オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


広葉樹フローリングのホワイト色がお好みの様です。

2012年04月28日 | フローリング系

くり・ならナチュラル・ホワイトアッシュのホワイト塗装仕上を
希望されている様なので、実際に雰囲気を確認頂く為に
サンプルを作成し、今日お客様の元へ発送致します。

以前はパイン系針葉樹のホワイトカラーに人気がありましたが
最近はシックな雰囲気が好まれる様です。

オスモカラーは“木を活かす自然塗料”です。

オスモカラー塗装フローリングはアルブルインク


コメント

パインフローリングのオスモカラー塗装仕上サンプル作成中

2012年04月25日 | フローリング系

あかまつパインフローリング/オスモカラー塗装品

パインフローリングはクリアー塗装仕上より
着色仕上げの方が人気がある様です。

適当に6色選んで塗装仕上をしましたが
オスモカラーはカラーバリエーションが豊富で
必ず貴方のお好みの色に仕上がります。

最近、オスモカラー塗装品と称して
まったく別の塗料使っている物や
トップコートにフロアークリアーを塗装しない
着色だけの物が多く出回っています。
大切な貴方のお住まいだから
価格だけではなく、品質も判断基準に入れて下さい。


オスモカラー塗装フローリングはアルブネインク
自社作業場で丁寧に仕上げています。


コメント

北米産のブラックチェリーにナグリ加工をします。

2012年04月25日 | 木材系

北米産ブラックチェリーを国内でフローリング加工しました。

この現場の床にはブラックチェリー挽き板フローリングを採用頂き
床の延長で壁にもブラックチェリーを使いたいとの事だったので
「挽き板フローリングを使ったら」
「縦横均等のナグリ加工をしてほしいんだ」
「手彫りじゃ、均等になりにくい」
こんな会話が続きました。

ソリッドで150ミリ巾、長さ1400ミリ
無垢材が得意のアルブルインクには問題はありません。
しかし機械彫りのナグリ業者を知らなかったのです。
手作業のナグリ加工業者はいるのです。

結局、設計士さんの知り合いの造作材屋さんにお願いしました。

フローリングが届く日に材の検品に行ってきました。

素晴らしいの一言です。(自画自賛)


来週、現場に帰ってくるのが楽しみです。

無垢フローリングはアルブルインク。


コメント (1)

ずっと付き合います/オスモカラー

2012年04月24日 | オスモ系
オスモカラー塗装のフローリングをご購入戴いた方に
引き続きご購入頂く事が多い「オスモカラーメンテナンスセット」です。

アルブルインクでアッセンブルして販売しています。


【中身の説明】
◆オスモウオッシュ&ケアー 
 日々の汚れを落とし表面を守ります。
◆オスモワックス&クリーナー
 定期的なメンテナンスに使って下さい
◆オスモポリッシングパッド
 小さなキズや頑固な汚れはワックス&クリーナー
 をつけて軽くこすると落とせます。
◆雑巾
◆オスモカラーカタログ
◆オスモカラー物語
◆オスモカラーメンテナンスガイド
◆ポリバケツ

オスモカラー塗装フローリングはアルブルインク
コメント

幅広オークフローリング/オスモホルツ#65088

2012年04月20日 | フローリング系
お施主さんの希望される一つに「巾広フローリング」があります。
インテリア雑誌等で施工事例で見かけますね。
ボリューム感が強く実際に使われている事は少ないと思います。
ほとんどの住宅では90ミリ巾になり、
日本でよく有る物を置く生活にマッチする巾だと思うのです。

画像のフローリング
巾は何センチだと思いますか?
左は15センチで右は20センチなんですよ!
これらの巾広を使いたいのならシンプルな
物の無い生活スタイルをお薦めします。

20センチ巾のフローリングとなると
木自体の性質や加工技術が要求されます。
オスモホルツなら安心できます。

100年の歴史が証明するオスモフローリングの最高品質。

オスモフローリングは日本オスモ正規代理店のアルブルインクまで



コメント

ユズリハの咲く家 (DEESAWATモザイロフーリング)

2012年04月16日 | 納品現場

昭和モダンの香りがする住宅が完成しました。
まるでヨーロッパの城を感じさせるアーチ天井が
私をワクワクさせました。
エントランスから各個室に繋がる通路になっています。

順番が逆ですが、エントランス付近です。

教会が古城の雰囲気ですね。
一階の床は全て大理石張りになっていました。

ロートアイアンの手摺が付いた階段(踏み板はウォルナット)を昇ると
ゴージャスな色を放つピンカドフローリングになります。
各個室はミャンマーチークのヘリンボーンフローリング。

トイレは6角形のモザイクフローリングです。

主寝室のバルコニーにもミャンマーチークのデッキタイルを
敷き詰めています。



<ユズリハの咲く家:完成見学会開催>
設計監理:多田直人建築研究所/多田直人様
施工管理:株式会社 相宮工務店様/現場監督 山田朝弘様 大工 長屋俊平様


DEESAWAT MOSAIC FLOORING /アルブルインク
コメント

外付けブライント“ヴァレーマ”の説明会

2012年04月11日 | 外装系

屋外設置型可変ブライント“ヴァレーマ”の商品説明会を開催致しました。

少人数での説明会を企画していたのでFaceBookでの参加募集を行いました。
京都の設計士4名、滋賀の設計士2名、京都の建築資材業者1名の計7名です。

皆さんが感じる質問から、興味を湧かすプレゼン方法まで
あらゆる質疑があり、予定時間がたちまち過ぎました。


このようなセミナーを二ヶ月に一度の割合で企画する予定です。

アルブルインクは“ヴァレーマ”も扱っています。


コメント

ここに事務所があります。アルブルインク

2012年04月09日 | 事務所付近を散策
自営業だと言ったら
「事務所に看板出てますか?」と聞かれる事が多く
「出てないですが、エレベーター前のガラスの壁に
書いています」か今迄の答えでした。

今日、出社すると陶板プレートに書かれているじゃないですか!

入居時に社名プレートを壁に表示しますと言われて四ヶ月経ちましたが
ついに実現されました。

ビルの正面に掛かっていた宣伝用看板も撤去されスッキリしました。


小さなオフィスですが、魅力溢れるフローリングが沢山あります。
京都観光のついでに起こし下さい。

隣は「西京焼」で有名な“一の傳”さんです。

モザイクフローリングとオスモカラー塗装フローリングならアルブルインク
コメント

DEESAWTフローリングを採用頂きました岐阜市の住宅が完成しました。

2012年04月05日 | 納品現場
昨年夏に納品させて頂きました岐阜市の住宅が完成致しました。
お施主様のご好意により来週末に 現場見学をさせて事になりました。

画像はヘリンボーンフローリングです。



この住宅にはDEESAWAT社のモザイクフローリングを多数採用頂けました。
感謝しています。

現場見学会で撮影した画像をアップしますのでご期待下さい。

設計監理:多田直人建築研究所/多田直人様
施工管理:株式会社 相宮工務店様/現場監督 山田朝弘様 大工 長屋俊平様

DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク
コメント

こんなフローリングも作ってます。ダグラスファー

2012年04月03日 | フローリング系

ベタッとした雰囲気で写真写りが悪いから
ショップサイトを外していたフローリングなんですが
3ヶ月に一度の割合で問合せがあります。


フランスの片田舎の納戸に使われている様な巾広で使用感がある
フローリングが欲しいと設計士さんが言うので事で、これを作ってみました。

現場では、水性塗料で着色されています。
年数が経てばハゲてきて杢目が浮き出て
イメージに近くなる事でしょう。




《商品情報》
ダグラスファーフローリング 節付
3950mm×20mm×210mm
作成最低ロット20枚
無塗装仕上
抜け節はパテ又は埋木で処理しています。
ダクラスファーの丸太から製品にしています。

詳しい事はアルブルインクまで
コメント

ブラックチェリー挽き板フローリング

2012年04月02日 | フローリング系
積極的に話題にしていた「挽き板フローリング」に人気が出だしました。
昨年は滋賀3件、京都2件、東京1件の6現場でしたが
今年は2件納品済み、見積物件が4件あります。

画像は今日納品した「ブラックチェリー挽き板フローリング」です。

どうですか?
とても美しく上品で華麗な雰囲気だと思います。


現場は京都市東山区八坂の旅館です。
実は「チーク挽き板フローリング」も納品しています。
これも高級感が溢れています。


アルブルインクのフローリングは、手作業でオスモカラー塗装を施しています。

《商品情報》
ブラックチェリー挽き板フローリング/床暖房対応
オスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消し仕上げ
サイズ/1818mm×15mm×150mm 表層3mm挽き板貼り


オスモカラー塗装フローリングとモザイクフローリングはアルブルインク
コメント