【 閑仁耕筆 】 海外放浪生活・彷徨の末 日々之好日/ 涯 如水《壺公》

古都、薬を売る老翁(壷公)がいた。翁は日暮に壺の中に躍り入る。壺の中は天地、日月があり、宮殿・楼閣は荘厳であった・・・・

◎_今日の足跡が記録帖_◎ 2021/12/24/

2021-12-24 05:48:40 | 沈思黙考・如水独語

ⰧⰊⰧ Intermiussion/幕間 =狂(きょう)の出来事= 平成3年12月24日 ⰧⰂⰧ

☆ 男が子供や女を喜ばせようと頑張ってみるものの、その7割方が失敗して凹むクリすまス慰撫

因みに、グルーバーの『きよしこの夜』初演(1818年)

&so ヴェルディの『愛だ!!?/アイーダ』初演(1871年)

☆ リンカーン一派に郷土を踏み荒らされた南部の荒くれ者どもが、黒人をリンチするためのコスプレ団体を結成(1865年=K.K.K.設立)

☆ リア充を爆発させようとした非モテが、クリスマスツリーに仕掛けた爆弾を作動(1971年)

革命的非モテ同盟の先駆的活動として今日では語り継がれている

_._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新春挨拶=平成29年元旦= 3/3

2017-01-03 06:26:22 | 沈思黙考・如水独語

 迎春  

酉年(とり年)は、西暦年を12で割って1が余る年が酉の年となり、

経験則から“酉年の世は鳥乱れる”と言われる。 

「酉」は(緧{糸酋/シュウ})「ちぢむ」の意味で、果実が成熟の極限に達した状態を表す。 

後に、覚え易くするために動物の鶏が割り当てられた。 

前年の「申」は(呻{申/シン})「うめく」の意味で、果実が成熟して固まって行く状態を表し、申年で成熟を果たした世界が酉年で次なる世相を模索し始めると言う。

したがって、酉年は混迷のとば口であり、鶏が夜明けとともに世に警告を発する。 

因みに、唐の玄宗は酉年生まれであり、玄宗は唐の絶頂期を迎えたが、闘鶏を好奨励した。 

皇族や貴族には財産をつぶす者が続発し世相は混迷した。

政経に倦んだ玄宗が楊貴妃を寵愛したことで、唐王朝に幕を下ろしたのが酉年  


前節【現代の探検家=39=】へ移行 : http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/3f9d083c5e9e0080ff7cf07e5afc3ade

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【壺公夢想;如水総覧】 :http://thubokou.wordpress.com

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【疑心暗鬼;如水創作】 :http://bogoda.jugem.jp/

下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行

================================================

  

・・・・・・山を彷徨は法悦、その写真を見るは極楽  憂さを忘るる歓天喜地である・・・・・

森のなかえ

================================================

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新春挨拶=平成29年元旦= 2/3

2017-01-02 07:30:09 | 沈思黙考・如水独語

 迎春 

 本年は、憂いなく充足感で日々 過ごせますように・・・・・


 前節【現代の探検家=39=】へ移行 : http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/3f9d083c5e9e0080ff7cf07e5afc3ade

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【壺公夢想;如水総覧】 :http://thubokou.wordpress.com

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【疑心暗鬼;如水創作】 :http://bogoda.jugem.jp/

下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行

================================================

  

・・・・・・山を彷徨は法悦、その写真を見るは極楽  憂さを忘るる歓天喜地である・・・・・

森のなかえ

================================================

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新春挨拶=平成29年元旦= 1/3

2017-01-01 07:00:47 | 沈思黙考・如水独語

 迎春 

本年は、世界各地が平穏な日々を感受できます様に・・・・


前節【現代の探検家=39=】へ移行 : http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/3f9d083c5e9e0080ff7cf07e5afc3ade

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【壺公夢想;如水総覧】 :http://thubokou.wordpress.com

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【疑心暗鬼;如水創作】 :http://bogoda.jugem.jp/

下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行

================================================

  

・・・・・・山を彷徨は法悦、その写真を見るは極楽  憂さを忘るる歓天喜地である・・・・・

森のなかえ

================================================

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グルバン祭り と ローゼ祭

2010-11-15 22:54:17 | 沈思黙考・如水独語
 昨夜 イスラム教徒の断食の話をした。 小生 つらつら思うに、回教徒のシンボルは下弦の月である。満月ではない。 なぜか なぜだ 愚考した。 内蒙古のバインゴル大草原(世界最大という)やゴビ・タクラマカン砂漠を彷徨った満月の明るさ また 月無く雲なき星のみの暗さ。 下弦の月は薄明かりである。
 断食月の約一ヶ月のは絶対の神が服従するものとしての厳格な自己管理を回教徒にしいるものだ。 が 唯一絶対マホメット様は 太陽の下ではそれを強い、日が沈み、昇り来るまでの時間帯は強制しなかった。 ”夜がけ・朝駆け”太陽が昇り来る前に腹を満たし、日没と共に宴会を開く。 回教徒はマホメットの寛大さに涙した。 また 闇夜は邪心の声に民の心が動きく。 満月の明るさは管理統治者の権力誇示におあつらえ向き。 下弦の月は薄明かり。 民の心は邪心や強権から開放される。 と 小生 愚考した。 ハッハッハ また 今日も馬鹿を一つ開帳した。 
 
 さて 祭りの話をと 反省するも 小生が拙文は、五木寛之氏や陳舜臣氏の名文に 足元さえにも およばない。 また せっかくアクセスを賜った淑女諸兄には失礼になる。 で 両文豪の筆業を一読されることを薦めます。
 友人が帰郷したカシュガールは北に天山山脈、南にタクラマカン砂漠、西にパミール高原が扇壁を造り東からのシルクロードをこの地で息止するオアシスである。 2千年以上の歴史を有し 東西文化・交易の拠点であった。 小生 三度この地を放浪。 ウルムチから ある時はバスにて、汽車にて、飛行機でと
 されど まだまだ興味はつきぬ。 文化的に長い歴史・地政学的に重要な城郭 されど 遺跡が非常に少ない街 *この理由は次回にお話 しましょう* 緑少なく、イスラム文化が凝固した街。  このオアシスの街にエイティガール・モスクがある。 中国内最大の回教寺院である。 このモスクでグルバン祭とローゼ祭が挙行される。 ご存知のように回教イスラム教は太陰暦。 よつて 毎年 開催日は異なる。 友人の帰郷は断食を家族の下で過ごし、グルバン祭に参加するためである。 日本人の正月帰郷と同じ感覚だ。 グルバン祭もローゼ祭も断食明けに行われ この時 街は市民の二倍以上の信者に埋め尽くされる。 蛇足ながら 祭りを見ようと考える旅行者は太陰暦の研究が必要。 小生の友人たちで いつが開催日なのかを即答できた人はいない。 最寄の回教寺院で確認されたし・・・・老婆心・・失礼・・・・次回は 今回の課題 "なぜ カシュガール市に遺跡がすくないのか” の愚考と 西への紀行”冬のパミール高原越え” を開帳しよう・・・・・・・・・【写真は ”砂漠 総てを過去に” 】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする