アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『NANA-ナナ-』第3巻/矢沢あい

2010-10-18 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


結局気になって、続きを購入。やはり面白い。

ナナの歌声の虜になった奈々は、メンバー募集の貼り紙を描いて、あちこちに貼りまくる。章司のバイト先に奈々の妄想の産物「サチコ」と同じ名の川村幸子が現れた頃、奈々の店に貼り紙を見たと言う美少年が現れ、ナナの歌とノブのギターと、応募してきた美少年のベースの奏でる音に、奈々もナナも息を呑む。
トラネスのレンを尊敬(リスペクト)していると答えた彼を迎え入れるためにナナの出した条件、「レンを越えてね」に、もちろんそのつもりだと答えるシン。ご褒美が欲しいかとナナにキスされた奈々は、その時の憧れをとても幸福な初恋のようだったと振り返る。

しかし目標も無く上京した奈々の東京での暮らしは甘くなく、章司は現実の幸子に対して本気になってしまう。
自分の作った「ブラスト」が心配で夜も眠れないと、東京に来てくれたヤス。奈々は再就職にも難儀するが、ナナは望んでいたドラムも揃いライブも決まり、奈々の目にはあとは夢に向かってまっしぐらに見えた。スタジオで四人が奏でる音楽に奈々は夢中になり、章司のバイト先でその子が彼の浮気相手だとは知らず、幸子と出会ってしまう。動揺してグラスを落とした幸子にハンカチを譲る奈々は、なぜ彼女が涙をこぼすのか理解できず、それを見ていた章司は、奈々に話があるのであとで家にいくと告げる。

あの夜
もしもナナが一緒にいてくれなかったら
あたしは身投げして多摩川の底に沈んでたと思う
本気で そう思う



お薦め度:★★★☆☆
「人間ってこんなにバカなの?」と思わされるけど、私は奈々や章司を軽蔑できません。むしろ共感してしまう。
人は可能性と同じくらい、愚かさも持っている。人生で一度も「私/オレってカッコイイ」と自分に酔わなかった人がいるとは言わせない(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】NANA 矢沢あい 3
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜有害論 | トップ | 物欲と電子化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。