散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

観音寺の築地塀(谷中5丁目)

2016-08-28 16:45:30 | 日記

        

         

 観音寺は慶長16年(1611)に建てられました。境内の南面に長さ37.6m、高さ2mの塀が

あります。これは「築地塀」と言われるもので、土と瓦を交互に積み重ねてつくられた土塀で、そ

の上には更に屋根瓦が重ねられているという変わった形状になっています。  

       まちかど賞

         築地塀

 この築地塀は、国登録有形文化財に指定されています。平成4年には台東区が、区内の景

観形成に貢献した建造物に贈る「台東区まちかど賞」を受賞しました。お寺が多く風情のある谷

中の中でも、特に雰囲気が素敵な場所として地域の方々にも愛されています。(写真Mr麹町)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷 中 銀 座

2016-08-28 06:00:57 | 日記

       有名店です

         夕やけだんだん

 谷中銀座商店街は、日暮里駅から歩いて数分のところにあります。御殿坂の通りを直進して

経王寺の向いの「谷中せんべい」をなお進むと、「夕焼けだんだん」と呼ばれる夕日の名所があ

ります。    

       

       死に物狂いのハンコ屋

 ここから眼下に商店街が広がります。東京にも「未だこんな景色があるのか」と古き良き時代

を懐かしむ声が聞かれます。全長約70メートルの通りに立ち並ぶ約70軒の商店街があって、

飾らない接客で下町情緒があふれています。(写真Mr麹町)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中のお寺

2016-08-27 05:58:00 | 日記

        本行寺

 谷中にはお寺がいっぱいですが、JR日暮里駅から西側の御殿坂を上がると右側の本行寺を

紹介しましょう。駅から一分の近くです。ここは大永6年(1526)、江戸城内の平河口に建設さ

れましたが、神田を経て現在地に移転したと伝えられます。景勝地であったことから、「月見寺」

とも呼ばれていました。小林一茶の「青い田の 露をさかなや ひとり酒」の句碑があります。ま

た、太田道灌の物見櫓の跡などがあります。      

        経王寺

 その本行寺をそのまま進むと「経王寺」があります。日蓮宗のお寺ですが、山号は大黒山と称

します。明暦元年(1855)、当地の豪農冠勝平が要詮院日慶の為に、寺地を寄進したことに始

まります。このお寺の門扉には、上野戦争で敗北した彰義隊士たちがここで抵抗したために、

新政府軍の攻撃をうけました。その時の銃弾の弾痕が残っています。(写真Mr麹町)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中霊園(谷中7丁目)

2016-08-26 06:00:32 | 日記

       

         

 谷中霊園は、東京都台東区谷中7丁目にある都立霊園です。ここにはおよそ7000基の墓が

あります。谷中の寺町の中にあって、寛永寺の墓地が入り組んで一団の墓地を形成し、霊園内

には、幸田露伴の小説「五重の塔」の跡もあります。霊園の北側にはJRの線路に接する高台

となり、スカイツリーを望むことができます。    

        

          

 園内明るく静かで、著名な画家や文学者、俳優なども眠っています。徳川15代将軍徳川慶

喜や、鳩山一郎、横山大観、渋沢栄一などが眠っています。開設は明治七年で、約10ヘクター

ルの面積があります。園路沿いにはたくさんの桜が植えられています。特に中央園路の桜並木

は見事なものであり、墓参者の気持ちが和みます。(写真Mr麹町)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

遠山記念館(埼玉県川島町)

2016-08-25 06:00:06 | 日記

        遠山邸玄関

         

 のどかな田園風景の中に、静かな佇まいを見せる遠山邸は、日興証券の創立者・遠山元一

(1890-1972)が、幼い頃に手放した川島町の生家を再興し、苦労した母・美以の住いとす

るために建てたものだということです。長屋門、渡り廊下でつながる東棟、中棟、西棟から構成

される伝統的日本建築は室岡惣七の設計、全国各地の銘木と選りすぐられた技術により、2年

7ケ月を費やして昭和11年に完成しました。     

         美術館入り口

          外観

 美以の没後は、主として遠山元一の接客に使用されましたが、、その後邸宅の保存と元一が

長年にわたって蒐集した美術品を広く一般に公開することを目的に、昭和43年に財団法人の

認可を受け、財団法人遠山記念館として、昭和45年に開館されたものです。平成25年10月

11日には、公益財団法人の認可を受けています。(写真Mr麹町)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加