プチアーリーリタイアしたおひとり様の日記 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

色々あって今に至る。昨日の出来事を中心に書き残しています。

長岡ステークス、小倉2歳ステークス 予想結果

2019年09月01日 19時47分54秒 | 競馬 結果と検証
令和元年9月1日

とうとう9月に。
しかし、天気が悪い。
家事は天気を見ながら臨機応変にしているが、この辺はアーリーリタイアして良かった点。
仕事をしていた時は、天気に予定を狂わされることが多かったので、家事ができないストレスは軽減した。


今週は、土曜と日曜のどちらに参戦するかで悩んだが、よりハンデ戦の少ない土曜の方を優先した。

この時期の2歳戦は、新馬勝ちが多く、能力によりデータが通用しないケースもあるので、札幌2歳ステークスはパスとした。
狙いは、新潟メインの長岡ステークス。
このレースは、前走新潟日報賞が重要ステップレース。
今年は、人気のない2頭が出走だが、穴なら、適条件で時計もあるアバルラータ(9人気)だが、5歳牝馬で、この馬にしては休み明けの前走が負けすぎの感じがした。

で、この2頭を除くと、何と残り10頭すべてが休み明けだ。(?_?)
しかも、適条件はそのうちミュージアムヒル(8人気)1頭のみ。

ミスティックグロー(6人気)は、3戦3勝だがどこか悪いのだろう、休み休みの使い方で、昇級、時計的にもここはパス。

アガラス(5人気)は、馬柱から2歳でピークアウトの可能性も。(来ちゃった...。(>_<))

ミッキーブリランテ(2人気)は、好走が続いているが、昇級のここは時計的にちと疑問。

アンドリューズ(1人気)は、ムラがあるが、左周りがいいのか、輸送が悪いのか、今いち確証が持てない。(結局左周り専用みたい。(>_<))

ロードマイウエイ(4人気)は、この春は3連対。
休み明け、新潟は4着までで、しかも千六は初。
ただ、前夜は4人気ぐらいだった気がするが、この日の早朝オッズでは、何と単複ともに低配当の1人気。
一瞬目を疑ったが、どうやら大口投票の異常オッズだったみたい。
うーん、ヤリヤラズの裏情報なのか、度胸のある博打うちなのか。
(結局、もし1人で投票なら、1000万円くらいの払い戻しでは。( *´艸`))

残ったのが、レジーナドーロ(3人気)。
新潟は3着ありで、時計的にも十分で、休み明けも実績がある。
ただ、このレース直線は長いが、今年のメンバーは単騎逃げ馬不在で、後ろからでは届かない可能性も。
で、念のために馬体重の発表を待ったのだが...。
プラス12㎏!!!(?_?)
この馬は、馬体重の増減があまりないタイプだから、これは、危険が危ない!(今週もかよっ。)

結局、このレースはケンとした。
結果レジーナドーロは全く伸びず8着で、結果オーライだった。(#^^#)


追い込まれた日曜の各場メイン、ハンデ戦以外は小倉2歳ステークスのみ。
このレース、昔は外枠完全有利のレースだったが、最近はそうでもない。
また、今年は長雨で、この日の芝は重。

レースデータとしては、前走小倉の新馬戦が抜けたステップレース。
となると、人気のカイルアコナ(1人気)はデータ的には買い、だが。
どーも、引っかかるのよね。
前走で引き離して圧勝しているが、少頭数で揉まれてもいない。
また、ここは、新馬勝ちが多いので、逃げ争いになる可能性がある。

他の人気馬で、目を引いたのがマイネルグリッド(3人気)。
前走小倉の新馬戦以外で、馬券絡みを多数果たしているのが、フェニックス賞好走馬。
時計的にも、このメンバーでは早い。
前にも行けるので条件よしだが、気になるのは、混戦時の決め手。
かなり悩んだが、若駒は、迷ったときはレースリプレイを確認するようにしている。
この馬の前2走を見ると、垂れることなく直線伸びてきていた。
おそらく、勝負根性(走りたい気持ち)が勝っているタイプなのだろう。
また、初戦で重馬場の坂を問題なくこなしている点もいい。


レースでマイネルグリッドは、予想どおり前目に付け、直線で抜け出し、競い合いで差し切った。!(^^)!
3、2、4人気で決着したが、複勝は高めの配当になった。

コメント   この記事についてブログを書く
« バラ色の定年後生活って | トップ | 紙ジャケットCD エルトン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競馬 結果と検証」カテゴリの最新記事