ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

トランプ大統領(1) 「反トランプ暴動」 の仕掛け人は?

2016-11-11 11:19:08 | 現代時評

トランプ大統領(1) 「反トランプ暴動」 の仕掛け人は?

 

 

相変わらず日本の新聞・テレビは、アメリカの主要メディア( MSM: Main Stream Media)の受け売りの垂れ流しで、たくさんのアメリカ国民が次期米大統領に決定したトランプ氏に反対しているかのような報道をしている。まったく皮相で現実を歪めた報道である。

 新聞とテレビを律儀に見ている人間は、もはや真実を見ることができなくなっていると思っていいだろう。新聞とテレビは、最も一般的な大衆操作、染脳工作の道具になっている。

そのことは、米大統領選までの日本のテレビ・新聞の「クリントン優勢!」報道を見てくればわかりそうなものだ。トランプ当選でもまだ目が覚めない、救いようのない、ぶ厚い無脳層 いつまでも新聞・テレビを信じている。

大本営発表を信じ続けてきて敗戦を迎えた時代の日本人のままである。スマホやタブレットを毎日使っていても、「クリントンが当選するんだろう」 と思っていたひとは、大本営発表の時代の日本人よりお粗末である。戦争中はほかに情報源がなかったのだから仕方がないが、今は自分で情報を選べるのだ。にもかかわらず “染脳” され、“大衆操作” されていたことをこの際大いに恥じるべきである。

 

トランプ当選は、新聞・テレビの時代の終焉を告げているのだ。

 

真実はネット上で自分で時間をかけて探さないと見つからない とすでに 自脳層 は悟っている。

 

 

アルバイト動員のドサ回りデモ

こうした「反トランプ暴動」、「反トランプデモ」 のほとんどは自然発生的なものではなく、莫大な資金を投じて組織的に展開されている “演出イベント” である。報道記者はこのことを報道すべきなのである。

日当をもらってバスで運ばれて各都市を “地方巡業” している 有給の暴徒集団 なのである。その多くはメキシコ人などのヒスパニック系で、今回の選挙でも選挙権のなかった連中が、不法移民に厳しい政策のトランプの当選に業を煮やして、金をもらって大暴れして憂さを晴らしている のが実態である。

追記: 続々と挙がってきている証拠を、この記事のいちばん最後に示している。

 

 

 テキサス州の大都市オースチンでも 「反トランプ暴動」 があったが、その日に “地方巡業” の暴徒を乗せたバス が郊外に集結していたのを発見した市民がツイートしている。

 

 

 以下は拡大写真である。 

 

まるで修学旅行のバスのように、ずらーっと列をなしている。

 

 

どうやら、こうした “ツアー” をいくつも繰り出していると考えられる。それらは、一つの都市で大暴れすると、また次の都市に行ってまた大暴れするというふうにして “ドサ回り” をしているのだ。 

すべて組織的にスケジュールが組まれて展開されているのである。それぞれの都市の市民のあいだから自然発生的に湧きおこっている反対運動などでは全然ないのだ。よそからやってきたゴロツキ連中が、同じくバイトを使ってあらかじめ用意されたプラカードやバナーを手渡されて大暴れしているだけなのである。

テレビや新聞の報道記者は現地でのそうした “アルバイトのドサ回りデモ”の演出 を知りながら、さも現地市民のデモであるかのように大きく報道しているのである。マスコミも共犯である。

もちろん、これほどの規模のイベントを起こすのには 莫大な資金 膨大なマンパワー が必要である。そして、それらを準備して指揮する コーディネーターチーム も必要である。しかし、湯水のように資金を注ぎ込んでもこうした大がかりな大衆操作を必要としている人間がこの地球上にはちゃんといるのだ。ふつうの日本人には考えられないだろうが、こういうことにいくらでも金を出す人間がいるのだ。そして、その下でパソコンを使って、全米地図とカレンダーをもとに組織的な展開を必死になって立案しプログラムする人間がいるのだ。

もちろん往生際の悪いクリントンも当然一枚噛んでいるだろうが、ほとんどは ジョージ・ソロス の差し金と見られている。この男はクリントンを大統領にするために、すでに莫大な金を注ぎ込んできた揚句、大負けをしてしまったわけであるが、今度は負けを取り戻そうと、何が何でもトランプを引きずり落とすために血道をあげているのだ。

 

 

 

まず、今回の 「反トランプ暴動」 の以下の写真を見ていただきたい。

 

 何かに気づかないであろうか?

 

 

 

  

 

 

  メキシコ国旗である。

 

メキシコからの不法移民、選挙権のない、いつ強制送還されるかわからない連中 である。メキシコより賃金のいいアメリカにもぐり込んでいた彼らは、トランプ政権になったら、メキシコに送り返される公算が非常に大きいのだ。トランプはこうした連中からアメリカの中産階級の失業者たちに仕事を取り戻してやろうとしている。トランプ自身がずっと金の亡者で生きてきたからこそ、70歳になって、金儲けを超えた真実が見えるのではなかろうか。

 メキシコ人が特に目立つが、他の国からの不法移民も同じである。中南米に限らない。中東からも不法移民はたくさん来ている。

右の写真を見ると、どう見たって、プラカードにしても、持っているビラにしても、持ってデモをするように渡されたもののようにしか見えない。

この中東系の移民はおそらく英語は書けないであろうし、プラカードの英語も読むこともできないだろう。不法移民の弱みに付け込んだ組織的な有給動員の例であろう。

 

 

オバマ、クリントンのグローバリズム推進政策 は、こうした安い労働力をどんどん受け入れてきたのだ。そして本来のアメリカの中産階級の人たちの働き口を奪ってきたのだ。

 

トランプは、そうした一部の富裕層の金儲けのためには国境を取り払えという グローバリズム に対抗して、アメリカは一般のアメリカ人の利益を最優先しなくてはならないという アメリカニズム、つまりアメリカのナショナリズム を打ち出してきて大きな支持を得て当選したのである。

 

  

 

アメリカの現実を見据えている人間は、 「反トランプ」 報道 がいかに皮相で真実から程遠いかを知っている。アメリカのド田舎のサイレントマジョリティは、今日ではインターネットで真実を知っていて黙ってトランプを支持しているのだ。今回の 「反トランプ暴動」 は不法移民の多い都市部でしか起きていない。

 

 

さて、ジョージ・ソロスが今回の 「反トランプ暴動」 の仕掛け人であると考えるには根拠がある。

実はこうした 「反トランプ暴動」は、今回が初めてではなくて、すでに今年の3月と5月にもあって、それらがジョージ・ソロスにつながりのある団体が展開していたことが複数の調査によって明らかになっているからである。

 

今回もおそらく、クリントンが落選した場合も考えて、当然事前にある程度の準備はしてあったはずだ。こういう悪賢い人間は、必ず最悪の場合も見越してちゃんと手を打っているものだ。

下の最初の記事は5月にあった 「反トランプ暴動」 の暴露記事である「ジョージ・ソロスの資金で反トランプ暴動にアルバイトを動員」 していたことを証明している。

 

 

 

 

ヒスパニック系住民に反トランプデモへの参加を呼びかけるウェブサイト。

トランプが大統領になると強制送還されると脅かして動員するシステムがすでに用意されている。

 

 

 

  

 

 反トランプのデモに使うプラカードやバナーを作るアルバイトの募集広告。 

 

こうして作られたプラカードやバナーを、同じく金で雇われたデモ参加者に持たせて 「反トランプデモ」 が作られているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  「トランプへの抗議デモ参加のアルバイト募集!」 という求人広告

「時給15ドルで、最大4時間」 と書いてある。

4時間で6,000円である。うまい話である。ヒスパニック系の移民でなくても、白人の失業者や学生だって飛び付くバイトではなかろうか?

  

要するに、一般のアメリカ市民が自分の意思表示としてデモ行動を起こしているのではなく、影の組織が莫大な資金を投じ、移民などを使って “演出” しているということだ。

 

 

 

 

 

 もちろん 「反トランプ暴動」 の参加者には不法移民だけではなく、往生際の悪いクリントン支持者も多くいることだろう。しかし、選挙を経て当選した次期大統領が気に食わないから抗議したり暴れたりというのは、いかがなものであろうか?それとも単に日当が出るから仕事で暴れているだけか?たしかに時給15ドルならば、悪くはないだろう。今回はもっと奮発している可能性もある。

実際、クリントンの選挙事務所は全米の主要都市にあったわけで、そういったところにはクリントン支持者が集まっているであろう。そうしたネットワークを通じて組織的に動員している疑いもある。それにしても、実にアンフェアな遣り口ではなかろうか?

トランプ陣営に選挙の不正があったという抗議は寡聞にして聴いていないし、報道もない。あればすでにクリントン陣営側から鬼の首でも取ったように叩かれていることだろう。むしろ不正はクリントン陣営側に山のようにあったのだ。それでもトランプ候補はそれを跳ね返して当選したというのが現実である。

 

さて、今回の大規模な 「反トランプ旋風」 に、2010から燎原之火のごとく広がった 「アラブの春」 を思い起こすひともいることだろう。ある意味で “正解” である。「アラブの春」 は CIA が誘導し扇動したものだったのである。自然発生の山火事ではなく、CIAの放火 だったのである。

       反トランプ暴動                    アラブの春

どちらも “大衆操作” であり、“染脳工作” なのである。今回の「反トランプ旋風」 は、大敗を喫したクリントン陣営とその最大のスポンサーであるジョージ・ソロスの悪あがきにも見えないこともないが、非常に危険な予感がする。

この演出された 「反トランプ旋風」 は、歴史的事実を著しく歪め、トランプ氏への信頼性を莫大な資金力で切り崩そうとしている面がある。そして、今後トランプ氏の身に万一のことがあった場合、“当然だろう” と思わせる下地作り というふうにも思える。

この 「反トランプ旋風」 は何かの下準備である可能性があるソロスほど邪悪で狡猾な人間が、これをただの “悪あがき” で終わらせるつもりはないであろう。

 

   

追記2016.11.14.  莫大な資金を投じた組織的な演出イベントである証拠が続々と挙がっている。

 

ニセの反トランプデモ参加者:時給15ドルの報酬 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反トランプデモ参加のバイト募集のポスター

 

イスラム系不法移民たち用に準備されているプラカード

 

 

「反トランプデモに参加して 3,500 ドルもらった」 という証言ツイート

 

 

時給 35 ドルの反トランプデモ参加のバイト募集広告

“ストップトランプ”に力を貸して下さい。明日の正午、トランプゴルフコース

時給 35 ドル。遅くとも10:00 に現地集合。

 

反トランプデモ参加のバイト募集広告 (ロサンジェルス)

活動家募集

仕事:組織的交通妨害

日時・場所:退役軍人の日、ハリウッド、ハイランド

意思表示の抗議運動

実際の交通妨害ではなく、信号が変ったら斜めに横断します。

平和的なデモです。

 

 反トランプデモ参加のバイト募集広告 (フィラデルフィア)

「トランプを止めろ」 週給最大 1,500 ドル まで。残業あり。

本日申し込み、明日から業務。

時給15~18 ドル + ボーナス + 残業週77時間まで可。

マイカー出勤にはガソリン代支給。午前と午後の交代制。

経験不問。フルタイム、パートタイム可。週末出勤可。

募金活動なし。コミッションなし。

 

「反トランプデモ」 が、バイトを動員した“演出イベント” であることがあばかれている

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラリー・クリントン(9)... | トップ | ウィキリークス(10) 「... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (999)
2016-11-14 09:05:16
支配者どもは2000年に放映されたシンプソンズでトランプが大統領になるのを予告していた。9.11も同様に。
すべて予定どうりでしょう。
ttp://indeep.jp/simpsons-prediction-trump-and-obama-executive-order/
↑ 999 (ザウルス)
2016-11-15 02:52:23
ご紹介ありがとうございます。とても面白いです。
漫画アニメが予言していたということは、その漫画家自身もあくまでもありえない冗談として考えていたということでしょう。だから16年前にはウケた漫画だったはずです。
そしてそのありえないはずのことが現実に起こって、漫画家自身も現実に出し抜かれたという意味で、もう一度笑える漫画アニメです。
URL が1文字欠けていましたので、正しいものを以下に貼っておきます。
http://indeep.jp/simpsons-prediction-trump-and-obama-executive-order/
抗議行動のプロ (今三時)
2016-11-15 03:34:47
日本のマスコミ、見るに堪えません。
先日、TBSの報道番組で、カネをもらって抗議行動をするプロ集団を取材していました。調べたら、全米各地にこういう抗議行動のプロ集団があるらしく、それ以降、反トランプの抗議行動を見ても、いかにも胡散臭く、それをはなから信じ、垂れ流している日本のマスコミ、みるに堪えない。無脳層ここに極まれり。
この抗議行動は、トランプに対するメッセージ以外の何物でもない。お前の好き勝手にはさせないぞという、カーテン越しのメッセージ。
Unknown (Grace)
2016-11-16 05:32:14
在米20年、アメリカ国籍です。"カントリーなアメリカから"さんのブログからこちらに辿りつきました。

投票に行って来た者として、今回の大統領選について非常に興味深くこちらのブログを読ませていただきました。

反トランプ派の大学生たちを慰めるため、さまざまな大学で、セラピードッグを提供しているようです。おまけにクレヨンと粘土まで!

メディアを鵜呑みにし、自分たちで情報を調べ、考え、判断をすることができる若者たちがどんどん少なくなってきているこの国を象徴しているようです。

先週末、レストランに行ったときに、後ろの席に座っていた老夫婦が、"この国は馬鹿だ。ヒラリーほど頭のいい人はいないのに、この国は彼女を選ばなかった。馬鹿だ。"と、しきりに嘆いている声が聞こえてきました。若者たちだけではなく、老人たちも鵜呑みにしているようです。。。

Fox news、Drudge Report などは、バランス取れていると思います。

Clinton Foundation などについても、また詳しく発信おねがいします。
ヒラリーに関して (SEAMAN)
2016-11-24 02:59:49
トランプ氏はヒラリーのメール問題を追及しないと発表した様です。
裏ではちゃんと追求してくれたら良いのですが、他の方針の変更はともかく、この点に関しては気になります。
↑ ヒラリーに関して (ザウルス)
2016-11-26 20:29:16
トランプ氏の最大の功績は、ヒラリー・クリントンを大統領にさせなかったことだと思います。
大統領になってからは、叩かれまくりの日々が待っているはずです。

ヒラリーの訴追を選挙公約にしてきてはいますが、はたしてどこまで本気かわかりません。わたしの予想では、国外逃亡を見送って、厄介払いでケリというシナリオではないかと思います。トランプにしても面倒くさいことはやりたくないはずです。おそらく、クリントンとは話がついているのではないでしょうか。
ヒラリーに関して2 (SEAMAN)
2016-11-28 01:21:40
米大統領選で共和党トランプ氏に敗れた民主党クリントン氏の陣営は26日、トランプ氏が僅差で制した3激戦州の票再集計を求める運動に参加すると表明した。
との事ですが、ヒラリーも支持者の立場を考えて、負けと知りながらあえてやるのでしょうか?
でも、ひっくり返ったらトランプ側が追及しないと云う事はまずい選択ですよね。

↑ 票再集計 (ザウルス)
2016-11-28 08:20:33
これはとうぜん “ワナ” でしょうね。すでにニセ票を仕込んでおいてから再集計というセコいトリックで逆転を狙っているのでしょう。

今回の得票結果はかなりの接戦であったように報じられていますが、まったくのお笑い話です。実態は、ヒラリー陣営によるさまざまな選挙不正やニセ票があったにもかかわらず、トランプが圧倒的な得票でヒラリーを叩きのめしたのです。「接戦」 というのは主要メディアによる作り話です。

トランプ陣営は、戦勝気分に酔って、ヒラリー陣営による選挙不正をきちんとできるだけ暴くことを忘れています。それをやっておけば、「再集計」 などというふざけた話は出てこなかったはずです。
票再集計 (SEAMAN)
2016-11-29 09:46:42
電子投票の改ざんと云う事をヒラリー側は云ってますが、電子投票のデータを後から集計する意味は無い様に思えますし、もし再度改ざんしたらおかしな事になる筈なので、実際に出来るのは手書きの投票だけの様な気がしますが、それでは意味は無さそうなので、実際の再集計の方法に関して、何を行うつもりなのか、既に何かの工作をした上でなのか大変気になります。
↑ 票再集計 2 (ザウルス)
2016-11-29 14:44:00
他ならぬクリントン陣営の場合、何かすでに仕込んでいるからこそ 「票再集計!」 を要求するのではないでしょうか。オバマは 「フェア」 なふりをして、トランプの就任を妨害しているのです。
トランプは就任までも一苦労で、就任したらしたで、ヒラリー訴追の公約実現の圧力をかわすのに一苦労でしょう。トランプにあまり期待するのは禁物だと思います。
ヒラリーとビルのクリントン極悪夫婦は逃げおおせると思います。
Unknown (五毛はゴミ箱に)
2017-01-21 09:37:17
無事に就任できましたね。暴動の見苦しいこと。
↑ トランプ就任 (ザウルス)
2017-01-21 10:06:09
トランプはこれからが大変ですね。ヒラリー・クリントンを投獄できればホンモノです。
Unknown (PERSUN)
2017-05-03 19:26:00
裏ではちゃんと追求してくれたら良いのですが、他の方針の変更はともかく、この点に関しては気になります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
テロリストとは誰のことか――「実体」と「現象」 (徳丸無明のブログ)
2017年1月27日、ドナルド・トランプ米大統領は、中東・アフリカの7か国からの入国を禁じる大統領令に署名を行った。 市民の抗議デモが沸き起こる中、30日にはワシント......