117ok (イチイチナナ オーケー)

インターNet ブロードバンド Watch ~

<リンクURL&記載等、予告なく変更することがあります。>

auスマホ+WiMAX~LTE

2012-11-11 12:56:52 | スマホ 関連

LTE(4G)通信エリヤ拡大、各キャリヤでTV-CM。

スマホのau-WiMAXテザリングは、LTE通信テザリングまでの繋ぎだったのか、
無線WiFiで速いのはWiMAXと賞賛でしたが、スマホからのテザリングには
不向きと思われます。
なぜなら、
WiMAXは屋内通信に(弱点)つながりにくいがあり
来年には速度が今までの下り最大40メガから
150メガその後330メガになりそうですが、スマートフォン(スマートホン)
スマホには不向きと実際使用して解りました。

大きな公園などでは電波を拾いやすくアンテナも4本出て計測すると
25メガ前後速度でます。
しかし、
外出先で使用する場合、屋内の電波が入りにくい。
大昔の携帯電話と同じ様に窓際で使用、やっと電波を拾える。
そんな状態で拾えた電波は弱くインターネット接続がスムーズに観られません。
通信速度が遅い5メガでません。
計測していても途中で切れる事が多々あります。
屋内でもっとスムーズに電波を拾える様にしないと、先々の普及は難しいでしょう。

LTE通信なら屋内の電波に弱いなんて事、少ないようです。
光ファイバー有線接続と同じ様に毎月の使用料金に高いお金がかかり、
2年間の継続使用(条件)にしているのなら、
つながるエリヤの方には、屋内外つながらなくては大問題です。


auスマホWiMAXテザリング機能つき端末9台でています。
スマホでWiMAX使用すると満充電バッテリー時でも2時間もたないでしょう。
スマホからテザリングで8台の機器を理論上インターネット接続等できても
スマホ本体の電源バッテリーがゼロ(0)になれば皆、接続できなくなります。

WiMAX屋内で使用しない、屋外で使用って需要がどれだけあるだろうか?
屋内電波受信が悪い「つながらい」のでは人気が薄れます。

au+WiMAXスマホより、au+4G LTEスマホの電波送受信の方が優れているといえます。

 

スマートフォンの欠点バッテリーの減りが早い。
つながりにくい通話がプチプチ途切れ聞きずらい、
メール送受信が遅れる時がある、
地図の現在地が30メートルくらい離れた場所を示します。
ワンセグ(TV)観られない所が多い。
文字入力キータッチが、なれないと面倒。
電波受信が悪いところではタップ「画面操作」スムーズにできない。悪い!

上記クレーム各社「NTT、au、Sバンク」共にわかってユーザーに
使いやすいスマホを目指し、
次からつぎに新しく改善された製品(スマホ)を出し対応しています。

ユーザーは使いにくい「悪い部分をなくして欲しい」スマホでも妥協しながら使用、
クレームだしてもサポートの対応が悪いので参っている・・・。
なぜなら、
完璧に近いスマホは作れない需要と供給のバランスが取れてないからでしょう。
完璧に近い製品が出来ればサポートも楽、人数も少なく済むのでしょうけど、
ユーザーが求めるモバイルPC機能、
どこでも繋がり、通話もメールも
インターネットも問題なく出来るようになるまでに、時間がかかりそうです。
それが来年中頃なのかハッキリわかりませんが、
LTE-4G通信に全て変われば確実にスマホも、劇的な進化すると思われます。

          

  つながるTV特別篇 au『4G LTE』体験レポート

      

 

 

高速通信サービス「LTE」とは―WiMAXとの比較、ドコモ・auなどキャリアの計画まとめ