今日のことあれこれと・・・

記念日や行事・歴史・人物など気の向くままに書いているだけですので、内容についての批難、中傷だけはご容赦ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

温度計の日

2005-05-14 | 記念日
1686年の今日(5月14日)は「温度計の日」
水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイト(Fahrenheit, Gabriel Daniel、1686年~1736年)の、1686年の誕生日。
温度計の歴史を辿ると、世界で最初に温度計を作ったのは、あの有名なガリレオ・ガリレイだった。1603年にガリレオ・ガリレイが作った温度計は、気体である空気の膨張・収縮を利用したものであった。しかし、その空気を封じ込めている水が外気にさらされた構造だったため、温度を示す水面の高さが気圧の影響を受けてしまった。その後、液体を管に封じ込めた温度計が開発され、気圧の影響を受けずに温度変化を観察することができるようになった。ところが、精度のよい温度計ができても基準となる温度が定められていないため、18世紀初頭まで温度計の目盛は使用者によってマチマチだったそうだ。そこで、1724年に、ファーレンハイトは生活により密着した温度の基準として華氏を提唱した。華氏という表記は、ファーレンハイトの中国語における音訳「華倫海」から来ている。 ファーレンハイトは氷に塩化アンモニウムを寒剤として混ぜて得られる氷点下の温度を0点とし、氷の融点(水の氷点)を32度(°F)、健康な男性の体温を96度(°F)とする水銀温度計をつくった。これが初の標準温度計であるカ氏温度計である。水銀はアルコールや水とは違って、ガラス管の壁をぬらさず、付着することがないため、同じ熱さの時にはいつも同じ目盛りを指す。ファーレンハイトの死後、若干修正されて「氷の融解点32度」「水の沸騰点212度」とした。この目盛りは、現在でもアメリカ、カナダなどで使われているそうだ。
その後、スウェーデンの天文学者・物理学者セルシウスは、気圧計の目盛りが一定の時、水の 沸騰する温度がつねに一定であることに気づき、一気圧のときの水の沸騰点と、氷の 融解点との間を100等分した目盛りを提唱した。これが、セルシウスの水銀温度計であり、今日、世界的に採用されているセ(摂)氏温度といわれるものである。(摂氏も中国でセルシウスに“摂爾修”の字を当てたことに由来している)。今では、目に見えない光(赤外線)を利用した温度計へと発展し、測りたいもの(測定物体)に直接触れなくても、離れた位置から温度が測れる非接触型温度計と呼ばれているものもでてきているそうだ。
どこの家庭でも馴染みの深い体温計。私の家の体温計など古い水銀体温計だから、腋の下に挟んで測っているが、私の測り方が下手なのか、風邪など引いて高熱を出しているのに、正確な温度が測定できず、いつも家人から子供のようだと叱られている。家人などに言わせると最近は、耳の中に入れて測る「耳式体温計」が流行っているそうだ。水銀体温計では5分間位かかるのに、わずか1秒ほどで検温することができるそうだ。又、病院などでは、電子体温計なるものが使われており、1分ほどで測れるという。しかし、私は、めったに医者にかからないし、近所のかかりつけの病院では、我が家と同じ水銀体温計を使用しているので、他のものがどんなものか知らない。病院で測るといつもちゃんと測定できるのに、何故か、家で測ると正確に測れない。どうしてだろう。家人に怒られながらそのとおり、測っている積りなんだけれどもね~。買いなおさなければいけないかな~。
(画像は昔ながらの水銀体温計)
参考:
温度ってなんだろう
http://www.sksato.co.jp/temp/temp01.html
温度と温度計の科学史 
http://www.tdk.co.jp/techmag/museum/museum43.htm
温度の昔話
http://okumedia.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/netuworld/syoutai/ondo2.html
体温計のページ
http://mall.realint.com/4090201/
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メイストームデー(5月の嵐の日) | トップ | 沖縄本土復帰記念日,沖縄復... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
健康のバロメーター? (シルビア)
2005-05-14 07:57:34


    ~~-v(* ̄・ ̄)。。o(オ)(ハ)(ヨ)(ウ)~



不慣れですので、相変わらず、バタバタ、

ゆうさん来ないのですね。あんな事を書いたからかな、

それとも、サイトにお邪魔しないと、・・・。楽天とは違って、拝見に来ているだけなのですね。



脇の下に挟んで、電子体温計は、1分だったのでしょうか?

耳の中の測定は、早いというのは、聴いていましたが、

時代の進歩と共に、薄れ行く「水銀体温計」も、骨董品並になりそうですね。



毎日でもないのですが、時々、お邪魔させていただきます。

ここに書くのは、ある方が来られたら、パスしようかな。と思っています。





検温 (Linda)
2005-05-14 09:23:40
よーさん、お早うさんです。

僕は仕事では水銀体温計動物用で直腸温を測っています。デジタルのものもありますが僕の使っているのが一番正確なような気がします。

孫は耳で検温しています。早く測れるそうです。
知り合いが救急で・・ (ゆうさん)
2005-05-14 17:40:03
今帰ってきました。

急に倒れたそうです。脳梗塞ですね。

来週ご一緒に旅行に行く予定でした。



お見舞いに行ってきました。

入院に必要なものを購入のお手伝いのつもりが・・



疲れました。自転車で走りましたので・・



お返事・・

昨年は大変でしたね。

台風の影響で私も大変でした。

しかし、あの風の中飛んだのですか?

高知は飛びませんでしたね。

我が家の屋根が飛びました。

詳しくは昨年の台風襲来の頃の「屋根が飛んだよ」の日記に書きました
写真アップできますよ (ゆうさん)
2005-05-14 18:04:16
HP表紙の帽子をかぶったゆうさんの絵があります。

物作り館です。こちらが写真アップできます。

隣のミーヤ画伯が絵描いている方はお絵描きができます。

よろしくね。
体温計 (よーさん)
2005-05-14 19:30:28
なんか、私が測ると正確に測れないのが何故か分らないけど、水銀体温計が正確さでは一番良いとか聞いたことあります。

有産、お知り合いの方が、脳梗塞ですか・・

それは心配ですね・・・

台風23号では、私の家の屋根もやられました。棟押さえが飛んでご近所に迷惑もかけました。旅行はいけないし、キャンセル料とられて、家の屋の修理代は多くいるわで散々でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む