マガジンひとり

自由民主党・おおさか維新の会の政策やTPP参加に反対します

Album Cover Album - Chicago

2016-06-29 18:49:17 | Album Cover Album
Chicago Transit Authority (1969)




Chicago (1970)




Chicago III (1971)




Chicago at Carnegie Hall (1971)




Chicago V (1972)




Chicago VI (1973)




Chicago VII (1974)




Chicago VIII (1975)




Chicago IX: Chicago's Greatest Hits (1975)




Chicago X (1976)




Chicago XI (1977)




Hot Streets (1978)




Chicago 13 (1979)




Chicago XIV (1980)




Greatest Hits, Volume II (1981)




Chicago 16 (1982)




Chicago 17 (1984)




Chicago 18 (1986)




Chicag 19 (1988)




Night & Day Big Band (1995)




The Heart of Chicago 1967-1997 (1997)




The Very Best of Chicago: Only the Beginning (2002)




Chicago XXX (2006)




The Best of Chicago: 40th Anniversary Edition (2007)




Chicago XXXII: Stone of Sisyphus (2008)




Chicago XXXIV: Live in '75 (2011)




Chicago XXXVI: Now (2014)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cover Songs Playlist

2016-06-27 18:34:19 | Playlists
先日の映画『ゼロの未来』の、最後に流れたレディオヘッドのCreepが内容を要約して、映画の余韻を記憶にとどめるような効果的なものだったが、女性ボーカルによるラウンジ風のカバーだったので、流れてきたとき、しばらく何の曲か思い出せなかったのである。

そこで秀逸なカバー・バージョンについて、さまざまな音楽サイトを参照してみると、選択に一長一短あり、やはり納得ゆくよう自分で作ろうと。





iTunes Playlist "COVER SONGS PLAYLIST"
1) Johnny Cash / Hurt (2002 - Orig. Nine Inch Nails)
2) Marvin Gaye / I Heard It Through the Grapevine (1968 - Orig. Gladys Knight & the Pips)
3) The Rolling Stones / Route 66 (1964 - Orig. King Cole Trio)
4) The Beat / Can't Get Used to Losing You (1980 - Orig. Andy Williams)
5) The Jimi Hendrix Experience / Hey Joe (1966 - Orig. The Leaves)
6) This Mortal Coil / Song to the Siren (1984 - Orig. Tim Buckley)
7) The Flying Burrito Brothers / Wild Horses (1970 - Orig. The Rolling Stones)
8) Stevie Ray Vaughan & Double Trouble / Little Wing (1991 - Orig. The Jimi Hendrix Experience)
9) Leon Russell / Beware of Darkness (1971 - Orig. George Harrison)
10) Nirvana / Where Did You Sleep Last Night? (1994 - Orig. Traditional/Lead Belly Version)
11) CAKE / I Will Survive (1996 - Orig. Gloria Gaynor)
12) Ray Charles / Yesterday (1967 - Orig. The Beatles)
13) The Beatles / Twist and Shout (1963 - Orig. The Isley Brothers)



14) Sly & the Family Stone / Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be) (1973 - Orig. Doris Day)
15) Cream / Crossroads (1968 - Orig. Robert Johnson)
16) Devo / (I Can't Get No) Satisfaction (1978 - Orig. The Rolling Stones)
17) The Byrds / Mr. Tambourine Man (1965 - Orig. Bob Dylan)
18) Kim Carnes / Bette Davis Eyes (1981 - Orig. Jackie DeShannon)
19) Jackson Browne / Stay (1977 - Orig. Maurice Williams & the Zodiacs)
20) Robert Wyatt / At Last I Am Free (1980 - Orig. Chic)
21) Peggy Lee / Fever (1958 - Orig. Little Willie John)
22) Never Can Say Goodbye / The Communards (1987 - Orig. The Jackson 5)
23) Deep Purple / Hush (1968 - Orig. Billy Joe Royal)
24) Elvis Costello & the Attractions / Psycho (Live) (1981 - Orig. Leon Payne)
25) Manfred Mann's Earth Band / Blinded by the Light (1976 - Orig. Bruce Springsteen)



26) Scott Walker / Mathilde (1967 - Orig. Jacques Brel)
27) Mark Ronson / Valerie (feat. Amy Winehouse) (2007 - Orig. The Zutons)
28) Van Halen / (Oh) Pretty Woman (1982 - Orig. Roy Orbison)
29) Bryan Ferry / A Hard Rain’s a-Gonna Fall (1973 – Orig. Bob Dylan)
30) Deftones / No Ordinary Love (2005 - Orig. Sade)
31) Nazareth / Love Hurts (1975 - Orig. The Everly Brothers)
32) José Feliciano / Light My Fire (1968 - Orig. The Doors)
33) Cat Power / I Found a Reason (2000 - Orig. The Velvet Underground)
34) Beck / Everybody's Gotta Learn Sometimes (2004 - Orig. Korgis)
35) Run-D.M.C. / Walk This Way (feat. Steven Tyler & Joe Perry) (1986 - Orig. Aerosmith)
36) Rod Stewart / Reason to Believe (1971 - Orig. Tim Hardin)
37) Blondie / Hanging On the Telephone (1978 - Orig. The Nerves)
38) Sonic Youth / I'm Not There (2007 - Orig. Bob Dylan)
39) Jeff Buckley / Hallelujah (1994 - Orig. Leonard Cohen)



40) The Replacements / Black Diamond (1984 - Orig. Kiss)
41) Björk / It’s Oh so Quiet (1995 - Orig. Horst Winter)
42) Incredible Bongo Band / Apache (1973 - Orig. The Shadows)
43) D'Angelo / Cruisin’ (1995 - Orig. Smokey Robinson)
44) The Clash / I Fought the Law (1979 - Orig. The Bobby Fuller Four)
45) Janis Joplin / Me and Bobby McGee (1971 - Orig. Kris Kristofferson)
46) Judas Priest / The Green Manalishi (With the Two Pronged Crown) (1978 - Orig. Fleetwood Mac)



47) Emika / Wicked Game (2013 - Orig. Chris Isaak)
48) John Cale / Heartbreak Hotel (1975 - Orig. Elvis Presley)
49) Sinéad O'Connor / Nothing Compares 2 U (1990 - Orig. The Family)
50) The Black Crowes / Hard to Handle (1990 - Orig. Otis Redding)
51) Paul Young / Wherever I Lay My Hat (That's My Home) (1983 - Orig. Marvin Gaye)
52) The Specials / A Message to You, Rudy (1979 - Orig. Dandy Livingstone)
53) The Isley Brothers / Summer Breeze (1973 - Orig. Seals & Crofts)
54) Joe Cocker / With a Little Help from My Friends (1969 - Orig. The Beatles)
55) Low / Sunshine (1994 - Orig. Pine Ridge Boys)
56) Matthews Southern Comfort / Woodstock (1971 - Orig. Joni Mitchell)
57) Clarence Carter / Making Love (at the Dark End of the Street) (1969 - Orig. James Carr)
58) Roy Orbison / The Comedians (1989 - Orig. Elvis Costello)
59) Julia Holter / Hello Stranger (203 - Orig. Barbara Lewis)



60) Richie Havens / Going Back to My Roots (1980 - Orig. Lamont Dozier)
61) Erykah Badu / Hello (2015 - Orig. Todd Rundgren)
62) Don Drummond / Ringo (1965 - Orig. 美空ひばり)
63) The Animals / The House of the Rising Sun (1964 - Orig. Traditional)
64) Tracey Thorn / Femme Fatale (1982 - Orig. The Velvet Underground)
65) Donny Hathaway / A Song for You (1971 - Orig. Leon Russell)
66) Emmylou Harris / Sweet Old World (1995 - Orig. Lucinda Williams)
67) Motörhead / Leaving Here (1980 - Orig. Eddie Holland)
68) Elvis Presley / Blue Moon of Kentucky (1954 - Orig. Bill Monroe)



69) Kevin Rowland / Concrete and Clay (1999 - Orig. Unit 4 + 2)
70) Dolly Parton / Both Sides Now (feat. Judy Collins & Rhonda Vincent) (2005 - Orig. Joni Mitchell)
71) Charles Bradley / Changes (2016 - Orig. Black Sabbath)
72) Rita Coolidge / Seven Bridges Road (1971 - Orig. Steve Young)
73) Joe Henry & Madonna / Guilty by Association (1996 - Orig. Vic Chesnutt)
74) José González / Heartbeats (2005 - Orig. The Knife)
75) Bob Andy & Marcia Griffiths / (To Be) Young, Gifted & Black (1970 - Orig. Nina Simone)
76) 戸川純 / レーダーマン (1984 - Orig. ハルメンズ)
77) フランク永井 / 君恋し (1961 - Orig. 二村定一)
78) Patsy Cline / Sweey Dreams (of You) (1963 - Orig. Don Gibson)
79) Jr. Walker & the All Stars / Money (That's What I Want) (1966 - Orig. Barrett Strong)
80) Bonnie Raitt / You've Been in Love Too Long (1973 - Orig. Martha & the Vandellas)
81) UB40 / Red Red Wine (1983 - Orig. Neil Diamond)
82) Shawn Colvin / Every Little Thing (He) Does Is Magic (1994 - Orig. The Police)
83) Bright Eyes / Devil Town (2004 - Orig. Daniel Johnston)
84) Joan Baez / The Moon Is a Harsh Mistress (1987 - Orig. Joe Cocker)
85) Brian Eno / Fickle Sun (iii) I'm Set Free (2016 - Orig. The Velvet Underground)



86) Ray Charles / I Can't Stop Loving You (1962 - Orig. Don Gibson)
87) Rihanna / Same Ol' Mistakes (2016 - Orig. Tame Impala)
88) Stories / Brother Louie (1973 - Orig. Hot Chocolate)
89) Iggy Pop / Real Wild Child (Wild One) (1986 - Orig. Johnny O’Keefe)
90) Roxy Music / Jealous Guy (1981 - Orig. John Lennon)



91) Al Wilson / Lodi (1969 - Orig. Creedence Clearwater Revival)
92) James Blake / Limit to Your Love (2011 - Orig. Feist)
93) Thelma Houston / Don't Leave Me This Way (1976 - Orig. Harold Melvin & the Blue Notes)
94) Rachid Taha / Rock el Casbah (2004 - Orig. The Clash)
95) The Rolling Stones / Not Fade Away (1964 - Orig. Buddy Holly)
96) Linda Ronstadt / You're No Good (1974 - Orig. Dee Dee Warwick)
97) Metallica / Whiskey in the Jar (1998 - Orig. Traditional/Thin Lizzy Version)
98) Eric Clapton / I Shot the Sheriff (1974 - Orig. Bob Marley & the Wailers)
99) Al Green / How Can You Mend a Broken Heart (1972 - Orig. Bee Gees)
100) Schneider TM & pt. Michi.gan / The Light 3000 (2000 - Orig. The Smiths)
101) Lykke Li / Silver Springs (2012 - Orig. Fleetwood Mac)
102) The Jimi Hendrix Experience / All Along the Watchtower (1968 - Orig. Bob Dylan)



103) Paul Anka / Blackhole Sun (2005 - Orig. Soundgarden)
104) Nirvana / Love Buzz (1989 - Orig. Shocking Blue)
105) Neko Case / Never Turn Your Back On Mother Earth (2009 - Orig. Sparks)
106) David Bowie / Wild Is the Wind (1976 - Orig. Johnny Mathis)



107) John Zorn / The Sicilian Clan (1990 - Orig. Ennio Morricone)
108) The Who / Summertime Blues (Live) (1970 - Orig. Eddie Cochran)
109) The Housemartins / Caravan of Love (1986 - Orig. Isley-Jasper-Isley)
110) Willie Nelson / Always On My Mind (1982 - Orig. Elvis Presley)
111) 10,000 Maniacs / Because the Night (1993 - Orig. Patti Smith Group)
112) The Flying Lizards / Money (1979 - Orig. Barrett Strong)
113) Tina Turner / Let's Stay Together (1984 - Orig. Al Green)
114) Them / It's All Over Now Baby Blue (1966 - Orig. Bob Dylan)
115) Tricky / Black Steel (1995 - Orig. Public Enemy)
116) Frida Hyvönen / Jesus Was a Cross Maker (2009 - Orig. Judee Sill)
117) Thin Lizzy / Rosalie/Cowgirl's Song (Live) (1978 - Orig. Bob Seger)



118) Michael Andrews / Mad World (feat. Gary Jules) (2002 - Orig. Tears for Fears)
119) The Beatles / You Really Got a Hold On Me (1963 - Orig. The Miracles)
120) k.d. lang / After the Gold Rush (2004 - Orig. Neil Young)
121) Creedence Clearwater Revival / Suzie Q (1968 - Orig. Dale Hawkins)
122) Grand Funk / The Loco-Motion (1974 - Orig. Little Eva)
123) 中森明菜 / I LOVE YOU (2009 - Orig. 尾崎豊)
124) Chicago / I'm a Man (1969 - Orig. Spencer Davis Group)
125) Neneh Cherry & the Thing / Dream Baby Dream (2012 - Orig. Suicide)
126) Frank Black & Teenage Fanclub / Handyman (1994 - Orig. Jimmy Jones)
127) Feist / Inside and Out (2004 - Orig. Bee Gees)



128) Roy Orbison / Words (1973 - Orig. Bee Gees)
129) Dirty Projectors / As I Went Out One Morning (2010 - Orig. Bob Dylan)
130) Julee Cruise / Summer Kisses, Winter Tears (1991 - Orig. Elvis Presley)
131) Elvis Presley / Blue Suede Shoes (1956 - Orig. Carl Perkins)
132) Wilson Pickett / Hey Jude (1968 - Orig. The Beatles)
133) Frente! / Bizarre Love Triangle (1994 - Orig. New Order)
134) Van Morrison / It's All in the Game (1979 - Orig. Tommy Edwards)
135) The Wainwright Sisters / El Condor Pasa (2015 - Orig. Traditional)



136) Steve Marcus / Listen People (1968 - Orig. Herman's Hermits)
137) James Blake / A Case of You (2011 - Orig. Joni Mitchell)
138) Ryan Adams / Bad Blood (2015 - Orig. Taylor Swift)
139) Saint Etienne / Only Love Can Break Your Heart (1990 - Orig. Neil Young)
140) Todd Terje / Johnny and Mary (feat. Bryan Ferry) (2014 - Orig. Robert Palmer)
141) Aretha Franklin / Respect (1967 - Orig. Otis Redding)
142) Yo La Tengo / Friday I'm in Love (2015 - Orig. The Cure)
143) Sid Vicious / My Way (1978 - Orig. Frank Sinatra)
144) Nico / These Days (1968 - Orig. Jackson Browne)



145) Billy Paul / Your Song (1972 - Orig. Elton John)
146) Ry Cooder / Dark End of the Street (1972 - Orig. James Carr)
147) Sinéad O'Connor / Queen of Denmark (2012 - Orig. John Grant)
148) Soft Cell / Tainted Love (1981 - Orig. Gloria Jones)
149) Charlotte Gainsbourg & Calexico / Just Like a Woman (2007 - Orig. Bob Dylan)
150) Graham Parker & the Rumour / I Want You Back (Alive) (1979 - Orig. The Jackson 5)


疲れた 原曲を調べるのが、ちょっと面倒。
110のAlways On My Mindの場合、ここではプレスリーとしているが、どうやら競作のようにしてグウェン・マクレーやブレンダ・リーのバージョンが先に出ていたらしい。

2のマーヴィン・ゲイも、カバーというよりはモータウン所有の曲をグラディス・ナイトと競作したとするのが妥当かも。ただ、時期が近いといっても、7のWild Horsesや144のThese Daysなど許可を得てオリジナルのアーティストより先に(純然たる)カバーがリリースされた例もあり、ことしもライアン・アダムスがテイラー・スウィフトの出たばかりのアルバムを全曲順番どおりにカバーしたアルバムを発表して話題となっている(138)。

要はRespect。
先の映画でも、オルタナティブ系のレディオヘッドがレトロ調にカバーされていたように、ジャンルや時代は関係ない。音楽を通じて結ばれているかどうかだ。オルタナなど新しい曲を正統なジャズ・ボーカルでカバーしたポール・アンカのROCK SWINGS(103)や、逆にオルタナ系とされるリプレイスメンツが、軽薄視されがちなキッスを採りあげた例(40)は印象的だったし、50のブラック・クロウズなどは私はオーティス・レディングの原曲をずっと後になって聞いたので、白人ハード・ロックのルースなボーカルが、実は黒人に多くを負っていると知って目ウロコだったりしたものだ。

そうした忠実な例だけでなく、ディーヴォ(16)やフライング・リザーズ(112)の大胆な改変も捨て難いし、ある評論家は48のジョン・ケイルを、斬新で驚きを与えるものとしてベスト・カバー・バージョンと称えている。おそれ多いけれども私がどれか選ぶとすれば、14のスライでしょうか―


※2015年10月の記事を増補改訂



Street Life-20 Greatest Hits
Wea/Warner Brothers
Wea/Warner Brothers


Slow Dazzle
Universal I.S.
Universal I.S.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 25-Jun-2016

2016-06-25 19:44:20 | Weekly Top 20
1. ← 4. 2 "Opposite House" Cass McCombs (2016 - Mangy Love)
2. ← 1. 4 "Female Vampire" Jenny Hval (2016 - Blood Bitch)



3. NEW 1 "Plaisirs Américains" Bernardino Femminielli (2016 - Plaisirs Américains)



4. NEW 1 "Óveður" Sigur Rós (2016 - Single)
5. ← 3. 3 "I Exhale" Underworld (2016 - Barbara Barbara, We Face a Shining Future)
6. ← 6. 3 "Intern" Angel Olsen (2016 - MY WOMAN)
7. ← 2. 7 "Happy" Mitski (2016 - Puberty 2)
8. ← 5. 7 "Nattesferd" Kvelertak (2016 - Nattesferd)
9. ← 12. 3 "Watching the Waiting" Wye Oak (2016 - Tween)
10. ← 7. 6 "I Am a Nightmare" Brand New (2016 - Single)
11. ← 8. 6 "I Need a Forest Fire (feat. Bon Iver)" James Blake (2016 - The Colour in Anything)
12. ← 13. 2 "Anxiety" Preoccupations (2016 - Preoccupations)
13. ← 10. 3 "Vorel" Russian Circles (2016 - Guidance)
14. ← 15. 2 "Dreams" Kelsey Lu (2016 - Church)
15. ← 11. 5 "Whole Body Shakes" Woodpigeon (2016 - T R O U B L E)
16. ← 9. 8 "Disintegration Anxiety" Explosions in the Sky (2016 - The Wilderness)



17. NEW 1 "Sun" The Hotelier (2016 - Goodness)
18. ← 19. 2 "That's What Friends Are for" Adesse Versions (2016 - EP)



19. NEW 1 "Daydreaming" Radiohead (2016 - A Moon Shaped Pool)
20. ← 17. 4 "Not for Nothing" Mutual Benefit (2016 - Skip a Sinking Stone)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後のネトウヨ絵師

2016-06-23 19:27:56 | マンガ
今日Amazonから届けられるマシーンによって、ワタシは長く苦しめられてきたハード的飢餓状態=それと慢性的なお尻の皮膚の傷み=を脱することになります。エポックメイキングなことです(´・ω・`)

いま使用中の板タブが壊れたら即死亡というマジキチな状況を何とか脱しました(´・ω・`)

デジ同人描きたいですが、即違法アップロードされるのが嫌すぎます(´・ω・`)

10万円ください(定期)

ワタシがどうにか自分のマンガを描くようになったのはエロゲの影響が大きいです。それと保守に全振りになったこと(´・ω・`)

自分のマンガ描けるようになるまでが長すぎました…




焼きそばは割と本気で見切りました(´・ω・`)

今まで見えなかったものが見えてきました(´・ω・`)

翁長とかゾエとか山本太郎とかマジクソしょーもない(´・ω・`)

おさよくすてーしょんでも見ますか
#tvasahi

商業シゴトしながら念願の「ふたなり妹」でデジ同人復帰したひ(´・ω・`)

ふたなり妹、やっと出来た彼女に目の前で中出しさせられて直後に奪われる。巨大なカリでボクの精子を笑いながら掻きだす、というシーンだけは決定(´・ω・`)

来月うまい具合にアシやれればいいのですが(´・ω・`)

10本以上描いてきましたが、原稿はいったん打ち止めの気配(´・ω・`)

ワタシに投資しましょう(提案)

これまで商業に描いた原稿って、かき集めてデジで売ったら誰かに怒られますかね?

いったん実家へ戻ろうか。実家で力をためて、液タブを買い、また自立。出来なきゃ引退(´・ω・`)

最近Mい妄想が捗りません(´・ω・`)

読者さまが直にご意見くださることが多いのは自分の場合サキュバスもの(´・ω・`)

アシスタントで身についてしまったムダに丁寧なルーティンが邪魔です。漫画界隈で楽なのは人気作家のプロアシだとも思いますが(´・ω・`)

原稿あげるたび毎回死にそうになるの本当なんとかしたいです(´・ω・`)




漫画を描くことが自己表現でも自己実現でもなく人にサービスをすることだと気付いた時には結構な歳になってました(´・ω・`)

ガチのBDSM、10ページカラー(´・ω・`)

単行本出したひ(´・ω・`)

風呂で鏡見たらお尻の皮膚が座り過ぎで病院行くレベルで黒ずんでおります(´・ω・`)

液タブを買ってワタシの家に送りつけるというイヤガラセを推奨(定期)

ここ数ヵ月の生活を続けたらそのうち突然死するのではと思ったので今日はたくさん歩きます。歩きながらネタを練ります(´・ω・`)

アリ追悼番組なのに猪木を持ち上げてどうすんの、クソ左翼朝日(´・ω・`)

次の商業シゴトのプロットが通ったのですが、生活費がなくてシゴトに着手できません(´・ω・`)

金策で疲れ果ててしまいました。結局センパイから借りることに。くそう銀行め(´・ω・`)

ローファーのかかとを踏み潰したJKに蹴られまくってコカれまくって罵倒され(´・ω・`)

何ヵ月かデジ同人に没頭できるだけのお金を何とか作りたいのです(´・ω・`)

10万円ください(定期)

出版社から電子版のダウンロード数を聞いて震えております(´・ω・`)

ピクシブ/ツイッター界隈と電子書籍界隈の温度差があんまりよくわかりません(´・ω・`)

出版社と書店と読者が作り育ててきた市場で自分勝手なことはやれないとは思いつつも女王様とドMばかり描いてきました(´・ω・`)

党首討論、8割不必要なメンツ
#tvasahi

今までロリっぽくを心がけてきましたが次は少し変えてみますかね(´・ω・`)

虫歯が痛ひ(´・ω・`)

自分の実力がどんなものなのか意識しながら生きるの嫌過ぎますね(´・ω・`)

キャラが動き出しました(´・ω・`)

希望が見えてきました。ワタシはやれる!





ネトウヨ絵師は、無名の漫画家。私は2012年初めにピクシブで知り合って、緻密な画力がありながら芽が出ず、お金に困っている様子だったので、ちょうど書肆マガジンひとりとして同人誌発行を準備していた私は彼に30万円ほど出資し、最初の3冊の編集作業を手伝ってもらったのである。

彼の家も4度ほど訪ね、作業し、飲食を奢ったりした。その頃40歳くらいだったが、実は彼は20代の頃、週刊少年マガジンで野球漫画の連載を持ったことがあるのだ。本名で行ったその連載は人気が出ず、コミックス3巻ほどで打ち切り。以降ずっと講談社系の漫画アシスタントで食いつなぎ、やがてピクシブやデジ同人=DLsiteやDMMなど電子書籍をダウンロード販売する=に活路を見いだし、新たなペンネームで極端なマゾヒズムを特色とするエロ系のイラストや漫画習作をこつこつ描き貯めているところだった。

彼の家には、漫画を含め本がない。不潔な感じで、ネコを飼っている。制作に煮詰まると、モジャモジャ頭をガリガリかきむしって、たばこをスパスパ吸う。そして分かったことは、彼は頑迷なネトウヨで、(当時の)民主党やテレビ朝日を目の仇にしており、どうやらのべつまくなしにツイートすることや、マゾヒズムの性癖もそれと大いに関連している様子なのだった。

私は2013年初めに彼と絶縁し、同人誌の編集は独力で行うことに。彼はその後、ドMに特化したマニア向けのエロ漫画誌で執筆できることになり、2014年にはデジ同人も発表。ネトウヨなのは相変わらずながら、少しは浮上のきっかけをつかんだかに思われたが—

その漫画誌は季刊で、執筆の機会は限られる。彼の作風は、ドMといっても、窒息させられるような圧迫感を覚えるもので、いじめられるショタ(少年)、いじめる側の美少女なども複数いたりと、おかずとして焦点を絞りづらく、これで喜ぶお客はごく限られるだろうと想像させるものだった。商業出版社は市場縮小に見舞われており、不人気な作家の単行本を出したり、ほかの雑誌でチャンスを与える余裕はない。画力以上に、作風が売れ筋の若い作家を優先する。

これはデジ同人でも同じことだ。お客も描き手も世代交代が進み、同時に紙から電子へという流れも進む。デジ同人だけの大ヒット作が生まれ、商業よりも作家本人が手にする利潤が大きく、印刷経費もかからないとあって、販売登録数はうなぎ上り。競争も激化。

競争を煽り、デジ同人市場を白熱化させる特有の要因に「リアルタイムで販売数が表示される」ことが挙げられる。商業出版が隠してきたことだ。雑誌という形で、人気の差をあいまいにぼかし、読者の反応など情報を独占することで、漫画家より優位に立ち、酷使してきた。

DLsiteやDMMの電子書籍も、商業出版社を通して販売されるものは、数字が表示されない。しかし評価の数などで推測はつく。ネトウヨ絵師が驚いたという、彼が執筆するマニア向け漫画誌のDLsiteとDMMを合せた販売数は3千~5千というところだろう。彼が自力で出したデジ同人の販売数は400余り。無名作家のデビュー作としてはよくやった部類に入る。ところが同じ2014年に出した2作目は60余りしか売れず=今は70余に微増=彼にとってショックだったようで、以来デジ同人では発表していない。

デジ同人の作家たちが集う2ちゃんねるのスレでは、ピクシブ/ツイッターは作家同士の慣れ合いの場としての面が強く、そこでチヤホヤされても実売にはつながらないという見方が定着しているが、↑に抜粋加工して引用したネトウヨ絵師の最近のツイートは、それを知ってか知らずか、次作の構想、愚痴、物乞い、ウヨツイなど散漫で、迷走がち。ということは、彼の少年マガジン連載歴やその後のアシスタント歴、商業誌の編集者や発行部数、ピクシブ/ツイッターのフォロワー数、ネトウヨ論壇といったものは、彼の漫画家生活に助言やきっかけを与えるどころか、むしろ暗に連携して甘やかし、依存させてスポイルしてしまっているのではないかと考えざるを得ない。

私と出会った頃と同じように、彼はまたお金に困っている様子だ。経験から学べない者には、進歩もないであろう—
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽王:べっきぃますぞえ考 - Goth Pop #9

2016-06-21 19:56:42 | テレビ・芸能・スポーツ
4年ほど前の「貧困と残酷」という記事で、詩人の金子光晴氏が『日本残酷物語』月報に寄せた一文を引用したことがある。同書は全7巻で、明治~昭和前期のわが国が、急速に欧米列強に追い付く富国強兵を成し遂げた陰で、普通の人びとがいかに因習に閉ざされ、貧困に苦しんでいたかを全国くまなく踏査した名著だ。

昭和35(1960)年の、その月報で金子氏は、神奈川県の漁村の若者が、「心中ものが流れよったとなると、村の青年は勇み立って、われがちに小舟にのって引きあげに出るんです(そして男は捨てて女の死体をみなで凌辱する)」と、さも当然の権利のように話すのを聞いて、日本人の中に遠い過去から「復讐的な、理不尽な蔑視の感情」が受け継がれ、それは残酷物語で描かれた明治~昭和前期はもちろん、戦後になっても変わっていないと肌寒さを覚える—




この残酷さは、特に貧困によって正当化され、自らの貧困な人生への復讐とでもいえる形をとって、その刃を他者に向けることとなる。被害者にとって理不尽でも、加害者にとっては正義。

こうした理不尽な復讐的感情を、闇金ウシジマくんでも繰り返し目にすることができる。↑画像の不良少年たちは、先輩と共謀し、丑嶋社長から金を強奪しようとする過程で、行き当たりばったり、たまたま居合わせたカップルを拉致し、女を輪姦する。「おいビッチ」と呼びかけているが、彼らが無理やりビッチにさせたのだ。




覚えているか 王よ
まつりがあった

あれは7年前 わたしは十になったばかり
まつりの混乱に乗じて おまえはやってきた
家いえに火の矢を射ながら

戯れ者のなりをし
わたしの家族が家とともに燃える中庭で
姉とわたしを犯して殺した

おまえの剣は わたしの心臓から わずかにそれた

覚えているか 王よ
あがないのまつりの最高潮は一ヵ月も続き
夜ごとの花火 火事 殺人 阿鼻 叫喚
酒 音楽 街中が 狂ったかのように 踊りさわぎ

あのときの光景は 忘れない
忘れられない かたときも。
 —(萩尾望都 「偽王」 1984)


先日、2006年というから、もう10年前のことになる、くりぃむしちゅーの深夜ラジオを発掘して聞いてみると、ベッキーについて執拗な下ネタを送ってくる投稿者がいて苦笑。この当時のベッキーは、大学に通いながらバラエティー番組などに出ており、既に明るく元気ながんばり屋さんというイメージが定着していた。

ベッキーを下ネタに引きずり込もうという動きは有吉弘行やおぎやはぎにもあった。別に彼らに先見性があったなどと言うつもりはないし、ベッキーや舛添を擁護するつもりもない。有名人でも普通の人間だ。悪いこともするだろう。

言いたいのは、ベッキーがポジティブなキャラで見ない日のないテレビの顔となる、また舛添が国際政治学者として名を売り「総理になってほしい人」となる、その一方で、彼らを寄ってたかって引きずり下ろしたいというわれわれの欲望も大きく育っていたということである。

萩尾望都さんの漫画で、ヴァルーファルーという美しく平和な都市国家?が、50年に1度「あがないのまつり」で狂乱状態となる。この国中のとがを背負い、若い国王がたったひとり贖罪者「偽王(にせおう)」として去勢され目を打たれ追放されることで、ヴァルーファルーには再び平和が訪れる。短いが、記憶にとどまり続ける話だ。こんにち日本ではテレビで雑誌でネットで、日々まつりが行われ、人びとは半狂乱で、次の偽王=べっきぃますぞえを探し、王位に座らせる—





iTunes Playlist "Goth Pop Playlist #9" 141 minutes
1) Inkubus Sukkubus / Vampyre Erotica (1997 - The Anthology)



2) Hælos / Alone (2016 - Full Circle)



3) Cerrone / Générique-Début (Brigade Mondaine) (1978 - Cosmic Machine: A Voyage Across French Cosmic & Electronic Avantgarde 1970-1980)



4) Siouxsie and the Banshees / Dazzle (1984 - Hyaena)



5) Holy Esque / Hexx (2016 - At Hope's Ravine)



6) Big Star / Big Black Car (1975 - Third/Sister Lovers)



7) Arcade Fire / Afterlife (2013 - Reflektor)



8) Beck / Round the Bend (2002 - Sea Change)



9) Suicide / Shadazz (1980 - Suicide: Second Album)



10) Einstürzende Neubauten / Abfackeln! (1983 - Zeichnungen Des Patienten O.T.)



11) 鬼束ちひろ / infection (2001 - This Armor)



12) Dead Can Dance / Cantara (1987 - Within the Realm of a Dying Sun)



13) Giola / Circling (2016 - Single)



14) Lou Reed / Caroline Says II (1973 - Berlin)



15) The Kills / Doing It to Death (2016 - Ash & Ice)



16) Calexico / Ballad of Cable Hogue (2000 - Hot Rail)



17) Dirty Beaches / Lone Runner (2011 - Single)



18) Fucked Up / Queen of Hearts (2011 - David Comes to Life)



19) Porcelain Raft / I Lost Connection (2013 - Permanent Signal)



20) Brian Eno / Spirits Drifting (1975 - Another Green World)



21) Gary Numan / Metal (1979 - The Pleasure Principle)



22) David Vassalotti / Lady Day Redux (2016 - Broken Rope)



23) David Bowie / We Prick You (1995 - Outside)



24) Boris / イントロ (2003 - 悪魔の歌)



25) Tom Waits / Hoist That Rag (2004 - Real Gone)



26) Blondie / The Hardest Part (1979 - Eat to the Beat)



27) Radiohead / Lucky (1997 - OK Computer)



28) Iggy & the Stooges / Penetration (1973 - Raw Power)



29) 戸川純 / 蛹化の女 (1984 - 玉姫様)



30) Bauhaus / Bela Lugosi's Dead (1979 - Single)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 18-Jun-2016

2016-06-19 19:39:01 | Weekly Top 20
1. ← 1. 3 "Female Vampire" Jenny Hval (2016 - Blood Bitch)
2. ← 2. 6 "Happy" Mitski (2016 - Puberty 2)
3. ← 7. 2 "I Exhale" Underworld (2016 - Barbara Barbara, We Face a Shining Future)



4. NEW 1 "Opposite House" Cass McCombs (2016 - Mangy Love)
5. ← 3. 6 "Nattesferd" Kvelertak (2016 - Nattesferd)
6. ← 11. 2 "Intern" Angel Olsen (2016 - MY WOMAN)
7. ← 6. 5 "I Am a Nightmare" Brand New (2016 - Single)
8. ← 5. 5 "I Need a Forest Fire (feat. Bon Iver)" James Blake (2016 - The Colour in Anything)
9. ← 4. 7 "Disintegration Anxiety" Explosions in the Sky (2016 - The Wilderness)
10. ← 15. 2 "Vorel" Russian Circles (2016 - Guidance)
11. ← 9. 4 "Whole Body Shakes" Woodpigeon (2016 - T R O U B L E)
12. ← 20. 2 "Watching the Waiting" Wye Oak (2016 - Tween)



13. NEW 1 "Anxiety" Preoccupations (2016 - Preoccupations)
14. ← 8. 7 "Freedom (feat. Kendrick Lamar)" Beyoncé (2016 - Lemonade)



15. NEW 1 "Dreams" Kelsey Lu (2016 - Church)
16. ← 10. 9 "Golden Chords" Deakin (2016 - Sleep Cycle)
17. ← 18. 3 "Not for Nothing" Mutual Benefit (2016 - Skip a Sinking Stone)
18. ← 19. 4 "Below" White Lung (2016 - Single)



19. NEW 1 "That's What Friends Are for" Adesse Versions (2016 - EP)
20. ← 16. 3 "Oblivius" The Strokes (2016 - Future Present Past EP)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sony Essential Series

2016-06-16 20:36:10 | Record Labels
いまgooブログの編集画面にログインすると、初めに「gooブログ メンテナンス後の仕様変更のご案内、ならびに 発生している事象について」とのリンクが貼ってある。事象というのは福島第一原発事故の時によく耳にしたが、お役所の使う言葉なのかナ
このメンテナンスは14日の深夜0時から昼12時までの予定で、全サービスを中断して(閲覧もできない)行われ、12時で終わらず2時間延長、さらにメンテ終了後もログインできない、閲覧できない、画像がアップできないなど不安定な状態がしばらく続いた。

仕様変更についても事後連絡なことが多く、いかにもユーザー目線から遠い殿様商売。私が20年を無為に過ごし、ほうほうの態で依願退職することになったNTT、その子会社・孫会社・関連企業は数えきれないほどあり、うち一つ、NTTレゾナンスというのがサービス運営元なのですね、gooブログの。わが国のブログ・サービスはアメーバブログが圧倒的なシェアを占めるが、ヤフー、FC2などに続き、gooブログは6位とのこと。

gooは有料のメール・サービスも扱っており、一昨年これが大幅な仕様変更するにあたっても、お客にメンドウな移行作業をさせ、しかもこれが当初の説明どおりスムースにできなくて、大いにヒンシュクを買った。グーグルやアップルが洗練されたスマートなサービスを競っているIT業界で、gooブログやgooメールの使い勝手は遅々として向上せず、わが国の社会・政治・経済に横たわる病弊の一端を示している。




地元政治家から気に入られないと、公立学校の校長にはまずなれないというのは驚きだが、さもありなん。NTTには関連企業が山ほどあって、親会社の管理職が定年を迎えると、子会社・孫会社に天下り、プロパー採用組を抑え管理職・取締役になる。役人も同じだ。さまざまな外郭団体、特殊法人、ナントカ審議委員、企業の外部取締役など好待遇の天下り。「渡り」で繰り返す例も。政治家には選挙があるから、持ちつ持たれつ、恩を売ったり売られたりして利権を分け合う。

今は弱まっているかもしれないが、私がいた頃NTTの労組は政治力があって、末端なら人事にも介入する。だから橋下や、阿久根市の「ブログ市長」は、住民の支持をテコに労組を排除し、権力の一元化を狙ったのだろう。いずれにしても住民サービスが向上するとは思えないが。





iTunes Playlist "The Essential Series" 207 minutes
1) Sly & the Family Stone / Dance to the Music (1968 - The Essential Sly & the Family Stone)



2) The Byrds / Lady Friend (1967 - The Essential Byrds)



3) The Bangles / Hero Takes a Fall (1984 - The Essential Bangles)



4) Ronnie Milsap / Smokey Mountain Rain (1980 - The Essential Ronnie Milsap)



5) The Mahavishnu Orchestra / The Dance of Maya (1971 - The Essential John McLaughlin)



6) Kris Kristofferson / Loving Her Was Easier (Than Anything I'll Ever Do Again) (1971 - The Essential Kris Kristofferson)



7) The Jacksons / Shake Your Body (Down to the Ground) (1978 - The Essential Michael Jackson)



8) Barry Manilow / I Write the Songs (1975 - The Essential Barry Manilow)



9) Barbra Streisand & Barry Gibb / Guilty (1980 - The Essential Barbra Streisand)



10) Willie Nelson / On the Road Again (1980 - The Essential Willie Nelson)



11) Dragon / April Sun in Cuba (1978 - The Essential Dragon)



12) Johnny Mathis / Life Is a Song Worth Singing (1973 - The Essential Johnny Mathis)



13) Simon & Garfunkel / The Only Living Boy in New York (1970 - The EssentialSimon & Garfunkel)



14) Rosanne Cash / Seven Year Ache (1981 - The Essential Rosanne Cash)



15) The Edgar Winter Group / Free Ride (1972 - The Essential Edgar Winter)



16) Martina McBride / Independence Day (1994 - The Essential Martina McBride)



17) Kenny Loggins / Whenever I Call You "Friend" (1978 - The Essential Kenny Loggins)



18) The Clash / Ivan Meets G.I. Joe (1980 - The Essential Clash)



19) Igor Stravinsky; Columbia Chamber Ensemble / Stravinsky: L'histoire du soldat - Marche Royale (1961 - The Essential Igor Stravinsky)



20) Fishbone / Skankin' to the Beat (1985 - The Essential Fishbone)



21) Bob Dylan / Positively 4th Street (1965 - The Essential Bob Dylan)



22) Janis Ian / Society's Child (1966 - The Essential Janis Ian)



23) The Isley Brothers / Between the Sheets (1983 - The Essential Isley Brothers)



24) Ray Price / Crazy Arms(1956 - The Essential Ray Price)



25) Miles Davis / Black Satin (1972 - The Essential Miles Davis)



26) Janis Joplin / Ball and Chain (Live) (1968 - The Essential Janis Joplin)



27) John Denver / Annie's Song (1974 - The Essential John Denver)



28) Dan Fogelberg / Missing You (1982 - The Essential Dan Fogelberg)



29) Henry Mancini / Peter Gunn (1958 - The Essential Henry Mancini)



30) Luther Vandross / Never Too Much (1981 - The Essential Luther Vandross)



31) Dolly Parton / The Seeker (1975 - The Essential Dolly Parton)



32) Bruce Hornsby & the Range / The Valley Road (1988 - The Essential Bruce Hornsby)



33) Billy Joel / Goodnight Saigon (1982 - The Essential Billy Joel)



34) Johnny Cash / I Still Miss Someone (1958 - The Essential Johnny Cash)



35) Ravi Shankar / Dhun: Fast Teental (Excerpt) (1967 - The Essential Ravi Shankar)



36) The Guess Who / No Sugar Tonight/New Mother Nature) (1970 - The Essential Guess Who)



37) Evelyn "Champagne" King / Love Come Down (12" Version) (1982 - The Essential Evelyn "Champagne" King)



38) Van Morrison / And the Healing Has Begun (1979 - The Essential Van Morrison)



39) Cheap Trick / The Flame (1988 - The Essential Cheap Trick)



40) Michael Colombier / Dreamland (1979 - The Essential Jaco Pastorius)



41) Heart / Love Alive (1977 - THe Essential Heart)



42) Django Reinhardt / La Mer (1949 - The Essential Django Reinhardt)



43) The 5th Dimension / Puppet Man (1970 - The Esssential 5th Dimension)



44) The Velvet Underground / Pale Blue Eyes (1969 - The Essential Lou Reed)



45) Waylon Jennings / I Ain't Living Long Like This (1979 - The Essential Waylon Jennings)



46) Yo-Yo Ma, Chan Xie Yang; Shanghai National Orchestra, Shanghai Symphony Orchestra / Crouching Tiger, Hidden Dragon (2000 - The Essential Yo-Yo Ma)



47) Bobby Bare / Streets of Baltimore (1966 - The Essential Bobby Bare)



48) Bruce Springsteen / Streets of Philadelphia (1993 - The Essential Bruce Springsteen)



49) Ike & Tina Turner / River Deep, Mountain High (1966 - The Essential Phil Spector)



50) Laura Nyro / Billy's Blues (1967 - The Essential Laura Nyro)



2000年の"THE ESSENTIAL BOB DYLAN"を皮切りに、例外もあるが基本2枚組で、アーティストの全キャリアを押さえる充実したベスト盤としてソニー・ミュージックの看板となってきたエッセンシャル・シリーズ。モノクロ写真をあしらってデザイン統一したジャケに風格があるので、ベスト盤といえども私のiTunes内で確固たる位置を占めており、何か1曲ダウンロード購入しようという場合も、オリジナル収録アルバムを差し置いてエッセンシャルから買うことも。

ブルース・スプリングスティーンやスライ&ファミリー・ストーンなどColombiaやEpicだけでなく、近年ソニーに加わったRCAからヘンリー・マンシーニ、ドリー・パートン、アリスタからバリー・マニロウなど増え続け、2010年くらいからは、↓画像のようにジャケのデザインを改める動きも。旧来のデザインが消えたわけでなく、並行して売られていることもあるようだ。




イチローの実力には文句ないとしても、大リーグと日本のプロ野球時代のヒット記録を合算することについてはアメリカ人は文句あるようだ。世界一のリーグという誇り。

エッセンシャル・シリーズから選曲して聞いてみると、アメリカを中心とする音楽の歴史が堂々とそびえたつかのよう。歴史の殿堂。インドからラビ・シャンカール、中国からヨーヨー・マが加わるも、わが国の音楽がここへ入ることは容易ではない。いくらソニーに買収されたといっても、日本の音楽業界人も、例えば松田聖子でこのシリーズを作らせてくれとは言い出せないだろう。金とコネの行使には抑制的であってほしい—
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポットライト 世紀のスクープ

2016-06-14 19:36:41 | 映画(映画館)
Spotlight@渋谷シネクイント/監督:トム・マッカーシー/脚本:トム・マッカーシー、ジョシュ・シンガー/出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マカダムス、リーブ・シュライバー、ジョン・スラッタリー/2015年・アメリカ

ボストン・グローブ紙の「スポットライト」チームが巨大なカトリック組織を相手に正義を貫いた実話

2002年1月、米国の新聞ボストン・グローブが、ボストン市の信仰において多数派であるカトリック教会の信じ難いスキャンダルを報じた。数十人もの神父による男女児童への性的虐待を、教会が長年にわたって組織ぐるみで隠蔽していたというのだ。その許されざる罪は、なぜ黙殺されてきたのか。特集記事「スポットライト」を担当する記者たちは、いかにして協会というタブーに切り込み、真実を明るみに出すことができたのだろうか。

出演俳優が「全員主役」。チームプレーが織り成す極上のアンサンブル

『扉をたたく人』『靴職人と魔法のミシン』のトム・マッカーシー監督が正攻法で描き出すのは、記者たちの戦いの軌跡。驚きの事実が次々明らかになるその取材過程にはスリルがみなぎり、やがて結末の感動へと昇華する。特筆されるのは出演俳優に主演や助演の差がないこと。豪華キャストが綿密な準備を経てチームプレーに徹し、本年アカデミー賞の作品賞、オリジナル脚本賞獲得のほか多数の栄誉を受ける。

ただ真実を伝えたい— 剣でなくペンを携えたヒーローたち

いま私たちは、誰もが「正しいことは正しい」と言える社会に生きているだろうか。購読者の過半数がカトリック信者でありながら、「スポットライト」チームが立ち向かった相手はバチカンを頂点に全世界を覆うカトリック教会。記者声明を懸け、真実を求める彼らの存在は、閉塞した現代にひときわ眩い光を放ち、私たちの良心にも問いかける。報道を受け、また本作の上映後も、被害に遭った「元」子どもたちが続々と声をあげ、遂にカトリック教会もこの問題に正面から向き合わざるを得なくなったのだ—




十代の少女が制服を着て、稚拙な歌と踊りを披露するアイドルグループは、欧米のジャーナリストにとっては「合法の児童ポルノ」に見える可能性がある。現実にもそのグループは、恋愛禁止であるとか、性的接待を強要されたなど人権侵害の疑いが絶えない。先ごろは別件で、契約書をタテにモデル事務所からAV出演を強要され、100本以上出演させられたとの訴えにより、関係者が逮捕された事件が報じられている。

私はシロート童貞で、金で女を買えなければ50を過ぎた今も童貞のままだ。日本の村社会・タテ社会・男社会に属していれば、男は女の性を容易に金で買うことができる。AVなどポルノも氾濫しており、人権侵害という罪の意識を男はあまり感じなくて済むが、私は近年、女性の体毛、SM・スカトロ、同性愛(特に少年愛)といった少数派の変態性欲をテーマとする漫画同人誌を制作しており、この問題に過敏にならざるをえない。

漫画家さんの中には、たとえ絵でも、児童ポルノを助長するような画像をアップしたとの理由でツイッターのアカウントを永久凍結されてしまった人も。今秋、少年愛をテーマとする本の第2弾を作るにあたり、少年の創作人形を制作している美術畑の作家さんをお招きし、写真を掲載しようとしたところ、芸術やワイセツの線引きは無意味とする私の勧誘方針に、お一人の作家さんが反発を示され、「(男性器にモザイク修正を施すことにより)創作の意図を(ポルノのように)誤解されたくない。この問題はデリケートでシビア。(はっきりポルノである作品との)棲み分けは必要です」と強い調子で拒絶のメールを送ってこられた。

直前にこのメールを受け、モヤモヤした気分を抱えながら映画を見て、記者は全員が後ろ暗いところのない正義漢ばかりである内容に、モヤモヤの晴れぬまま帰途につく。それが先週木曜のことで、翌々日は秋葉原で同人誌の即売イベントに出なければならず、映画の感想はきょうまで放ったらかすことに—




書肆マガジンひとり @publisherMH 6月12日
秋コレは惨憺たる結果。一冊も売れず、早々に撤収。売れるどころか、手に取って立ち読みしてくれる人さえおらず、場違い感半端なかった(;´Д`)

書肆マガジンひとり ‏@publisherMH 6月12日
まあ考えてみれば、いくら上手なマンガでも「女性の体毛に特化したエロマンガ本」なんて、ある程度の規模の媒体・市場=とら・メロン・DLsite・DMM・コミケ・ピクシブ=を通さなければ売れるわけもない。今後イベントはコミケ・ショタスクラッチ・ふたけっと以外は視野に入れない方向で(゚∀゚)


同人誌を作る私ですら、秋葉原という街には「違法スレスレのJKビジネスが路上で客引きしているのでは」のような偏見があるが、12日のイベントは健全なもので、私のエロ同人は来場者の視野には入っていなかった。力作ぞろいの新刊『ヘアリー #2』は誰の手にも取られることはなかった。

思い知った。自分の少数派・異端の本が、いかに同人誌専門店やコミケ、ピクシブといった媒体や市場に守られ、需要と供給が出会い、お金に換えることができているか。女性の体毛を扱った去年の本は、ニッチな内容にもかかわらず「とらの瞬間風速」という専門店の人気指標ではわずかな期間1位になったのだ(↑画像)。

世間では、同人誌を買う人より、少年少女の高価な人形を買う人の方がヤバイと見なされるかも。なのにポルノを差別し、一緒にするな、棲み分け(=隔離・アパルトヘイト)させろというのかと釈然としなかったが、人形作家の方がよほど逆境で、自己責任でおのれの創作を貫いている。

画廊、美大、美術館、美術評論家といったものは、公正な指標となり、才能ある若い作家の登竜門の役割を果たしているとはとうてい言えない。若冲の展覧会は行列の大盛況でも、無名の作家は作品を買った客への挨拶はもちろん、買わない来場者にも自腹で次の個展の案内ハガキを送る。まるで水商売のように旧態依然。コミケなら、小児性愛や鬼畜系の同人誌でも、ルールを順守すれば等しく参加者としての権利を享受できる。

弱い立場の者にリスクが押しつけられがちな美術界に比べ、漫画はさまざまな形でヨコのつながり=連帯が図られ、個人・少数派の人権が尊重されるようになっている。これは一朝一夕にできたものではない。先人の努力の累積だ(商業漫画家やアニメーターの過重労働という別の未解決の課題もあるが)。

一つの地方新聞社が、カトリック教会という巨大権力の闇をあばき、彼らに罪を認めさせ、悔い改める方向へ導いたのも、同じことがいえる。神父は独身制で、そのおよそ6%が信徒の少年少女に性のはけ口を見いだす、組織的な精神病理として、長く横たわる問題だった。そして貧しい家庭ほど、教会の存在は大きく、子どもは性的虐待を受けても、被害は隠され、示談など少額のお金で済まされ、裁判の記録は教会組織が隠蔽し、報じられるとしても散発的だった。

鍛え抜かれ、知力・行動力に優れたエリートが集うボストン・グローブ紙の特報チームに、このテーマに関心を示す独身の新任編集局長が命じて組織的で綿密な取材をさせ、事実を掘り起こして積み重ね、あるタイミングで集中的に報じる。読者や他紙・政府を味方につける。これによって、ようやくカトリック教会が重い腰を上げたのだ。正義漢ばかりでなくては実現できなかった。この意味でスポーツ映画や戦争映画のようでもある。人間の光と闇、その複雑な乱反射を見たい、私にとってはそう面白い映画ではない。が、アカデミー賞によって歴史に位置付けられるにふさわしい映画であると申せましょう—


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マガジンひとり on Twitter #65

2016-06-12 19:31:55 | Twitter
まあ考えてみれば、いくら上手なマンガでも「女性の体毛に特化したエロマンガ本」なんて、それなりの規模の媒体・市場=とら・メロン・DLsite・DMM・コミケ・ピクシブ=を通さなければ売れるわけもない。今後イベントはコミケ・ショタスクラッチ・ふたけっと以外は視野に入れない方向で(゜∀゜) 12-Jun-2016

秋コレは惨憺たる結果。一冊も売れず、早々に撤収。売れるどころか、手に取って立ち読みしてくれる人さえおらず、場違い感半端なかった(;´Д`) 12-Jun-2016

妄想総選挙はこれまで敬遠していたけどことしは「千葉雄大は何位に入るのか」を主目的に聞いてみよう(;^ω^) #メガネびいき 11-Jun-2016

「男性初のランクインを目指す千葉雄大」ってフレーズかっこいい(;^ω^) #メガネびいき 11-Jun-2016

あす第6回秋コレ(秋葉原通運会館)に配置36で参加します。3階の端っこです。新刊『ヘアリー #2』のほか、『ふたなリーグ』『GMF』など既刊を少々、あべもりおかさん(ホームラン茶屋)の既刊を数冊持ってゆきます #秋コレ 11-Jun-2016

目が覚めるとルーファス・ウェインライト版のHallelujahが終りに差し掛かるところだった(゜∀゜) 11-Jun-2016

土産ものの交換をするカップルなどもでき、盛り上がるが、やがて英国女性グループは次の目的地タイへ向け飛び立つ。足止めを食ったままの日本男性グループのもとへ、彼女らの搭乗機がタイ上空で消息を絶ったとの報がもたらされる 11-Jun-2016

5~6分の間に見た夢。悪天候のため空港で足止めを食った年配の英国女性グループが、時間を持て余し、日本男性グループとお見合いパーティーのようなことを始める。俺は寝たフリ。誰かがモテようとレナード・コーエンのHallelujahを弾き語りする 11-Jun-2016

三賞お休み #ロンハー

【◎貴サークル「書肆マガジンひとり」は、日曜日 東地区“N”ブロック-42a に配置されました。】 新刊『観察日記』『ガラス/エース耽美画集』の2種を予定しておりますm(__)m #C90 10-Jun-2016

毎度登録し直さなければならないのが、より「マナイタの鯉」感を高めるのう(;´Д`) #C90 10-Jun-2016

モザイクがかかっていれば一律にポルノと見なすほど客は愚かではない(・_・;) 9-Jun-2016

(モザイクによって)ポルノと誤解されるのは嫌ですと。勝手に棲み分けて狭い世界で慣れ合ってろ(°□°;) 9-Jun-2016

サラ金CMに出ている女が樋口一葉役!? #永作博美 #東京新聞

プロポーズまで持っていくハードルが高い。できちゃった婚の方が自然に思えるくらいだ(;´Д`) #アメトーク 9-Jun-2016



森達也監督による佐村河内さんの映画チラシ裏面に賛辞を寄せている15名中6名=茂木健一郎・宮台真司・津田大介・水道橋博士・中森明夫・浅野いにお=がネオリベ糞野郎番付入りしていた(゜∀゜) 7-Jun-2016



きたっっっっ\(^o^)/
前回より理想に近づけたと思います 7-Jun-2016

印刷の(株)グラフィック、納期を繰り上げてくれることがなくなったなァ~。あすは来ないんか(・_・;) 5-Jun-2016

先ほどの「自信」で思い出したけどおかずクラブの2人とも、堂々としたキャラが確立され、初期の宣材写真とは見違えるような「芸能人の顔」になりつつある(;^ω^) 4-Jun-2016

「(無地のシャツが着られないなど)クソメンは自信がない。ノンスタイル井上は自信があるからクソメンではない」とのことで、クソメンというのは自信より自己愛なのかなと自戒(゜∀゜) #メガネびいき 4-Jun-2016

iTunes更新され一時作動しなくなっていたクロスフェード再生が復活。根幹を成す機能の一つだけにのう(;´Д`) 4-Jun-2016



6月12日・第6回秋コレ@秋葉原通運会館の配置がNo.36となりました。3フロアに分かれて行われる3階で、成人向け同人誌は肩身が狭そうですが『ヘアリー #2』初頒布の場となります(;^ω^) 3-Jun-2016

前半生でネガティブ・イメージの食いもんオン・パレードで面白かった(;^ω^) #アメトーク #猫舌芸人 2-Jun-2016

グラタンはホント勘弁してほしいわ(;´Д`) #アメトーク #猫舌芸人



【石井苗子】検索ニーズが爆発。いつもより年齢層も高い。グーグルが時々刻々伝える(;^ω^) 2-Jun-2016

本日『ニジエ大運動会』@秋葉原・廣瀬無線ビル5F。C-2で参加します。新刊『ヘアリー #2』は間に合いませんでしたが、『ふたなリーグ』など既刊のほか、前半はあべもりおかさん(ホームラン茶屋)も委託で参加されます。よろしくお願いしますm(__)m 29-May-2016

おぎやはぎの留守電のコーナー急激につまらなくなって聞くに堪えん…(・_・;) #メガネびいき

面白いことは面白いが三賞に値しない回であった(;^ω^) #ロンハー

カナ子きれいだけど俺的にはあんまし惹かれない(゜∀゜) #ロンハー 27-May-2016

最近の「光速の何分の一かでアルファケンタウリを」みたいのは実現性ゼロなことを(老い先短い)マスコミで花火ぶち上げて出資を募ろうというマルチ商法・投資詐欺の域(;´Д`) #ホーキング博士 26-May-2016

ホモソーシャル(;^ω^) #アメトーク 26-May-2016

西島隆弘くん完璧にかわいいけどこの映画では男の中の男(;^ω^) RT:@tatarunashi 以前観たことあったけど無料でやってたのでまた観る。満島さんもだけど主役の人がすごい。家族観に紀子の食卓と通じるものがあって面白い。
愛のむきだし|GYAO!|映画 22-May-2016

iTunes12.4に更新されてからクロスフェード再生が機能しない(-"-;) 21-May-2016

5月20日ロンハー三賞【殊勲賞】大橋ミチ子【敢闘賞】ゆいP・渡辺直美【技能賞】渡辺直美・信江勇 20-May-2016

東京五輪招致の不正疑惑を受け「こちら特報部」が電通の特集を組んだが、同社のこれまでの歩みをなぞる程度で、疑惑にメスを入れるにはほど遠い内容 #東京新聞 19-May-2016

【失敗パターン3】企画が独りよがり=少女漫画グラフィティ・ブードゥーダミィ2015 17-May-2016

【失敗パターン2】売れ行きがよいので増刷したらパッタリ売れなくなる=餌付け・ご褒美・裏トライファイターズ 17-May-2016

【失敗パターン1】刷り部数が多すぎて在庫を抱える=ひろみをねらえ・HAIRY 17-May-2016

他の芸能人の有為転変を目の当たりにしてきて、よりアップ・トゥー・デートされた「有吉先生のタレント進路相談」を待望(;^ω^) #ロンハー 17-May-2016

「われわれのことを悪く言うなァ~!! 食ってる奴らが絶滅危惧種に追い込んだんだろ」のわれわれとはウナギを肛門に入れて遊んでる人を指すらしいので本当に破天荒かつ信頼できる男だなと(;^ω^) #snd 16-May-2016



プリンスも俺と同じで法定相続人がいない!? #snd 16-May-2016

田舎では鍵をかけない家庭が多いという話題が出た。「軍隊・安全保障・憲法9条」みたいなもんだ。いざという時は、そうそう来ない #snd 16-May-2016

先日「ホラーすぎる」と話題になっていた高学歴ワーキングプアの女性、「鳥取のデブス」「林真理子リスペクト」の2人の毒婦ほど極端に走らなくても、セックスを武器に年配男性を虜にできるんだから、貧困を脱出するだけなら容易にできそう(;´・ω・`) 15-May-2016

ポンスケさん( @ponsuke00000 )凍結されたっぽい。同じロリを描いても、人気の高い、ポピュラリティのある作家さんほど凍結されやすい傾向なのか(x_x) 14-May-2016

5月13日ロンハー三賞【殊勲賞】永野【敢闘賞】永野【技能賞】オリエンタルラジオ 13-May-2016

雑誌掲載作のウェブ単話購入は作家に印税が支払われるのかァ~。出版社がリサーチ&マーケティングにも役立ててそう(;^ω^) 13-May-2016



『エリート狂走曲』の哲也の家庭教師が、ホストクラブの面接を受け、「たかが私大」ということで不採用になるエピソード。東大や一橋の秀才男子しかホストとして採用しない。HISの件を聞いて思い出した(;^ω^) #弓月光 12-May-2016



R.I.P. 俗悪な作風で、娘は糞だが、演劇や芸能界は本来そういうものだと教わった。異能の女形俳優・月川悠貴も、蜷川幸雄が起用し続けてくれなければ知ることはなかったろう 12-May-2016

ネット有名人が続けざまに逮捕される事態を受け、作さんのお言葉を噛みしめる(・_・;) RT:@kintsuku なんかもうSNSがある現代は程度の差こそあれ人間みんなAV出てるようなもんなのかもなと思いました 11-May-2016



タキシードムーンのNinotchka, Time to Loseなどの12インチ・シングルの紙ジャケ再発どこかやらないのかな。全世界で千枚は確実にさばけてペイできそうに思うが(;^ω^) 9-May-2016



懐かしいのは70年代、三波伸介司会のもとでの歌丸と小円遊のバトル。俺の知らない頃では談志の司会方針に反発して大喜利メンバー全員降板なんてこともあったとか(笑点50年 出演者の変遷・東京新聞) 8-May-2016 ※↑サムネイルをクリックすると432×648pxに拡大

ホモ回神回(;^ω^) #メガネびいき #千葉雄大 7-May-2016

5月6日ロンハー三賞【殊勲賞】GENKING【敢闘賞】信江勇【技能賞】信江勇 6-May-2016

耳鳴りのある日は外に出なくても天気が悪いと判る(;´Д`) 6-May-2016
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 11-Jun-2016

2016-06-11 19:57:09 | Weekly Top 20
1. ← 8. 2 "Female Vampire" Jenny Hval (2016 - Blood Bitch)
2. ← 1. 5 "Happy" Mitski (2016 - Puberty 2)
3. ← 2. 5 "Nattesferd" Kvelertak (2016 - Nattesferd)
4. ← 3. 6 "Disintegration Anxiety" Explosions in the Sky (2016 - The Wilderness)
5. ← 4. 4 "I Need a Forest Fire (feat. Bon Iver)" James Blake (2016 - The Colour in Anything)
6. ← 9. 4 "I Am a Nightmare" Brand New (2016 - Single)



7. NEW 1 "I Exhale" Underworld (2016 - Barbara Barbara, We Face a Shining Future)
8. ← 5. 6 "Freedom (feat. Kendrick Lamar)" Beyoncé (2016 - Lemonade)
9. ← 12. 3 "Whole Body Shakes" Woodpigeon (2016 - T R O U B L E)
10. ← 11. 8 "Golden Chords" Deakin (2016 - Sleep Cycle)



11. NEW 1 "Intern" Angel Olsen (2016 - MY WOMAN)
12. ← 7. 6 "Fickle Sun (iii) I'm Set Free" Brian Eno (2016 - The Ship)
13. ← 6. 8 "Dusseldorf" Teleman (2016 - Brilliant Sanity)
14. ← 10. 8 "They Keep Silence" Jambinai (2016 - A Hermitage)



15. NEW 1 "Vorel" Russian Circles (2016 - Guidance)
16. ← 15. 2 "Oblivius" The Strokes (2016 - Future Present Past EP)
17. ← 14. 3 "Never Going to Die" CC Dust (2016 - EP)
18. ← 19. 2 "Not for Nothing" Mutual Benefit (2016 - Skip a Sinking Stone)
19. ← 13. 3 "Below" White Lung (2016 - Single)



20. NEW 1 "Watching the Waiting" Wye Oak (2016 - Tween)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加