散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

湯島聖天 心城院(文京区湯島)

2016-10-18 06:00:36 | 日記

       

 湯島天神の男坂下にある天台宗の寺院です。5代将軍綱吉の時代(1694)に、湯島天神の

別当寺であった喜見院の住職が、菅原道真が信仰していた聖天様を比叡山から勧請して、湯

島天神境内に祀りました。慈覚大師作と伝えられます。この聖天さまは湯島の聖天さまとして

江戸っ子から篤く信仰され、あの紀伊国屋文左衛門も帰依したといわれます。  

          

          

 本堂の手前左手には柳の井があります。江戸時代の文献に「この井は名水にして、女の髪を

洗えば如何ように結ばれた髪も、はらはらとほぐれ垢落ちる。気晴れて風新柳の髪をけずると

云う心にて、柳の井と名付けたり」と記されています。古来より水枯れもなく、関東大震災の時

には湯島天神境内に避難した、多数の罹災者の命を守った唯一の水として、当時の東京市長

から感謝状を受けているそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡良瀬遊水地 | トップ | 男坂・復興地蔵尊(湯島天神) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。