とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

【 『新天皇と日本人』小山泰生氏著を読んで】引用:民主主義を補完する機能をもつ天皇制について、その役割

2018年12月07日 09時21分37秒 | 読書感想
天皇の本当の力、その役割を考え中。 . . . 本文を読む
コメント

『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』 安倍晋三、 百田尚樹著  2013/12/26

2017年09月24日 09時13分16秒 | 読書感想
こんな本があるのですね。タイトルだけで驚いたわ。もちろん読む勇気はないけれど。安倍晋三のご趣味がひしひしと伝わってくる。 . . . 本文を読む
コメント

「エマニュエル・マクロンとは誰なのか?」(月刊誌{『ふらんす』7月号 特別寄稿 土田修氏)を読んで

2017年07月22日 00時10分49秒 | 読書感想
読書感想というより紹介です。 . . . 本文を読む
コメント

牧太郎の「大きな声ではいえないが」

2016年12月19日 22時57分20秒 | 読書感想
無料会員に登録しました。 . . . 本文を読む
コメント

『あなたのために』 いのちを支えるスープ  辰巳芳子

2015年01月04日 18時50分56秒 | 読書感想
アマゾンに注文していた古本が届きました。 . . . 本文を読む
コメント

山本夏彦の”「天気予報」あたる”について

2013年07月20日 13時05分59秒 | 読書感想
受験勉強は、本当は嫌だ。わたしはついに読みたかった山本夏彦の本に手をのばした。 . . . 本文を読む
コメント

『秘密』 重信メイ を読む

2013年04月01日 06時42分54秒 | 読書感想
3月30日、31日と2にちがかりで読了する。 . . . 本文を読む
コメント

『アラブの春は終わらない』ターハル・ベン=ジェルーン 齋藤加津子訳 河出書房新社  を読了する

2012年03月24日 05時51分14秒 | 読書感想
ついに(というか、やはり)アラブ世界でいま何が現在進行形でおこっているかについてターハル・ベン=ジェルーンが書いた。 . . . 本文を読む
コメント

『あと5年で中国が世界を制覇する』副島隆彦氏著を読んで

2009年11月23日 17時13分57秒 | 読書感想
土曜日は徹夜してしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

『ガウディの伝言』外尾悦郎 

2008年08月06日 01時08分22秒 | 読書感想
暑さがつづきベゴニアの水やりでダウンしていました。ベゴニアは元気ですが、私が倒れました。頭がむわ~んとして、昼間は時間さえ空けば寝てばかりいました。こういう時には、心が休まる本にかぎります.... . . . 本文を読む
コメント

『アー・ユー・ハッピー?』 矢沢永吉著  つづき

2008年06月21日 23時27分50秒 | 読書感想
「臆病さは、人間として素直な部分だと思う。オレは天から選ばれた人間でもあるし、本当は何もない男である。自分が臆病だというのもわかっている。臆病じゃなくとことんいける人は、ただの無神経な人だ。臆病というのは根深いものだ。臆病というのはある種のレーダーじゃないか。第二次世界大戦のとき、日本は臆病じゃなかった。だから大和魂でガンガンいけばいいんだと思ってた。冗談じゃない。敵には、アメリカには、レーダーがあった。臆病だからレーダーを持つ。知りたいんだ。相手はいまどの辺まで来ているのか。臆病さと冷静さは背中合わせだ。」矢沢永吉著からの要約。 . . . 本文を読む
コメント

『アー・ユー・ハッピー ?』 矢沢 永吉著

2008年06月21日 18時28分05秒 | 読書感想
ここまできても「50円以下のくだらない」交渉が終わりにならない。私の心は「くだらない、くだらない。なんてちんけなんだ」と叫ぶ。その交渉は私自身の問題ではなく仲介にたっているので、50円以下のことに固執する両者が納得するまで相手をしなければならない。「なんて解決能力がない人たちなんだろうか?」ブログを書く気力もでなかった。 . . . 本文を読む
コメント

『子どもにつたえる日本国憲法』 井上ひさし+いわさきちひろ 

2007年08月13日 20時33分19秒 | 読書感想
2005年10月~2006年4月に朝日小学新聞紙上で連載された「わたしたちの国の平和憲法、知ってる?」を土台にして構成されている本だそうです。いわさきちひろ氏のさし絵が効果的で、絵本のように美しい「憲法ってなあに?」という本です。すでにお読みの方には、大変失礼をいたします。 . . . 本文を読む
コメント

『誰か「戦前」を知らないか』 山本夏彦

2007年06月12日 07時56分28秒 | 読書感想
 『年を歴た鰐の話』レオポール・ショヴォ(仏)・山本夏彦訳を読んでから、山本夏彦ファンになりました。多くの方がお読みになったと思いますが、蛇足ながら、「のこぎり鮫とトンカチざめ」「なめくぢ犬と天文学者」と、計3篇が収録されています。 . . . 本文を読む
コメント

「君はヴェトナムで、何も見なかった」岸恵子 2

2007年01月11日 09時44分53秒 | 読書感想
『30年の物語』岸恵子より . . . 本文を読む
コメント