ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

ヒラリー・クリントン(3) “回復劇” の真相は?

2016-09-14 23:40:07 | 現代時評

ヒラリー・クリントン(3) “回復劇” の真相は? 

9.11記念追悼式典会場を出た車は、そのままニューヨークのクリントンの娘の高級マンションにクリントンを運び込んだことになっている。そして数十分後に、本人は見違えるほどに元気な姿をニュースメディアに披露したことになっている。

 

「気分はサイコーよ! I'm feeling great!」

 

 

 

 

これは地元の病院へのクリントンの搬送を隠蔽するための 陽動作戦 であったと考えることもできる。式典会場からもう自力で立てないほどのヒラリー・クリントンを乗せた車は、実は娘のマンションではなく、最寄りのモンテフィオーレ病院にすぐに運び込まれたのかもしれないほとんどすでに危篤状態だった可能性もある。娘のマンションで “休息” どころの話ではなかったのかもしれない。

 

 シークレットサービスによる “隠蔽工作”のチームプレイも事前の計画の一部であったであろう。

 

だからこそ、クリントン陣営は取材記者の同行を全面的に拒否しているのだ。これは大統領候補の取材の慣習に反する極めて異例なことなのである。病院までついて来られたら、“万一” の場合はバレてしまうという警戒心から取材を固辞したのである。これはあらかじめ決めてあったことであろう。

 

クリントン陣営は当日すでに、“最悪のこと” を視野にいれて行動していたフシがある。彼らにとって、これは “起きるか起きないか” ではなく、もはや “いつ起きるか” の問題になっていたのである。そして、その時が来たときにどう行動するかを事細かにマニュアル化していたのである。

会場に向かう時点から 専任の女性医師 がクリントンに貼り付いていた。式典開始前にクリントンの脈を計っている。

 

あらかじめ同じ恰好をした替え玉を娘のマンションに待機させていたのである。

そして、モンテフィオーレ病院にも搬送の可能性についてあらかじめ連絡をつけていたはずである。

最悪の場合は、取材記者の同行を全面的に拒絶したうえで、すぐにモンテフィオーレ病院に搬送の予定だったであろう。

そして、すべてがシームレスに “替え玉作戦” に切り替わることになっていたのである。

 

ヒラリー・クリントンの健康状態は数年前から非常に悪化し、今年の春には、半年ももたないだろうとも言われていた。すでに非常に危ない状態であったのだが、国家的な重要な式典であるだけに欠席することはできなかったのである。大統領候補として大きな失点になるからである。対するトランプ氏が元気に出席しているだけに、欠席するだけで大きく水をあけられてしまうことは目に見えているからである。ましてや、体調不良のために欠席となったら、一国のリーダーとなるべき大統領候補として致命的な失点となるのである。

 

わたしにはすでにこの時点で “死相” が出ているように見える。

 

 

 専任の女性医師がクリントンの手を引きながら、足早に搬送の車に向かっている。

 

 

ABCテレビがどうやってクリントン死亡の確証を得たかを考えてみたい。いくら撤回しようが、とにかく それなりの “確証” があったから報道したのである。しかし、ABCニュースの記者も病院までは同行しなかっただろう。おそらくクリントン陣営は、記者団に対して、「クリントン夫人の娘のマンションでしばらく休息する予定だ」などとガセをかましたに違いない。陽動作戦である。記者団は式典後にそれぞれの車で件のマンションに向かったに違いない。おそらくはクリントン陣営から一斉メールで連絡を受けて、ヒラリー・クリントンが回復して姿を現す時間を伝えられた公算が大である。“回復劇” のドラマチックな演出 のためにいろいろと計算された工夫が凝縮されている。選挙戦の一環としてのイメージ戦略 であり、テレビやネットで流される前提での 計算ずくの “回復劇” である。

1) シークレットサービスを最小限にして、一般人との “距離” を縮め、“親しみ” を増そうとしている。

2) 群衆の中の “サクラ” から 「気分はどうですかあ?ヒラリーさーん!」 という声がかかり、それに応えるかたちで、「気分はサイコーよ! Feeling great! 」 を自然に引き出している。

3) 少女 を出して、無防備なイメージ を醸し出し、“同情” に結び付けようとしている。ちなみにこの美形の少女は 子役  か モデル を使っていると思われる。いくら子供でもブサイクなのは使えないのだ。

 

さて、こうしたオモテの “回復劇” の裏で、ABCテレビはどうやってクリントン死亡の確証を得たかというと、2通り考えられる。1つはクリントンを乗せた車を隠れて追跡した可能性。しかし、クリントン陣営のシークレットサービスが当然入り口でにらみをきかせて立っていたに違いなく、病院の中には入れなかっただろう。そうすると “確証” は得られないことになる。もう1つの可能性は病院関係者による垂れこみ、情報提供である。この動機としては、1つは “真実の報道への協力” であるが、もう1つは、端的に “金” であり、“報酬” である。かなりの報酬になるだけの具体的で確かな情報を提供したと思われる。スマホで撮った証拠写真も何枚か送ったに違いない。この情報提供者はさぞやヒヤヒヤであったことであろう。

 

 

病気のデパートだったヒラリー

ヒラリー・クリントンはさまざまな病気を抱え、相当な薬漬けになっていると言われている。脳血栓の後遺症、アルツハイマー氏病、認知症、脳腫瘍、舌癌、神経梅毒、特にパーキンソン氏病の疑いがある。そして今回クリントン陣営から 初めて “肺炎” という病名が出てきた。これだけでもたいへんな病気であるが、これは氷山の一角に過ぎず、クリントン陣営による隠蔽工作のぎりぎりの妥協で出てきたものと思った方がいいだろう。

肺炎は薬で治療可能な病気である。しかし、彼女の病気のうち多くの医師によって 最も疑われているパーキンソン氏病は今日でも治療法がない。しかも日常的に身体的、精神的な障害を伴う病気であり、大統領職を務めることは不可能である。しかし、クリントン陣営は一度としてクリントン候補がこの病気であることを公表していない。それどころか、クリントン陣営は、ヒラリー・クリントンの最新の健康診断記録の公表をいっさい拒んでいる。

 

 

実は彼女がほとんど病気のデパートのようになったのは、夫のクリントン元大統領に責任の一端があるとされている。下の写真の右側があのかつてのクリントン元大統領だとすぐわかるひとがどれだけいるだろうか。

実は夫のビル・クリントンは現在、HIV陽性である。原因は言わずと知れた不特定多数との性交渉である。若い頃から “女たらし womanizer” だったようだが、大統領になってからというもの、それこそ手当たり次第に手を出していたそうである。

 

 

スキャンダルとなったモニカ・レウンスキーなどは何百人のうちの1人だろう。

 

 

 

大統領に気に入られて喜ぶ女性も少なくなかっただろう。しかし、この大統領は病気の予防、避妊、セーフセックスという観念がまったくなく、その代償がHIV陽性だったのである。ビル・クリントンは自らHIVをうつされるだけでなく、当然のことながら彼のほうからも多くの女性に “シェア” したはずである。 自分の妻も含めて。

HIV陽性になると、“免疫系” が極端に弱体化し、さまざまな病気が “防衛” の手薄になった城壁をどんどん乗り越えてきてしまうのだ。ごらんのように、ビル・クリントンにはすでに エイズHIV陽性患者の末期的症状 が出ている。もう長くはないだろう。つまり、クリントン夫妻はすでにたがいに余命いくばくもなく、どちらが先かという状態だったのである。

 

 

こういった背景からすると、クリントン夫妻には金と権力が有り余るほどあっても、自分たちの命と健康は非常に貧困な状態であったようである。であれば、クリントンの“陣営”を支える大企業連合 にとって、自分たちの利益代表者 であるヒラリー・クリントンの替え玉の必要性は自明なことである“イメージキャリアー” としてちゃんと機能してくれさえすれば、別に本人でなくてもいいのだ。おそらくはもう2,3年前から準備してきたと思われる。最高水準の整形手術も可能である。とにかく金は有り余るほどあるのだ。権力者は金で出来ることなら何だってするのだ。そして、金のためには何だってするのだ。

ちなみに、ビル・クリントンは大統領時代にはその職権を濫用してコカインの密輸で莫大な富を築いた。大統領が許可すればどんな経路のどんな荷物もノーチェックで通すことができるのだ。ちなみにクリントン大統領はセックス中毒であるだけでなく、コカイン中毒 でもあった。アメリカの歴代の大統領の中で 最も欲望に溺れた大統領 かもしれない。

さて、クリントン陣営は、大事なイメージキャリアーである替え玉には、万一の際にシームレスに移行できるようにふだんから訓練もさせていたに違いない。そして、2016年の9月11日に、ついにその日が来た可能性がある。

 

  追記(2016.09.26): “替え玉” は2015年4月から登場していることが判明。詳細は、「ヒラリー・クリントン(5) そもそも “替え玉” は違法か?」 

 

トランプ大統領(1) 「反トランプ暴動」 の仕掛け人は? 

ヒラリー・クリントン(1)  すでに “替え玉” か? 

ヒラリー・クリントン(2) やはり “死亡” か?

ヒラリー・クリントン(3) “回復劇” の真相は? 

ヒラリー・クリントン(4) スピーチ映像は合成?

ヒラリー・クリントン(5) そもそも “替え玉” は違法か?

ヒラリー・クリントン(6) 討論でも ”ズル” ?

ヒラリー・クリントン(7) 第2回討論の勝敗は?

ヒラリー・クリントン(8) 子役に “サクラ” ?

ヒラリー・クリントン(9) トランプ暗殺計画?

ヒラリー・クリントン(10) ヒラリーを監獄に?

ヒラリー・クリントン(11) 電子投票をハッキング?

ヒラリー・クリントン(12) 最終討論の結果は?

ヒラリー・クリントン(13) 国外逃亡計画?

ヒラリー・クリントン(14) 偽ヒラリーを立証:反論不可能な証拠:全米国民必見の動画!  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザウルス哲学メモ (3) ... | トップ | ヒラリー・クリントン(2)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL