散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

男坂・復興地蔵尊(湯島天神)

2016-10-19 06:01:17 | 日記

          天神男坂

             復興地蔵尊

 湯島天神の東側に三十八段の石段坂、別名天神男坂で、すぐ傍にある女坂に対して男坂と呼ば

れます。愛宕山ほどではないにしてもかなり急な石段ですね。江戸時代の書物「御府内備考」による

と、湯島天神参拝のための坂であったが、その後、本郷から上野広小路に抜ける通りになったとあり

ます。

 男坂の右側には、復興地蔵尊があります。これは関東大震災で未曾有の惨禍をもたらしたが、当

時の町会長を中心とした有志が、300年依来火伏寺として伝統を持つ坂下の「心城院」の協力を得

て、亡くなった方々の冥福と地元の平和発展を祈って建立したものです。昭和20年の東京大空襲で

近隣は焼け野原になりましたが、この町会は一軒も焼失しませんでした。お地蔵さまの御加護による

ものと、人々の心に深く刻まれています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯島聖天 心城院(文京区湯島) | トップ | 御岳山ケーブルカー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
湯島天神 (hibochan)
2016-10-18 14:35:45
女坂わからずうろうろしてましたら
参拝者に教えていただきました
すぐ隣でした
復興地蔵尊 (リクK)
2016-10-19 09:50:34
亡くなった母は関東大震災の時に5歳だったそうですが
逃げる為に下駄をはこうとしても
なかなか履けず大変だったと聞きました。
(家は無事だったようです)

今になってもっと話を聞いてみたかったと思ったりします。
hibochanさん (sanpo63)
2016-10-20 06:04:38
「おんな」を探してうろうろしたですか
 若い頃の感覚ですね 面白い

 すぐ傍に奥方がいましたたね。
リクKさん (sanpo63)
2016-10-20 06:07:20
 下駄をはくのにたいへんでしたか
 あの大震災ですから 慌てるでしょうね

 でも正午近くの日中でしたからよかった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。