とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

結婚て、なに?

2006年11月30日 12時12分00秒 | ことば・こころ・文学・演劇
結婚って、なに?をウジェーヌ・イヨネスコの戯曲から考える。 . . . 本文を読む
コメント

本を積む女

2006年11月29日 06時06分18秒 | 私のこと(日記)
「本を読む女」。確か昔、そんな題名のフランス映画がありましたね。中身はすっかり忘れたけれど。私は「本を積む女」です。 . . . 本文を読む
コメント

日本の家計

2006年11月28日 13時23分18秒 | 時事問題(日本)
今度は、ガラリと変わって、しょぼくれた話をします。 ちょっと古い記事になりますが、人の国ばかり調べていてもしょうがないって気分。日本って、どういう国? . . . 本文を読む
コメント

フランス共和国

2006年11月27日 07時57分03秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)
外務省ホームページの基礎データーより . . . 本文を読む
コメント

なぜ私はカバのために書くのか?

2006年11月27日 07時32分43秒 | 児童文学(絵本もふくむ)
今度は、フランス現代児童文学作家の一人をご紹介します。児童文学にヘタに手をだすと現代から紀元前まで走りまわねばならないハメになる。しかし現代作品が、わたしたちにとって一番切実なのではないでしょうか?フランスのネットサーフィンで見つけた作品分析をもとに、一つ作品と共にご紹介いたします。作品数が多いので、まだ全てを読むにいたっていませんが。 . . . 本文を読む
コメント

光る海

2006年11月26日 04時46分31秒 | 創作詩
 わたしは思い出の海へ行った。  わたしは、一人で浜辺を歩く  わたしは、一人でこの海へ来たかった  それは、ずべてから離れ、すべてを思い出したかったからだ    いろんなことがあった。  私は、すべてを思い出したかった。  子供を生んだ時の喜び  小さかった子供達との幸せな日々  一度しかない人生の貴重な時間の全てを  過去は美しいものだ、というのは本当だ。  ふりかえると、美しいこと . . . 本文を読む
コメント

訂正 ソクラテス

2006年11月25日 20時36分48秒 | 宗教・哲学・イズム
「やになった」の記事の訂正とおわびのNO2です。(汗) . . . 本文を読む
コメント

訂正 イソップ物語

2006年11月25日 20時29分22秒 | 児童文学(絵本もふくむ)
「やになった」の記事におきまして、未読のイソップ、ソクラテスについて、勇み足をしてしまいました。おわびと共に訂正させてください。ああ、苦しい。 . . . 本文を読む
コメント

やになった

2006年11月25日 07時26分48秒 | 時事問題(日本)
 昨日は、ものすごい「人生真剣言葉」の記事を書いてしまった。 久しぶりに、内田樹さんのサイトをのぞく。「全般的に「質の低下」ゆえ、テレビが消える。新聞が消える。学校が消える」的な記事に大笑い。中学・高校が機能停止をおこしているので、しわよせが大学にきて、大学も大変そうだった。来年は大学を選ばなければ、志願者が全員入学するそうだ。うちの息子たちを見ていると、大学離れも始まっている。なんの魅力も感じ . . . 本文を読む
コメント

遺影の群列

2006年11月24日 10時18分17秒 | 創作詩
  私の世界には、生きた人間は一人もおらず   ただ、おびただしい遺影の群列が取り巻く 子供たちは、中学校、高校へと 学校を進むうちに傷ついていった   その昔、真新しい白い家の玄関から、赤いシャツを着た少年が   うれしそうな顔をして 玄関の通路のグリーンの木立から   元気よく 走り出してくる   三男だ      少年は 常に微笑みを絶やさず うれしそうに笑っている       . . . 本文を読む
コメント

子どもさんを亡くした親ごさんへ

2006年11月24日 10時04分13秒 | 時事問題(日本)
良寛が、子どもを亡くした親に代わって読んだ歌を、捧げます。 . . . 本文を読む
コメント

良寛禅師戒言

2006年11月23日 09時19分18秒 | 宗教・哲学・イズム
私は、仏教なんて、さ~ぱりわかりません。でも、どこかで誰かが書いていた。「仏教のいいところは、欲を出すにもほどほどにせいと、教えているところだ」と。 . . . 本文を読む
コメント

優しい人・強い人

2006年11月22日 20時14分42秒 | 創作詩
優しい人は お父さんとか、お母さんとか、お婆さんとか、おじいさんとか、 または、それに代わる、自分を決して見捨てない優しい人を心の中に持っている人だと思います。 優しい人は、恋愛をふくめ、うんと愛されたことがある人だと思います。 優しい人は、恋愛もふくめ、うんと愛したことがある人だと思います。 優しい人は、恋愛もふくめ、うんと傷ついたことがある人だと思います。 優しい人は、恋愛もふくめ、うんと . . . 本文を読む
コメント

ある先生の話:おわび

2006年11月22日 14時19分59秒 | 時事問題(日本)
「ある先生の話」をお読みになってくださった方々に深くおわびいたします。 職業によっては、クライアントの秘密厳守がないと成り立たないものがあります。よくよく考えまして、私の記事は、その原則に接触する恐れがあると再判断いたしました。 信頼関係樹立こそ、人間関係で大切なものはないのではないでしょうか? 歯がゆいことですが、記事を草稿状態にいたしますことを、どうかご了承ください。 勝手気ままなこと . . . 本文を読む
コメント

ルーマニア

2006年11月20日 10時10分10秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)
外務省ホームページより、かき集め記事 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)