メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

ヴェニスの商人・・

2005-12-13 09:07:15 | 映画
シェイクスピアの「ヴェニスの商人」を、
マイケル・ラドフォード監督が初めて映画化。

ヴェニスの商人

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


ユダヤ人の金貸しシャイロック役には
どんな役にもなりきるアル・パチーノ。



アル・パチーノは「スカーフェイス」という
映画で メキシコ系難民を演じるが
その役のために しばらくその人たちの世界に
身をおいて 訛りなどを研究した。


再現されるうるわしき16世紀のヴェニスは見もの!


『キングダム・オブ・ヘブン』
のジェレミー・アイアンズと

キングダム・オブ・ヘブン 特別編(初回限定生産)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る





『スターリングラード』のジョセフ・ファインズ。

スターリングラード<DTS EDITION>

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


パチーノの迫真の演技と
英国を代表する2大スターの競演は見逃せない。



製作年度 2004年

監督 マイケル・ラドフォード
イル・ポスティーノ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る









ダ・ヴィンチ・コード
海猿 LIMIT OF LOVE
ニューワールド
ファイヤー・ウォール


2006年見た映画

2005年に見た映画

2005年ベストテン


ブログトップへ

一発逆転本館
(ダイエットしま選科!)へ


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (72)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険なアネキ | トップ | 子供の通学路に潜む危険 »
最近の画像もっと見る

72 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アルパチーノ (夢子)
2005-11-04 23:08:28
彼の映画に対する打ち込みはすごいのよね。「スカーフェイス」っていう、バナナボートで来て、マフィアの親分になった役をやったときも、その地方に行ってしばらく、言葉のなまりを勉強したりしたそうです。

好きな役者の一人だわ。シェークスピアは一つも見てないかもしれない・・
知らなかったわ。 (あん)
2005-11-04 23:40:28
夢子さん詳しいね。しらなかったわ。マリア・カラスのジェレミー・アイアンズがセリフも少ないし影が薄かったのが残念。ジョセフ・ファインズはレオナルド・ブルームへの手紙の時は気弱な青白い青年役だったので印象が全く違い、別人みたいだったわ。
ありがとう (hana)
2005-11-05 07:08:00
トラバ有難うございました

ベニスに商人 最高!まず背景風景は自分の旅した頃を鮮明に思い起こしました。タイトルは誰でも知っているものなので 一度観て欲しい。映画っていいよね?・・さいっこう!
hanaさんへ (あん)
2005-11-05 08:11:56
ヴェニスのロケはアル・パチーノの知名度と人気でスムーズに許可が下りたとか。あんは行ったことないけど中世の面影を残す街並みを楽しみました。映画ってホントいろんな角度から楽しめるよね。
ジェレミー・アイアンズ (パフィン)
2005-11-05 14:31:03
あんさん、TBとコメントありがとう

ございました。感想を拝見して、

そうそうアントーニオの人物像が

あいまいだよね~と共感しました!

TBさせていただきますね。
TBどうも(^^) (yuki)
2005-11-05 14:35:40
人の多さにはびっくりしましたね。僕はモロッコの王様のシーン、けっこう気に入ってます
yukiさんへ (あん)
2005-11-05 14:48:33
うん、箱選びの時のね。面白かったね。
Unknown (fabylovy)
2005-11-05 17:13:35
TBありがとうございます。映画館は満席でしたが、何とか良いポジションをGETできましたw

色んな人の性質やシリアスな場面、コミカルな場面があったので、見る人によって感想が分かれる映画かな~と思いました。

もうちょっと掘り下げた人物像もほしかったですね。
fabylovyさんへ (あん)
2005-11-05 17:26:06
早速ありがとう、客層が「消しゴム」とは全く違った(^O^)。シェイクスピアに惹かれて来る人も多いでしょうね。
TBありがとうございます (うらら)
2005-11-05 22:49:59
TBありがとうございました。遊びに来ました



言葉はわからないけれど、アル・パチーノの演技はすごいなぁと立ち居振る舞いから思いました。



TB返しさせていただきましたが、映画や本の感想を中心に集めた方(『読観帖』)からさせていただきました。また遊びに来てください。



うららさんへ (あん)
2005-11-05 22:56:42
Tbありがとう。さすがアル・パチーノは風格がありましたね。
こんばんは☆ (らぐーん)
2005-11-05 23:52:33
トラバありがとうございました。



アル・パチーノって実は名前しか知らなかったんです。

でもこの映画で演技に深みがあるなーと思いました。

今まではあまり映画に興味がなかったのですが、これからは少しずつ見てみようと思います☆
Unknown (もと743)
2005-11-06 06:06:24
アントニオってなホモだと思っちょります。

好きな男に「男気を見せた」というのが動機かと
TB&コメントありがとう (マダムS)
2005-11-06 08:10:00
とても見ごたえありましたね^^

私は平日の昼間に行きましたが、やはり熟年(老年?)カップルがほとんどでしたね・・映画ファンのみならず原作者のファンとお見受けしました。

こちらはグルメのページも楽しそう♪ 今度ゆっくり読ませて頂きますっ! パンジーも写真載せてね^^
もと743さんへ (あん)
2005-11-06 08:10:40
やっぱり!あんも怪しいと思ってました。そうじゃなきゃ命まで賭けないよね。
マダムSさんへ (あん)
2005-11-06 08:16:25
おいで頂き有り難う御座います。グルメもダイエットもやってますので是非ごゆっくり。
アフタヌーンティの味は? (iakhs)
2005-11-06 09:05:21
訪問に感謝。

ダイエットをしている方々にはこの映画はピッタリ。

1ポンドの体重減になりますから?ウフフ。
iakhsさんへ (あん)
2005-11-06 09:07:40
ホント、ウフ気がつかなかったわ。下半身デブのあんはお尻のお肉あげるー!
はじめまして! (ryu)
2005-11-07 23:19:31
あんさん、こんばんは(^^♪

TB&コメント、どうも有難うございました。



アル・パチーノの演技が素晴らしかったですね。ポーシャの変身ぶりもよかったです。

ryuさんへ (あん)
2005-11-07 23:30:04
名優揃いで見応えありましたよね。ポーシャ役の女優さん、ちっとも美人じゃないけど演技派ですね。
あんさんへ (rumi)
2005-11-08 22:26:29
TB&コメントありがとうございました。

シェイクスピア作品好きです。あんまり詳しくないけど^^;

アルパチーノ良かったですね。

今ヴェニスの商人読んでます^^

rumiさんへ (あん)
2005-11-08 23:43:53
あんも全然詳しくないんですが、好きです。この作品は初めて映画化されたとか、意外でした。
観てきました (matsumo)
2005-11-09 18:44:10
本日(11/9)、観て来ました。初回上映で満員!! 「傑作」と言うか、間違いなく後世に残る「名作」ですね!! ただし、女優さん達が肉感的過ぎるのが欠点ですが。



考えてみると、シェイクスピアの戯曲を映画化したものって、結構、名作が多いです。私が好きなものを上げてみてると以下があります。



(1)ハムレット(ケート・ウィンスレット)

(2)ロミオとジュリエット(オリビア・ハッシー、クレア・ディーンズ)

(3)十ニ夜(ヘレナ・ボナム・カーター)

(4)空騒ぎ(ケイト・ベッキンセール)

(5)恋の骨折り損(アリシア・シルバーストーン)

(6)真夏の夜の夢(ミシェル・ファイファー)

matsumoさんへ (あん)
2005-11-09 20:28:46
見事にひとつも見ていません(^O^)。つまり、邦画でいえば時代劇ってわけですね。

あの遊女っていうのかしら並んで胸を露にしていたのは違和感がありました。あれは史実に基づいているのでしょうか。
Unknown (charlotte)
2005-11-10 17:04:18
あんさん、こんにちは~☆

おっしゃるとおり、アントーニオのお話が聞きたかった~!(隠れジェレミーファンです…)

シャイロックに重点をおき、その分アントーニオは深く描かれていないのでどうしてもシャイロックに感情移入してしましました(泣)





RE:matsumoさんへ (matsumo)
2005-11-10 19:55:51
あんさん、こんにちわ



>遊女



遊女(米語だと、「フッカー」ですか)ですが、一応、キリスト教国でしたので、あのように胸を露出していたことはなかったと思います。この時代に関する多数の著作がある「塩野七生」氏の著書も随分読みましたが、そのような描写はありませんでした。



さて、同時代を描いた映画に「娼婦ベロニカ」があり、映画館で観たことがありますが(国内盤DVDは出ていませんが、米国盤DVDはあります)、そこでは、娼婦が着るのは胸を強調したきらびやかな衣装で、普通の女性は非常に地味な衣装を着ていました。



>シェークスピアの映画



上記では、デカプリオが出演していた「ロメオ&ジュリエット」は日本でも大ヒットしたと思います。後、オリジア・ハッシーがジュリエットを演じた映画も大ヒットでした。



また、ケネス・ブラナーがハムレットを演じた映画は単館上映だったこともあり、ものすごい混み方でした。この映画、2部構成で、中休みにトイレタイムがあるのですが、トイレがあまりに混むので、別の階の映画館のトイレも使う事ができました。



「十二夜」、「真夏の夜の夢」、「恋の骨折り損」も単館上映だったと思いますが、いずれも、日本ではヒットはしなかったと思います。



上記に関し、「ハムレット」以外は、 DVDが出ています。

charlotteさんへ (あん)
2005-11-10 20:37:02
そうよねー、ちょっと片手落ちの感ありですよね。シャイロックに比重が掛かりすぎていました。あんも隠れというか見え見えファンよ(^O^)、ジェレミーの。
matsumoさんへ (あん)
2005-11-10 20:42:12
あれ変でしたペロンと出して(^O^)あら、私とした事が下品な表現になってしましましたわ。

何故かシェイクスピアというと舞台という思い込みがありました。ロメオ&ジュリエットはとても話題になりましたね。いつかDVDで鑑賞したいです。いろいろご丁寧に有り難う御座いました。又教えて下さいね。
TB&コメントありがとうございました。 (武田)
2005-11-13 17:07:53
はじめまして、こんにちは。

私は、これから観にいこうと思っているのですが、おおお、期待してしまいます。

でも、でも、ジェレミーさんの影が薄いのですか!!(涙)
武田さんへ (あん)
2005-11-13 17:24:58
そうなの、あんもその辺が不満なんです。見たら感想聞かせてね。
はじめまして (klee)
2005-11-13 23:44:01
トラックバック&コメントありがとうございます。

こちらからもトラックバック、させていただきます!



最近の映画の記事がたくさんですね。時間をかけて読みたいです。
kleeさんへ (あん)
2005-11-14 08:36:33
トラ・コメありがとう御座います。どうぞ御ゆっくりなさってくださいね。またお邪魔します。
TBありがとうございます。 (さばきち)
2005-11-14 20:31:42
こんにちわあんさん。

先日はTB&コメントありがとうございました。



ジェレミー・アイアンズのアントーニオの影がうすい!彼の描き方に物足りなさを感じました。>

いやごもっとも!!ジェレミーファンの私としてはもうちょっとアントーニオにスポット当てて欲しいなーと思いました。



さばきちさんへ (あん)
2005-11-14 21:12:39
ね、アントーニオの影薄いよね。折角のシェイクスピア俳優、ジェレミーのセリフが少ない!その辺不満なんです。
Unknown (ぶりらんて)
2005-11-15 01:15:18
あんさん、はじめまして。

コメントありがとうございました。

改宗を迫られ、うちのめされたシャイロックの演技は、鳥肌物でしたが、アル・パチーノ頼みというか・・・

ホント。人物描写のバランス・・・悪かったですね。

終わりも、これでいいのか??という感じがしましたが、やはり、一見の価値はある映画ですね。
ぶりらんてさんへ (あん)
2005-11-15 08:31:59
そうそう、アル・パチーノ頼み、それが言いたかったの(^O^)。彼の独壇場だったけど、確かに見応え充分でした。
はじめまして♪ (かずい/kazuik)
2005-11-17 22:03:02
TB&コメントありがとうございました!

『ヘイフラワー~』のときはお礼しそびれてすみません…m(_ _;)m



私もシャイロックだけをリアルに描くのは、演出であったとしてもバランスが悪いな~と思いました。

アル・パチーノが凄すぎただけ???

そのことで「天下のシェークスピア様」の原作の幼稚さが妙に際立ってしまった感じでしたね。

アントーニオも負けずに描き込んで二人を対比してくれたら、かなり迫力ある作品になったのにな~もったいない!



そしてこの見応えある作品で隣席さんに恵まれなかった私の不幸…(涙)

なぐさめてくれてありがとうございました☆
かずい/kazuikさんへ (あん)
2005-11-17 22:46:08
ね、ね、そーよね。嬉しい共感してくれて。昨日はエリザベスタウン、今日はクムジャさんをみてこました。また、寄ってね。
ども ()
2005-11-19 15:47:32
トラックバックありがとうございます。

シェイクスピアは「十二夜」など女装や男装の喜劇がたくさんあります。

演劇関係の人はホモが多いそうですが、ひょっとしてシェイクスピアもその一人かも。

奥さんとの仲が悪かったそうだし、ね。
初めまして (mugi)
2005-11-19 21:00:34
TBありがとうございました。



「ヴェニスの商人」なのに、シャイロックが主役のようでしたね。

ジェレミー・アイアンズといえば、「M・バタフライ」を思い出します。中国女装スパイに手玉に取られた中年外交官の悲哀は迫真の演技でした。
円さんへ (あん)
2005-11-19 21:21:03
え、そうなんですか、尚更ホモ疑惑濃厚!(^O^)
mugiさんへ (あん)
2005-11-19 22:32:15
えー、そうなんですか。知りませんでした。見たいな。
TBありがとうございます! (Ken)
2005-11-24 21:44:53
うーん、僕はこの映画かなりダメでした。

ヴァッサーニオもアントーニオも自業自得に思えて、アル・パチーノがシャイロックを好演すればするほど

イライラしてしまいました・・・。
Kenさんへ (あん)
2005-11-24 23:20:49
Kenさんブログにもアル・パチーノが名演すればするほどイライラが募る、というジレンマが・・って書いてらっしゃったもんね。なるほどいろんな見方があるものだと思いました。それぞれの感じ方ですものね、だから面白い。
確かにもうワンエピソード欲しい・・・ (ruru)
2005-11-26 21:47:31
コメントありがとうございます。



アル・パチーノと比べてしまうとジェレミー・アイアンズは影薄かったですね。



彼とバッサーニオの関係はもちろんちょっと愛人未満~という雰囲気はあると思います。

でも父子のような関係でもあり、ごく真面目で普通な初老の男である彼にとっては、自分が持ち合わせていない物を持っていて、自分が望まなかったものを求めようとするバッサーニオはまぶしくも羨ましく、身を犠牲にしても面倒をみてあげたい存在だった、という感じを受けました。



影が薄くてもきちんと存在感と役に深みを与えていて後でじわっと効いて来る。

いい役者さんですね~

ruruさんへ (あん)
2005-11-26 21:58:06
ジェレミー・アイアンズって素敵な俳優さんですよね。「マリア・カラス」もよかったわ。静かな存在感がありますね。
まあ嬉しい (michiのてくてく日記)
2005-11-27 19:14:58
コメントありがとう

アントニオ オニがホモかもしれない

って  面白い

またコメント願います                                  
同感です (二森)
2005-11-27 21:06:19
お久しぶりです。

『ヴェニスの商人』、ようやく観に行ってきました。



>ラストのシャイロックの空虚な表情

……これ! わたしも一緒にボーゼンとしてしまいました。

アントーニオの出した条件、厳しすぎますよ……。



ジェレミー・アイアンズを観ようと行ったのに、アントーニオにはあまり共感できず。アル・パチーノに持って行かれてしまったな、という感じでした。

二森さんへ (あん)
2005-11-27 21:38:04
そうよね、宗教まで変えろってねー。あんまりだと私も思いました。アル・パチーノの1人舞台だったわね。
原作を知らなくても (soder_kiss)
2005-11-27 23:00:48
あんさんへ



コメント有難うございました。

さすが、映画に詳しいだけあって色々みているようですね。



みなさんのコメントを見ているだけで勉強になります

私ももっと沢山みなくちゃ

続き (soder_kiss)
2005-11-27 23:06:32
すみません、途中であげてしましました。



今回はアル・パチーノが出るので見ようと思いましたが、「ヴェニスの商人」というか。シェイクスピア作品をほとんど知らないので普通に面白かったです。



今度原作もチェックしてみようと思います。

では~☆
soder_kissさんへ (あん)
2005-11-27 23:13:06
そうなのよ、皆さんのコメントで気づかされる事もたくさんあります。ホント勉強になるよ。

アル・パチーノの存在感、すごかったね。
コメントありがとうございます (ぐーぐー)
2005-12-26 17:46:43
ココに来るまで、アントーニオのことなんて脇役と思ってました。

彼の背景をもっと知ることができたら、シャイロックとの対立が、楽しめたかもって思えました
ぐーぐーさんへ (あん)
2005-12-26 22:03:33
ね、そうでしょ、アントーニオに関してはベニスの商人である事とゲイである事だけよ。物足りないよね。やたら口数も少ないし(^O^)。
TBありがとうございました (rein)
2006-01-09 23:13:02
トラックバックありがとうございました。



自分も今日観にいってきたばかりなのですが、映像も

とてもきれいでしたし、俳優のかたも名演で感動

しました。



適度な宗教観と時代考証が多くの人に受け入れられた

理由なのかなと思っています。
reinさんへ (あん)
2006-01-09 23:33:05
ホントそうでしたね。名優揃いで見応えありましたね。早速いらして頂いて有り難う御座います。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-09 23:46:38
こんにちは♪

私もジェレミーは気になる俳優さんの一人です。

確かに影は薄かった!

でもバッサーニオを見つめる目は熱かった!(爆)

とても重厚で、こういう映画は大好きです~。
おじゃまします (さかもっち)
2006-01-09 23:57:03
あんさん、コメント&トラックバックありがとうございました。

ここ、盛り上がってますね!

アル・パチーノの白熱した演技ばかりに目がいってしまいましたが、あんさんのおっしゃるとおり、アントーニオの影が薄かったですね。

もっと詳しく描かれていたら、違った見方が出来ていたかもしれません。

でも、見ごたえあったので私は好きです。
TBありがとうございます! (kino)
2006-01-10 00:14:43
見ごたえありましたね。

シェイクスピアのお話って やっぱり面白いわぁ~と思いました。

アル・パチーノ熱演でしたね・・・。しかしかわいそうなシャイロック。
ミチさんへ (あん)
2006-01-10 08:31:18
ジェレミーって素敵に年を重ねていますよね。確かにあの目は・・(^O^)。
さかもっちさんへ (あん)
2006-01-10 08:33:17
でしょー、ちょっとバランス悪いでしょ。でも名優さん揃いで見応え充分でした。
kinoさんへ (あん)
2006-01-10 08:37:55
改宗まで命じる情け容赦のない判決、あんまりよね。昔、本を読んだ時はシャイロックを憎たらしい奴と思ったけど、映画を見て印象が変わりました。
はじめまして (ツキコ)
2006-01-10 23:48:12
トラックバックとコメントありがとうございます。

やっと映画化が叶った「ヴェニスの商人」ということで、絶対に観たい映画だったので、観ることができてよかったと思っています。



あんさんはたくさんの作品を観られているのですね。

また、こちらにちょくちょく寄らせていただきます。
ツキコさんへ (あん)
2006-01-11 08:53:54
早速来て頂いて有り難う御座います。名優揃いで見応えありましたね。又、こちらからもお邪魔します。
コメントありがとうございます (ナギ)
2006-01-14 19:24:16
アントーニオの影は確かに薄かったですね(-_-;)

それだけにシャイロックの存在感が強調されていたように思いました。

原作も読んでみようかな?

ジェレミー・アイアンズは初めて観たのですが、いい男ですね~。

これからチェックします!

ナギさんへ (あん)
2006-01-14 20:14:48
でしょー(^O^)。「永遠のマリア・カラス」でもゲイの役だったと思います。なかなか渋いよね。
こんにちは! (歩)
2006-01-14 20:29:38
トラックバックありがとうございます!あんさんの感想を読んで、うんうんと頷いてしまいました。その通りですよねぇ。映画館混んでたんですかー。私の地元ではガラガラすぎてちょっと涙が出そうになりました。
歩さんへ (あん)
2006-01-14 20:33:13
めっちゃ混んでたよ。空いてると寂しいよね。

早速来て下さって有り難う。又お邪魔しますね。
TBありがとうございました (とむ影)
2006-01-16 18:27:15
はじめまして。TBありがとうございました。田舎住まいなもので、先週から2週間のみの上映です。がんばって都合をつけて行ってきましたが、結構混んでいました。映画によって客層が変わるのもおもしろいですね。ポーシャが魅力的でしたわ♪
とむ影さんへ (あん)
2006-01-16 20:02:39
ホントですね。これは結構年齢層が高かったみたい(^O^)。シャイロックの存在感は圧倒的でしたね。
TBありがとうございます (小丸)
2006-01-19 18:07:59
あんさん、TBありがとうございました。



この作品はアル・パチーノについて言及されている方が多かったので、レビューではあえて外して、別の視点で書いてみました。



信仰と、それに伴う自らのアイデンティティを奪われたシャイロックは哀れで、胸につきささるものがありましたね。
小丸さんへ (あん)
2006-01-19 20:40:39
小丸さんのブログ、Tbは付くけどコメントはつかないんですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヴェニスの商人 (Diarydiary!)
《ヴェニスの商人》 2004年 アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス映
ヴェニスの商人 (ショウちゃんのエーガな日常)
ユダヤ人を悪く描いているのでユダヤ人が多いハリウッドでは映画化不可能といわれていた曰く付きのシェークスピア原作の傑作(駄作はないけどね)ですね。 うーむ。これは初めに差別ありきで、けっしてユダヤ人であるがゆえに悪いといっているわけではないよね。 差別され
ヴェニスの商人 (夢と希望と笑いと涙の英語塾)
「古典を読め!特にシェイクスピアを読め!」とINDEC会員に日々檄を飛ばしているゴウ先生であります。そのシェイクスピアの傑作戯曲『ヴェニスの商人』が初めて映画化されたというのです。シェイクスピア俳優としても名高いあのアル・パチーノが絡むというのです。これは、じ
ヴェニスの商人 (パフィンの生態)
小学生頃に子供向けの「ヴェニスの商人」を読んで ワクワクしました!冷酷な高利貸しを聡明な女性が 裁判で懲らしめる物語は単純明快だったから。 大人になり、定期的に上映される「ユダヤ人の悲劇」を 鑑賞するうちに、この物語が映画化されることは有り得ないと 思ってま
『ヴェニスの商人』 アル・パチーノ主演 (読観帖)
《さまざまな角度から見たら、その分いろいろな楽しみ方ができる、ひつまぶし映画。裁判のシーンは必見!》 あらすじ、紹介  いわずと知れたウィリアム・シェークスピアの作品。でも正直、私、シェークスピアの話、一度として読んだことがありませんでした 『ヴェニ...
『ヴェニスの商人』 (Brilliant Days )
「ヴェニスの商人」 原作 ウィリアム・シェイクスピア 監督・脚本:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ/ジェレミー・アイアンズ/ジョセフ・ファインズ/リン・コリンズ 2004年 アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス 初めての映画化だったんですね
ウィンドウ・ショッピングするはずだったのに!! (ささやか日記)
湘南新宿ラインも通った事だし、だんなと娘と新宿高島屋に行ってみることにしました。新宿なんて、何年ぶりだろう。遠いからなかなか行こうとは思わなかったです。 CDショップに立ち寄ろうとしたら、な・・な~んと・・そこに映画館が・・・しかも観たいなぁって思っていた
「ヴェニスの商人」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
「恋におちたシェイクスピア」でジョセフ・ファインズに恋したということもあり、すごく見たかったこの映画こまったちゃんに誘っていただきましたこまったちゃんありがとうございます来週はあーちゃんが誘った「ミリオンズ」に一緒に行く予定☆NANAの3巻も忘れずにもっ
ヴェニスの商人 (シャーロットの涙)
シェイクスピアの書いた37の戯曲の中で最も人気が高く、この作品が日本では初演。ロマンテックなラヴストーリー。スリリングな法廷劇。人権と復讐。…INTRODUCTIONより *かなりのネタばれ含みます 時は16世紀の末。そしてヴェニス。貿易商のアントーニオの元に、若い彼の
ヴェニスの商人 (愚者の誘惑)
ヴェニスの商人 行ってきました。久しぶりに映画館で映画見たよ。 美女ポーシャが美女に見えるか、という好みの問題はあるけれど、映画自体はなかなかです。 有名な話で筋は分かり切っているのに、ここまで見せる、というのは簡単ではないでしょう。いかにも劇っぽい台詞も
ヴェニスの商人 (悠雅的生活)
この金が返せない時は、お前の胸の肉1ポンドを貰う
ヴェニスの商人 (ようこそ劇場へ!)
ユダヤ系が幅を利かせるハリウッド・メジャーが映画化に二の足を踏んでいる間に、演劇の世界では70年代から、経済の近代化に伴うユダヤ人の悲劇として、シャイロックの悲哀を強調する演出が主流になっていた。それは「人肉裁判」の名を借りた「経済闘争」、最近でも話題の
ヴェニスの商人 2004年【伊、英、米、ルクセンブルグ】マイケル・ラドフォード監督 (トーキング・マイノリティ)
 担保が胸の肉1ポンドで有名な物語。シャイロックに扮したアル・パチーノの熱演は良かったが、アントニオ役のジェレミー・アイアンズが何ともくたびれた 表情でヴェニスの商人には相応しくない。いかに差別されていた事情があったにせよ、やはりシャイロックは狭量な敵役
【映画】ヴェニスの商人 (セルロイドの英雄)
\"The Merchant of Venice\" 2004年アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス監督)マイケル・ラドフォード出演)アル・パチーノ ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ リン・コリンズ満足度)★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 16世
「ヴェニスの商人」 (月の記憶)
この話は、恋愛と友情と強欲なユダヤ人をめぐる法廷裁判、と盛りだくさんの内容で、多分元々はどちらかというと喜劇であり、ヤイヤイ言いながら見る通俗的な劇だったのだろうと、私は思っている。
「ヴェニスの商人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Merchant of Venice 」2004 USA/イタリア/ルクセンブルグ/UK 監督は「イル・ポステーノ/1994」のマイケル・ラドフォード。余りにも有名なウイリアム・シェイクスピアの戯曲であるが、なぜか?英語圏で長い間映画化されなかったらしい。「ハムレット」や「ロミ
ヴェニスの商人 (cultyシネマ行状記)
ご存知シェイクスピアの作品をマイケル・ラドフォードが監督した話題作。僕はこの監督の作品をまだ観たことがなかった。「イル・ポスティーノ」という、わりと有名な作品があるが見逃していた。今回は、アル・パチーノをはじめ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファイン
ヴェニスの商人 (toe@cinematiclife)
最近ね、といっても、2~3週間前の話だけど、夢にねアル・パチーノが出てきたのよ。 夢の中でさぁ、私たちお友達になってね。 アルってばさぁ、思った以上に小柄で気さくで良いヤツでさぁ(笑) こりゃぁ、「『ヴェニスの商人』見ろよ」ってお告げだと思って、もうすぐ終わり
抱き合わせ (けんきゅうきろく(と、あともうひとつ))
某イングランドの赤いチーム(ManUじゃないよ)がブラジウのサン・パウロに敗れた日の昼間のことですが、ついで(?)なので前から見ようと思っていた『ヴェニスの商人』を見てきました。 なにしろ洋風時代物好きですし、気になる俳優さんが何人も出ていましたし。 もう何
「ヴェニスの商人」 (映画通の部屋)
「ヴェニスの商人」THE MERCHANT OF VENICE / 製作:200
映画「ヴェニスの商人」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヴェニスの商人」★★★★ 今さらながらシェイクスピアという人はすごい才能の持ち主だなぁと感心!古典中の古典なのになんて新鮮なんだろう!軽快な部分と重厚な部分のバランスが素晴らしい! とにかく見所が多かった。 まず、16世紀のヴェニスの情景の美しさ
大岡裁き 「ヴェニスの商人」 (目の中のリンゴ)
「ヴ」って書庫はどこに入れたら良いのだ?(一応「は行」にしておこう) 映画好きの皆さんの間では非常に評価の高いこの1作、私も観てきました。 アル・パチーノのシャイロックと聞くだけで 熱演が目に浮かびます。 ジェレミー・アイアンズにジョセフ・ファインズという
ヴェニスの商人 (迷宮映画館)
シェークスピア作品の中でも異色を放つ「ヴェニスの商人」。この映画がなかったのというのは意外だったが、見ればさもありなん・・・だった。 シェークスピア作品には、さまざまなジャンルがある。言わずと知れた悲劇。四大悲劇といわれる作品群は、人間の欲望・ねたみ・復
『ヴェニスの商人』 (ツキコの鞄)
「例えば全然好きでもない相手(男性)と二人で旅をした女性が、 そこでプロポーズを受けたとしたら、即承諾してしまうような場所だね、 ヴェニスってところは。」 旅から帰った我が師匠が、ヴェニスの印象をそう語った日のことを思い出した。 一度は訪れたいと思っている
お金より復讐の方が大事だよね (道に迷ったからってグズグズ泣かない!)
ハイ今年一発目の映画鑑賞、『ヴェニスの商人』を観てきました! 受付で、タイトルをどう発音するかちょっと迷った。普通に「ベニス」か、下唇噛みぎみで「ヴェニス」か。どっちに
ヴェニスの商人 (地中海欧羅巴くらぶ)
今日は先日触れた「ヴェニスの商人」の映画を見に行ってきた。 この物語は根底にユダヤ人排斥が流れているだけに、今日では演出が デリケートにならざるを得ないのだろうが、エンディングで劇中にはない ユダヤ人高利貸しシャイロックとジェシカ親.
映画「ヴェニスの商人」 (海の底の昼下がり)
リンク: 「ヴェニスの商人」:INTRODUCTION(作品解説). やっと見に
ヴェニスの商人 (ちょっと小丸)
初老のゲイの物語 … … … … … … … … … … … … … … … …
映画 『ヴェニスの商人』 (Death & Live)
『ヴェニスの商人』 2004年 Michael Radford監督 底知れぬ奥深さを持つシェークスピア劇について語るなど、 私の浅い人生経験では不可能である。 しかし、ストーリーを理解するには「映画」というものは非常にすばらしい道具だ。 シャイロックのあのあまりにも儚く切ない
「ヴェニスの商人」~新解釈のシャイロック (お茶の間オレンジシート)
2004年アメリカ/イタリア/ルクセンブルク/イギリス原作/ウィリアム・シェイクスピア監督/マイケル・ラドフォード出演/アル・パチーノ ジェレミーアイアンズ ジョセフ・ファインズ   リン・コリンズ クリス・マーシャル16世紀のヴェニス。バッサーニオ(ジ ...
「ヴェニスの商人」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット俳優のひとり・・アル・パチーノ主演。 原作はもちろん、シェイクスピア。 タイトルは知ってるけど、どんなお話かは知りませーーーん。 文学少年じゃなかったので・・・ 英題は「THE MERCHANT OF VENICE」。 2004年製作の文学系 ...
映画『ヴェニスの商人』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Merchant of Venice 16世紀末ヴェニス、金の箱、銀の箱、鉛の箱、あなたはどの箱を選びますか、人肉裁判に友情、愛と信頼、復讐と偏見、シェイクスピアの傑作の映画化・・ バッサーニオ(ジョゼフ・ファインズ)は放蕩の末に借金まみれ、一打 ...