いくたろうの時事放談

バイク、車、林道、山登り、はたまた経済に関しての私見をだらだらと述べたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡山県北、泉山あたりの峠道、残雪多し

2017-03-20 16:26:39 | 林道
昨年は一度も更新することなく過ごしてしまいました。
年齢を重ねるに連れて、
徐々に徐々にバイクの走行距離が少なくなっているのが少々気になりますが、
末永くバイクライフを続けていきたいと考えています。






さて、ぽかぽか陽気に誘われて
県北、奥津・恩原高原あたりに出かけてきました。
ところどころ雪解け水が凍っていたりして
恐々した走りっぷりですがご覧ください。

氷結した恩原湖あたりをセローで走行



岡山県北、泉山あたりの峠道、残雪多し
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

醍醐桜とサスペンションの動き

2015-09-27 20:43:46 | バイク
車検を受けたのに走行距離がかせげないでいた我がテネレですが、
本日は県北まで出かけてきました。

出かけた先は、岡山県真庭市。
春の桜開花の時期には渋滞で有名な醍醐桜。

渋滞の超苦手な私なのでオフシーズンに訪れてみました。




さすがオフシーズン、
だ~れもいません。
自動販売機も故障中で水分補給もできませんでした。

先日、購入したウェアラブルカメラももて遊び気味だったので、
テネレのフロントサスの動きなどを撮ってみました。



004


今日は県北とはいえ、気温が28℃ほどに上がり、
まだまだ快適とは言えませんでしたが、
いよいよバイクシーズン突入ですねぇ。

さて、次のお休みにはどこへ・・・
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

セローで瀬戸大橋

2015-08-24 22:12:45 | バイク
セローにETCを装備したのでちょっくら四国へ遠征してきました。

せっかくセローでお出かけということなので
当初は林道を走ろうと予定していたのですが、
先日の台風の影響なのかことごとく通行止めでした、目的地近くの道は・・・。

朝7時ごろ自宅を出発。
瀬戸中央道を快適に走行。
     ↓



お天気最高でした。
お盆明けということもあり、与島の駐車場もガラガラでした。





80km少々で走行する私はびゅんびゅん周りの車に追い抜かれていきます。
ちょっとキツいかな、セローにとって高速走行は。

瀬戸中央道→高松道→松山道というルートで到着したのは四国中央市。



伊予三島の工業地帯の眺めです。
ここからの眺めはなかなかのものですよ。

で、お山をひとつ越えて四国の内陸部に入ると、
そこにはこれまた景色のすんばらしい翆波高原。





ここは季節の花々が植えられてます。
今の時期はコスモスです。
しみじみとお花を観賞している余裕はありません。
駒を先に進めます。

翆波高原から眼下を眺めると
そこには別子銅山あたりから流れてくる銅山川の水を蓄える金砂湖が。



気合を入れて向かいに見える山々にあるとされる林道に突入しようとしましたが・・・、
こんな感じで通行止め!





ゲートを少しずらして先に進んでみましたが完全に崩落してますわ。
かなりの距離をUターンして四国中央市の新宮あたりをオンロードツーリング。

予定が狂ってちょっと欲求不満な休日となりましたが、
セローでも四国遠征ができると分かり少し楽しみの選択肢が増えた私なのでありました。

しかし、今更ですが四国の三桁国道、激しすぎるわ。

では、また。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

思えば小さくなったもんだ

2015-08-11 11:04:53 | バイク
半年振りの更新になります。
ご無沙汰しています。

4月から微妙に仕事が増え、
それ以降、ネタになるほどバイク、車に乗っていません。

途中、家庭的にはこんな行事もありましたが・・・



で、このままでは引きこもりおやじになってしまいそうなので
何かきっかけをと思っていたところ、
偶然に私の目にとまったのが高画質のウエアラブルカメラ。



5年ほど前にもこの種のもの買いましたが、
それに比べるとずっと小型になってますわ。
カメラ自体はそれほど小さくはありませんが、録画機の方は3分の1くらいの大きさです。



メットとカメラはマジックテープで留めているだけなので、
超高速では後ろへカメラがすっ飛んでいく恐れがありますが、
まぁ、おやじのツーリングスピードなら問題ないでしょう、たぶん。
ちなみに、セローで100km/hまでは問題ないことを確認済みです。
(カメラよりセローのエンジンのほうが心配でした)

ということで久しぶりに動画を一発どうぞ。
ただ単に高速走っている動画なのでつまらんものですよ。
あまり期待しないでね。

和気i.cから山陽i.cまで panasonicウエアラブルカメラ


最後は近場でお決まりの場所。
障害物無しに新幹線全輌が写る場所ってなかなかないそうですわ。
それにしてもジャストタイミングだわ。

では、また半年後にお会いいたしましょう。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

本年初乗り

2015-01-25 22:17:40 | 林道
お手軽に書き込みができるmixiばかりに目がいってしまい
こちらのブログは放置状態ですねぇ。

広告のバナーがうざいのでちょっとだけ写真アップしますね。

まずはセローの久々の火入れ。

バッテリーは既に要交換時期に突入。
充電器のお助けなしにはかかりませんでした、エンジン。

リターンライダーの道を歩ませてくれたバイク、
まだまだ大切にしなくては。

お次はこの時期、急な積雪時に大活躍してくれるアクティ四駆。
タイヤを冬用に交換したので県北奥津温泉あたりまで娘と雪遊びにでかけてきました~




スタンバイ四駆ですが、意外と心強い相棒ですよ。
昨年もFF車が立ち往生している雪坂を平気で登って行きましたから。

で、お次はテネレ。
寄る年波の影響なのか、乗る前にファイト一発~と気合を入れて毎回乗りますが、
徐々に徐々にテネレの車重がおっくうになりつつありますわ。





まぁ、ちょこちょこと乗るバイクじゃないのでね。
ちょこちょこ乗りはこちらにしておきますね。



では、また!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

美山かやぶきの里

2014-10-20 21:58:54 | バイク
以前から訪れたいと考えていた京都、美山地方。
強行スケジュールではありますが、
なんとか訪問してきました。

少々お疲れモードの老体にムチを打ち、
朝8時ごろ自宅を出発。
山陽道→播但道→中国道→舞鶴道経由で京丹波わちインター下車、
大野ダムを横目に見ながら美山のかやぶきの里へ到着したのはお昼前でした。
走行距離は約280kmほどでした。



それにしてもお天気がよかった。
暑くもなく寒くもなく、最高のバイク日和の一日でした。
そのせいなのか、バイクも車も多い、多い。
かやぶきの里の駐車場は満車、満車。
昼食もとれない状態。





10~20分ほど写真を撮ったりぶらぶら歩いたりした後、大野ダムあたりまで戻って
一人寂しくコンビニおにぎりをむしゃむしゃと食べました。





R162、はじめて走りましたが、R429並みにすごい箇所がありましたわ。
テネレじゃなくてカブの方がよかったかも・・・?

次回はこのあたりを経由して福井方面に出かけたいと思った私なのでありました。

おしまい
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

四国岬めぐり

2014-09-17 21:51:07 | バイク
皆さん、お久しぶりです。

さて、最近、仕事に追われつつも
わずかな時間を見出して趣味に没頭している私ではありますが、
今回は四国の最東端の岬に行ってきました。

3年前には室戸岬、


そして昨年は佐田岬、


とくれば、今回は足摺岬が本命なのでしょうが、
時間が許しません、私には・・・

日帰りで往復可能な四国の岬、
尚且つ、最近訪れていない岬・・・、
ということで、四国の一番東に位置する岬に行ってきました(こじつけですが・・・)。

自宅を午前8時ごろ出発。
岡山バイパス→瀬戸中央道・瀬戸大橋→高松道→鳴門i.c下車、
片道200km少々のツーリングでした。

途中の津田の松原のSAにはたくさんのライダーがいました。
女性ライダーも数人いましたが、話しかけようとしたら急に出発していきましたわ。


徳島市内からはR55を南下、
一路、日和佐・室戸方面へ。

自宅を出てかれこれ3時間半ほどで到着しました「かもだ岬」。
道に迷うことはなかったのですが、
マイナーな岬なので道が一部細い細い。
道の細さで言うならば佐田岬並みでしょうかね。










しばし灯台を眺めた後、灯台駐車場に戻ると私のバイクの横にはホワイトカラーのVストが・・・


一瞬、A熊さんの顔が頭にぽか~んと浮かんだ私なのでありました。

おしまい

次は足摺岬だ~!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

チョロQ

2014-07-13 21:28:33 | 日記
3か月に一度のペースで更新している我がブログですが、
みなさん、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、当家の娘、「免許なんて一生取らんよ。車の運転、私には向いていないわ。」と
長きの間、言い続けておりましたが、
一体どうしたことか4月ごろから教習所通いを始めてしまいました。

で、ほとんど乗らなくなった私の愛車を売り払って、
心機一転、初心者向きの小型車に買い替えることにしました。
もちろん中古車ですよ。

いろいろ候補はあったのですが、
結局これに落ち着きました。
トヨタの「IQ」ですわ。





燃費向上のため、すぐに回転数を落とすセッティングになっているので、
加速性は標準以下ですが、それ以外はなかなかよくできたミニカーですわ。
さすがトヨタですね。

バイクに乗れない季節はこれでキャンプに行こうかな~なんてふと思った本日なのでありました。





次の更新は秋を予定しています
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、日本海

2014-05-13 21:45:46 | バイク
最近は根気が減少気味で、それに生まれながらの筆不精も加わり
ブログの更新もほぼ半年ぶりとなってしまいました。

バイクに跨る回数も減少気味ではありますが、
まったく乗っていないわけではないのですよ。

ということで、出かけてきました。
出かけた先は島根県の浜田市。
日本海を眺めたければ岡山市内からまっすぐ上に北上すればいいのですが、
少々趣の異なる日本海を眺めようかなと思いまして・・・。

話は少々横にそれますが、
自宅を出て、岡山バイパスを西進、
そして瀬戸中央道→山陽道→岡山道→中国道とバイクを進めるのですが、
あっと気が付いた時にはテネレのオドメーターが10000kmを刻んでいました。
     ↓



なかなか走行距離が延びませんねぇ。
このままではバイクより私自身のほうが早くリタイアしそうですわ。

で、岡山道まではほどほどの数の走行車、バイクがあったものの、
北房JCTから西方面の中国道の走行車の数の少なさといったら・・・、
ほとんど貸切状態でしたわ。

途中、眠くて眠くて、不必要に休憩にSAに入りました。
そこそこ周りに車、バイクが走っている方がいいですね。

と、ぶつぶつ言っているうちに約290kmほどの走行の後、
島根県浜田市に到着しました。



島根、山口県方面に一泊のキャンプをするならどこがいいかなと思い
物色していたのですが、ここ、「石見海浜公園キャンプ場」はなかなかよさそうですよ。
設備も整っているようです。

砂浜、展望台、釣りができそうな岩場も近くにありました。









バイクで数分のところには水族館「アクアス」もあります。



なかなか時間がとれそうにありませんがキャンプツー、行きたいですねぇ。

おまけ・・・、
帰り道、出会った京都のBMW・GSのオーナー。



物静かな好青年といった感じの人でした。
年間、かなりの走行をこなしているとのことでした。
10分ほどいろいろとお話をした後、私が先にSAを出発しましたが、
間もなくビュぃ~んと追い越されてしまいました。
バイクに跨ると人柄が変わるタイプなのでしょうか?



では、今回はこのあたりで失礼いたします。
次回のブログ更新はいつになるのでしょうか・・・?
それは私にも分かりません・・・

おしまい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

沈下橋

2013-11-25 20:36:50 | バイク
季節はどんどん前に進みます。
年齢を重ねるごとに寒さに弱くなっているようで、
この時期のバイクの走行距離も減少気味ですわ

というわけで、11月中に何とかもう一度四国に渡っておこうということで、
ビュイ~んと高知県まで出かけてきました。



目指すのは高知県「いの町」。
知名度では四万十川のほうが上ですが、
水の透明度ではこちらの方が上ということで、
いぶし銀の仁淀川の沈下橋が本日の目的地です。

自宅を午前8時ごろ出発。
2時間ほどで高知道伊野i.cに到着。
途中、山間部の気温が3℃ほどで路面凍結におびえながらの走行でした。

   仁淀川橋
     ↓


仁淀川橋を北上すること数キロ、
ありました、ありました、
沈下橋がありました。

四万十川にも仁淀川にも数本の沈下橋があるらしいのですが、
私が訪れたのは名越屋の沈下橋。
     ↓




河川敷にはキャンプ場もありました。
来春、みなさんキャンプツーの候補地としていかがですか?







穏やかな流れの仁淀川
カヌー愛好者もいました。
     ↓


さて、「秋の日はつるべ落とし」ということもあるので、
先を急ぎましょう。

お昼前、沈下橋を後にして向かったのは瓶が森・・・。
が、しかし、R194を北上していると途中の電光掲示板には「石鎚山チェーン必要」の文字。
おまけに遠くに臨む瓶が森には雪が・・・
     ↓


そういうわけで、安全第一ということでルートをR194から県道17号線に変更し
大川村経由で渇水時のニュースで有名な早明浦ダムを目指しました。
このルート、お勧めですわ。
交通量もほとんどなく、四国の渓谷美を満喫できますよ。
     ↓






旧道がそのまま残されていたりしてなかなか趣のある県道でした。

滝もありましたよ。
     ↓


次回はのんびりとカブで訪れてもいいかな?と思ったおじさんなのでありました。

(おしまい)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加