見出し画像

外遊びは家族みんなが冒険者!

自分に合ったパンニング皿を見つけよう その1

世界中でパンニング皿を探すと色んな形状のものが見つかります。

写真のお皿はブルガリアから取り寄せた仕上げ向きのパンニング皿。貝の形をしています。

使い方はとても簡単。

予め大きめの砂利を取り除いた選鉱物を投入して

広がっている面を水面へ抜き差ししながら細かい不要物を洗い落とします。

 

注目すべきはフラット面。しっかりと平面が出ており必要最小限の面積を確保してあります。

パンニング皿にとって、この面の精度はとても重要です。安価なパンでは湾曲しているものがあり、仕上げの際に砂が偏ってしまってなかなか砂鉄を選り分ける事ができないですよね。

また、お皿の全周にはグルリと細かな溝が設けてあります。
選鉱時に残った残留物に応じて使用面を変えることが出来ますし、貝型になっているので、末広がり状に多めの選鉱でも対応できます。

当店では色んな種類のパンニング皿を扱っていますが、それぞれに特徴があります。

どういったパンニングがやり易いのか考えて自分に合ったお皿を見つけるのが良いでしょう。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「砂金採り道具」カテゴリーもっと見る