オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


どのような色合いがお好みですか?

2017年08月28日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

お客さんは「柔らかい色合いの床暖房対応フローリング」をお探しのようで
先週サンプル発送依頼が届きました。

フローリング販売店はたくさんありますが、お客さんの希望されている
イメージに近づけオスモカラーでサンプルを作る事を行なっているのは
私しくらいしか居ないと思います。

今回はベージュグレー系を希望されていましたので4色作りました。

イメージ通りにできたでしょうか・・・・

【商品情報】
オーク挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×150mm
形状/表層3mm挽き板1枚貼り、小節付き、床暖房対応三層芯材
着色塗装/ウッドワックス、フロアーカラー
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、6枚、1.638m2

コメント

今年はヘリンボーンフローリングが人気です。

2017年08月25日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク
ヘリンボーン娘御一行様が旅立って、1週間とちょっとで、
次のヘリンボーンフローリング娘さんが来られました。

暑くても塗る塗るアルブルです。

ホワイトオークに、少しくすんだ色は合いますね。
なんだかヨーロッパテイストの大人の色みたいですね。


着色塗装/オスモカラーウッドワックス#3191アンチックファー

コメント

8月30日からギフトショー/SOZAI展が始まります。

2017年08月23日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク



8月30日から9月2日の4日間、GIFT SHOW LIFE×DESIGN / SOZAI展(東京ビックサイト)
にDEESAWATはモザイクフローリングのウッドマテリアルを出展いたします。

本物のモザイクフローリングを目にする機会はなかなか無いと思います。
ぜにこの機会に SOZAI展 東8SO-09ブースにお寄りください。


昨日、展示品娘達が東京ビックサイトに向けて出発いたしました。
コメント

音楽が照らす=LUMI SOUND

2017年08月20日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

照明付きスピーカーなのかスピーカー付き照明なのか、どちらにしても
かなりレベルの高い商品には違いありません。

ブルートゥーススピーカーはピンキリで、金額に合った性能になります。

2台1組のルミサウンドスピーカーは使い方により、ハイパフォーマンスを
楽しませてくれる事はまちがいありません。








近日中に国内販売開始致します。
コメント

フローリング輸入商社さん、仕様は明確にしてください。

2017年08月19日 | オスモ系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「オスモ塗装」や「オスモオイル塗装」と書かれたフローリングが出回っていますが、
そもそもオスモは会社名だから「パナソニック塗装」や「リクシル塗装」と言ってるのと同じだし
オスモ社には「オスモオイル」と言う商品はありません。

たまに「オスモ塗装のフローリングのメンテナンス方法を教えてください」とか
「フローリングのオスモ塗装が取れているので直してもらう事はできますか?」と行った
相談が全く知らない業者さんやお施主さんらしき方から来ます。

本当にオスモカラーで仕上げたフローリングなのか、オスモカラーを使っていたとしても
何の何番を使ったとでは対応の仕方が変わるのですが、相談して来た方もわかっていないので
手立てがない事があります。

よくあるのは「艶消し」に書いてるのに艶があったり。同じ番号のカラーを重ね塗りしても
なぜだか色合いが違ったりしています。

他者さんの商品の事はほっておいたらいいのですが、これも何かの縁なので
大切にしたいのですが、上手くいかない事の方が多いです。

フローリングの輸入商社さん、仕様は明確にしてください。

それと、樹種名も頼みますよ・・・
コメント

大工さんフローリング娘をよろしくお願いします。

2017年08月19日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

琥珀ミモザ120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ娘が嫁ぎました。
私のミスで現場所在地を聞いておらず、勝手に滋賀県長浜市周辺だと思い込んでおり
現場地図を送ってもらってビックリ!! 岐阜県可児市じゃ無いの、ここから150kmも離れている
送料を請求していませんでした。

ミスはミス 責任は私
愛車ボンゴトラックに乗っけて、可児市までのドライブが始まりました。

名神高速は慣れた道、いつもと景色は変わりません。
途中、小牧で降りて国道41号線を走ります。
下道が面白いんですね、聞いた事ないファミリーレストランや
地場の飲食店、わけわからん物販店、個性があるガソリンスタンド等々
楽しみながら走るとすぐに現場に到着しました。

大きな平屋建ての住宅にポツンと琥珀ミモザ120フローリングを降ろして
現場監督さんと大工さんに商品特性と養生について一通り説明をして
帰路につきました。



琥珀ミモザフローリングを見て、お二人は「こんなフローリング見たことない、
これはお施主さん喜ぶで・・・・・」

琥珀フローリングシリーズはアルブルインクのオリジナルです。




コメント

温かみのある色合いになりました/オスモカラー塗装フローリング

2017年08月17日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

フローリングのストックをガサガサしていたら塗装仕上げが出来ている1枚が出てきました。
なぜ1枚だけあるのか、忘れていたのか、よくわからないが定寸にカットして大きなサンプルにしました。

樹種は「くり90N」 塗装はオスモカラーウッドワックス#3191アンチックファーに
フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し仕上げ。

同じウッドワックス#3191アンチックファー塗っても「なら」とは仕上がりが異なる。
薄いグレー色なのに、なぜだか淡いベージュ系に仕上がる。

オスモカラーを始めとする植物性オイル塗料はフローリング自体の油分により
仕上がる色合いが変わってきます。


自然の物は面白いですね。

【商品情報】
くり90Nフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ、小節付き
着色塗装/オスモカラーウッドワックス#319-1アンチックファー
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、10枚、1.638m2
コメント

どちらも本物ですが悩みます。ロクファーフローリング

2017年08月17日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

すっかり仕上げ塗装は艶消しで定着しましたが
この「ロクファー」だけは、どちらが良いのか未だに悩んでしまいます。

提案させていただいたお客様も説明すればするほど悩まれて
なかなか決まらない事が多いです。

それはフローリング単体で見るから悩むのであって
インテリアとしてみれば答えは簡単だと思います。

その空間に置かれる家具類の艶があれば「三分艶」で
反対なら「艶消し」でしょうね。

私が悩む事では無いのですが、選択するための情報を
提供しなければならないので、やっぱり悩みます。

【商品情報】
ロクファー120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×120mm
形状/ユニタイプ、無節
下地塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス(三分艶、艶消し)
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス(三分艶、艶消し)
入り数/1ケース、7枚入り、1.5288m2
コメント

とても可愛い奴です。

2017年08月16日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

年がら年中、仕事の事ばかり書いてますが、それ以外にもいろんな事があるのです。
自宅でトイプードルを飼っていまして、私の言うことは「散歩」「オヤツ」「お出かけ」
しか聞きません。
毎日、朝に水を替えるのが私の役目なんですが、今日はこんな格好で寝ていました。

どうなっているのやら、大きな鶏の唐揚げ、竜田揚げ、フライみたいですね。

なんだか首がおかしくなりそうです。

【個体情報】
トイプードル犬
名前/ベル
生年月日/2014年12月25日
奈良県生まれ
色/レッド
コメント

中国工場が悪いわけではないが・・

2017年08月16日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

関東の大手フローリング輸入商社さんから相談電話がありました。

「オークフローリングを中国工場でオスモカラーのホワイトで塗装して輸入していますが
最近、色が抜けると購入いただいた木材建材業者からクレーム出ています。
オスモカラーは色抜けするのですか、また、現場での再塗装は可能ですか?・・・等々」

輸入商社さんだから、同じ色を何百ケースも輸入しているんだろう、これは困るやろな。

「オスモカラーの何番使っていますか、えっ何番かわからない、ホワイトです、
フロアークリアーエキスプレスでの仕上げ塗装は施していますよね・・・、仕上げ塗装って何ですか・・」

やっぱりそんなものですね、どんな塗料使っているのかも分からないなんてビックリですよね。

色抜けするのは、着色での塗布量が少ないのと、仕上げのトップコートをしていない証拠です。
現場で再塗装するにも、本当にどんな塗料で着色したのかが分からないと
上から塗装しても相性が悪いかもしれません。

中国工場で着色塗装すると安く仕上がりますが、何か事が起こると手がつけれなくなりますね。

その輸入商社さんには、しっかり説明しましたが、その後どうなったのかは解りません。


なら120Nフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
着色塗装/オスモカラーウッドワックス#3111ホワイトスプルース
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し

東北かば90Nフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
着色塗装/オスモカラーウッドワックス#3111ホワイトスプルース
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し

アルブルインクのオスモカラー塗装フローリングは身元がはっきりしています。
コメント

定番色は強いです/オスモカラー塗装フローリング

2017年08月16日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモサイクフローリングはアルブルインク

無垢フローリングの着色塗装としては
オスモカラーウッドワックス11色
オスモカラーフロアーカラー6色
オスモカラーワンコートオンリー14色
オスモカラーカントリーカラー14色
オスモカラーウッドワックスオパーク7色
計52色あり、気に入る色は絶対あるはずです。

これだけのカラーバリエーションがあっても
オーダーが入り色合いは数色です。

1番多いのが「ウッドワックス#3163ウォルナット」

2番目が「ウッドワックス#3166チーク」

仕上げ塗装はフロアークリアーエキスプレス#3362艶消しがほとんどになります。

そりゃ「フロアーカラー#3041ナチュラル」「ウッドワックス#3191アンチックファー」
着色の無垢フローリングは今風で上品で美しいですが
定番となる「ブラウン系」が強いですね。

黄色でも青色でも任せてくださいね。




コメント

繋げて並べるだけのミャンマーチークのウッドデッキタイルです。

2017年08月16日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモサイクフローリングはアルブルインク


「見切り」「入り隅」「出隅」を用意していますので
敷き詰めた際に美しく収まります。
裏面のポリエチレンベースはリサイクルプラスチックでは無いので
日光や雨水による劣化を極力抑える事ができます。
また、デッキタイル本体と裏面ネベースはステンレスビスで接合していますので
ビスからの内部結露を防ぎ、年数が経ってもバラバラになりません。
(安価な商品は、廃棄物からのリサイクルプラスチックを成形し
ビスは鉄製で、それらは経年変化とともに醜いゴミとなっていきます)

DIYセンター等に似ている安価なウッドデッキタイルが販売されていますが、
それで良い方はそちらをどうぞ。


【製品情報】
DEESAWAT TEAKWOOD DECKING TILE
サイズ/8+14mm×300mm×300mm
樹種/ミャンマーチークウッド
仕上げ/無塗装
パターン/8種類


コメント

「琥珀ミモザフローリング」はアルブルインクにしかありません。

2017年08月10日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

どんな風合いになるのか、出来上がらないと分からないのが
「琥珀」シリーズのお楽しみです。

今回の「琥珀ミモザ」は白い部分が若干少なく、濃い部分が多いので
高級感あるシックなフローリングになりました。

塗装はオスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し2回塗り
これで耐久性、撥水性、防汚性が高まり水拭き掃除だけで美しさを保てます。


【商品情報】
琥珀ミモザ120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×120mm
形状/ユニタイプ、節付、パテ処理あり、源平
下地塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、7枚、1.5288m2
コメント

こんな色合いもOK / 焼き杉板

2017年08月10日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

いつもお世話になっています木質建材メーカーに寄り道した際に
「すっごく明るくて可愛い色合いの焼き杉板」を見つけました。

関東の木材問屋からの依頼で作ったらしいのですが、
上手く事が進み来月には大量作成するようです。

木材製品業者には思いつかない色合いですが
DIY好きの若い女性に人気があるようです。

壁全面に貼るとビックリハウスになってしまいますが
部分的なアクセントならOKかもしれませんね。

コメント

商売気が無いと言われまが、ガメツイのは嫌なんです。

2017年08月10日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「どうや商売上手くいってるか、どんな雰囲気のフローリングが出てる?・・・・」
私の事を長年気に掛けて戴いてだいています設計士さんより年に2〜3回電話があります。
一通り流れを話し、次に掛かる予定の物件情報を戴き、フローリングのサンプル作成依頼を受けました。

「この前、輸入無垢ドアを扱っている会社に行って来たんだけど、丁寧に説明してくれて
とても参考になったよ、○×っていう会社だけど知ってる?」
「もちろん知ってますよ、施主さんを対象にした丁寧な会社ですよ。
私もあのドアは仕入れできますし、少し安いと思いますが、現物を見せることが出来ないし
実績もないに近いから、○×さんとの出会いを大切にした方が良いと思いますよ」
「そやな、説明受けて世話になっときながら、安い所を探して買うのは良くないな」

昨日の電話は「フローリングのサンプル作成依頼」「輸入無垢ドア」
どっちがメインだったのだろうか、また私の考えの確認だったのか・・・・



私の「オスモカラー塗装フローリング」は価格だけでの選択は出来ないと思います。









コメント