オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


くりランダムフローリングのオスモカラー塗装

2010年08月30日 | フローリング系
はっきり言って作業効率悪すぎ!!

ランダムフローリングのオスモカラー着色作業
単純に計算して、一箱ランダムなら40.68メートル
ユニなら38.2メートル たいして変わらない
それなら、一箱に対してランダムなら26枚
ユニなら10枚
やっぱり、作業箇所が多いんだ




でも、一枚ずつ確認できるので
仕上がりがとても良いです。

手間隙がかかっても、美しくし上がるのなら
しょうが無い・・・・・・

現場が待っています、明日も頑張ります。

無垢フローリングのことならアルブルインク

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

くりランダムフローリングのオスモカラー塗装

2010年08月29日 | フローリング系
ユニタイプのフローリングが標準化していますが
本来、無垢フローリングはランダムがオリジン。

大工さんの手間も少しアップするかもしれませんが
張り終えた状態を見ると違いがはっきりわかります。

アルブルインクが採用している「クリフローリング」は
500/600/700/900ミリの4種類の長さで構成されています。


短いので確実に美しく塗装を施せます。
問題はどのようにして乾燥させるのか・・・

オスモカラーウッドワックスで着色をしています。

どうです美しい杢目でしょう。

乾燥行程が終わると、オスモカラーフロアークリアーラピット#3232で
しっかりトップコートすることにより、潤いと艶を得た「くりフローリング」は
お施主様を暮らしを満足させることでしょう。

手間隙掛けるアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

コメント

ならナチュラルフローリング オスモカラー塗装作業報告

2010年08月28日 | フローリング系
オスモカラーウッドワックスで着色作業を施し乾燥したら
サンドペーパー#240で軽く表面を研磨して毛羽立ちを研磨します。
この作業は完成した際に重要なポイントになります。

これから仕上げに入ります。
三分艶仕上げなので、フロアークリアーラピット#3232を使います。
失敗につながる「厚塗り」をしないように均等にコテバケで塗装します。

どうですか、とても美しいでしょう。
塗装直後なので艶は多いですが、乾燥とともに落ち着いた色調になります。


簡単な作業にみえますが、いざやってみると上手くいきません。
いままで失敗も多々有りました、フローリングの質の悪さ
サンディングの掛け過ぎ、オスモカラーの塗り過ぎ
湿度が高くて乾かない、作業場所が狭い 等々

お金を頂いているのだから、完成度の高い商品を提供するのが当たり前です。

今日は梱包作業後、完成したフローリングを現場に納めた後
「くりランダムフローリング」の塗装作業にかかります。


無垢フローリングの事ならアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

ならナチュラルフローリング オスモカラー塗装作業報告

2010年08月25日 | フローリング系
昨日今日と二日間、朝早くから夜まで、オスモカラー塗装に集中していたので
36ケース/18坪のウッドワックス下塗りを終わらせる事ができました。

着色作業は倍程手間がかかります、実部分の塗装が非常に面倒なのと
すぐにコテバケと手の跡が付くので、気が抜けないからです。


次の作業は表面の毛羽立ちを#240サンドペーパーでかるく研磨します。
その後、#3232フロアークリアーラピットで丁寧にトップコートを施します。


これで、乾燥すればとても綺麗な「ならナチュラルフローリング」の完成です。

現場の大工さん、もう少し待っていてください。

作業進行状態が解ります
アルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

色が決まりオスモカラー塗装作業開始 

2010年08月23日 | フローリング系
当方より提案していました色をお施主様が気に入って
頂けたので今日から作業が開始しました。

オスモカラーのウッドワックス#3163ウォルナットに
#3161エボニーを適量混ぜて杢目に染み込む色を
若干濃くすることで、夏目と冬目のコントラストを強調してみました。

まだ着色の段階なので艶など色の深みは出ていませんが、
とても綺麗に仕上がると思います。

明日は朝から作業にかかります。
ならナチュラルフローリング

無垢フローリングの事ならアルブルインク

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

無垢テーブル天板の仕入れ その2

2010年08月23日 | 木材系
先月ご購入頂いた連工務店の棟梁が「中国とがのテーブル、お施主さん喜んでいたよ」
「手間入れてあの位の価格で提案できるのなら、もう一枚買うので大阪に連れて行ってくれないか」
「過去に建てさせて頂いた施主さんに、挨拶がてらに営業してみる」との事で
またまた中田木材工業さんにお邪魔しました。

今回は、倉庫に仕舞ってある板も見せてもらいましたが
棟梁は展示してある板がずっと気になっていたらしく何度も見ていました。


いろいろ見ましたが、やっぱり初めから気になる一枚を購入する事で決定。

「予算は超えているが、これ位でないとわしの仕事とは言えん」の一言で決まりました。

今回の仕入れは「中国かば 2300×65×990ミリ」の逸品

さて、どれだけ別嬪さんになるのかが楽しみです。


見て触れる木の事ならアルブルインク 


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

鳥取県のスキー場の材料でした。

2010年08月21日 | 木材系
久しぶりに米松の別挽きの注文をたくさん頂、
3トントラックに乗っけて汗だくになり配達してきたのに
写真撮るの忘れていました。
ガックシ・・・・・・・

この丸太で製材したのでしょうか



フローリングだけじゃないよ
アルブルインク



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

オスモカラー塗装作業 手つかず

2010年08月21日 | フローリング系
お施主さんの「こだわり」が強く、色がなかなか決まらない状態ですが
大切な住いの事です十二分に悩んで下さい。


いつOKが出るか解らず、私の段取りが狂い困っていますが
たぶん月曜日には塗装作業にかかれると思います。

作業場は綺麗に整理されいつでも塗装にかかれる状態です。

なんども紹介してきた「ならナチュラルフローリング」

無塗装の状態では、赤白の違いはわかりにくいですが
オスモカラーを塗装すると、濡れ色にかわり
赤白、杢目がはっきりと現れとても美しくなります。
小節も少しあるのでとても自然な雰囲気にしあがります。

「くりランダムフローリング」以前はユニタイプを扱っていましたが
最近は商品薄の為、500-600-700-900ミリのランダムフローリングを
主に扱っています。張り手間は多くなりますが
仕上がったフローリングは縦横の継ぎ目がはっきりとして
とても高級な質感を実感でき、お施主さんは喜ぶ事でしょう。


自社作業場でオスモカラー塗装を行っています
アルブルインク



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

木の住い「笑家」が見えだしました。

2010年08月18日 | 納品現場
先日より納品させて頂いております
「杉30ミリフローリング」と「ならナチュラルフローリング」が
姿を現しました。

この住宅は「笑家」(しょうやと読みます)と言い
京都府京都市伏見区で営業されています株式会社トスクホーム様
オリジナル住宅になります。

厚みが30ミリありますので、二階の床下地として使え又、
一階の天井としても立派に仕事をしていくれています。

一階の床に「ならナチュラルフローリング」を採用頂き
自然な木の感触を楽しめる住宅になることでしょう

大工さんは丁寧な方で、一度色柄合わせと精度の確認の為に
しっかり仮並べを行って頂いていました。
面倒な作業ですが、この行程はとても重要な事で
を貼り上がった時にしっかりと解ります。

手間隙かかりますが、基本作業をしっかり行う職人さんの仕事は
派手さは無いが、安心して一生の住処を作ってくれます。


アルブルインクは丁寧にフローリングを仕上げます。



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

コメント

今日の荷物は一番人気の「ならナチュラルフローリング・オスモカラー塗装」

2010年08月18日 | 日々の話
ほんと人気が出てきました。
普段から言葉にだして営業している事が幸いしているのか。

今日も「ならナチュラル無塗装フローリング」
36ケース輸入商社の倉庫から引き取ってきました。

昨日今日と納品しているのも「ならナチュラルフローリングの
オスモカラー塗装仕上げ」

何が良いって、ならの小節付ですよ!!
カジュアルにもクラシックにもつかえる質感と
足下をしっかり支えてくれる適度な堅さ。

しかもパインと比べて少し割高なだけで
生活環境がアップして心落ち着きます。


このフローリングは滋賀県の大治工務店様からのご注文になります。

作業は明日からかかりますので、ブログで経過報告致します。

手間隙掛けるアルブルインク



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

コメント

パインの次は「ならナチュラルフローリング」

2010年08月12日 | フローリング系

このところ注文が続いている「ならナチュラルフローリング
小節と色の濃淡が自然な雰囲気をだしているのと
パインフローリングより少し高級感があり
ならの堅さが人気が集まるポイントなのかもしれません。

もちろん価格も無垢フローリングの中では、とっても納得価格。
サイズは1820×15×90のユニタイプ
仕上げはもちろんオスモカラー#3232フロアークリアー塗装

今回は新築現場の一階に採用頂いた分を仕上げています。

一週間もすれば、先日棟上げが行われた現場の二階分も作業にかかります。


アルブルインクは低予算でも安心・納得・満足の
フローリングを提案致します。



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


コメント

まつ系フローリングの注意点

2010年08月11日 | フローリング系
無垢フローリングは「なら」「たも」などの広葉樹
「すぎ」「ひのき」「からまつ」「パイン」などの針葉樹に大きく分類されます。

「からまつ」「パイン」に付き物である「ヤニ」について
今回一軒分納品させて頂いたロシア産からまつにも
当然生きている証拠としての「ヤニ」がありました。

伐採して、商品になっていても「ヤニ」はでてくるのです。



触ったらダメなのが解っているのに触ってしまって後悔する

でも、安心して下さい。

日本オスモ社の「シェルゾール」は本来オスモカラー塗装後の
刷毛洗浄用材ですが、「ヤニ」などの天然樹液もしっかり分解してくれます。


もともとは手術用器具の洗浄液として使われていますので、人体自然形態に影響はありません。

「まつ」系のテーブルが汚れる原因の油分もこれで大丈夫です。

オスモカラーのことならアルブルインク




住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



コメント

杉30ミリ厚フローリング納品してきました。

2010年08月05日 | フローリング系

愛車のアルブルボンゴにはちと無理な荷物なので、
久しぶりにマツダレンタカーに世話になりました。

ぱっと見!!重量オーバーのようですが
杉なので軽いです。これで19坪分あります。

現場に到着しましたが、監督さんに「どこに置く?」
とりあえず1階に仮置きしておこうとなり
大工さん、監督さん、私の三名で荷下ろしを始めました。


いくら杉で軽いとは言えサイズは3900×30×120 
7枚入り/梱包となるので・・・・・

汗が出る出る、手伝って頂いて良かったです。

ほんと良い工務店です株式会社トスクホームさん!!

この現場は自然素材の家 “笑家”と言います。


アルブルインクは現場まで納品します。
コメント

中国とがのテーブル作成中

2010年08月05日 | 木材系
先日、棟梁と一緒に仕入れに行きました「中国とが」がテーブルに変わりつつあります。

脚は何の木だと思いますか?
「カンボシア松」ですよ。棟梁が昔仕入れて残してあった材を、今回使われたそうです。
完成直前なので雰囲気だけの画像ですが、手間隙かけているのが解ります。

後ろに置いてあるのは、同じ現場で設置される収納です。

近いうちに、現場に納品されるので撮影してきます。

こだわった木材を扱うアルブルインク
コメント

東北かばフローリング/オスモカラー塗装 

2010年08月02日 | フローリング系
半年ぶりにオーダーが入りました「東北かばフローリング」です。

何年前になるのやろう、始めて無垢フローリングをオスモカラーで塗装したのが「東北かば」なんです。
あの時の感動がなかったら、今のアルブルインクは生まれませんでした。
当時は無垢フローリングなんてマニアの世界で、オマケにオスモカラーは誰も知らない頃に
巾75ミリの狭い物を、工務店さんに無理矢理買って頂いた頃を思い出します。
そうそう、自宅の洗面所もそのころDIYで貼りました。

時は流れても「東北かば」はあの時と同じ「上品な杢目と淡く美しい色調」をしています。

今回、納品させて頂く工務店さんとは始めての取り引きで、仕上げの質感を気に入って頂き採用となりました。


オスモカラーフロアークリアー#3232をしっかり丁寧に塗装
乾燥したら#240サンドペーパーで毛羽立ちを処理
トップコートとしてオスモカラーフロアークリアー#3232を再度塗装します。
これでオスモカラーの性能が発揮できます。

市場でオスモカラー塗装と銘打った安いフローリングが出回っています。
ほとんどの商品が一度しか塗装を施されず性能が発揮できていないのが多く
もっと悪質なのは、オスモカラーじゃない塗料を使ってオスモカラー塗装と言ってるのもあります。

はっきり言って、オスモカラーの塗装ラインはとても扱いが難しく、生産コストがあいません
こつこつと手で塗るしかないのです。

手間隙かけるアルブルインク



コメント