とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

朝鮮人徴用工 「終わった話」ではない 山口響 株式会社長崎新聞社

2019年08月30日 13時08分07秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)

朝鮮人徴用工 「終わった話」ではない

山口響

2019/5/13 09:40 (JST)                    

©株式会社長崎新聞社

次のような話が仮にあったとする。あなたは、日本人として、どう感じるだろうか。

 -19XX年、韓国は武力を背景に日本を併合した。韓国は、日本の内政外交の全ての権限を握った。

 それから30年ほどたって、韓国はA国との戦争を始めた。A国の圧倒的な戦力の前に劣勢となった韓国は、労働力不足の埋め合わせのため、日本人を強制的に徴用し、韓国内の工場などで働かせた。

 しかし、韓国は結局A国に敗北した。それまで日本人は国籍上は「韓国人」とされていたが、ある日突然、韓国籍を放棄するよう迫られた。韓国企業に徴用されていた日本人は、未払い賃金を支給されることなく、放逐された。

 韓国の敗戦から20年たって、かつての植民地宗主国であった韓国は日本と新たな協定を結ぶことになった。韓国の過去の行為が違法であったかどうかについては問わないまま、韓国が日本に対して一定の経済協力を行う玉虫色の解決だった。日本人が過去の韓国の行いに対する損害賠償の請求権を持つかどうかは、あいまいなままだった。当時の日本は民主主義国ではなかったため、被害を受けた日本人が政府間交渉への意見を述べることは一切できなかった。

 さらに数十年がたち、存命中の元日本人徴用工のほとんどは90歳を超えた。彼らは、最後の力を振り絞り、かつて勤めた韓国企業に対する損害賠償請求の裁判を日本国内で始めた。幸い、裁判に勝つことは勝ったが、韓国企業は「問題は過去の協定で解決済み」との立場を取り、賠償金支払いに応じようとしない。韓国政府も同じ立場だ。これに業を煮やした日本人の原告側は、日本国内にあるそれら韓国企業の資産差し押さえを日本の裁判所に請求した。

 これに対する韓国内の世論のほとんどは、「もう終わった話を蒸し返すな」「日本人はまともに話ができる相手ではない」「日本とは断交だ」といった空気である-。

 あらためて聞く。あなたは、日本人として、この韓国人の態度をどう感じるだろうか。

 言うまでもなく、現実に起きているのは、この架空の話の「日本」と「韓国」を丸ごと入れ替えた事態である。もしあなたが、この作り話の中の「韓国人」の手前勝手さに憤りを感じるとしたら、それがまともな感覚だと思う。

 「確かにわれわれはあなた方の国をかつて植民地化した。しかし、それは合意の上でなしたことで、合法だ。国どうしの決着もすでに見ており、何十年もたってから被害者個人が文句を言うことは許されない」と拒絶されたら、あなたは納得できるだろうか。

 【略歴】やまぐち・ひびき 1976年長崎県西彼杵郡長与町出身。「長崎の証言の会」で被爆証言誌の編集長。「長崎原爆の戦後史をのこす会」事務局も務める。長崎大学等非常勤講師。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。

 


コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 鳩山氏「日本、“徴用問題完全... | トップ | 政治に関するtwitter (2019/0... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-09-02 13:50:17
妄想が長すぎる
Unknown (Unknown)
2019-09-02 14:41:40
個人に配るべき金を着服して投資したのは韓国政府
韓国政府のやらかしを日本政府が肩代わりする必要はない
Unknown (愚問)
2019-09-02 14:43:19
愚問である。
立場が変われど考え方は変わらない。
約束は守るもの。
Unknown (Unknown)
2019-09-02 16:16:22
長崎新聞は韓国の会社なんですね
Unknown (Unknown)
2019-09-02 17:58:22
愚問とか、約束とか、よく言えたものだ。
下々の者が、弱者として、日本国憲法によって権力者から守られて、ここまで歩んで来た。
高圧的なモノの見方、宗教的洗脳された、見解…

バカだな。
人と言うものは、お互いの権利や主張を、必要あれば、何時までも議論し、その時々で、答えに違いあれど納得するまで、話合い妥協点や解決方法を見出す力を授かっている。
こんなコメントを電波に堂々と威張って載せるほど、人の劣化が、進んでいる証だな。残念なコメント見たものだ。
Unknown (特命774)
2019-09-02 20:18:32
元記事は5月のもの。今ごろ気がついて、揃いも揃って同じ時間にコメント。ネトウヨたちよ、仲がいいのう。
Unknown (Unknown)
2019-09-03 22:40:58
この例えの内容で、現在の日韓関係と異なる点は、韓国側から日本に賠償金が払われたという記載がない点。
もし、韓国から賠償金が支払われていて、日本政府が自国の発展のため、使ったのであれば、韓国側に請求するのは、おかしいと考えると思います。
そのため、現在の韓国が日本に対してとっている行動や言動にはならないと考えます。
Unknown (Unknown)
2019-09-04 22:21:46
すでに書かれていますが、日本は賠償の意味合いのあるお金を払っており、個々に韓国が支払うと合意があった件が抜けています。真実を歪め情に訴えようとしている悪質な記事だと思います。
よく分かる内容でした (torazo500)
2019-09-05 01:16:55
 山口響様の仮想に対して批判している人は立場が逆になれば逆のことを言うのでしょう。他人の立場に立って物事を見ることができない、残念な方々です。
 賠償金が支払われ、それが国の発展のために使われたとしても徴用工として働かされた人たちにとっては意味が無い。だから韓国や日本の国会でも「個人の請求権は存在する」と認めているのです。お互いがその地点に立って交渉すれば平和的な解決ができるでしょう。
 日本人に冷静な思考を促される発信をされた山口様を尊敬いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地理・歴史・外国(時事問題も含む)」カテゴリの最新記事