見出し画像

外遊びは家族みんなが冒険者!

砂金採りの結果は道具で左右される ・ハンドドレッジ編

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハンドドレッジ

各地の河川で威力を発揮しているハンドドレッジ。

私は砂金掘りに行く際にはこのアイテムは欠かせない。

なぜならば、これほど素早く簡単に砂金が採れてしまう道具はないと思っているからである。
川底に大量の石や砂利が溜まっていない限り、カッチャが不要なので作業中の荷物が減って楽です。


使い方は簡単。
川底の岩盤上に溜まっている川砂を吸い取り、バケツに溜める。
ある程度溜まったらパンニングするだけ。
メガネ掘りのように水中の濁りが無くなるまで待つこともなく、手返し良く作業ができるので楽してナゲットを取ることも出来ます。


上の写真は北日本のとある川。岩盤上の砂をハンドドレッジで吸い取り、キレイになった状態です。
深い場所には年代物が潜んでいる場合が多く、1グラムオーバーのナゲットがコロコロと出てきます。


匠も良い道具を持たなければ成果を上げることはできません。

自分に合った良い道具は揃えておきましょう。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「砂金採り道具」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
人気記事