えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

布施の高級寿司店『すし富』

2016年10月19日 21時26分00秒 | 食べる
 熊本のみなさん こんにちは

 布施に永年お住まいで数年前に城東・森小路の方に引っ越されたご夫婦から、おいしいお寿司屋さんを教えてもらいました。今でも時折ご夫婦で布施のお店に通っているとお聞きし、これはぜひともと、先日の日曜日にその「すし富」さんに夫婦で行ってきました。
 
 お店に行く前に布施の友人に用事があって寄り、すし富さんに行くというと、「僕らはあんまり行かない高級店です」と。これはちょっと冗談が入ってでしょうが、そのご夫婦もおっしゃっていたように繁盛店。夕方5時過ぎなのにお店に入るのに3人ほど待ちました。

 初めてのお店で値段も分らず、先ほど友人に「高級店」とおどされていて。まあでも、店の雰囲気と場所柄・布施を考えるとべらぼうな値段はとられないだろうなと注文していきました。赤身、白身にイカや穴子と。驚いたのは3貫ずつ出てきたのとネタの大きさ。

 もちろん新鮮で、こちらは頼みませんでしたが、おつくりも充実しているようで、隣のお客さんが頼んだウニは箱のまま出てきていました。いくらほどするんでしょうか。

 こちらはさらに巻物や吸い物を頼んで、ビールと日本酒をちらっと頂けばもうお腹いっぱいです。満足。気になる値段は、高級すし店のお味をリーゾナブルに味わえる今里「寿司 ひでぞう」さんと同じくらいでした。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜか長崎は千日紅 | トップ | すし富、タカラブネ、花月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よしもち)
2016-10-21 19:27:18
地元愛ですね~   最近は「なすび」にも行ってないですね~   お酒の飲む機会が減って、奥さんは喜んでいますが・・・・・・・・
RE:Unknown (よしもち)さん (司元)
2016-10-21 22:19:08
 奥さん、体のことを思いやったはるんですね。たまにはいきましょうか。奥さんに叱られるかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。