

 

【50周年慶祝関連企画】

〇2月1日(火・春節の日)弁論予選大会 14:00~16:00 

岡山国際交流センター6階(参加費用:1000円、上半身写真1枚:4㎝×3㎝)

・出場者先着10名、内3名が本選出場、弁論テーマは自由。 

9月19日(月・祝)の岡山慶祝大会の本選(1位:3万円、2位:2万円、3位:1万円)に出場可能な人。

持ち時間5分以内。 申し込み先は岡山県華僑華人総会まで

TEL:086-201-1076  E-mail:chineseinokayama@yahoo.co.jp 

*カラオケ大会については後日詳細お知らせ。


☆2021年12月~2022年3月中国語講座申込受付中☆

2021-11-30 17:53:39 | 日記

☆2021年12月~2022年3月中国語講座申込受付中

受講者の年齢層は幅広く、現在小学生から80代の方が受講されています。

中国語に興味のある方、まずはお気軽に無料体験にご参加ください。

各クラス1回無料体験ができます。(予約不要)

必ずマスクを着用してください※