カワウソ・・・・日本対馬で生きてた

2017-08-18 05:06:19 | 日記
日本にカワウソがいたのです

とっくに絶滅したといわれいたのに

愛嬌のある顔・・・・大食漢

日本カワウソならすごい発見ですね


琉球大学は17日、長崎県対馬で今年2月6日にカワウソの動画を撮影したと発表した。

環境省が7月に実施した調査でふんなどを採取し、分析した結果

カワウソのDNAが検出された。カワウソの生息が国内で確認されたのは38年ぶりで、種の特定を進める。


ニホンカワウソは明治時代まで川辺に広く生息していたが

毛皮を目的とした乱獲などにより減少。国内では1979年に高知県内で目撃されたのを最後に生息が確認されておらず

2012年に絶滅の恐れがある野生動植物を示した「レッドリスト」で既に絶滅した


「絶滅種」に指定されていた。


会見した琉球大学の伊沢雅子教授は

「顔や尾の特徴などからカワウソであるのは間違いないが、ニホンカワウソかどうかは分からない」と述べた。

大学の説明によると、カワウソは対馬でツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置で確認

動画からは種の特定まではできなかったが、対馬で生き残っていた可能性や韓国から泳いで渡ってきた可能性などを指摘しており

この点も含め調査する。


琉球大から報告を受けた環境省は7月中旬に専門家を派遣して調査を実施し

ふんなどを分析した。二つのふんからニホンカワウソを含むユーラシアカワウソのDNAを検出

うち一つは韓国などで確認された種のDNAに近いという。

同省はニホンカワウソかどうかなど詳細を調べるため

今月下旬にも人数や範囲を拡大して調査を再開する方針だ。


琉球大学・・大発見ですね いいぞ
コメント