マガジンひとり

自由民主党・おおさか維新の会の政策やTPP参加に反対します

摂食障害にみる「世間の呪縛」

2016-05-26 19:21:35 | フェミニン
明大ジェンダーセンター第1回定例研究会「摂食障害からの回復―臨床社会学の観点から」@5月25日・明大リバティータワー
摂食障害(拒食症・過食症)の罹患者の多くが女性であることは、この病因が現代社会におけるジェンダー問題に起因する「女性の生きづらさ」に根ざしていることを示している。本講演では、その現実と社会的要因に関する認識を深めていく。同時に、回復者の事例に基づきながら、この社会のなかで人々はどのように回復しているのかについて理解することを目指す。

■講師:中村英代(日本大学文理学部准教授) 東京大学大学院修士課程修了、お茶の水女子大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。(博士:社会科学)。専攻は社会学。摂食障害ほか、薬物依存などの依存症をはじめとする現代社会の生きづらさと、生きづらさを生む社会環境を研究テーマとする。著書に『摂食障害の語り―〈回復〉の臨床社会学』(新曜社 2011 第11回日本社会学会奨励賞・著書の部受賞)がある




中村氏は自ら14歳〜19歳に摂食障害(主に過食)を患い、大学で社会学を学ぶうちに治癒した経験を持つ。摂食障害(Eating Disorder)とは拒食・過食・嘔吐が主訴で、圧倒的に女性、特に思春期に多くみられたが、近年は低年齢化と高齢化が併せ進む。↑のように高い確率でみられ、低体重で他の病気を併発したり、精神的に苦しんで自殺に至るなど、死亡率も低くなく、今なお解決が求められる。

一日一食のような形で大量に食べては自ら嘔吐する過食症の場合、親の育て方、当人の成熟拒否、愛情飢餓など、何らかの心理的な欠落や空虚感から生じるとされてきたが、ある患者の場合、ダイエット=食事によって体重の数値を減らすことにまるでゲームのようにのめり込む、例えばアルコール依存・薬物依存・ネット依存のような依存症的な精神状態におちいっており、ダイエットをなかなかやめられないのは、自己肯定感の低さや承認欲求、また現代社会が評価と査定に満ちていることなど、個人と社会との複合的な問題の表れであると考えられる





アルコール依存症者の自助グループ、アルコホリカス・アノニマス(AA)のように、似た境遇の人が匿名で自己の思いや体験を吐き出すことができる場は、治癒のために有効だが、摂食障害においてはまだ少なく、一般の心療内科やカウンセラーはこの病気・症状に対する理解も不足がち。

中村氏の場合、社会学のゼミがこの役割を果たした。恩師の男性教授は磊落な人柄で、ある日街で見かけたスラリとした女性を氏が「きれいですよね」と言ったところ、教授は「何だ、ゴボウ足」と茶化し、別のふくよかな女性を「やっぱり、女はああでないと」と評したという。私などからは、それもやはり「女性の商品価値の評価」ではないのかと疑問が残るが、やがて中村氏は長く苦しんだ呪縛から解放されていったのである―





桜島ニニコ‏ @sakurajimanini 5月22日
多くの若い女の子が「恋愛とは女子が強引な男に振り回されるものである」という間違った常識に洗脳されてしまうことを恨んでるの。私の周囲調べだと、大人になってから「彼氏がヤベぇ奴なのに逃げない女子」の共通点に「少女漫画育ち」というのがあるので、これは切実に思う。

ひらつらまさる‏ @hiratura 5月24日
このツイートが正しいかどうかは解りませんが、自分が子供の頃に妹の少女漫画を読んでると、いつもヒロインの彼氏役はオラついてぶっきらぼうな男ツンデレみたいなやつが多くて、男から見て好感度高い優しい男が当て馬というパターンが多かったのを思い出しました。今の少女漫画もそうなのかな…?


松田聖子の代表曲に「♪タバコの匂いのシャツに そっと寄り添うから〜」という歌詞がある。宇多田ヒカルの歌詞にも似たようなものがあったと思う。喫煙者だから「オラオラ系」だとか「彼氏がヤベぇ奴」だとか決めつけたいのではない。

かつては男は喫煙者が絶対多数だったということを言いたいのだ。そしてこれらの歌詞には、夫が稼いで、妻を養う、出産後の妻は働くとしてもパートタイマーで夫の時給の何分の1にしかならない、男>女、正規>非正規という岩盤のように構造化された差別に従う、女は一歩下がって専業主婦志向、というような大勢の保守的な女たちの姿が見える。




私にとって恋愛は高すぎる壁だ。役人企業NTTの若い女は、私のような男を選ばない。本来は女の方が、子種として受け入れる男を選ぶ権利が(男よりは)あると考えられる。しかし会社に「そろそろ野崎にも女をあてがおう(そして最後まで安定して働かせよう)」という空気があったのも事実で、だから少年好きの私も2度まで同僚女相手にストーカーになったのだ。

社内結婚なんていうのは、広義のお見合い結婚ではなかろうか。まして女の方は寿退社し、男は家族を人質に取られたような形で過重労働を強いられるのなら、従軍慰安婦制度とも大きな隔たりはない。

表面的には自由・平等でも、格差や序列が厳然と横たわり、上の者が下の者にリスクを押しつける。ウシジマくんの小堀が最初違和感を抱いた「出会いカフェ」なるものは店長によれば「キャバクラよりも夢がある。良心的」なのだそうだが、男が夢を過大に膨らませ、ストーカーと化しても、店は女を守らないだろう。「会いに行けるアイドル」も同じことだ。小金井市のストーカー傷害事件の被害者女性は、アイドル活動はごく一部で、普通のミュージシャン/女優志望者と思われるが、良心的な筈の東京新聞までも決まり文句のように「アイドル活動をしていた××さん」と報じ、アイドルなどするから悪いんだ、われわれには関係ないと言わんばかり。

この、差別が構造化された労働市場・金銭万能社会は男も女も苦しめる。病んでおり、先がない。「いや俺は、アタシは逃げ切れる。大丈夫」っていう、そういうあなたがたが最たる病理なのだ―
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公僕/用心棒/無頼漢

2016-05-22 21:08:19 | 政治経済
ND緊急企画「自衛隊派遣のリスクを考える 〜 南スーダン現地からの報告」@衆議院第一議員会館 第4会議室(5月20日)
安保関連法が施行されてから初となる南スーダンへの自衛隊の派遣が、この5月下旬から順次進められようとしている。現在、政府側と反政府側との「紛争」下にあるとされている南スーダンでは、避難民は人口の4分の1の230万人に及び、また今年2月には国連施設内で武力衝突が起きるなど緊迫した状況が続いている。

今回、南スーダンへの駐在の経験もある今井高樹氏より、国際平和協力法(PKO法)の改定により新たに可能となった「駆け付け警護」や「安全確保業務」、「宿営地の(他国軍との)共同防衛」などの任務により自衛隊が直面するリスク、PKO参加五原則との整合性、PKOの目指すべきあり方などについてお話を伺う(↑画像:2015年2月、同国で行われたユニセフによる軍縮式典に参加した少年兵たち)




↑今井氏が、↓かつてジュバに駐在して運営した自動車整備所



●講師:今井高樹(日本国際ボランティアセンター「JVC」スーダン駐在スタッフ現地代表) 会社員生活のかたわらJVCの活動にボランティアとして関わる。2004年に会社を退職、アメリカの公立小学校にインターンとして勤務した後、2007年5月よりJVCスーダン現地代表。スーダン南部自治領(現南スーダン)のジュバに3年にわたり駐在。2010年よりスーダン(北部)の南コルドファン州に移動、2011年6月の紛争勃発後は首都ハルツームに駐在する




南スーダン共和国は2011年7月にスーダンから独立した新生国家だが、武力紛争が絶えず、経済も崩壊状態で、現在「世界で最も脆弱な国家」とされる。

スーダンは15世紀以降、アラビア半島から侵入したアラブ系住民によりイスラム教国家となるも、やがてエジプトの植民地となり、さらにエジプトが英国の支配を受け、二重植民地のような形でアラブ系がアフリカ系を抑圧する構図が残り、アフリカ系も多数の部族に分かれるため、1956年の独立後もアフリカで最も長く内戦が続くなど、さまざまな混乱が生じている。

南北対立による内戦は、南部で油田が発見されたことで、独立志向を持つ南部のディンカ人が、経済を支配する北部のアラブ系住民に対してゲリラ闘争を行う形で長期化。西部ではダルフール紛争も起こって、銃器が蔓延。南スーダンが独立を果たした後も、スーダン内戦の爪痕は深く残ったままだ。

2013年、首都ジュバの政府軍武器庫で衝突が起こり、キール大統領はこれを「クーデター未遂」として「関係する」政権幹部を拘束。大統領派の政府軍と、これに反発する反政府軍の間で戦火が拡大。多数派ディンカ人とヌエル人による部族対立の構図も重なり、内戦の様相を呈する。

大量虐殺やレイプが繰り返され、住処を失った国内の避難民が160万人、スーダンやエチオピアなど周辺諸国に脱出した難民が70万人と、国民の4分の1が難民化。石油輸出のためのインフラも破壊され、経済が悪化、「武装勢力に加わって武器を手にすれば強盗やレイプができる」という経済的動機も治安を極度に悪化させており、2015年8月には紛争停止の合意が成されたものの、依然予断を許さない状況が続く。ちなみに石油インフラの多くは中国資本によるもので、日本人は政府から資金を受けているような団体の場合は外務省から渡航を止められ、大使館の他はごく少数の民間人が在留しているのみなので、自衛隊が派遣されていても誰を「駆け付け警護」するのか、さらにもし武器を使用しなければならなくなった場合、武力衝突の火付け役になりかねない懸念も残る―





佐藤正久‏ @SatoMasahisa 5月17日
【反対だけど、でも守って!、ピースボートを海自が護衛】
今月5月3日、アデン湾で海賊対処参加護衛艦「ゆうぎり」が、「ピースボート」の旅客船を護衛
ピースボートは、海賊対策での海自派遣に反対。主張とギャップ
皆さん、どう思われますか?

タクラミックス ‏@takuramix 5月18日
佐藤さんのお立場で、その問いかけをなさることには違和感を覚えます。確かにピースボートのありかたも見苦しく思われますが、「自衛隊に異を唱える者は自衛隊による保護を求めるな!」という論調を呼び寄せる元になっては具合が悪い事になると危惧致します。@SatoMasahisa




先週の有吉弘行さんのラジオで、彼は渦中の舛添都知事を「マスゾエ」と呼び捨てするにあたり、「公僕だろ。われわれのしもべ」と言い放った。

今回、南スーダンの件で話を聞きに行くので、初めて衆院議員会館なるところへ足を踏み入れ、その豪華さ、ものものしい警備ぶりに、公僕たる政治家のみなさんが勘違いしてしまうのも無理からぬことと感じた。

安倍首相は単に、「行政府の長」を「私は立法府の長ですから」と何度も言い間違えたのではないと思う。心の中に、俺は国会の多数派のドンだから勝手に法律を変えていいんだという驕りがあるのだと思う。

引用した佐藤正久氏=自衛隊OBにして現・自民党参院議員=の言葉も同じではないだろうか。ピースボートの連中は気に食わないから頼まれても守らなくていいという発想が、公僕たる元自衛官から生まれることが恐ろしい。ウシジマくんの、歌舞伎町を根城とする半グレで、脱法ホストクラブの用心棒という立場から、どんどん驕り・のさばり・増長してホストクラブを牛耳り、遂にはさらに大きな暴力によって消される結末を迎える「鼓舞羅(こぶら)」という人物↓とも重なるから。

南スーダンは極度に治安が悪化し、銃器がはびこっているため、政府軍なのか民兵なのか強盗・レイプ犯なのか区別がつかない状態だという。そんなところでPKO参加5原則を曲げてまで自衛隊が駐留してもできることは少ない。べらぼうにかかる経費を、民生面の支援に振り向けた方がよいと思うが、政府と自衛隊上層部の真の狙いは既成事実を積み重ねて「戦争する国」となり、憲法=人権尊重・国民主権・平和主義=を葬り去って自分たちの権限を無制限に広げることにあるのではないか―


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 21-May-2016

2016-05-21 20:02:06 | Weekly Top 20
1. ← 1. 5 "Dusseldorf" Teleman (2016 - Brilliant Sanity)
2. ← 5. 2 "Nattesferd" Kvelertak (2016 - Nattesferd)
3. ← 3. 3 "Fickle Sun (iii) I'm Set Free" Brian Eno (2016 - The Ship)
4. ← 2. 3 "Freedom (feat. Kendrick Lamar)" Beyoncé (2016 - Lemonade)
5. ← 4. 5 "They Keep Silence" Jambinai (2016 - A Hermitage)
6. ← 12. 2 "Happy" Mitski (2016 - Puberty 2)
7. ← 6. 5 "Formation" Beyoncé (2016 - Free Download)
8. ← 8. 5 "Do It, Try It" M83 (2016 - Junk)
9. ← 7. 6 "I Have Been to the Mountain" Kevin Morby (2016 - Singing Saw)
10. ← 10. 5 "Golden Chords" Deakin (2016 - Sleep Cycle)
11. RE 3 "Disintegration Anxiety" Explosions in the Sky (2016 - The Wilderness)
12. ← 9. 6 "Human Performance" Parquet Courts (2016 - Human Performance)
13. ← 16. 2 "Self-Portrait In A Convex Mirror (feat. Anneke Kampman)" RM Hubbert (2016 - Telling the Trees)
14. ← 14. 3 "Humbug Mountain Song" Fruit Bats (2016 - Absolute Loser)
15. ← 11. 4 "Gone Clear" William Tyler (2016 - Modern Country)



16. NEW 1 "I Am a Nightmare" Brand New (2016 - Single)
17. ← 13. 7 "Aviation" The Last Shadow Puppets (2016 - Everything You've Come to Expect)



18. NEW 1 "I Need a Forest Fire (feat. Bon Iver)" James Blake (2016 - The Colour in Anything)



19. NEW 1 "Are You Ready?" Boris (2016 - Pink - Deluxe Edition)
20. ← 15. 5 "Kiss Me When I Bleed" White Lung (2016 - Single)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

露出狂文明 - Goth Pop #8

2016-05-15 21:19:54 | テレビ・芸能・スポーツ
マガジンひとり ‏@magazine_hitori 5月11日
ネット有名人が続けざまに逮捕される事態を受け、作さんのお言葉を噛みしめる(・_・;) RT:@kintsuku なんかもうSNSがある現代は程度の差こそあれ人間みんなAV出てるようなもんなのかもなと思いました


この日、逮捕されたことが明るみに出たネット有名人とは、まず、東方プロジェクトなる秋葉系の著名ジャンルで絵を描いて、小林幸子がオタク界に進出する際に彼女のCDのジャケ画も手がけたイラストレーター氏。少女買春の容疑で、どうも古典的な美人局にハメられたと受け取れなくもない様子だったのだが、もう一人が、いかにも今のネットを象徴する、主にニコニコ動画で活動し、その界隈では有名らしき「ネット配信業」の男性。

容疑は偽造通貨=ニセ札の行使。1月にラーメン屋で払った1万円札が、粗悪なニセ札だったとのこと。舞台が2ちゃんねるなら、犯罪の温床とはいっても、いくらか一般の目も届き、有意義な部分がないこともないが、2ちゃんの西村が携わり、アカウント登録しなければ見ることができないニコ動は、私にとって「人間やめますか/ニコ動やりますか」の部類で、事実この男性は公然と物乞いをしたり、暴言や他ユーザーとのもめ事も売りにする「人気乞食」だったといい、どうもアンチのユーザーが嫌がらせとしてニセ札を送った疑いもあるのだという。

逮捕の報を受け、ニコ動だけでなくツイッターや各種まとめブログは、警察署に差し入れに訪れてリポートするシンパ、「××さん逮捕でビールがウマイ」などと酒飲み実況を始めるアンチなど入り乱れ、ひとしきり狂騒状態となって、ニコ動に疎い私の耳にも入ってきたわけで、普通の人はもちろん、ネットを見るといっても依存状態のヒマ人でもなければ、全く価値のない「それ誰?」なニュースであろう。まあベッキーもそこは似たようなものですが。




永沢光雄さんの『AV女優』は興味深いエピソード満載だが、南条レイというSMものが得意な女優さんがまだAVに出る以前の若い頃、英語ができないのにカナダで働こうとして、文なし・宿なしになってしまい、教会に身を寄せた逸話はひときわ印象に残る。

教会の地下室に、白人・黒人・アジア系、いろんな国のホームレスが20人ほどいて、ボランティアが盛んな土地柄で月水金は食事が出るし、きつい農作業ながら仕事も斡旋してくれるのだという。そうして働くうち彼女は英語を覚え、レストランのウェイトレスの職を得て、教会を出て部屋を借り、レストランで残り物をもらっては教会を訪れてかつての仲間に「ご馳走だよ!」と振る舞ったのだとか。

地下室ではザコ寝で、みんな不潔だったが、彼女はそこで嫌な目には遭わなかった。神の前では、貧しい者、不法移民も等しく人間なのだ。病気、差別、孤独、貧困、財産があっても満たされない心、虚栄、不貞、裏切り、そして死――。人の生きる困難を、神がわけへだてなく照らし、あすを生きる糧を与える、キリスト教文明。

これは一方では、不幸な者ほど救われる余地が大きいことから、そうした人を組織化し、働かせて儲け、その儲けでさらに信者を獲得し、組織を太らせる、資本主義・マルチ商法にも転用しうる。江戸幕府がキリスト教を厳しく排除したわが国は、明治維新以来西洋文明を受け入れるも、キリスト教の組織率は依然として低く、タテ社会・村社会式にウェットな対人関係を基盤とする「暗黙の人治」を守ってきた。

しかしここへ来て、インターネット、iPhone、YouTube、ツイッターなどによりキリスト教的な集客術・人間の時間の蒐集が本格化し、そこでは不幸な人ほどツイ廃やニコ生主となって悪徳の連鎖を招き、ネットを介しては神の法治も日本的な人治も機能しない、前代未聞の一億総乞食社会を到来させたのではないだろうか―





iTunes Playlist "Goth Pop Playlist #8" 139 minutes
1) Weaves / One More (2016 - Weaves)



2) Suede / Outsiders (2016 - Night Thoughts)



3) And Also the Trees / Shrine (1984 - And Also the Trees)



4) Yumi Zouma / Alena (2014 - Single)



5) SUUNS / Paralyzer (2016 - Hold/Still)



6) Disclosure / Omen (feat. Sam Smith) (2015 - Caracal)



7) David Bowie / Cracked Actor (1973 - Aladdin Sane)



8) KMFDM / Godlike (12" Mix Edit) (1990 - Wurst)



9) Sky Ferreira / Ghost (2012 - EP)



10) The Smiths / Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me (1987 - Strangeways, Here We Come)



11) Deerhunter / Desire Lines (2010 - Halcyon Digest)



12) Clams Casino / Motivation (2011 - Clams Casino)



13) Nick Cave & the Bad Seeds / Jubilee Street (2013 - Single)



14) Marissa Nadler / Solitude (2015 - Single)



15) The Radio Dept. / Occupied (2015 - Single)



16) Cocteau Twins / Rilkean Heart (1996 - Milk & Kisses)



17) David Ackles / Candy Man (1970 - Subway to the Country)



18) Oneohtrix Point Never / Remember (2011 - Replica)



19) Nosaj Thing / Eclipse/Blue (feat. Kazu Makino) (2013 - Home)



20) Algiers / Blood (2015 - Algiers)



21) Nirvana / Come as You Are (1991 - Nevermind)



22) The Beatles / Happiness Is a Warm Gun (1968 - The Beatles)



23) The Thrills / Hollywood Kids (2003 - So Much for the City)



24) Radkey / Cat & Mouse (2013 - EP)



25) Giuseppe Sinopoli; New York Philharmonic / Mussorgsky: Pictures at an Exhibition - 12. The Catacombs (1990 - Mussorgsky: Pictures at an Exhibition, Night on the Bare Mountain)



26) Holly Herndon / An Exit (2015 - Platform)



27) Curxes / What You Want (2015 - Verxes)



28) Dream Theater / Pull Me Under (1992 - Images and Words)



29) Tim Hecker / Castrati Stack (2016 - Love Streams)



30) Siouxsie and the Banshees / Voodoo Dolly (1981 - Juju)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 14-May-2016

2016-05-14 19:40:17 | Weekly Top 20
1. ← 1. 4 "Dusseldorf" Teleman (2016 - Brilliant Sanity)
2. ← 2. 2 "Freedom (feat. Kendrick Lamar)" Beyoncé (2016 - Lemonade)
3. ← 8. 2 "Fickle Sun (iii) I'm Set Free" Brian Eno (2016 - The Ship)
4. ← 3. 4 "They Keep Silence" Jambinai (2016 - A Hermitage)



5. NEW 1 "Nattesferd" Kvelertak (2016 - Nattesferd)
6. ← 5. 4 "Formation" Beyoncé (2016 - Free Download)
7. ← 7. 5 "I Have Been to the Mountain" Kevin Morby (2016 - Singing Saw)
8. ← 6. 4 "Do It, Try It" M83 (2016 - Junk)
9. ← 4. 5 "Human Performance" Parquet Courts (2016 - Human Performance)
10. ← 10. 4 "Golden Chords" Deakin (2016 - Sleep Cycle)
11. ← 12. 3 "Gone Clear" William Tyler (2016 - Modern Country)



12. NEW 1 "Happy" Mitski (2016 - Puberty 2)
13. ← 9. 6 "Aviation" The Last Shadow Puppets (2016 - Everything You've Come to Expect)
14. ← 19. 2 "Humbug Mountain Song" Fruit Bats (2016 - Absolute Loser)
15. ← 14. 4 "Kiss Me When I Bleed" White Lung (2016 - Single)



16. NEW 1 "Self-Portrait In A Convex Mirror (feat. Anneke Kampman)" RM Hubbert (2016 - Telling the Trees)
17. ← 11. 8 "Changes" Charles Bradley (2016 - Changes)
18. ← 15. 3 "Vektor (feat. 明和電機)" トクマルシューゴ (2016 - Single)
19. ← 13. 7 "Wednesday Night Melody" Bleached (2016 - Welcome the Worms)
20. ← 17. 3 "Nobody Speak (feat. Run the Jewels)" DJ Shadow (2016 - The Mountain Will Fall)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒐集 #21 - 一元管理

2016-05-12 21:15:55 | 地域・健康・食生活
往年の人気時代劇で「♪男だったら一つに賭けるゥ〜〜」という歌い出しの主題曲がありましたが、オアシズの大久保さんは女だからというわけでもなかろうが本業=OL、副業=芸能人という二足のワラジを芸能人として相当売れるまで(2010年)履いていましたな。

私が昨年、歴代ロンハーガールズとしてランク付けしたところ【1】飯島愛【2】杉田かおる【3】大久保佳代子となり、その時点で既に飯島が世を去り、杉田も番組を去っているので、大久保さんは実質1位なのだ。常に激しい生存競争を強いられる芸能界で、彼女はこれからも輝き続けるだろうが、それほどの才覚を持った人物ですら、当初芸能界1本に賭けられなかったということを重く感じる。

「安全策として会社に勤める」生き方の、わが国におけるプレゼンス。




先週、ゴールデンウイーク中のある日、伯父の家の新築祝いの席に呼ばれ、母方の親戚が9人集まった。系図はこのようになっており↑、オレンジ色の枠内が集まったメンバー。ちなみに父方とは断絶しているから、私の最も近い血縁者はこの伯父となり、親子きょうだいのような「法定相続人」は一人もいないわけです、えっへん

イトコ世代のABCというのは年齢順で、最年少の従妹Fが、これまで旦那の会社の社宅に2人の子どもと住んでいたのを、両親2人きりの老々介護も限界に達し、ローンを組んで両親の家を建て直して三世代同居することになったのだ。従兄Cは単身マンション暮らし。CとDとEはそれぞれ1学年ずつ違いと、年が近いことで子どもの頃からよく行き来した。

旦那というのは早大卒で野球部で、従妹Fとは大手メーカーの社内結婚。Fは重役と接する部署にいて、あの男は前途有望だというのを聞きつけて、自分から接近したのだという。果たして、旦那は部長まで昇進、まだ50歳で、腹心の部下も少なくないそうだから、もっと上も狙えるだろう。

その代償は、激務。平日は毎日、帰りが深夜の1〜2時。翌朝7時にはもう出勤。酒の席も多いが、そこはさすが野球部で、今回の席でも4人の同世代男性のうち最も飲んでいた。頭脳明晰で身体頑健。そういう夫をつかまえ、主婦となって、2人の子どもを大学へ行かせ、遂におしゃれなマイホームの夢をかなえた従妹Fは、会社中心で社会保障を担う、わが国の高度成長モデルを体現するかのよう。

イトコの中では年の離れたFはこれまで無口な印象だったが、実はスナックのママをやらせてみたらと思うほど弁が立ち、自衛隊と近い朝霞の社宅に住んでうれしかったという軍事オタクでもある、知られざる面が明らかとなり、翌日も祝日なので席は遅くまで盛り上がったのだが、よくよく考えてみると、このブログで私が、デフレや長期停滞・格差社会・少子高齢化といった問題はわが国が高度成長モデルにしがみつき、構造改革を怠った結果に他ならないと論じてきたことについて、彼女は格差社会の勝ち組ではあるが、まさに当事者なのである。

学歴や、大企業>子会社・中小企業といった選抜システムや序列を整えれば、優秀な人材がより大きな権限を手にし、自由主義的な小さな政府でも、末端まで効率的に徴税や子育てや社会保障が回る。しかし同時にこれは男女差別や正規>非正規雇用といった格差を固定化し、たとえ高給取りの大企業正社員でも会社に人生を捧げたような長時間労働を強いられるから、真の意味で生産的だとはいえず、実際さまざまな弊害が拡大しつつある。

私の親世代では親戚に誰も大卒者はいないが、父方含め全員結婚・子育てできている。私の世代は、無職で精神科入院歴の私はやむをえないとしても、大卒で大企業勤務の従兄Cが独身のままである。別に結婚・子育てしない人生を卑下するつもりはないが、社会保障や再生産という見地からは、親が東京出身で比較的好循環といえる家系でも、ほころびが表れつつあるのだ―
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Acid Folk Playlist

2016-05-10 20:06:28 | Playlists
Acid Folk(アシッド・フォーク)は、Freak Folk, Psych(edelic) Folkなどの名称でも知られる、フォーク・ミュージックのサブジャンル。しばしば古楽やチャント、非西洋の民俗音楽の影響を受けており、歌われる内容がサイケデリックな薬物の効果を思わせることから、これらの名称で呼ばれる。

俗世間を離れ自然に回帰するヒッピー集団の動きが起こった1960年代後半に盛んとなり、いったん沈静化していたが、2000年以降再び活発化、アウトサイダー・アートなどと関連づけられたり、米国ではNew Weird Americaとの総称で語られることも。




ラッキョウを手に持っているが、ガリガリというのはラッキョウをかじっているというより、この「まみりん」という女の心理的抑圧を表わす歯ぎしりの音とみるべきだろう。

まみりんはリーダー格なのだ。3人連れでエンコーする女子中学生の。性の売買においては男より女のリスクが大きい。いや社会全般も。山岸凉子さんの「天人唐草」、強力な父権から狂気によってしか解放されない女の姿はもっと恐ろしい。

今の北朝鮮、あるいは終戦直後の日本のような生死の切迫した土壇場では、女が男を押しのけて死に物狂いで働く。ゆえに平時も、男は女のポテンシャルの高さを恐れ、押さえつけるためさまざまな制度や慣習を整えてきた。高じると「ロックと魔女狩り」で触れたように、淫乱・呪術・狂気の責めを負わせて排除してしまう。

女性シンガーの活躍が目立つアシッド・フォークの流れで、下記選曲が1972年から2004年まで飛ぶように、いったん沈静化したのは、拡大する中間層が魔女・ヒッピーのような異端を飲み込み、組織化・市場化に成功したとみることもできよう。すなわち近年この動きが再び活発化しているのは、ポスト資本主義・人間解放の時代の前兆といえるのかも分からない―





iTunes Playlist "Acid Folk Playlist" 102 minutes
1) The Incredible String Band / A Very Cellular Song (1968 - The Hangman's Beautigul Daughter)



2) Pearls Before Swine / Translucent Carriages (1968 - Balaklava)



3) Fairport Convention / Meet On the Ledge (1969 - What We Did On Our Holidays)



4) Alexander "Skip" Spence / War in Peace (1969 - Oar)



5) Nick Drake / Time Has Told Me (1969 - Five Leaves Left)



6) Sunforest / Magician in the Mountain (1969 - Sound of Sunforest)



7) Vashti Bunyan / Rose Hip November (1970 - Just Another Diamond Day)



8) Dr. Strangely Strange / Sign On My Mind (1970 - Heavy Petting)



9) Susan Christie / Paint a Lady (1970 - Paint a Lady)



10) Comus / Diana (1970 - First Utterance)



11) Pentangle / When I Get Home (1971 - Reflection)



12) Karen Dalton / Are You Leaving for the Country (1971 - In My Own Time)



13) Mark Fry / The Witch (1972 - Dreaming with Alice)



14) Mellow Candle / Silver Song (1972 - Swaddling Songs)



15) Joanna Newsom / Peach, Plum Pear (2004 - The Milk-Eyed Mender)



16) Devendra Banhart / It's a Sight to Behold (2004 - Rejoicing in the Hands)



17) Wooden Wand and the Vanishing Voice / Spear of Destiny (2005 - Buck Dharma)



18) Kemialliset Ystävät / Himmeli kutsuu minua (2007 - Untitled)



19) Mirel Wagner / No Death (2011 - Mirel Wagner)



20) Jessica Pratt / Night Faces (2012 - Jessica Pratt)



21) Grouper / Clearing (2014 - Ruins)



22) Dorthia Cottrell / Oak Grove (2015 - Dorthia Cottrell)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Top 20 Hits of 7-May-2016

2016-05-07 19:42:43 | Weekly Top 20
1. ← 1. 3 "Dusseldorf" Teleman (2016 - Brilliant Sanity)



2. NEW 1 "Freedom (feat. Kendrick Lamar)" Beyoncé (2016 - Lemonade)
3. ← 3. 3 "They Keep Silence" Jambinai (2016 - A Hermitage)
4. ← 2. 4 "Human Performance" Parquet Courts (2016 - Human Performance)
5. ← 5. 3 "Formation" Beyoncé (2016 - Free Download)
6. ← 6. 3 "Do It, Try It" M83 (2016 - Junk)
7. ← 9. 4 "I Have Been to the Mountain" Kevin Morby (2016 - Singing Saw)



8. NEW 1 "Fickle Sun (iii) I'm Set Free" Brian Eno (2016 - The Ship)
9. ← 7. 5 "Aviation" The Last Shadow Puppets (2016 - Everything You've Come to Expect)
10. ← 10. 3 "Golden Chords" Deakin (2016 - Sleep Cycle)
11. ← 4. 7 "Changes" Charles Bradley (2016 - Changes)
12. ← 13. 2 "Gone Clear" William Tyler (2016 - Modern Country)
13. ← 8. 6 "Wednesday Night Melody" Bleached (2016 - Welcome the Worms)
14. ← 15. 3 "Kiss Me When I Bleed" White Lung (2016 - Single)
15. ← 19. 2 "Vektor (feat. 明和電機)" トクマルシューゴ (2016 - Single)
16. ← 12. 4 "Think of You (feat. Kamasi Washington & Rose Gold)" Terrace Martin (2016 - Velvet Portraits)
17. ← 20. 2 "Nobody Speak (feat. Run the Jewels)" DJ Shadow (2016 - The Mountain Will Fall)
18. ← 16. 4 "Everybody Wants to Love You" Japanese Breakfast (2016 - Psychopomp)



19. NEW 1 "Humbug Mountain Song" Fruit Bats (2016 - Absolute Loser)
20. ← 11. 8 "Break Away (feat. Jessie Ware)" Cool Uncle (2015 - Cool Uncle)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和疾風怒濤 #1 - 佐藤まさあき

2016-05-06 20:50:19 | マンガ
貸本劇画界にはそれこそ掃いて捨てるほどの作家がいた。だが、昭和39年の貸本界の崩壊のときからこの昭和42年の劇画繁栄の時期まで、持ちこたえられる作家がいなかったのだ。雑誌社が、きて劇画家を探そうとしたときには、彼らは廃業、または転職してしまっていなかった。雑誌社で探せばいいじゃないか、と思われるかもしれないが、貸本界で痛めつけられた人は、精神的なダメージですっかり自信をなくしていたのである。劇画が全盛になったからといって、ノコノコ出ていく気力はもはやない。

こんな状態だから、私たちのように生き残った作家は貴重な存在だ。当然、ワッ!と雑誌社が詰めかける。その中には自分を律して多作をしない作家もいただろう。そうなると依頼されればホイホイとそれに応じてしまう私などは便利な存在である。かくして仕事が殺到することとなる。

こんなオーバーワークの状態のときに、さらに祥伝社の『微笑』と集英社の『プレイボーイ・クレイジー』『プレイボーイ』本誌の連載の話が持ち上がってきた。

これを読まれた方にすれば、そんな仕事はもう引き受けないで断ればいいじゃないかと思われるかもしれないが、それは現実に編集者のあのしつっこさを知らないから云えることであって、私のもとにやってくるときの編集者は「何がなんでも佐藤の原稿を取ってこい!」との特命を受けて来ているのだ。すでに編集長から絶対的な指令を受けてきている以上、その編集者にとって、私を攻略しないうちは、戻り道がないのだ。

だいたい依頼に訪れるときから、すでに異様である。

最初はまずマネージャーの記本のもとへ依頼の電話が入る。当然記本は「いま忙しくて描けません」と云う。だがもちろん、そんなことで編集者は引っ込まない。必ず、「お話だけでも…」と食いさがる。

そして編集者は、アポイントメントを取ることもなく、ある日突然、やって来る。

玄関のチャイムが鳴り、「お客さんかな?」と思って玄関のドアを開けた記本の前に、知らない編集者が立っている。すぐさま、記本は猛烈な勢いで「帰ってください!」と云ってドアを閉めようとする。だが編集者もさるもの、ドアを閉める瞬間に靴をガッキとドアに挟ませるのだ。そして、身体をギリギリとねじり込ませながら中へなんとか進入せんものと頑張る。それを入らせまいとして必死に押し出す記本。両者の激しい攻防はつづく。記本の締め出す力に逆らってついに事務所に侵入した編集者は、それからは我々に何時間もつきまとい、拝みたおし、ああ云えばこう、こう云えばああ、とからみつき、絶対に諦めようとはしない。それでも断固、断る意思の強い人もいるのだろうが、私は気が弱いのか、人がいいのか、つい気の毒になって結局引き受けてしまうのである。

それによって、またまた地獄が現出するというわけだ。

これまでも徹夜、徹夜の連続なのに、さらに週刊の連載が2本増えるのである。

アシスタントは、襲いくる睡魔をまぎらわすためにバケツの水の中に顔を突っ込んでは仕事を続ける。1時間ぐらいずつ交代で机の上にうつ伏せになって仮眠をとる(フトンに横になると気持ちがよくなってぐっすり眠り込んでしまうから)。

私は私でカフェイン入りのドリンク剤を飲んで頑張る。睡眠不足が慢性になると食事もとれない。胃が荒れてくる。それでも眠るわけにはいかない。なにしろ、隣の部屋では数社の編集者が待機している。うかうかしていたら他の社に順番をとられてしまうから彼らも必死である。

自分の社の番になると、編集者は2人がかりの仕事となる。1人は事務所で、あとの1人は事務所の下ですでにタクシーに乗って待っている。

原稿が何枚か出来上がると同時に、1人の編集者が「ホーイ、まず4枚出来たあーっ!」と奇妙なかけ声を上げながらドドド…と玄関まで降りてゆき、タクシー内の編集者に原稿を渡す。その編集者はそれを受け取るや、製版所へと全速力で突っ走り、また事務所に戻ってきては次の原稿のために待機するのである。

なにしろ週刊誌は、発行日も決まっており、地方へ輸送する貨車をリザーブしてある。本が出来るのが1時間遅れればその貨車はキャンセルとなり、雑誌社は莫大な損失を受け、その編集者のクビすら危うくなるという。目が血走ってくるのも当然だろう。

やっとのことで各社の原稿を渡し、私は久しぶりに明け方の新宿発のロマンスカーに乗って江ノ島の自宅へ帰る。そして1日休んでまたロマンスカーに乗って新宿駅に着くと、駅の売店に、2日前に渡したばかりの原稿がもう雑誌になって発売されているのには驚いた。

さらに驚くことには、その売店で販売されていた週刊誌の半分以上が、私の作品を掲載している雑誌で埋まっていたのである。

『女性自身』『プレイボーイ』『微笑』『漫画アクション』『プレイコミック』『漫画天国』『ヤングコミック』『漫画コミック』『漫画パンチ』『漫画ゴラク』『プレイボーイ・クレイジー』等々…。

もちろん、これはかなり以前に描いたり、渡したりしていたものが、たまたま同じ時期に重なったものだが、こんな異常な現象は後にも先にもこのときだけである。

それにしても、江ノ島の駅まで見送りに来た私の子供が、「パパ、またいつか来てねーっ!」と叫んだのには、さすがの私もまいった。 ―(佐藤まさあき 『「劇画の星」をめざして 誰も書かなかった《劇画内幕史》』 文藝春秋・1996、より)





昭和疾風怒濤と題し、今回の佐藤まさあき氏の自叙伝と、次回、竹中労氏による美空ひばりさんの傑作評伝の読書感想を2回シリーズでお届けしたい。以下敬称略。

美空ひばりが今も昔も「歌謡界の女王」であることは誰もが知る。ジャンルとして歌謡曲が形骸化してしまったから、彼女を超える存在は今後2度と現れない、不滅の存在といってもよかろう。

が今の人にとって「佐藤まさあき? 誰?」であるに違いない。時代の波に乗れたが、すっかり忘れ去られた、運も実力のうちという言葉が似つかわしい人物だ。彼の幸運の源泉は、戦後、手塚治虫が漫画の新たな扉を開き、そこへ夢を描いて押し寄せた若者世代の中心に居合わせる、時代や仲間に恵まれたことに他ならない。




出版物の正規のルートとは異なる形で売られる、関西の赤本、そして貸本。手塚治虫は学生の頃からここで頭角を現し、やがて東京の雑誌界やアニメでも大家となる。利にさとい大阪人が雨後のタケノコのように貸本出版社を興し、若い作家を囲い込んだ。この動きの主力として活躍したのが、劇画の名付け親である辰巳ヨシヒロ、その実兄の桜井昌一、さいとう・たかを、そして佐藤まさあきらであった。

辰巳が考えた数人による短編集というアイデアに、雑誌形式にこだわりを持つ日の丸文庫の古株・久呂田まさみが乗っかって、『影』というギャングもの中心の短編貸本誌が作られ、若い作家にとって格好の実験の場になると同時に、商業的にも成功。このあたり、辰巳の『劇画漂流』と本書を併読することによって、周辺の活気や人間模様が立体的に浮かび上がる。詩情を重視する辰巳に対し、佐藤は原稿料や発行部数など実地に即してつまびらかに活写。↑に引用したような中央の出版社に負けず劣らず、貸本出版をめぐる人びとの山っ気も相当なものだ。

アマチュアの頃からサークルを作って会費を集めて回覧誌を発行。プロとしては暗黙の「専属制」を破って仲間同士「劇画工房」を立ち上げる。やがて自ら佐藤プロダクションを興し、自主出版したり、不遇の時期の水木しげるに糊口を凌がせるなどしている。これらのヨコのつながり、人徳が生きて、貸本界が急速に傾いてからも創作を続け、中央の雑誌による漫画ニーズが爆発した時に超売れっ子となることができたのだ。




↑梶原一騎(右)と佐藤まさあき


引用から明らかなように、原稿はノー・チェックで写植を貼って印刷工程へ。漫画雑誌だけでなく、『微笑』『プレイボーイ』のような一般誌も。爆発する需要に、供給が追い付かなかった。だから佐藤まさあきの、超ワンパターン=だいたい不幸な出自を背負った主人公が、復讐するとか、殺し屋・レイプ魔になるとか=でも必要とされた。

代表作の『ダビデの星』も、ユダヤ人虐殺の実録に衝撃を受け、ナチスの側の視点から主人公にサディズムを奔放に追及させたものだ。成功し、滝のある豪邸や、佐藤プロの自社ビルを建てるも、漫画雑誌が進化し、彼の作風が飽きられると、半ば引退して歌舞伎町にパブレストランを開業。これが失敗、豪邸もビルも売却するが、80年代半ばに佐藤プロで再起を賭け『ダビデの星』の4度目の単行本化を企画、これがロングヒットとなりOVA化もされ、96年のこの自叙伝に至る。

ご覧のとおりの二枚目で、4度の結婚。2004年に66歳で亡くなったが、最後まで出版不況とは無縁でいられた、幸福な男の一生と申せましょう。♪佐藤まさあき、あんたの時代はよかった。男が、ピカピカの、気障でいられた〜〜



「劇画の星」をめざして―誰も書かなかった「劇画内幕史」
佐藤 まさあき
文藝春秋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マガジンひとり on Twitter #64

2016-05-03 20:29:15 | Twitter
録画し忘れてて20分くらいしか見れなくて三賞お休み。曜日が変わったしのぉ〜(;´Д`) #ロンハー 29-Apr-2016

この違法カジノは飲食物とタバコが無料。厨房に料理人がいて、ショウガ焼き、カツ丼、カレー、焼き魚、何でも作ってくれるのだとか。意外とネット民の生態に近い気も(;^ω^) 27-Apr-2016

田児クンはずーっとバカラ卓にかぶりつき、サイドテーブルを置いて、そこで焼き魚定食なんかを食べながら、ずっと賭けていました(週刊女性・違法カジノの元店長) 27-Apr-2016

【きょうの肴】めんつゆに少々オリーブオイルを加えたそうめん。トッピング=梅じゃこ・ショウガの漬物・プチトマト 27-Apr-2016

そして俺の人生を変えたといっても過言でない、最愛のC野くんも一年の途中までアメフト部だった。共通の級友が夏休みの合宿中に命にかかわる大けがを負って、一年生の大半が集団退部したのだ 27-Apr-2016

エコノミスト誌の戸山高校の記事に「都立高校には珍しくアメリカンフットボール部がある」とあるが、その記事に出ている話題の乙武クンもアメフト部だったんだよな(゚∀゚) 27-Apr-2016



【きょうの肴】明太ユッケいかそうめん。パスタソースを用いる 25-Apr-2016

ネット上では20・30代が【相対的に多い・優位を築ける】。あんたらが敵視する団塊世代と一緒(;´・ω・`) 24-Apr-2016

前に述べたセクト主義・教条主義など、今のネット民がやってることは昔の左翼がやってたことと似てる面も多いと思うよん(゚∀゚) 24-Apr-2016

世代でひとくくりにして敵か味方か決めつけて煽る手合いはミュートorブロック(・_・;) 24-Apr-2016

4月22日ロンハー三賞【殊勲賞】りゅうちぇる【敢闘賞】横澤夏子【技能賞】松本明子・永野 22-Apr-2016

椿鬼奴の桜田淳子セオリー=近視のため裸眼だとピュアな感じの表情になる(;^ω^) #ロンハー 22-Apr-2016

最愛のC野くんが感化されてか同じことをしたのが苦くもあり甘くもあり(;´Д`) 22-Apr-2016

♪俺は資本主義の豚で〜〜クラスの女子に順位を付ける〜〜 22-Apr-2016



R.I.P. Prince's Top 5: 1) Little Red Corvette, 2) When Doves Cry, 3) Kiss, 4) When You Were Mine, 5) S.S.T. 21-Apr-2016

アイデンティティーは闘争の産物というから、国内他地方の地震に伴う「被害者意識の共有」が、ネトウヨたちの敵意と偏見をより強化するのかも。精神衛生上よくないTLだ(;´・ω・`) 19-Apr-2016

現状じじいであることが夢には反映されないのよね。だいたい30前後か時には十代の設定。親もピンピンしてるし 19-Apr-2016

自分が俳優志望の無名タレントで、なぜか単発で『めちゃイケ』にゲスト出演し終え、他の芸人さんに連れられて俳優専門の事務所社長へ挨拶に行くという夢。そんな願望ないと思うんだけど(;´Д`) 19-Apr-2016

貴乃花親方と鈴木大地スポーツ庁長官の、マスコミに対応する時の張り付いたような表情、無難な答弁、似てる。本当は蔑んでるんだろ、観客やTV視聴者のことを(;^ω^) 18-Apr-2016

にっしー大好きおやじ(;^ω^) 17-Apr-2016

「西島隆弘 おかず」っていう検索はどっちの意味なんだろ。彼「を」おかずにするってことか、それとも彼「の」おかずってことか(;^ω^) 17-Apr-2016

16日朝刊の中川淳一郎と呉智英の意見は皮相的で粗雑。ジャーナリズムに値しないが、得意分野があるのでポジションを得られた。今のマスコミはそんな奴ばっか(x_x) #東京新聞 16-Apr-2016

アルコ&ピース面白いやんけ。さかのぼって聞いてみよう(;^ω^) #メガネびいき 16-Apr-2016

三賞お休み。動けるデブ自体は尊敬に足るが、企画が無理。来週の「奇跡の1枚」もこれまで良い印象少ない(;´Д`) #ロンハー 15-Apr-2016

ジャーナリスト・歴史家の半藤一利さんや保阪正康さんは俺が思うに中庸を重んじるまっとうな保守で、少なくとも伝統主義者ではあるが、ネットに染まると中心軸が右にズレて、半藤さん保阪さんがサヨクに見えてしまう(・_・;) 15-Apr-2016



インターネットを覆う右翼バイアス。ほか今回はうつ以外の俺の病歴にわりと詳しく触れました(;^ω^) >日和見感染 15-Apr-2016

「公務員は上玉やからサラ金はなんぼでも貸すで!」「職業にはやっぱり貴賤があるのですかねー」 #赤枝議員 #山尾議員 #ナニワ金融道 14-Apr-2016

でも区役所勤めのK宮くんは「病気休職の限度が3年から2年に短縮された」と言っていたな(;´Д`) 13-Apr-2016



公務員は給料は安いが、官舎は充実し、縁談や子育て、さらには万一病気になった場合も非常に有利(;^ω^) 13-Apr-2016

【きょうの肴】牛繁が一部メニュー半額サービス中なので15時台に行ってみたら、他の客が就職活動中の男子学生2人組だけで、どこそこの給料は/待遇はとかの就活トーク「民間なのにこんなに安いって考えられねえ!!」 13-Apr-2016

『闇金ウシジマくん』の愛すべき登場人物【11】吉永美奈【12】村田久美子【13】瑞樹【14】佐古【15】吉永美代子【16】宇津井美津子【17】お刺身バアさん【18】村上仁【19】芳則【20】今井万里子 9-Apr-2016

「バカラ賭博は、自分の血液を出し入れするようなスリルと快感があり、一度味わうと病みつきになる(からカジノ合法化はすべきでない)」と六角精児さんも言っとったね(゚∀゚) 9-Apr-2016



【朱に交われば赤くなる】憶測はよくないが、ウシジマくんの板橋のように、新しい客を連れてくると受けられる特典を目当てに、大借金抱えたバドミントンの田児選手が他の部員を誘ったのかな(;´Д`) 9-Apr-2016

4時間あって、アメトーク部分は全飛ばし、ロンハー部分もきちんと再生したのは20〜30分。来週の「動けるデブを鑑賞」もあんまり好きな企画ではない。金曜への引っ越しはよくない門出(;´Д`) 8-Apr-2016

アホノミクスが息切れするのと、ネトウヨの人生が詰むのに、知られざる相関(゚∀゚) 7-Apr-2016

へえ。知らなんだ(;^ω^) >「あああああ!!!!!ドル円が下がり続けてもうだめや!!!!広告収入はドルで入るから日本のYouTuberに大打撃やぁぁぁ!!!!!」 7-Apr-2016



悪いこともするけど、体育会の人は会社組織では強いよね(゚∀゚) 7-Apr-2016

NTT東日本のバドミントン部といえば、俺の最後の職場にも女の元選手がいた。凄い体格してはった(;^ω^) 7-Apr-2016

(年齢差のある)夫の場合はまだわたしが若いから、車椅子も押せるし、夫の重たい体も支えられる。要求にすぐ対応できる。でももし、うちの父のこういう末期を同世代のうちの母が見てたんならどんなに悲惨か、そんなこともずっと考えています(伊藤比呂美・東京新聞) 7-Apr-2016

老夫婦でやってるひなびた床屋。「テレビを消してくれませんか」と頼んだところ「宮根嫌いな人多いのね」と奥さん。宮根と同様に安倍首相も支持率(視聴率)以上に、断固として嫌い、やることなすこと気に食わないという人が多そう(;^ω^) 7-Apr-2016

2009年の雨上がり決死隊のラジオを聞いていたら「恥ずかしながら、misonoのブログ、読んでます」という投稿ネタが読まれた(知らんがな、のコーナー)ので、7年以上その位置をキープしているmisonoは凄いなと(;^ω^) #べしゃりブリンッ 5-Apr-2016



3巻と5巻は使ったなァ〜〜中坊当時(;^ω^) #風と木の詩 RT:@coin_rand 風,と,木,の,詩,を最近読みだしました。新品を探しているけど3巻と8巻が手が出せない程高額になってる。増版してほしい;_; オーギュが好き過ぎて辛い;; 2-Apr-2016



7digital(日本からも買えるワールドワイド版)で買える音楽が増えてきて喜ばしい。インディーズの人は販路開拓にマメじゃからのう(例:俺の同人(;^ω^) 1-Apr-2016

「オフレコですが」が通じるアメリカ人もいるのかな(;^ω^) #アホノミクス #情報統制 1-Apr-2016



どんなに差別や排外主義を叫ぼうとも企業は中国人がもたらす利潤の方を向いている(゚∀゚) 31-Mar-2016

子どもの頃、このほど死去が報じられた江戸家猫八さん=当時の小猫さん=と俳優の小倉一郎さんを混同していたものだ(´Д⊂ヽ 31-Mar-2016



【きょうの肴・アボカドチャンジャ丼】+レタス・卵黄・白ごま・レモン汁(原典:ネイキッドロフト) 30-Mar-2016

ナニワ金融道の商品先物のエピソードに出てくる多田満横町って本当にある地名なのかと思って見過ごしてた 29-Mar-2016

一転ことしも8月松崎か。楽しみにしとこう(;^ω^) #snd 28-Mar-2016

ことしはやさしい雨・松崎のコミケトークは聞かれないのか(;´Д`) #snd 28-Mar-2016

漫画ブリッコの編集者だったのに「おたくという言葉が初めて使われた(らしい)」とか言って、ロクに読んでないんでやんの。藤脇邦夫『出版アナザーサイド』より。漫画の利益で映画や音楽の本を作りたかったんだと。序盤だけ読んでマケプレ行き決定(`皿´) 26-Mar-2016

小柳ルミ子バッシングが千秋にかこつけて最新のおぎやはぎのラジオにまで。「あれは完全セックス(目的)だったもんなァ〜」と小木(;´Д`) #メガネびいき #コサキン 26-Mar-2016

今度は(謝罪に)子どもを使ってくる奴いるかもなw」って矢作言ってるけど、いるよ既に。謝罪ではないが裁判で、村上世彰が「潔白」をアピールすべく娘に白い服着せて最前列で傍聴させた。ほとぼりが冷めた頃その娘と一緒になって悪事をはたらきやがった(;^ω^) #メガネびいき #乙武クン 26-Mar-2016

2年ぶりに胃カメラ呑んだァ〜。とりあえず逆流性食道炎などについては安心(;^ω^) 26-Mar-2016



3回目にして異常なまでのカッコよさを感知。リッチー・ヘブンスのGoing Back to My Roots。カバー曲の5本の指に入る 24-Mar-2016

温度の高い回でしたな(;^ω^) #アメトーク 24-Mar-2016

「フィリピンパブで接待」って若者や女性はぜんぜんうれしくねェ〜だろ。高齢化&村社会にっぽん #アメトーク 24-Mar-2016

地方ロケの際に女遊びしてるんじゃないかと狩野を問い詰めた宮迫にジャーナリスト精神(;^ω^) #アメトーク 24-Mar-2016
コメント
この記事をはてなブックマークに追加