【 閑仁耕筆 】 海外放浪生活・彷徨の末 日々之好日/ 涯 如水《壺公》

古都、薬を売る老翁(壷公)がいた。翁は日暮に壺の中に躍り入る。壺の中は天地、日月があり、宮殿・楼閣は荘厳であった・・・・

今日(狂)の狂言 : 06月20日(木曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-20 05:10:53 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★  忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 世界難民の日。国際連合総会で発議採択。因みに、ルイ16世一家がオーストリアへの逃亡を図った日(1791年)でもある。 きしくも、マリー・アントワネットの愛人であったフェルセンが民衆により惨殺され(1810年)全裸で側溝に投げ捨てられる。 ◆ 18歳の少女がイギリスの女王になり(1837年)、以後の64年間の治世で文字通りの大英帝国を完成させる。 ◆ ニューヨーク市のスタテンアイランドの「ホワイト・ハウス」と呼ばれる豪邸に居を構え、全米のマフィアを仕切るコミッションに上り詰めたカステラーノが肉屋の息子として生まれる(1915年)。

◎ ◎ <検証>疑惑の南極単独横断、冒険家に集まる批判 ◎ ◎

- - -第1回 「世界初の快挙」、体験談は多くの矛盾を含んでいた - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉

・・・・2020.03.02 / 文=Aaron Teasdale/訳=ルーバー荒井ハンナ・・・・

  米国人のコリン・オブレイディ氏は、スキーによる南極大陸の無支援単独横断に初めて成功したと主張する。その体験を記録した著書『The Impossible First』のなかで、この旅最大の難所に差し掛かった時のことを、オブレイディ氏は次のように振り返っている。

「風速80~90キロの風に打たれ、地図にも載っていない到達不可能、救助不可能な地獄の地帯に入った。氷に覆われた地表は風に削られて起伏が激しく、救助の航空機すら着陸できない」  

 ところが、オブレイディ氏の主張を細かく追及していくと、つじつまの合わない部分が出てくる。これは、この本の他の部分や、数々のメディアにおける氏の発言にも言えることだ。(参考記事:「世間を欺いた6つの科学イカサマ」) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150216/435672/  

  2019年1月3日、南極大陸横断を終えて帰りの飛行機に乗り込むコリン・オブレイディ氏。メディアは彼の功績を「歴史的」と讃えたが、専門家の間からその主張の正当性を疑問視する声が上がっている。(TAMARA MERINO, THE NEW YORK TIMES, REDUX)

 過去35年間にわたり、南極探検の企画運営に数多く携わってきたALEの安全管理担当者は、救助不可能だといった覚えはないと話す。そればかりか、オブレイディ氏が助言を求めたという極地専門家の誰ひとりとして、彼の冒険を「不可能」だったと考える者はいない。

 オブレイディ氏の言う「地図にも載っていない」危険地帯とは、実際には人工的にならされ、目印の旗が立てられた車道だった。裕福な旅行者もしばしば利用する道路で、たとえ動けなくなったとしても、衛星電話で救助を呼べば、数時間以内にスキーをつけた小型飛行機が駆け付けることも可能なはずだった。

ナショジオも伝えた大陸横断の偉業

 2018年最後の数カ月間、世界の目は33歳のオブレイディ氏と49歳のブリトン・ルイス・ラッド氏に釘付けになっていた。二人は「世界初の南極大陸無支援単独横断」を目指して、互いに競争していたのだ。

重  さ136キロの荷物を載せたそりを引き、たったひとりで何の支援も受けず、54日間かけて1500キロの道のりをスキーで進んだ。南極点の研究所でコーヒー1杯を受け取るだけでも、無支援での横断という資格を失ってしまう。

そしてついに、南極の経験がほとんどないオブレイディ氏が、熟練者のラッド氏よりも2日早くゴールに到達した。世界中のメディアが、オブレイディ氏の成功を大きく報道した。  

   ナショナル ジオグラフィックも、オブレイディ氏とラッド氏の冒険をリアルタイムで追い、オブレイディ氏がゴールに到達したとき、「歴史的」「無支援」という言葉を使ってその偉業を伝えた。

しかし、その後記録を見直し、さらに多くの情報を集めた結果、記事のタイトルが変更され、編集部による注釈が加えられた。(参考記事:「冒険家は南極トレックを達成した」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/122800257/  

著名な冒険家や極地専門家たちは、当初からオブレイディ氏の主張に懐疑的だった。コンラッド・アンカー氏、アレックス・ホノルド氏、マイク・ホーン氏、ボルゲ・オウスラン氏らは、オブレイディ氏が自らの功績を誇張して語っていると批判した。誇張よりもひどい言動があったという証言もある。(参考記事:「ロープなしで900mの絶壁を初登攀、米ヨセミテ」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/060700213/

 過去数カ月間、ナショジオはオブレイディ氏の話の中身を調査してきた。オブレイディ氏は3回の電話インタビューに応じたが、最近はコメントを求めても返事が来なくなった。他にも、オブレイディ氏に助言していた専門家も含め、多くの極地冒険家に話を聞いたが、その多くが、オブレイディ氏は名声を得るために真実を歪曲していると考えていた。

 断っておくが、比較的経験の浅いオブレイディ氏が2カ月近くで単独の南極大陸横断に成功したのは、紛れもない事実である。それ自体偉大な功績であり、称賛に値する。では、なぜここまで批判を浴びることになってしまったのだろうか。

第2回「南極横断はどこからどこまで? 総距離が突如半分に」へつづく  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/14e7718ff24156d215e643d3778913f5

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Blue In Green (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月19日(水曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-19 05:10:00 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 味方だと思って歓迎の準備をしていた鎌倉幕府の六波羅探題が、その援軍の大将に襲撃される(1333年=足利高氏らの攻撃)。 ◆ とある文士が愛人と一緒に玉川上水にてグッド・バイしているのが見つかる(1948年)。これを記念してか、その当人の墓標がファンによってさくらんぼまみれになる一日でもある。 ◆ 前日行われたライバルの□□プレイ生中継に恐れを為した自称「兜町の風雲児」が、警察署に自分からお縄にされる(1985年)。

ブッダの謎に考古学で挑む、最古の仏教寺院発掘も 謎に包まれたその生涯や生没年、

世界遺産の生誕地ルンビニを調査 =後節=

=National Geographic Journal Japan 〉古代〉旅&文化〉

・・・・2020.10.12 / 文=VERONICA WALKER/訳=三枝小夜子・・・・

アショーカ王の登場

 紀元前3世紀になると、この新しい宗教を急成長させることになる偉大な王が権力を握る。その名はアショーカ、古代インドのパータリプトラ(現在のパトナ)を首都とするマウリヤ朝の創始者チャンドラグプタ王の孫だ。

マウリヤ朝は、マケドニアのアレクサンドロス大王が紀元前323年に死去した後の権力の空白を利用して、北インド全域に支配を広げていた。(参考記事:「アレクサンドロス大王の墓、21年がかりで探求」) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030400137/

 紀元前265年頃に即位したアショーカ王は、さらなる領土を求めて近隣諸国を征服し続けた。ところが即位から8年目に、彼の精神を大きく変える経験をした。

 彼自身の告白によると、それは隣国カリンガを征服した後に起きたという。自分が起こした戦争によって人々が苦しむ姿を目にして激しく後悔し、暴力を放棄して仏教に帰依したのだ。そして、仏教の教えを国家政策とし、各地に建てた石柱や自然の岩に自身の新しい統治理念を刻ませた。

 アショーカ王が信奉したことで、仏教は瞬く間にインド全土に広まった。紀元前50年頃には、様々な宗派がシルクロードなどの交易路に沿って伝わり、6世紀までには遠く離れた日本にまで到達した。仏教が広まると、信者たちはブッダの生誕地であるルンビニに巡礼するようになった。  

  再び脚光を浴びたルンビニ

 仏典によると、マーヤーは出産のために実家へ旅をしていた途中、ルンビニで陣痛が始まり、サラソウジュ(沙羅双樹)の枝につかまってシッダールタを産んだという。ブッダの死後、ルンビニは数世紀にわたって大切にされていたが、政治的な動乱のためか、次第に注目されなくなってしまった。

 だが1890年代にルンビニで、「天愛喜見王」による紀元前3世紀の碑文が刻まれた円柱が発見された。ほとんどの歴史家は、天愛喜見王はアショーカ王のことだと解釈している。碑文には「即位20年となり、王は自らこの地を訪れ、祈りを捧げた。

 なぜならブッダ・シャーキャムニ(釈迦牟尼)がここで生まれたからである」と記されていた。ブッダの生誕地はこうして再発見された。

 ルンビニの発掘調査により、数世紀間に建てられた多くの建造物の存在が明らかになった。最も神聖な建造物の1つは、マーヤーが出産前に沐浴したとされる池だ。紀元前3世紀から後5世紀にかけて複数建てられた僧院の遺跡や、新しいものでは15世紀のストゥーパ(仏塔)も見つかった。  

  この遺跡の中心であるマーヤー・デービー寺院は、アショーカ王時代の建築物の上に建てられている。1996年には、この寺院の下から1個のブロックが見つかり、ブッダが誕生した場所を示すとされた。翌1997年、ユネスコはルンビニを世界遺産に登録した。

 つい最近まで、仏教信仰が確立していたことを示す考古学的証拠は、紀元前3世紀のものが最古だった。しかし2011年に、それを変える可能性のある発見があった。

 考古学者のロビン・カニンガム氏とコシュ・プラサド・アチャリヤ氏が率いる国際研究チームが、ルンビニのアショーカ王時代のレンガの舗装を撤去したところ、その下から木造建築物の跡を発見したのだ。サンプルを分析すると、紀元前550年頃のものであることがわかった。

 石化した木の根が見つかったことから、この木造建築物がボーディガラ、つまり菩提樹を祭る寺院だった可能性が高いことが示唆される。樹木を祭った痕跡は仏教以前の遺跡とも関連づけられているが、カニンガム氏とアチャリヤ氏は、この遺物には仏教的な特徴が見られると主張している。

 ブッダは生前、ルンビニを巡礼地として定めたと伝えられている。ボーディガラが紀元前6世紀頃のものだったとする今回の発見は、ブッダがその頃に生きていた可能性があることを示唆しており、ブッダの生涯を解き明かそうとする歴史家たちに新たな証拠を提供している。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/2dc9e0fe0df37dc0d1574bd3fa6c8ad2

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Blue In Green (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月18日(火曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-18 05:10:12 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 時代の寵児だったナポレオン・ボナパルトがワーテルローの戦いに敗れ、百日天下が終焉し、タダのデブの囚人に(1815年)。 ◆ フランスから逃げ出したシャルル・ド・ゴールがラジオで大演説をぶって、時代の寵児となる(1940年)。&so、時代の寵児だった豊田商事の永野一男会長が、自らの虐殺プレイを生中継(1985年)。 ◆ 朝日新聞が時代の寵児だったリクルートの贈賄疑惑をスクープ、瞬く間に政界を含めて時代の寵児と言われる面々が追及されることに(1988年)。

ブッダの謎に考古学で挑む、最古の仏教寺院発掘も

謎に包まれたその生涯や生没年、世界遺産の生誕地ルンビニを調査 =前節=

=National Geographic Journal Japan 〉古代〉旅&文化〉

・・・・2020.10.12 / 文=VERONICA WALKER/訳=三枝小夜子・・・・

 その昔、現在のネパールにあったカピラバストゥ(カピラ城)に住む裕福な王子が、別の生き方を模索するため、家族と富を捨てて出家した。ゴータマ・シッダールタ(釈迦)という名の彼は、修行の末に「ブッダ(仏陀)」つまり「悟った人」となり、その教えは現在5億人の信者を擁する宗教の基礎となっている。

 宗教学者のカレン・アームストロング氏は、2001年に出版したブッダの伝記の中で、「仏教徒の中には『ゴータマ・シッダールタの伝記を書くなんて、とても非仏教的なことだ』と言う人もいるだろう」と書いている。  というのも生前のブッダは、人々に教えを広めようとはしたが、自身に全てをささげる信徒は望まなかったからだ。おかげで歴史家たちは苦労することになった。仏教に関する宗教的な文献は豊富にあっても、彼の個人的な生涯については、生没年を含め、はっきりしている事実はほとんどない。

 そこで学者たちは、ブッダの生涯の全容を解明するために考古学に目を向け、信仰の聖地を調査している。シッダールタが生まれたとされるネパールのルンビニは、ユネスコの世界遺産に登録されており、この20年間の発掘調査により、世界最古の仏教寺院などの驚くべき発見があった。(参考記事:「世界最古の仏教寺院発見、ネパール」) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8577/  

 これらの発見は、初期仏教の発展と、紀元前3世紀インドのアショーカ王が仏教の普及に果たした役割について、多くの事実を明らかにした。また、シッダールタがいつ生まれ、いつ活動し、いつ死んだのかにまつわる重要な情報も含まれている。

釈迦から仏陀へ

 現在では仏教徒は世界中にいるが、なかでも中国、タイ、日本を中心とする東アジアに多い。仏教が世界各地に広まる過程で、信仰の解釈や中心的な教典を異にする様々な宗派に分かれた。

 仏典によると、シッダールタは、インド北東部を支配していたシャーキャ(釈迦)族の王、シュッドーダナ(浄飯王=じょうぼんおう)と、その妃であるマーヤー(摩耶)夫人の間に生まれた。世の悪しきものから息子を守ろうとした父は、シッダールタを痛みや苦しみに触れさせまいと、カピラバストゥの王宮から出さずに大切に育てた。

 29歳になり、結婚して息子もいたシッダールタだったが、王宮での贅沢(ぜいたく)な暮らしにうんざりしていた。冒険心から外の世界へ出てみたところ、生まれて初めて病人と老人と死者を見かけた。過酷な人生の現実に衝撃を受けた彼は、快適な暮らしも家族も捨て、人間の苦しみを終わらせるための知恵を求めて旅立った。

 やがて今日のインド北東部、ブッダガヤの菩提樹(インドボダイジュ)の下で瞑想をしていたとき、ついに答えを見つけた。悟りを開き、ブッダとなったのだ。  

  学者たちは、彼がその後、人々に教えを説き、サンガ(僧伽=そうぎゃ)と呼ばれるようになる出家者集団をもつようになったと考えている。ブッダは、悟りを開くために世俗に背を向け、執着を捨てることを説いた。

 仏教では一般に、大半の人は輪廻(りんね)する、つまり死と再生を無限に繰り返しているとされ、この苦しみから解放されるためには悟りを開いて輪廻から解脱しなければならないと教えられている。

 初期の仏典には、ブッダの生涯について共通の物語が記されているが、その時期についてはばらつきがあり、紀元前2500年頃とするものもあれば、紀元前3世紀末とするものもある。

 ブッダの死後、その教えは徐々に発展して新しい独自の宗教となり、熱心な信者によってアジア各地に広められた。だが当時の北インドでは、知的で宗教的な雰囲気のなかで多くの小さな宗教が生まれており、初期の仏教もその1つに過ぎなかったと考えられている。

・・・・・・・・明日に続く・・・・・  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/e1b02870d201ca848e50aa1f7f3e195e

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Blue In Green (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月16日(日曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-16 05:10:09 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 秤屋とタイムレコーダー屋とパンチカードの会社が、経営不振だったもの同士合併(1911年=IBMの前身「C-T-R社」が設立)する。 やがてビッグブルーとしてコンピュータ世界に君臨するとは、当時誰も予想しなかった。 ◆ 第二次世界大戦でナチスに蹂躙される一方だったフランスの首相に第一次大戦の英雄が就任する(1940年)が、5日後には早々と白旗を掲げ国民の期待は裏切られることとなる。 ◆ 同志レオニード・ブレジネフが党の書記長だけで満足せず、ソ連のトップに就任(1977年)。なお6年後の同じ日に後任のアンドロポフが同じことをやり、いみじくもつるふさの法則の例証となった。

◎ ◎ ◎ ◎

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/6d551038b93ceaa3115deb187c1ad5b4

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月15日(土曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-15 05:10:44 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ イングランドにてあれなジョン国王にブチ切れた貴族たちが、63か条に上るお約束を突き付けて無理矢理認めさせる(1215年=マグナ・カルタ)。 ◆ とある日本人留学生佐川一政がパリで某女性留学生をぴー、その直後に彼女を検閲により削除した上でオカズにしてディナーを堪能した(1981年=パリ人肉事件)。 ◆ 宮崎駿と高畑勲の本拠地がとある雑誌社のオーナーの支援により設立される(1985年=スタジオジブリ設立)。

◎ ◎ ダ・ヴィンチが変革、正確で美しい500年前の地図 ◎ ◎

- - -今も使えるほどのイーモラ地図、地図を絵から科学に変えた - -

=National Geographic Journal Japan 〉古代〉旅&文化〉・・・・2020.08.13 / 文=National Geographic/訳=山内百合子・・・・

  20年近くミラノ公国に仕えたレオナルド・ダ・ヴィンチは、16世紀初頭、青年期を過ごしたフィレンツェに戻った。(参考記事:「ダ・ヴィンチとフィレンツェ  没後500年、天才とその芸術を再現する役者たち」) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/stories/19/061200050/  まもなく50)の原則を様々な分野の探求に適用した。(参考記事:「「ダ・ヴィンチは正しかった」現代医学をも驚かす」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041900241/

  歳を迎えようとするこのころ、ダ・ヴィンチはすでに革新的なカタパルト(投石機、1485年頃設計)や壁画「最後の晩餐」(1495~98年)などを手がけており、科学の世界でも、芸術の世界でも絶大な名声を博していた。

 現実をありのままにとらえようとし、観察を重視するダ・ヴィンチは、「サペレ・アウデ」(勇気を持って知識を得よ、という意味のラテン語)の原則を様々な分野の探求に適用した。(参考記事:「ダ・ヴィンチは正しかった」現代医学をも驚かす」)https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041900241/

 1502年、ローマ教皇アレクサンデル6世の息子で野心家のチェーザレ・ボルジアが、ダ・ヴィンチの後援者になった。ダ・ヴィンチに与えられた最初の任務のひとつは、ボローニャ近郊の都市イーモラの地図を作成することだった。

 ボルジアは1499年にこの町を攻め落としていた。濠をめぐらし、堅固に要塞化されたイーモラは、このカリスマ的な若き指導者にとって最も重要な占領地だった。そこでボルジアは、町の地理を把握し、支配を確実にするため、ダ・ヴィンチの明晰な頭脳から生まれる地図を求めた。  

  原点からの距離と角度を測定  16世紀当時の町の地図は、たとえば宗教建築が実際より大きく描かれるなど、象徴的に描かれることが多かった。ダ・ヴィンチが作成した「イーモラの都市計画図」は、この伝統を根底から覆した。地理的な現実を反映し、より実用的な地図を目指していたのだ。

 ダ・ヴィンチは、フィレンツェの人文主義者レオン・バッティスタ・アルベルティが開発した地図作成技術を応用した。アルベルティは、原点からの距離と角度を使って平面上の点の位置を表す「極座標」を利用して町の地図を作ることを提唱した人物だ。この手法を出発点に、ダ・ヴィンチは目標物の間の距離、比率、関係をより正確にとらえられるよう、技術的な改良を加えた。

 地図を見ると、町の中央広場を座標の中心として、そこから8つの主方向に放射状の線が引かれている。歴史家らの考えでは、ダ・ヴィンチはこの中心点から出発し、コンパスと手押し車式の走行距離計を使って道や目標物を測定することにより、地図の基になるデータを収集した。それから幾何学を用いて、地図の残りの部分を描き入れた。

 こうした技術により、まるで上空から見下ろしたかのように精緻な地図が生まれた。おそらく現在最も一般的に使われているタイプの地図だ。ダ・ヴィンチによる測量は、現在も有効だ。歴史家らによれば、「イーモラの都市計画図」は、500年を経た今も、この町の道案内に使えるほどだという。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/b61fed3bed4436aafef2f01101d3e06c

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月14日(金曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-14 05:10:36 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 黒い霧がかかって腐臭が漂っていた東京都議会、自滅・自主解散(1965年)。 ◆ 手羽先記念日 : 名古屋市で手羽先店チェーン「世界の山ちゃん」を展開する株式会社エスワイフードが制定。1981年の「世界の山ちゃん」の創業記念日に祈念して。なんのこっちゃ・・・・ ◆ 蔵前国技館のIWGPリーグ戦の優勝戦「アントニオ猪木vsハルク・ホーガン戦」の最中に長州力が乱入して大暴れとなり、蔵前警察署が緊急出動する(1984年)。

◎ ◎ 地名の付いた料理は、本当にそこの名物なのか?=後節= ◎ ◎

- - -これだけある 世界の「名前だけ」ご当地料理 - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉・・・・2020.08.15 / 文=NEVIN MARTELL/訳=米井香織・・・・

創作料理にも「イメージ膨らむ」地名  露骨なマーケティング戦略によって誕生した料理名もある。その一つが「クラブ・ラングーン」だ。ワンタンにカニやクリームチーズ、少量のトウガラシを詰めて油で揚げた料理で、前菜として人気が高い。

 ラングーンは、ミャンマー最大の都市ヤンゴンの旧称。だがこの街に、クラブ・ラングーンに使うクリームチーズを扱う店はほとんどない。それどころかこの料理は、20世紀半ばに米国カリフォルニア州でレストランを営むビクター・J・バージェロン氏が生み出したものだ。

 バージェロン氏のレストラン、トレーダービックスでは南太平洋の装飾を取り入れ、アジアやポリネシアのさまざまな料理を本来とは違うかたちでメニューに加えた。クラブ・ラングーンをはじめ多くの料理で、バージェロン氏は単純に遠く離れた土地の名前を使用している。少しトロピカルなアイスクリームサンデーの名前である「スクワブ・キャセイ」や、「タヒチアン・フランベ」はその好例だ。

「料理名に土地の名前を付ければ、すぐにその料理のイメージを連想できるでしょう?」 1950年代に初めて提供されたクラブ・ラングーンは今も、米国アトランタからアラブ首長国連邦(UAE)に至る17支店で最も人気が高い前菜の一つだ。トレーダービックスの広報担当者で、創業者の孫にあたるイブ・バージェロン氏は「異国情緒のある食材とヨーロッパの料理法を組み合わせた多国籍料理です」と話す。  

 発祥地から離れた土地の名前が付いた料理はほかにもある。米国のステーキ調理法である「ロンドン・ブロイル」、米テキサス州生まれの「ジャーマン・ケーキ」などだ。

 ジャーマン・ケーキはテキサス州に大勢いるヨーロッパ移民が考案したものですらない。アイゼンハワー政権下の1957年に地元紙で紹介され口コミで広まった、米国の菓子職人が開発したこのレシピは、米大手チョコレートメーカー、ベーカーズ社のジャーマンズ・スイート・チョコレートを使用している。

 「ベイクド・アラスカ」はニューヨーク生まれだが、チキン・キエフと同様、最終的にはアラスカに上陸、現在ではこのメレンゲを乗せたアイスクリームケーキが名物になっている。

もちろん本物のご当地料理も

 一方、「北京ダック」は、レシピが生まれた都市でつくられ、食べられている料理だ。「バッファロー・ウィング」も同様で、ニューヨーク北部の都市バッファローのアンカー・バーで1964年に誕生した。さらに、「ベルギー・ワッフル」はベルギーで発明され、「フィラデルフィア・チーズステーキ」はフィラデルフィア発祥だ。

 北京ダックについて少し説明しよう。アヒルをつり下げ、丸焼きにするこの料理は何世紀も前から存在する。皇帝にも献上されたと伝えられているこの料理は13世紀の北京で生まれ、1330年には書物にも紹介された。

 太らせたアヒルを食肉処理後、洗って乾かし、表面に麦芽糖と香辛料を塗り、再び乾かして丸焼きにする。

 これらの工程を数日かけて行うと、皮はパリパリ、肉はジューシーな金色の北京ダックが焼き上がる。伝統的に、テーブルの横で切り分けられ、3品のコースで提供される。皮とたれ、肉と野菜、薄餅、骨でだしを取ったスープの3品だ。この提供方法はレシピとともに、全世界の中国料理店に広まっている。

 1416年、現在の北京に、史上初の北京ダック専門店である便宜坊がオープンした。1855年、便宜坊の別店舗が登場し、現在も営業を続けている。便宜坊か1864年開業の全聚徳(ぜんじゅとく)に行けば、本格的な北京ダックを食べることができる。両者は調理法が少し異なる。便宜坊は扉付きの炉で、全聚徳は扉のない炉で焼き上げる。

 地元の人々はいつも、どちらのレシピが優れているかを議論している。しかし何が問題だと言うのか? 北京ダックは間違いなく北京生まれだ。 名前が料理を物語っている。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/8a515dc04d8b33954c31c357af5dc689

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月13日(木曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-13 05:10:15 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 大きなお世話の日=小さな親切運動スタートの日(1963年のこの日に発足)=。「無意味の日」でもあったりする。 ◆ 上司のパワハラからノイローゼになった南京総領事館勤務の職員が、5日ぶりに地元警察に保護。この間、海軍が出動したり日中両政府とで激しいやり取りが起きて戦争一歩手前の状態になるとこだった(1934年)。 ◆ 日本の小惑星探査機·はやぶさが帰還し、オーストラリアのウーメラ砂漠の上空で流れ星になった(2010年)。

◎ ◎ 地名の付いた料理は、本当にそこの名物なのか?=前節= ◎ ◎

- - -これだけある 世界の「名前だけ」ご当地料理 - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉・・・・2020.08.15 / 文=NEVIN MARTELL/訳=米井香織・・・・

  「ベイクド・アラスカ」「ロンドン・ブロイル」「シンガポール・ヌードル」と、都市や国の名前が付いた「ご当地料理」は数々ある。さぞかし、その土地で古くから親しまれている料理と思うだろう。

 だが実は、現地とは関係なく、料理に地名が付けられる例も少なくない。例えば、アイスクリームケーキの「ベイクド・アラスカ」は1867年、米国がロシアからアラスカを買収したことを記念し、ニューヨークのシェフが考案したものだ。

 料理の名前はたいてい、お客さんの心を動かすために付けられる。「消費者の価値観と共鳴する何かを生み出したい、ライバルに差を付けたいと考えるのです」と、米パシフィック大学で食の歴史を研究するケン・アルバーラ氏は話す。「土地との結び付きは強力なアイデンティティーになります。たとえそれがつくり上げられたものでも」

 純粋な無知から名前が付くこともあるとアルバーラ氏は言う。「例えば、人々は最初のころ、七面鳥『ターキー』料理はトルコからやって来たものだと思っていましたからね」

「チキン・キエフ」はどこからやってきた?

 こうした「名前だけご当地料理」の格好の例が「チキン・キエフ」だ。これは味付けしたバターを鶏肉で巻き、パン粉を付けて揚げたカツレツで、ぜいたくかつ危険な料理でもある。ナイフを入れるとき、熱いバターが飛び散らないよう気をつけなければならない。ところがこの料理、キエフがあるウクライナ生まれではない。

米国オレゴン州でロシア料理店カチカを営むボニー・モラレス氏が、初めてチキン・キエフを食べたのは1990年代、両親が出してくれた冷凍食品だった。モラレス氏の両親はベラルーシ(ウクライナの隣国)出身だが、故郷でチキン・キエフという名前すら聞いたことがなかった。「ベラルーシの人々が家庭でチキン・キエフを作ることはないでしょうね」とモラレス氏は言う。  

 モラレス氏の店では今、チキン・キエフは人気料理になっている。「本格的なロシア料理は米国で受け入れられないと思い、米国人受けする料理を提供することにしたんです」とモラレス氏は振り返る。「結局のところ、チキン・キエフは真ん中にバターが入ったフライドチキンにすぎません。でも、これを嫌いな人はいないでしょう?」

 チキン・キエフはウクライナ発祥ではなかったものの、19世紀後半にはロシア帝国の貴族が好んで雇っていたフランス人シェフたちによって、ロシア人の食卓に登場し始めたようだ。おそらく当初は主に豚のひき肉を使用していたと思われるが、子牛のひき肉や鶏ひき肉を使うこともあったようだ。

 この鶏肉のレシピが20世紀初め、ロシアの観光客向けホテルチェーンで人気となった。1960年代には名前も「チキン・キエフ」と西洋化され、薄く伸ばした鶏胸肉を使うようになった。そして、お洒落な英国風、米国風ディナーパーティーの主役を務めるようになった。

 一方、キエフでは1970年代まで、シェフたちがこの料理に注目することはなかった。しかし、旅行者がレストランでリクエストするようになり、その期待に応えるため、キエフは「チキン・キエフ」を受け入れた。

 現在のキエフでは、アメリカンドッグのように手に持って食べられるチキン・キエフや、フォアグラとカリフラワーのムースでドレスアップしたチキン・キエフなどを味わうことができる。今では街を象徴する料理となり、2018年には街の中心部にほぼ原寸大のブロンズ彫刻まで現れた。そしてそのすぐそばには「チキン・キエフ」という名のレストランがある。

・・・・・・・・明日に続く・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・資料

 ベイクド・アラスカ :(Baked Alaska)は、アイスクリームの周りにケーキ生地をのせてメレンゲで覆い、焼き目をつけた菓子である。グラス・オ・フー(glace au four)やノルウェー風オムレツ(omelette à la norvégienne / Norwegian omelette)、オムレツ・サプライズ(omelette surprise)と呼ばれることもある。類似の料理として、香港の氷山大火(冰山大火)がある。

ロンドン・ブロイル ( London broil)は北アメリカで一般的な牛肉の調理法である。 牛の肩やわき腹肉などをマリネした上でグリルし、薄く切って供される。ロンドンという名前がついているが、なぜそのような名前がついたのかの明確な由来は明らかではない。

シンガポール・ヌードル (Singapore noodle、星洲炒米) は、シンガポールとその周辺国で食べられているとされている麺料理。 実際には香港で考案されたものであり、シンガポール人は食べない。シンガポールを訪れた観光客のためにメニューに載せているレストランもある。 小麦または米の太麺に、もやし、青梗菜、チャーシュー、蟹肉などを入れて、醤油、胡椒、カレーパウダー、唐辛子などで味付けをする。肉を入れずにベジタリアン用の料理で出されたり、鶏肉、豚肉、チャーシュー、蟹肉などが入ることもよくある。

チキンキエフ、 / チキンキーウ (Chicken Kiev、とは、バターを骨なしの鶏胸肉で巻き、小麦粉、溶き卵、パン粉の衣をつけて焼くか、もしくは揚げたカツ料理。日本語では「キエフ風カツレツ」とも書かれる。ウクライナおよびロシアのカツ料理、コトレータの一種である。キエフチキンともいう。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/2b8461b42e3a97805037e5e0d288b044

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月12日(水曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-12 05:10:01 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 桶狭間の戦い(1560年)。織田信長が今川義元を討ち取る。・賤ヶ岳の戦い(1583年)。前田利家が羽柴秀吉に降伏。・文禄の役(1592年)。小西行長・加藤清正が入城。等々 ◆ オランダ在住のユダヤ人の少女が屋根裏部屋で日記をつけ始める(1942年)。 三日坊主になるどころか、結果として世界史的な記録となるとは当の本人も自分の運命も含めて予想できなかった。 ◆ Wで選挙を掛け持ちしていた鈍牛総理、自らの党を勝たせるために敢えて生贄となる (1980年=衆参同日選挙中に首相が急死)。

◎ ◎ ベルサイユ宮殿の栄華を支えた巨大揚水装置「マルリーの機械」 =後節= ◎ ◎

- - -セーヌ川の水を高さ160メートルまで汲み上げ、水道橋で送水 - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 /  究極のリモートワーク=

・・・・2020年 08月25日 / 文=ULRIKE LEMMIN-WOOLFREY/訳=桜木敬子・・・・

  夢の機械

 3年の準備期間を経て、1681年にマルリーの機械の建造は始まった。それからの4年間に1800人のエンジニア、労働者、そして大工がこのプロジェクトに携わり、現在の貨幣価値にして約30億円もの資金が投入された。マルリーの機械を25年間研究してきたマルリー=ル=ロワの元住民、デイビッド・ペンデリー氏によれば、ベルサイユ宮殿の建設費の実に3分の1が庭園と噴水に費やされたという。

 セーヌ川は2つの流れに分けられた。1つは船の航行用、もう1つはマルリーの機械に水を供給するためだ。直径約10メートルの水車14台が251個のポンプを動かして汲み上げた水は、導水管を通り、途中でさらに2つのポンプ場を経て、丘の上にあるルバン塔まで運ばれる。ルーブシエンヌ水道橋の上流側の端にあたる塔である。

 古代ローマ式にならって造られたルーブシエンヌ水道橋は、石とレンガでできた、36のアーチを持つ巨大な構造物だ。高さは約20メートルで、セーヌ川の水面よりも160メートルほど高い。全長は約640メートルで、ここからはポンプに代わって重力が水を運んだ。

「ルイ14世の意志が、かつて構想されたことのないアイデア、あるいは水道橋のように古代ローマ以来忘れられていたアイデアを現実のものとしたのです」。元エンジニアで歴史家のジャン・シオー氏はそう話す。  この壮大な仕掛けの建造には、850トンの鋼鉄と鉛、1万7000トンの鉄、8万5000トンの材木、長さ10キロメートル以上の鎖が使われ、さらに歯車の潤滑油として約5500キログラムの獣脂が必要だった。  

ひどい騒音、かさむコスト

 しかし、マルリーの機械は決して完璧だったわけではない。あまりにも多くの部品からなり、可動部分も多かったため非常に騒々しく、近隣に住む王族から不興を買った。ルイ14世の息子、後のルイ15世の最後の愛人だったデュ・バリー夫人は、この騒音を「地獄のよう」だと評している。何百人もの労働者が昼夜を問わずメンテナンスし続けたこの機械には、現在の貨幣価値にして年間580万円ほどのコストがかかったと推定されている。

 また、フル稼働させると24時間で380万リットル以上の水をセーヌ川から運べるはずだったものの、実際には300万リットルを少し超える程度だった。構造そのものに問題があったため、頻繁に故障していたからだ。

 欠点は多かったものの、マルリーの機械はベルサイユ宮殿の庭園にある2400基の噴水に、133年間も水を供給し続けた。ド・ビルとスアレムが造った原型は、1817年に蒸気式に置き換えられ、1859年には再び別の水力式に変わった。20世紀後半に作られた、元の機械の「ひ孫」にあたる現在の電動ポンプは、近くにあるクロアジー帯水層から水を汲み上げ、噴水用の水ではなく地域の飲料水を供給している。

マルリーの機械の面影

 マルリーの機械は、ほとんど現存していない。セーヌ川のイル・オー・ベルナーシュ(ガチョウの島)という小島にポンプ小屋が1つ残るだけだ。島のちょうど反対側にあるレネカン・スアレム岸壁には、蒸気式時代の装置があった建物が残っている。水道橋は、その向こうにある2つの貯水槽とともに今も立ち続ける。

 水道橋は現在、かつてマルリー宮殿があった公園への入り口になっている。今は宮殿に代わって小さなマルリー王領博物館があり、マルリーの機械の貴重な図面や部品、エッチング画、模型を保存している。    レネカン・スアレム岸壁に沿って6キロ強にわたる「印象派の遊歩道」が整備されており、マルリーの機械は今、そこに並ぶ印象派絵画の複製画の中に息づいている。これらは、クロード・モネやカミーユ・ピサロらが作品を描いたまさにその場所に設置されており、当時の時代と発明を垣間見せることで、350年近く経った今なお驚嘆の念を抱かせてくれる。

・・・・・・・・おわり・・・・・

                                                                                                                                         …………補足説明…………

噴水庭園/ヴェルサイユ宮殿

宮殿の建設よりも労力を費やされている噴水庭園には、宮殿建設の25,000人に対し、36,000人が投入されている。そして、その噴水にはルイ14世の三つの意図が込められている。

「水なき地に水を引く」

ヴェルサイユには近くに水を引く高地が無い。ルイ14世は10km離れたセーヌ川の川岸にマルリーの機械と呼ばれる巨大な揚水装置を設置し、堤の上に水を上げさせた。そして古代ローマに倣って水道橋を作って、水をヴェルサイユまで運び、巨大な貯水槽に溜め込んだ。こうして水無き地で常に水を噴き上げる噴水庭園を完成させ、自然をも変える力を周囲に示した。

「貴族を従わせる」

ルイ14世は10歳の時にフロンドの乱で、貴族たちに命を脅かされたことがある。ルイ14世はこの体験を一生忘れず、彼は貴族をヴェルサイユに強制移住させた。

「民衆の心をつかむ」

ルイ14世は民衆の誰もがヴェルサイユに入るのを許し、民衆に庭園の見方を教える「王の庭園鑑賞法」というガイドブックを発行した。それには「ラトナの噴水の手前で一休みして、ラトナ、周りにある彫刻をみよ。王の散歩道、アポロンの噴水、その向こうの運河を見渡そう」と書かれている。民衆は、ガイドブックに従って庭園を鑑賞することで、貴族と自然を圧倒した王の偉大さを刷り込まれていった。夏、ヴェルサイユでは毎晩のように祭典が催され、訪れた民衆はバレエや舞劇に酔いしれた。

噴水庭園は、遠近法を用いて修景され、宮殿からラトナの泉、タピスヴェール(Tapis Vert、緑の絨毯)に沿って、アポロの戦車の盆地へと続いている。水面から昇る戦車は、太陽の昇りを象徴した。シャルル・ルブランが設計し、1668年から1670年の間に彫刻家ジャン=バティスト・テュビが王立ゴブラン製作所で製作したもので、鉛で鋳造された後に金メッキが施されている。噴水の向こうには、大運河(Grand Canal, グランド・カナール)が公園の南端まで1800メートル伸びている。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/763ccd713b273c4d34e9c930104a61e3

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月11日(火曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-11 05:10:17 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ この日が梅雨入りになったりすることが多いってことで、傘の日であるとともに雨漏り点検の日。無意味な語呂あわせで記念日を制定しようとする輩は見習え。 ◆ トロイの木馬による被害が世界で初めて確認される。(紀元前1184年=エラトステネスの計算による)。 ◆ 南ベトナム統治下のサイゴンで、国産の僧侶とアメリカ産のガソリンによる人間バーベキューが行われる (1963年=)仏教弾圧に抗議して焼身自殺 。

◎ ◎ ベルサイユ宮殿の栄華を支えた巨大揚水装置「マルリーの機械」 =前節= ◎ ◎

- - -セーヌ川の水を高さ160メートルまで汲み上げ、水道橋で送水 - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 /  究極のリモートワーク=

・・・・2020年 08月25日 / 文=ULRIKE LEMMIN-WOOLFREY/訳=桜木敬子・・・・

 ベルサイユ宮殿ほど想像をかきたてる名所はなかなかない。この絢爛豪華な宮殿ではかつて、数々の陰謀やスキャンダルが繰り広げられた。フランスの「偉大なる世紀」と呼ばれる17世紀の貴族たちは、この場所で時の支配者の寵愛を受けようと策略を練り、1日にして莫大な富を得ることもあれば、全てを失うこともあった。

 2020年は、この宮殿の最も有名な住人、マリー・アントワネットとルイ16世の結婚から250周年にあたる。1770年に10代で結婚した2人は、あの華美な広間を歩いた最後のフランス王族となった。今も美しい姿をとどめるベルサイユ宮殿を築いたのは、その若きルイ16世の祖父、ルイ14世だった。(参考記事:「王侯気分に浸れる! ベルサイユを旅しよう」

 ベルサイユ宮殿は現在、ユネスコ世界遺産となっている。シャンデリアで飾られた「鏡の間」や華やかな王の居室がよく知られているが、なかでも特に称賛されているのが、広大な庭園にある55カ所の噴水池かもしれない。天に向かって放たれた水が、絵画のような風景に降り注ぐ。あるいは、水が池から池に飛び移るものもある。

 ルイ14世の時代、世界中のリーダーが憧れたベルサイユ宮殿だが、噴水に関しては、初めからこのように見事だったわけではない。実現には、2人のベルギー人エンジニアと、大胆不適なアイデアが必要だった。パリ中心部を流れるセーヌ川から、約18キロメートル離れた田園部のベルサイユまで、17世紀の技術を駆使して水を運ぼうというのである。  

ルイ14世の大胆なアイデア  17世紀後半、ルイ14世は、貴族たちを締め付けて王権を強化するため、地方の小村ベルサイユに政府機能を移し、父が所有していた狩猟用の館を「太陽王」にふさわしい宮廷に作り変えた。

 問題は、噴水の建造だった。大量の水を供給できるような水源から遠かったのだ。噴水は、当時の流行だっただけではない。「訪れた人にフランス王家の芸術的活力、権力、そして富を印象付けるという政治的な役割がありました」。ベルサイユ宮殿研究センターの研究員バンジャマン・ランゴー氏はそう説明する。

 フランス史上最も長く在位したルイ14世は、革新的な発想の持ち主だった。その1つの例が、ミディ運河の建設である。地中海と大西洋をつなぐこの運河によって、補給船が海賊に狙われにくくなったうえ、航海の所要時間が数日分は短縮された。科学を愛した彼はまた、科学アカデミーやパリ天文台を創設した。1715年には著名な天文学者ジャック・カッシーニとともに日食観察パーティーを開いている。

 そんなルイ14世は、ベルサイユに水を運ぶという難題を解くために、ベルギー人エンジニアのアルノー・ド・ビルとレネカン・スアレムを雇った。2人はパリ郊外の美しい町ブージバルの岸壁に、巨大な揚水装置「マルリーの機械」を造ることになった。  セーヌ川の水を水道橋まで高く汲み上げ、ベルサイユのみならずマルリー宮殿の噴水にも供給する計画だった。マルリー宮殿は、ルイ14世が現在のマルリー=ル=ロワに建設したものだ。

・・・・・・・・明日に続く・・・・・

…………補足説明…………

ヴェルサイユ宮殿(1682年、フランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。ヴェルサイユ城(ヴェルサイユじょう、フランス語:Château de Versailles)ともいい、フランス語ではこちらの表記がよく使用されている。

  パリの南西22キロメートルに位置するイヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。2024年パリオリンピックでは馬術と近代五種の会場として使用される。

  ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が建造した宮殿である。宮殿内には地方の有力貴族の居住空間も用意され、権力の一極集中を実現していた。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。宮殿はルイ14世をはじめとした王族と、貴族たちが国政を議論する場であり、時には社交場でもあった。

  その結果様々なルール・エチケット・マナーが生まれた。それの中に今につながるものもあるという。 宮殿のファサードは400メートルもあり、左右対称の構成としている。正面玄関は東面のU字型に凹んだ位置にあり、大通りがパリの方向にのびている。西側は庭園に面している。 儀式や外国の賓客を謁見するために使われた鏡の間は、1871年にドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われ、また第一次世界大戦後の対ドイツとの講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所でもある。

  鏡の間にはたくさんの銀製品が飾られていたというが、ルイ14世は晩年になって、スペインの王位継承争いが続いて戦費の捻出に困り、破産を免れるためにこれらを売って戦費に充てたという。  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/480bd26cb20f024733f55138b146238d

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - Freddie Freeloader (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月10日(月曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-10 05:10:12 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 日本書紀の天智天皇10年(671年)の事績に曰く『弧を描きながらちょろちょろ流れる液体を動力とした時計が動き始め、決まった時間に鐘や太鼓を鳴らす』。よって、本日は時の記念日。入梅でもある。 ◆ シンシナティ・レッズのジョー・ナックスホールがメジャーデビュー。15歳10ケ月11日のメジャーリーグ史上最年少記録(1944年)。 ◆ 『君の名は』の舞台となった川を埋め立てて、屋上を道路にしたビルが出来る(1959年)。東京都の何処の区に存在するかはお察し下さい。

◎ ◎ オフィスに出勤は時代遅れ?「デジタルノマド」という選択肢 =後節= ◎ ◎

- - -海外を旅しながら仕事をする究極のリモートワーク - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 /  究極のリモートワーク=

・・・・2020年 09月29日 / 文=Jackie Snow/訳=山内百合子・・・・

  最初に知っておくべきこと

   もちろん、パンデミックのために入国の手続きは複雑になっている。バミューダやバルバドスでも、新型コロナウイルス感染症検査で陰性であったことが要求されるほか、入国時に健康診断が行われる。しかし、こうした方法では移動中に感染した人や無症状感染者の入国を防ぐことはできないと、米バージニア工科大学の疫学者で公衆衛生倫理の専門家のリサ・リー氏は指摘する。

 リー氏によれば、理想的なのは、新型コロナウイルスの潜伏期間に相当する14日間の隔離期間を設けることだ。実際これに成功している国の例として、リー氏は、隔離期間中電子ブレスレットの装着を義務付けているヨルダンや、隔離中の人をチェックするために警察官を派遣するカナダを挙げている。

「実行は可能ですが、多くのリソースが必要になります」  この14日間という期間は、大抵の人の休暇より長いが、長期滞在なら現実的になるだろう。たとえ強制隔離はされなくとも自主隔離期間を設け、その後も社会的距離を保ち、マスクを着用し、室内で集まることは避けることをリー氏は推奨する。これまでのところバミューダでもバルバドスでも感染者が急増してはいないものの、デジタルノマドなら気をつけるべきである。疫学者が今秋に次の感染の波を予想していることを考えれば、なおさらだ。

「島では、文字どおり1人が2人に感染させるだけでエピデミック(感染症の地域的な大流行)が発生します」とリー氏。「誰だって、病気を持ち込み住民に大打撃を与える元凶になりたくは ないでしょう」  

   海外で仕事をする際に起こりうる問題  かつてデジタルノマドにとって最大の課題は、高速で信頼性の高いWi-Fiを見つけることだった。現在では多くの場所でインターネット接続が改善する一方で、別の問題が生じている。  社内の人や顧客と定期的に会議をする必要のある人にとって時差は厄介な問題だ。

 多くの企業がVPN(仮想プライベートネットワーク)を構築し、フィッシングメールの見分け方などについて定期的なトレーニングを実施してはいるものの、作業データの安全性が確保されるかという懸念もある。

 重要な情報を扱う従業員については、企業の法務部が渡航を許可しない可能性もある。過去にハッキングされたことのある国で従業員がリモートワークをすることについては、慎重な態度を取る企業もあるだろう。

 米ノースカロライナ州の調査会社ハウスメソッド社の最高戦略責任者、デビッド・キュージック氏は、この種の問題はパンデミックの発生当初から見られたと話す。「従業員は、時差は問題ではないし、観光ビザも平気だと言います。しかし法的責任となるとどうしようもありません」  キュージック氏によれば、同社は仕事が長期的にどのようになっていくのかまだ整理している途中だが、リモートワークという選択肢を続ける方向に傾いている。

従業員からも好評だし、オフィスにかかる費用を削減できるチャンスでもあるからだ。従業員が海外に行きたいのなら、喜んで検討しようと言う。 「社員が『どこへ行く予定であり、それはなぜ合法であり、自分は何をするか』をまとめた資料を提出してくれれば、実際に熱帯のオアシスに飛べる見込みはずっと高まりますよ」

  持続可能にするには  2014年以来様々なデジタルノマドのための旅行を手配してきたハッカーパラダイス社のマーケティング部長、ミカエラ・マレー氏によれば、新型コロナウイルスが現れる前から多くの国が、より多くのデジタルノマドを惹きつける方法を知りたがっていたし、今でもそのような旅行者が来ることを望んでいる。 「世界中の国が、デジタルノマドのブームに備えています」  バリ島やイタリアのベネチアのように、すでにオーバーツーリズムの問題に取り組み、訪問者の数を抑えるための課税を検討している所もある。

しかし、マレー氏によれば、持続可能な観光という考えが広まるにつれて、ケニアのキリフィなど、人があまり行かない場所への関心が高まっているという。 「スロー」な旅にすることも、持続可能なものにするためのひとつの方法だ。旅行者は訪れた場所を深く知ることができ、飛行機からの二酸化炭素排出も減らせる。ゲリー・イザベル氏は、2017年に会社を辞めてフルタイムのデジタルノマドになり、旅行の手配と旅行記事の執筆で生計を立てている。

イザベル氏は、旅行することで本物の経験がしたいと考え、自分が学んだことを「Dominican Abroad」というウェブサイトで記録している。 「デジタルノマドとして、自分が与えるインパクトは絶対に考慮すべきです」  イザベル氏が得た重要な教訓は、旅行ガイドはデジタルノマドのために書かれたものではないということだ。休暇が10日しかない家族なら、ある場所を雨期の間に訪れるような危険を冒したくはないだろうが、デジタルノマドには、悪天候が収まるまで待ち、人混みを避ける時間の余裕がある。

 閑散期の地域社会の観光収入を増やし、安い料金で旅行し、長期間の旅行ならではの本物の経験を楽しむこともできる。 「スピードを落とせれば、地元での関係を築き、伝統の豊かさを味わうことができます」

・・・・・・・・おわり  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/720aadccdfb73f73005b0d4a008067ed

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月09日(日曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-09 07:03:55 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ ローマ帝国市民からのブーイングの嵐に耐えきれず、皇帝陛下が手前で自殺に追い込んだ最初の妻との結婚記念日に彼女の許へお詫びに行く(68年) 。 因みに、53年---後にローマ皇帝となるネロがオクタウィアと結婚。 ◆ モンゴル人が朝鮮人を従えて海を越えて7年前のリベンジに挑む(1281年=弘安の役=)が、数ヶ月も抵抗受けた挙句台風でギブアップする破目に。 ◆ 椋鳥の日。椋という語呂合わせであるばかりか、男と女(場合によっては男同士・女同士のこともある)が互いに肝心なトコロを愛し合う行為の隠語だったりする。

◎ ◎ オフィスに出勤は時代遅れ?「デジタルノマド」という選択肢 =前節= ◎ ◎

- - -海外を旅しながら仕事をする究極のリモートワーク - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 /  究極のリモートワーク=

・・・・2020年 09月29日 / 文=Jackie Snow/訳=山内百合子・・・・

   米グーグル社のシニアマネジャーであるアーサー・ディーン氏は、「デジタルノマド」(リモートワークをしながら世界中を旅する生活スタイル)が自分向きだとは思ってもみなかった。オフィスにいないと仕事にならないと考えていたのだ。しかし、パンデミック(世界的な大流行)によって状況が変わった。

 4カ月もの間、ワシントンDCの自宅で勤務を続けていて気が変になりそうになったディーン氏は、とにかくそこから逃げ出したかった。米国人を受け入れてくれて、合理的な安全対策が講じられていそうな場所を探し、7月にカリブ海のアルバ島に飛んで1週間を過ごした。 「海に浸かりたかったし、気持ちとしても、新しい世界に浸かりたいと思いました」  現在、ディーン氏はもう一度アルバ島へ行くか、米国人に開かれた別の場所を探して、もっと長期間滞在しようと考えている。まだ片付けなければならないことはあるが、時間も十分ある。米国内のグーグルのオフィスが再開されるのは、早くても2021年7月になるからだ。

 これまでデジタルノマド人口の大半を占めてきたのは、フリーランサー、起業家、自営業者などだったが、これは変わっていく可能性がある。従業員を在宅勤務させた6カ月の間に、多くの企業が労働文化に対する考えを改め始めた。かなりの人が、今後もオフィスには行かなくなるかもしれない。  米国人の仕事の3分の1は完全に在宅でできるという研究結果もある。企業のリーダーを対象とするある調査では、82%がパンデミックの終息後も勤務時間の少なくとも一部はリモートワークでできるようにしようと計画していることが明らかになった。

 ディーン氏にとって理想は、米国の拠点を維持しながら、毎年数カ月間リモートワークができることだ。これは近い将来現実になるだろう。 「完全にオフィスに戻ることが将来のあり方だとは思えません」とディーン氏は言う。「パンデミックを経て、月曜日から金曜日まで、9時から5時までオフィスにいなくても、生産的に働けることがわかりましたから」  

  加速するトレンド  リモートワークの機運は、パンデミックの前から高まっていた。企業は実験的に在宅勤務の日を設け、オフサイトで安全にログインできる環境整備に投資していた。そしてこの数カ月の経験からオフィスに行かなくても仕事ができることがわかった今、もう一歩進んで自宅以外でも働けるのではないかと考える人がいる。

 デジタルノマドという言葉は、遅くとも『デジタルノマド』という本が出版された1997年には使われ始めていた。同書は、テクノロジーの進化により人はどこででも働けるようになり、祖先のような放浪生活に戻っていくだろうと述べている。その15年後には、インターネットや格安航空会社の普及により、ある種の人びとにとってこの夢は現実のものとなった。2019年のレポートによれば、730万人の米国人が自分はデジタルノマドだと考えているという。

 滞在地として人気のあるインドネシアのバリ島、タイのチェンマイ、メキシコのメキシコシティなどには、高速インターネットが使えてエスプレッソが飲めるコワーキングスペースがある。ただし、問題はデジタルノマドの多くが観光ビザしか持っていないこと。厳密に言えば働くことはできないわけだ。責任を問われることを懸念する企業にとってはこれでは不十分だろう。

 そこでこのような労働者を惹きつけ、雇用者を安心させるため、長期滞在を許可する公的な制度を設ける国が出てきた。西インド諸島のバルバドスは7月に、12カ月までの滞在が可能なビザ「ウェルカムスタンプ」の受付を開始した。申請者は、年間5万ドル(約527万円)以上の収入があり、医療保険に加入していることを証明しなければならない。ビザの料金は1人あたり2000ドル(約21万円)、または1家族あたり3000ドル(約32万円)だ。申請が受理されれば、ビザの保持者は好きなだけ入出国し、地元の教育制度を利用することができ、同国の所得税が免除される。

 バルト海に面したエストニアは、新たにデジタルノマドビザを発行すると発表した。これは同国からリモートワークをしようとする者に、12カ月の滞在を許可するビザだ。これを取得するには、申請料100ユーロ(約1万2000円)を払い、3504ユーロ以上(約43万円)の月収があることを証明する必要がある。

 北大西洋のバミューダは8月に「ワークフロムバミューダ」プログラムを開始。263ドル(約2万8000円)のビザを取得した旅行者は、最長1年まで滞在することができ、所得税は課されない。ニューヨーク在住のキワン・マイケル・アンダーソン氏は、この9週間バミューダに滞在している。PR会社、ナイキコミュニケーションズのマネジャーとして働く上で、問題はないという。「Wi-Fiの状態はブルックリンの自宅より良いくらいです」  バミューダの時間はオフィスのあるニューヨークより1時間進んでいるため、仕事で有利なスタートを切っている気分だという。1日の終わりには、海で水中エアロビクスやジェットスキーを楽しむ。次はパドルボードを始めてみようと考えている。 「大事なのはどこにいるかではなく、どれだけ真剣に働き、どれだけ成果を上げられるかです」

・・・・・・・・明日に続く・・・・・  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/aef5addb2e598c42b88df16de50b2795

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月08日(土曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-08 05:10:58 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 福島競馬場で出走した全ての馬に大珍事 (1929年)。史上唯一の全頭落馬による不成立レースが発生。 ◆ 彼方此方で炎上しまくりの日本が、本土決戦に備えて草木や石までも根こそぎ動員を決定(1945年= 御前会議で本土決戦を決定=)。 ◆ 史上初、ミサイルで郵便物を届ける暴挙快挙をアメリカが実行(1959年)。&so、他国には知られては拙い内輪話を遣り取りするため、米ソ首脳の間に直通の電話線が出来る(1967年)。

◎ ◎ 20世紀まで残った決闘 中心地だったフランス、紳士の事情  =後節= ◎ ◎

- - -王の禁止令を無視してまで、決闘による解決で守りたかったものとは? - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 / 2018年 08月09日 / 文:ALFONSO LÓPEZ/訳:米井香織 =

                                                                

  決闘のルール

 決闘では、当事者双方の名誉を守るため、衣服と武器に関する非公式のルールが定められていた。多くの場合、双方がシャツを着用し、剣を突き刺すことができるよう、胸を見せていた。防具は禁止されていたが、服の下に着用する者もいた。

 最も人気があった武器は剣で、レイピアはその象徴的存在だ。長く先端がとがったレイピアはエレガントな剣で、剣が当たっただけでは相手の体や顔を切ってしまうことが少なかった。ただし、刺さった場合は別で、相手に致命傷を与える。剣と異なり、銃は貴族の美徳である勇敢さの対極にあると考えられていた。

 しかし、17世紀後半には拳銃を使った決闘が数多く記録されている。  17世紀になると、決闘に介添人が立ち会うようになった。介添人は決闘の当事者に付き添い、ルールが守られていることを確認する役割を果たした。ただ、決闘の最中に介添人同士が戦うこともあった(冒頭に触れたブートビル伯爵の決闘もこのケースだ)。 さらには、戦いに勝った介添人が決闘に参加し、2対1の状況が生まれることすらあった。  

   こうなると「2者が名誉のために戦う」という決闘の趣旨から反してしまう。16世紀後半、偉大な随筆家として知られるミシェル・ド・モンテーニュは次のように記している。「セコンド(介添人)、サード(2人目の介添人)、フォース(3人目の介添人)という慣習をつくり出したのも一種の臆病さです…決闘は今や小競り合いと化しています」 名誉を守りながら、悲劇を防ぐことのできる選択肢は存在した。

 決闘の当事者は剣を交える前に和解できるだけでなく、どちらかが相手に傷を負わせた「最初の出血」の瞬間、報復が果たされたと認めることもできた。顔を守るため、茶番のような戦いになり、互いを何度か殴っただけで決着することもあった。

 しかし、多くの決闘は片方の死をもって終了した。タルマン・デ・リューが記録した17世紀半ばの伝記には、決闘とその申し込みが100回ほど登場するが、3分の1以上は事前の同意により、決闘そのものが行われなかった。ただし、決闘が行われたケースでは、約半数が1人以上の死者を出している。 (参考記事:「【動画】延長戦で決着 糞をめぐるフンコロガシのバトル」

ほかの歴史家の情報を総合すると、フランス王アンリ4世の時代(1589〜1610年)、フランスでは約1万回の決闘が行われ、その当事者である約2万人のうち、4000〜5000人が命を落としている。決闘を名目に、虐殺を繰り返す者もいた。

 例えば、アンドリュー騎士という人物は裁判にかけられて処刑されるまでに、72人の命を奪っている。(参考記事:「人類は暴力とともに進化、ただし現代は例外的」)  このような惨劇が急増し、17世紀が進むにつれて、当局は懸念を強めていった。決闘の伝統はまだ好まれていたが、決闘に対する規制は厳格化した。

 例えば、ブートビル伯爵はブーブロン侯爵との決闘の直後に逮捕され、リシュリュー枢機卿によって死刑の判決が下されている。そして、17世紀後半になると、太陽王ルイ14世は決闘禁止の勅令を発した。

 こうして、決闘は徐々に衰退していったが、その後も長く存在した。フランスで最後に決闘が行われたのはなんと1967年だ。政治家のレネ・リビエルが侮辱された報復として、同じ政治家に決闘を申し込んだ。後世に残すため、この決闘は映像に収められた。気になる勝負の結末は、リビエルが2度負傷した後、双方が戦いを終えることで合意した。

・・・・・・・・おわり ・・・・・・・・

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/8b56921a2073783565e959150cd7da65

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月07日(金曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-07 05:10:48 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 誕生花は薔薇。花言葉は「燃えるような愛」でも「甘いひと時」でもなく「嫉妬」「薄れ行く愛」だったりする。更には、“むち打ち治療の日”……交通事故は後を絶たない ◆ カトリック諸国の商船を襲っては暴利を貪っていた海賊の本拠地に天罰が下る(1692年=ジャマイカのポート・ロイヤルで大地震=)。 ◆ 多摩川の河川敷を使って日本初の珍走チャンピョンシップが開かれ、ホンダのオヤジやNISSAN財閥のオーナーもエントリーするが散々な結果に終わる(1937年)。

◎ ◎ 20世紀まで残った決闘 中心地だったフランス、紳士の事情  =前節= ◎ ◎

- - -王の禁止令を無視してまで、決闘による解決で守りたかったものとは? - -

=National Geographic Journal Japan 〉ニュース〉旅&文化〉 / 2018年 08月09日 / 文:ALFONSO LÓPEZ/訳:米井香織 =

 ・・・・・・・・・・ 

 1627年5月12日午後2時ごろ、フランス、パリのとある広場で、ブートビル伯爵とブーブロン侯爵が対面した。名誉を守るという明確な目的があった。27歳のブートビル伯爵は決闘の強者で、決闘した相手の半数以上を殺した剣術の名手だ。こうした犠牲者の1人にブーブロン侯爵の親類がいた。ブーブロン侯爵は決闘による報復のため、数カ月を費やし準備してきたのだ。  2人はコートを脱ぎ、決闘を開始した。最初は剣と短剣で、その後は短剣のみで戦った。2人は互いをつかみ、喉元に短剣を突き立てる。それでも、決闘した当人同士は2人とも命を落とさなかった。でも、見守っていた友人たちは乱闘に巻き込まれ、1人の死者と1人の重傷者が出た。 (参考記事:「“左利き”の生き残り戦略」) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/967/  

目的は名誉  決闘の慣習は多くの国にあったが、フランスはヨーロッパにおける決闘の中心地だった。パリを筆頭にフランスの各都市では、「構え!」という掛け声と剣を振る音が日常の一部となっていた。フランスを象徴する物語には、決まって決闘の場面が描かれている。その好例が、アレクサンドル・デュマが1844年に発表した「三銃士」で、17世紀の決闘を題材にしている。それほど決闘は、フランス人の心に深く根付いていた。  決闘はときに、正式な準備がなく、偶然の出会いから始まることもあった。例えば、1613年には、ギーズ騎士がパリのサントノーレ通りを歩いていたとき、1人の男性が目に留まった。父親の悪口を言ったルズ男爵だった。ギーズ騎士は馬から降りて剣を抜き、ルズ男爵にもそうするよう求めた。ルズ男爵は高齢で、若く衝動的なギーズ騎士から身を守るだけで精いっぱいだった。ギーズ騎士は一突きでルズ男爵の命を奪った。この事件は、さすがに当時の基準から見ても、決闘というより殺人に近い出来事だった。

 通常、決闘は一連の手順を踏んで行われる。まずは決闘の申し込みだ。ある男性の名誉が傷つけられたとき、その男性は言葉、平手打ち、文書で決闘を申し込むことができた。例えば、ルズ男爵の息子は父親を埋葬した後、ギーズ騎士の自宅に従者を送り、次のように書かれたカードを手渡した。 「ムッシュ。あなたは私と会う光栄に預かることができます。剣を手に取り、私の父親の命を奪った報いを受けるのです。この紳士(従者)があなたをご案内します。私は1頭の良馬、2本の剣とともにあなたを待っています。あなたは2本の剣のいずれかを選ぶことができます」  そうして決闘が行われた。ルズ男爵を殺したギーズ騎士は息子の命も奪った。  決闘は多くの場合、当局の邪魔が入らない町外れで行われた。パリでは、セーヌ川沿いのプレオクレア地区が決闘の名所として有名だった。しかし、町中で行われることもあった。リシュリュー枢機卿は1630年代、「フランスでは、決闘が広く行われるようになり、通りが戦場の様相を呈しています」と不満を漏らしている。

・・・・・・・・明日に続く・・・・・  

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/87687da8eea658a9f1ed949f4c1af3a7

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月06日(木曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-06 06:51:45 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 恐怖の日=聖書に登場する獣の数字666にちなむ=。 だが季節的に怪談はちょっと早い。別名「オーメンデー」。 ◆ 第二次世界大戦から復員してきた元戦士・屈強な男たちが娯楽のために、「タマをいじくりまわして目標物にぶち込み快感を得るスポーツ」のリーグがニューヨークで創設される(1946年)。 ◆ ソ連で、単純作業による人民洗脳用インターフェース『テトリス』が誕生する(1984年)。だが、何故か資本主義国の愚民どもも洗脳を志願する事態に。

◎ ◎ 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/512241516587a31ad88b993184d639ad

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日(狂)の狂言 : 06月05日(水曜日) & 旅と文化の足跡が野帳

2024-06-05 07:06:54 | 浪漫紀行・漫遊之譜

★忘備忘却録/きょうの過去帳・狂 

◆ 6月に結婚を挙げる花嫁は幸せになるそうだが、6月5日は婿の日にしてろうごの日。話は別だが元帥追憶の日=1934年-東郷平八郎、1943年-山本五十六=である。 ◆ イギリスの陸軍大臣が、敵による美人局に遭ったばかりに政治家生命を終了させられることに(1963年=プロヒューモ事件=)。 ◆ イスラエルがエジプトに不意打ちを食らわし、僅か6日間で植民地を戦争前の4倍にまで増やす(1967年=第三次中東戦争=)。

◎ ◎

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

上部記載文中、文字色が異なる下線部位を右クリックにて“参考記事”を開示

前節へ移行 : https://blog.goo.ne.jp/bothukemon/e/3e441eba24b40948167429c5447c0d1b

・◎・◎・◎・◎・◎・

◒ ◓ ◒  ◒ ◓ ◒

Today’s B.G.M, = Miles Davis - So What (Official Audio)
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   _._._._._._._._ _._._._._._._._ _._._._._._._._

----------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------

【浪漫孤鴻;時事自講】 :http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【壺公夢想;如水自講】 :https://thubokou.wordpress.com/

================================================

  

森のなかえ

================================================

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする