千寿の碁紀行

小林千寿の世界囲碁普及だより

第21回泰書展 上野の森美術館 ~9月2日まで

2014-08-31 23:57:07 | 日記
 棋士は書を学ぶ事が必須科目と言っても過言ではありません。
 揮毫を頼まれた時に、あまり、みっともない字を残したくない。。。ですから。。。。
 昔の大先輩の棋士の書は素晴らしいです!!!

 その流れを汲み今も書を学ぶ棋士は多いです。
 
 藤沢秀行先生の書の先生である『柳田泰山先生』の泰書展が上野の森の美術館で開催されてます。
 今日、ご挨拶かたがた、書展を拝見して参りました。
 
 泰山先生のお父様・大書家の柳田泰雲先生が碁が大好きだった碁縁です。
 泰雲先生の碁敵は作家の江崎誠至先生で、お二人とも,とても楽しく碁を楽しまれていたものです。
  昔の文化人の囲碁人口は多かったですね。。。。
 
 写真で棋士の書をご紹介させて頂きます。
 棋士の書の修練ぶりを是非,会場に足を運んで,じっくり鑑賞して下さい。

 
 

 


 
 
 
 
 
Comment   この記事についてブログを書く
« 京都で見つけた浴衣姿 | TOP | 環境を整える »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記