ワーク衡業(わーくこうぎょう)のブログ

東京の下町江戸川区からトラックスケールトータルソリューションの株式会社ワーク衡業が発信する番外編ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第165回 江戸川区スポーツチャレンジデー

2017年05月30日 | 情報

ワーク衡業は5月31日(水曜日)江戸川区スポーツチャレンジデー2017に参加します!

チャレンジデーとは、日常的なスポーツの習慣化に向けたきっかけづくりやスポーツによる住民の健康づくり、地域の活性化などを目的とした住民総参加型イベントです。

毎年5月の最終水曜日に開催され、午前0時から午後9時までの間に、15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を自治体間で競い合います。
江戸川区は、今年このイベントに初挑戦します!

今年の5月最終水曜日である5月31日には、区内で皆さんが運動・スポーツに参加していただく教室やイベントなどを行う予定です。

チャレンジデーをきっかけに、みんなで運動・スポーツを楽しみましょう! (江戸川区ホームページより抜粋)

普段からワーク衡業では、事務所内での毎正時のストレッチやラジオ体操をしていますが、この日ばかりは気合を入れて参加します!\(^o^)/

ストレッチとラジオ体操を頑なに拒んでいる(笑)I部長も、ゴルフクラブの素振りを15分以上やる!と宣言しています(⌒▽⌒)

 

初参加の江戸川区はカテゴリー6(人口25万人以上)で秋田県秋田市と山口県下関市と戦います!

江戸川区の対戦相手は、秋田県秋田市と山口県下関市に決定しました!なんと三つ巴の戦いです!
2016年は両市が対戦し、それぞれの参加率は、秋田市:33.5パーセント、下関市:25.4パーセントであり、秋田市が勝利しました。この秋田市の参加率を上回る34パーセントを達成するには、江戸川区の参加者数が235,130人(注釈1)を超える必要があります!
2017年の参加自治体の中で最大規模の都市として、1位を目指して頑張りましょう!!

注釈1:平成29年2月1日現在の人口(691,559人)を基に算出。 (江戸川区ホームページより抜粋)

 勝負に敗れれば対戦自治体の旗を一週間本庁舎に掲げることになります。

何とか江戸川区旗を秋田市と下関市に掲げたいところですね!

数人の弊社も参加してちりも積もればの精神で挑みます!

 

皆様応援よろしくお願いしまーす(^^)V

 

江戸川区のチャレンジページはこちら←

笹川スポーツ財団のページはこちら←

対戦相手の自治体下関市のページはこちら← 秋田市のページはこちら←

スポーツを通じて仕事に打ち込む体力を付けます!ワーク衡業のページはこちら←

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加