よきおとづれ  

メッセージは榎本和義牧師

12月5日(月)の聖言

2016年12月05日 | Weblog

「それとも、神の慈愛があなたを悔改めに導くことも知らないで、その慈愛と忍耐と寛容との富を軽んじるのか。」ローマ2:4

 神様がイエス様をこの世に遣わして人の罪をあがなう犠牲とされたのは、ただ一方的なご愛のゆえであり、多くの人が悔改めて救いに入ることを願っているからです。そのような神様の真心を知ろうとせず、いつまでもかたくなで悔改めようとしないのは、神様の愛と恵みをドブに捨てるようなものです。神様の限りない愛に感じ、その恵みに感謝し、悔改めて、神様のみこころに従いましょう。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月3日(土)の聖言

2016年12月03日 | Weblog

「主なる神、イスラエルの聖者はこう言われた、『あなたがたは立ち返って、落ち着いているならば救われ、穏やかにして信頼しているならば力を得る』。しかし、あなたがたはこの事を好まなかった。」イザヤ30:15

 自分の力や知恵で何かができると思っている間、神様に真剣に頼ろうとしません。しかし、人の出来ることは限られたこと、否、何もできないのです。それを徹底して悟るのを神様は待っておられます。無駄な抵抗をせず、素直になって神様を信頼したいものです。神様のなさる時とわざを期待して。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月2日(金)の聖言

2016年12月02日 | Weblog

「イエスは彼らに言われた、『きてごらんなさい。そうしたらわかるだろう』。そこで彼らはついて行って、イエスの泊まっておられる所を見た。」ヨハネ1:39

 どこに泊まっているかとの質問に答えた言葉ですが、ただ単に「宿泊所」がどういうところか、との問答にしては奇異なことです。しかし、主が言われるのはご自分の生き様を知って欲しいのです。そのためには、言葉だけの説明・解説では知りえません。実験体得することに尽きます。イエス様を生きる、体験するために自分を捨ててかかりましょう。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(火)の聖言

2016年11月29日 | Weblog

「人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである。」ルカ19:10

  「人の子」とは主イエス様のことですが、「失われたもの」はあなたのことです。神様によって造られ、神様の所有であった私たちが持ち主を離れて行方不明になっているからです。事の善し悪しが分からず、自己中心でわがまま。創造者の意図を損なった存在です。失われていたあなたをイエス様が救って下さるのです。イエス様を素直に信じて主の救いを受けてください。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月28日(月)の聖言

2016年11月28日 | Weblog

「見よ、わたしは新しい天と、新しい地とを創造する。さきの事はおぼえられることなく、心に思い起すことはない。」イザヤ65:17

 神様の創造のわざは今日も続いています。夜が明け、新しい日が始まり、神様はあなたを生きる者として下さっています。昨日までのことは全て消え去って、新しい天と地が始まるのです。主はこれまでの事を全く忘れて、あなたに恵みを与えられます。あなたも後ろのものを忘れ、前に向かって主を見上げて前進して下さい。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月27日(日)の聖言

2016年11月27日 | Weblog

「ののしられても、ののしりかえさず、苦しめられても、おびやかすことをせず、正しいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた。」第一ペテロ2:23

 死にいたるまで従順であられたイエス様の姿です。「正しいさばきをするかた」をしっかりと見つめて生きること、これが私たちの倣うべきことです。感情や情動にまかせて損得・利害に振り回されているかぎり、主の救いに生きることは出来ません。今日、あなたは何を見ていますか。心の目をひらいて、主を見上げつつ、イエス様に倣う者となってください。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月26日(土)の聖言

2016年11月26日 | Weblog

「あなたは、身ごもった女の胎の中で、どうして霊が骨にはいるかを知らない。そのようにあなたは、すべての事をなされる神のわざを知らない。」伝道11:5

 自分の無知を知るのは賢いことです。そうなると知りたいとの願いが起きて、すべてのことが新鮮で、驚きと不思議を素直に楽しむ事が出来ます。自分は知っていると思うとき、高慢になり、新しいことを受け入れられなくなります。神様は変幻自在にわざをなさる方です。それらをすべて知り尽くすことはできません。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月25日(金)の聖言

2016年11月25日 | Weblog

「どうか、わたしたちのうちに働く力によって、わたしたちが求めまた思うところのいっさいを、はるかに越えてかなえて下さることができるかたに、」エペソ3:20

 わたしたちが願うことは小さな頭で考えたことであって、先のことまで見通した結果ではありません。それを忘れて、自分の考えが絶対正しくて間違いないと思っています。神様はすべてのことを知り尽くして、あなたに最善をしておられます。今日も自分の浅はかな考えに固執せず、主の導きにゆだねましょう。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月24日(木)の聖言

2016年11月24日 | Weblog

「まちがってはいけない、神は侮られるようなかたではない。人は自分のまいたものを、刈り取ることになる。」ガラテヤ6:7

 「侮る」とは「軽くみる」、「尊ばない」ことです。神様は目に見えず声も聞こえないので、まるでいないかのように思ってしまいます。そのため、神様を忘れ、軽んじて、自分の欲情にかられて生活するようになります。しかし、神様は決して無能無力な方ではありません。それどころか、全てのことを見ておられ、必ず報いなさる方です。私達の一挙手一投足ことごとくが知られているのです。(KE)

Photo by 輝子さん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月23日(水)の聖言

2016年11月23日 | Weblog

「主は旗をあげて遠くから一つの国民を招き、地の果から彼らを呼ばれる。見よ、彼らは走って、すみやかに来る。」イザヤ5:26

 まもなく待降節を迎え、イエス様の御降誕を記念し祝うときとなります。主は私達の罪のゆえに、神の位を離れて世に来てくださいました。その目的は十字架の死です。それによって罪の完全な許しを完成し、イエス様を救い主と信じ従う人々を一つの民としてくださったのです。十字架を掲げて「旗」とされました。この旗を見上げて主の御許に勇んで集い、主のご降誕を心から感謝しましょう。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月22日(火)の聖言

2016年11月22日 | Weblog

「あなたの目は、まっすぐに正面を見、あなたのまぶたはあなたの前を、まっすぐに見よ。」箴言4:25

 日本人は相手の目を見て話をするのが苦手です。また、相手をじっと見詰めるのは失礼なことと思っています。しかし、相手を見ることは相手に対して礼儀正しいことではないでしょうか。正面に真っ直ぐ顔を向けるには心にやましさや後ろめたさがあってはできません。いつでもどんなことにも、常に正面を真っ直ぐに見ることが出来るように、心を整えておきたいものです。それが神様に向かう姿勢です。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月21日(月)の聖言

2016年11月21日 | Weblog

「種まきは御言をまくのである。」マルコ4:14

 イエス様の語った「種まき」のたとえ話の一節です。神様の言(ことば)を種に譬えました。種は見栄えのしない小さな粒です。これが土に埋められ、湿気と温度によって分解し芽が出て根が伸び大きく育ちます。種の中に「いのち」が宿っているからです。命のないものを土に埋めれば腐敗しておしまいです。神様のことばもそれと同じで、聞いた言が心に埋められると、やがて新しい力を発揮して、私達のいのちとなります。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月20日(日)の聖言

2016年11月20日 | Weblog

「御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐいとって下さるであろう。」黙示7:17

 神様を信頼し畏れ敬う生涯は、この世で報われることの少ない戦いの旅路です。しかし、この旅路が終わるとき、主の御前に携えあげられて、イエス様の慰めと命をいただくことができます。与えられる報いを望みつつ、今日も備えられた道を、主のみこころに従って歩んでください。あなたの労苦は無駄になることはありません。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月19日(土)の聖言

2016年11月19日 | Weblog

「すると彼は言った、『あのかたが罪人であるかどうか、わたしは知りません。ただ一つのことだけ知っています。わたしは盲人であったが、今は見えるということです』。」ヨハネ9:25

 イエス様によって見えない目を癒してもらった人の言葉ですが、とても力があります。この言葉が知識や伝聞ではなく、自分の身に起こった紛れもない事実を語っているからです。私達の信仰の弱さはイエス様を実験体得していないからです。盲人であった彼はその障害のゆえにイエス様に触れ、主を自分のものとしました。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月17日(木)の聖言

2016年11月17日 | Weblog

「愛する者たちよ。それだから、この日を待っているあなたがたは、しみもなくきずもなく、安らかな心で、神のみまえに出られるように励みなさい。」第二ペテロ3:14

 「この日」とは「神の日」、終末のときです。その日はわたしたちの救いが具体的に完成する日でもあります。今は、信仰によって神の子とされていますが、その日には文字通り神の子となって、父なる神様のみまえに出るのです。それゆえ、今、主の恵みを信仰によって受け、信じ、それが具体化されたものとして生きようではありませんか。(KE)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十字架のイエス・キリスト

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/EjJNEsDJPFk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>