散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

日本のワイン(山梨・勝沼)

2017-04-21 06:00:08 | 日記

           

        

  日本では、約1300前から山梨県勝沼の地で甲州ぶどうが栽培されるようになり、ワイン醸

造は「文明開化はワインから」を合言葉に、明治3年甲府で始められました。明治10年には勝

沼の2人の青年がフランスに渡って醸造技術を学んで始まりました。    

        

 しかし欧州とは食生活の違いなどから、ワインは飲まれず甘味ぶどう酒の時代が続きまし

た。しかし醸造家は「必ずワインが飲まれる時代が来る」と造りつづけました。こうした努力が

現在の甲州を中心とした「勝沼のワイン」として花開いたのです。今では世界的にも甲州種ワイ

ンの名は知られています。国内でも、寿司や天麩羅などの和食に合うお酒としても、世界的な

注目を集めています。(写真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲州桃の里・町はピンク色 | トップ | ワイングラス館(甲州市勝沼) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勝沼 (hibochan)
2017-04-21 07:19:59
ブドウ ワインと言えば勝沼
先日日本最初のワイン本格醸造所
神谷シャトー訪れました
近々ご紹介
hibochanさん (sanpo63)
2017-04-21 10:53:45
神谷シャトーは茨城県だったですね

 浅草の1丁目にある神谷バーだったと

 最近はあんまり出かけませんので。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。