えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

三輪さん、小町や本舗さんのベビーカステラ今年も食せず

2017年01月18日 21時26分00秒 | サンチョパンサ
 福島のみなさん こんにちは

 元旦に娘夫婦と孫が来て、一緒に義母に年始のあいさつに行きました。二日は親類25人ほどが集い、三日にいつもの奈良・大神神社(みわさん)に参りました。

 その三輪さんの沿道に並ぶ屋台のなかでひときわ行列が多いのが「小町ヤ本舗」さんのベビーカステラ。やはりすごい行列です。今年こそは並んでベビーカステラをゲットしようと思っていました。しかし孫二人を連れてはこんだけ並べません。

 一昨年も小町ヤ本舗さんのベビーカステラの話を書き、次はお味を確かめようと宣言しましたが叶わずです。来年も孫と一緒にいったらやはり行列に並ぶのは難しいでしょう。

 はてさて、どうしたもんじゃろか。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えべっさんの吉兆の買い方まで受け継いで

2017年01月17日 21時26分00秒 | 仕事
 福島のみなさん こんにちは

 その福笹、毎年つけてもらうものは決まっています。打出の小槌、繁盛升、俵、小判や鯛など13ものミニチュア吉兆がついたセット、福袋、そして肝心の今宮戎神社の紙のお札です。これで締めて4500円。さらに無料の赤い交通安全の札、近くの百貨店などが提供しているえびすくじ。ずっと変わりません。

 ミニチュア吉兆のセットに笹に付けるべきもののすべてが入っているんじゃないでしょうか。それらをミニチュアではないのに変え、お札も木のにしたらゆうに2万円を超えるでしょう。

 並んでいる時に、皆さんがどんなのをつけているか見ていると、うちのように何をつけるかを決めてる方、台に載っている吉兆を見ながらあれやこれやと考えて買われる方とさまざまです。でも4500円でおさめているのはうちぐらいでしょうか。みなさんもっとたくさんで1万円を超える方もざらです。

 何を買うかは父からの伝授です。えべっさんでも散在しないようにとの教えもそこに含まれているのでしょう。他の人のように好きな吉兆を何万円も買う度胸がないというか、買う気が起こりません。半面、あれやこれやと選ぶ楽しさも持ち合わせてないようです。

 三代目ともなると、些細なえべっさんの吉兆の買い方からはたまた大きな投資の仕方まで、知らぬうちに先代、先々代から積み重ねられた中で商いをしているようです。それらが役立つ時もあれば、足かせになることもあるんでしょう。

 今日は阪神淡路大震災から22年目でした。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行列ができるほど空いていたえべっさん

2017年01月16日 21時26分00秒 | 幸せ
 福島のみなさん こんにちは

 その今年のえべっさん、福笹もいつものところでもらい、それにつける吉兆もいつもの場所で買い求めました。最後に残るのは本殿裏のドラをたたきです。

 耳の悪いえべっさんに願いをかけるには、ドラをたたいて気づいてもらわないといけないのです。いつもならドラの周りは押しくらまんじゅう状態で、押し合いへし合い、人をかき分けてドラにたどり着きます。人が多すぎて整列も何もあったもんじゃありません。。しかし今年、警備員が誘導してドラをたたく行列ができていました。その行列、境内の外にまで出て、さらに道を折れ曲がって続いています。100mは超えるでしょう。行列ができるほど空いていたってことでしょう。

 昼からは、宝塚の清荒神さんにお参りすることになっていて、遅くなるのが嫌で、列に並ばずに、手を合わせるだけで帰ってきました。

 福笹はいつも通りに揃えたのに、ドラはたたかずじまい。いつもと違うことをしたら、商いに影響でるんちゃうかと考える小心さです。無宗教でいようと思いながら。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小豆粥は食べなくとも

2017年01月15日 21時26分00秒 | 幸せ
 福島のみなさん こんにちは

 昨日14日のお昼に、妻が鍋を三つも炊いていました。なんなのかとのぞいて気づきました。今日15日の小正月用の煮しめです。

 あまり由来は知りませんが、小さいろ小正月の朝には母が炊いた小豆粥と煮しめを頂いていました。そのころ1月15日は成人式で、小正月はお休み。元旦から10日のえべっさん、そして小正月まではなんとなくお正月気分が残っていた気がします。もちろん今でも関西では15日までを松の内としていますから、そうなんでしょうが。

 妻は前日からその準備をしていました。しかしながら、こちらは今朝5時過ぎに一月の関東出張に出発して、そのおいしい小豆粥を食べずじまい。それでも幸せなのには違いありません。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空いていても並んで買う吉兆

2017年01月14日 21時26分00秒 | 幸せ
 福島のみなさん こんにちは

 その今年のえべっさん、宵戎の9日の午前9時に参りました。日曜日なのでそこそこ人出はありますが、いつも行く夜や夕方のような押し合いへし合うような混雑はさすがにありません。「朝は空いている」、それを知ってか、行きの地下鉄でえべっさんに返す笹を持った方々もかなりご年配の方が目立ちました。後期高齢者のようなご夫婦も何組も見かけました。

 福笹も待たずにもらえました、境内にたくさんある福笹に付ける吉兆の売り場もほとんどのところは空いています。しかし、いつも買うのは本殿左手の福娘さんらが並ぶ所。朝早いので福娘さんでなくバイトの若い女性が授けていても、ここだけは人だかりです。別に、別なところで並ばずに買ってもいいでしょう。しかしいつもと違ったところで買ったら何か縁起が悪いような、そんな気がしてやはりいつもの場所で買ってしまうのです。結局15分ほど並びました。

 ご利益あるやろか。下世話でんな。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年末こそ南京と少女像で首を垂れる

2017年01月13日 21時26分00秒 | ドンキホーテ
 福島のみなさん こんにちは 

 安倍首相は毎年末に、ビッグイベントをするのが好きなようです。一昨年は日本軍慰安婦問題を巡って韓国政府と電撃的な和解。昨年はハワイ・パールハーバー訪問と。

 パールハーバーで安倍首相は戦没者を悼み不戦を誓い、日米の和解を強調しました。それが未来の平和につながるなら良いことでしょう。しかしその前に安倍首相が行くべきところがあります。中国の南京大虐殺記念館であり、韓国の日本軍慰安婦少女像です。

 あの戦争はまぎれもなくアジア太平洋諸国への侵略戦争です。しかしアメリカとは同地域を巡る覇権争いではなかったでしょうか。覇権を争ったアメリカで不戦を誓う前に、侵略したアジア太平洋諸国を訪ね、首を垂れるべきです。今年こそ、そんな年末になりますように。

 韓国・釜山の総領事館前に少女像が建てられたことにいくら圧力をかけても少女像は撤去できません。真摯な態度で臨むこと、つまりは安倍首相が少女像の前で日本国を代表して詫びる、そんなことから始めましょう。力づくで撤去しても少女像は必ず再建されるでしょう。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走の吉野家

2017年01月12日 21時26分00秒 | 食べる
 福島のみなさん こんにちは

 昨年の師走、八尾流通センターで仕事をしていて昼食に近くの吉野家に足を運びました。このお店、お昼の12時半を回るとある程度すくので、その時間に合わせました。しかしなんとなんと、お客様でいっぱい。2、3分待って席に着き注文しました。普段なら数分すれば運ばれてくる牛丼が15分近くかかりました。会社に戻るのは午後1時ぎりぎりに。

 「早い、安い、うまい」のキャッチコピーをたがえることはあまりないお店なのに、この日だけは違いました。どうしたことか師走は牛丼屋さんも忙しい。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

七草粥

2017年01月11日 21時26分00秒 | 我が家
 福島のみなさん こんにちは

 土曜日は普段より少しゆっくりしていて、先日の7日は午前7時半ごろに起きました。台所行くと私の席に用意されたお茶碗に既におかいさんが入っていました。お茶碗に載せられたほこりよけの半透明のプラスチックのふた越しに、そのおかいさんが普段の茶がゆでなく白がゆだと分かります。

 今日はどうしたことかとそのふたを取ると、そこには色々な青菜が散りばまっていました。そこで気づきました。七草粥だったんだと。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 えべっさん

2017年01月10日 21時26分00秒 | 幸せ
福島のみなさん こんにちは

 以下は15年前の2002年にえべっさん(大阪・今宮戎神社)に詣でた時の体験を、その一年ちょっと後に友人へ伝えた手紙です。毎年えべっさんの時期に再掲載しています。
「えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙」恒例の幸せ自慢、長文です。酔狂な方はお付き合いください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一年半ほど前に、生まれて初めて
体の中からこみ上げてくる「幸せ」を体験しました。
きっかけは些細な出来事なのですが、
40数年の人生の中でたった一度の体験です。

父と当時中一の息子と「今宮戎」に詣でた時です。
お参りを済ませ、スマートボールで息子が景品を当て、
ジャンジャン横丁の串カツ屋で食事をしました。

突然、
「ああ、俺はなんて幸せなんだろう。
世間は不況で、みなさんは苦労されている。
商いは大変だけど、まずまず人並以上の生活をさせてもらってる。
こうして親子三代揃ってえべっさんに参って、遊んで、食事して。
こんな幸せなことはない。有り難いことだ」
幸せって、頭でなく胸の奥から込み上げてくるんですね。
体がじーんと震えるんですね。

実は、それまでの二年間、親族に関してかなり困難な問題があり、
解決の目途がやっとついた時でした。
そして、親しい人たちが数ヶ月の間に4人もお亡くなりになり、
その傷が癒された時期でもありました。
体も不調で、2年ほど体温が37度を下らない日がありませんでした。

私は恵まれた家庭の中で育ち、
何不自由なく大学院にまで行かせてもらい、
第一志望の新聞社に就職。
記者としても自分の目指すことの幾ばくかをこなしました。
父を手伝うようになってからも、会社を順調に伸ばしました。
よい妻がいて、長女、長男も順調に育ち、両親も元気で、
六人一緒に世間並み以上の暮らしをしている。
端から見れば、とても幸せなのでしょう。

しかし、幸せと思ったことは一度もありませんでした。
記者時代はいつも何かに追われ、
今の仕事についてからも、どうも自分が望んでいることと違う。
そんな風に自身を眺めていました。

その私が、初めて「幸せ」を感じたのです。
あの時から、段々段々、その幸せが大きくなってきています。
今は、ちょっとしたことをしても、「有り難いことだ。幸せなことだ」と
思うようになってきました。

この手紙を書いていても
「こうして、Kさんに手紙が書ける。有り難いことだ」と感じます。
先日も、会社の周りを掃除して、ウンチを拾っていて、
「こうして、綺麗にできる。ありがたい」と心が言っていました。
今月は売上がかなり落ち込み、掃除をしている暇があったら、
専務として他にもっとすることがあるんじゃないかとも思いながらですが。

公私とも毎日、トラブルや問題が起き、その都度、
悩んだり、怒ったり、めげたり、他人を羨んだり、妬んだり、
そして、この幸せがいつまで続くのかと心配しながら、
それでもなお、日々幸せを感じて、暮らしています。

ただ、その幸せの危うさも感じています。
「幸せ」って、全てに満たされている状態ですよね。
それ以上のものはありません。
もう、向上する必要がないのですね。
と言うより、その先がないのだから、上がることはできないですよね。
「幸せ」って不思議です。

こんな時代に悠長なことを言っている。
「ノー天気、アホぼん」なのかも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんなこんなでその後、父は脳卒中で倒れ左半身に後遺症が残り、社長を私が継ぎました。2度にわたる心臓手術を含め十数度入退院を繰り返した母は、一昨年11月に他界。昨夏には父がさらに左足大腿骨を骨折。手術、リハビリ入院を経て、昨11月に退院しました。愛知・豊橋に嫁いだ娘は男子二人を出産。一昨年夏に夫の転勤で尼(兵庫・尼崎)に来ました。我が家から車で30分ほどなので、妻は孫に会おうと足しげく通っています。息子は大学を出て社会人6年目、我が家から通勤しまだひとりもんです。15年前の家族とは少し変わりしました。
 そして今年のえべっさんはきのう宵戎の九日の朝9時にお参りし、10時には帰宅。その後、兵庫・宝塚の清荒神さんに妻、娘、孫二人とお参りし、一緒においしいお昼ご飯を頂きました。夜は久しぶりに高校・大学時代の旧友と一杯。
 母が亡くなっても、父が病気やけがをしても、このお正月も三連休もたまった仕事や用事を済ますのに四苦八苦したりもしながら、何となく家族楽しく暮らさせてもらっています。ありがたい。

 毎年おんなじ手紙を飽きもせずにお読みいただいているみなさん、どうもありがとうございます。来年もこの幸せ自慢が続きますように。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サポーターを試着する妻

2017年01月09日 21時26分00秒 | 幸せ
 福島のみなさん こんにちは

 左足を骨折し手術、リハビリ入院から帰宅して以降の父は、その足を保護するためにサポーターをはめるようになりました。サポーターと言っても伸縮する布でできた簡単なものではなく、金属棒の入ったがっちりと止めるタイプです。脳卒中で左半身が不自由になっているせいもあって、左足を踏み出す際、膝の力がガクッと抜けてしまうことがあります。そんな時にこのサポーターが補助的な機能を担ってくれるようです。

 装着の仕方は病院で指導を受けました。しかしがっちりとうまく膝の力を受け止めるようにはめるのはちょっとしたこつがいり、父ひとりでは無理なようです。

 手伝ってくれているのはもっぱら妻です。ちゃんと着けるのにはどうしたらいいか。まず自分の足で試着してくれました。どれくらいきつく締めたらいいのか、どの位置に、そしてどの向きにはめるのが一番よいのか。色々試してから父に施しています。

 今日も、うまくやってくれていました。ありがたい。

 誕生日のお祝いは奮発しやんとあかんやろな。その前にフラワーバレンタインしやんと。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八尾・志紀の冬の陣を張るのは真田丸ならぬ「かすが丸」

2017年01月08日 21時26分00秒 | 食べる
福島のみなさん こんにちは

 その八尾・志紀の和菓子処「かすが」さんを訪ねたのは昨年末30日。お客様もひっきりなしで大忙しです。店舗の前の出店でお餅を売り出していました。店主の奥さんの考案で、初めての試みだとか。それが大当たり、売り上げも伸びたそうです。

 店主は「真田丸ならぬかすが丸」と自賛していました。そのかすが丸を守るのが二人の看板娘さん。店主ご夫婦の二人娘で、長女は仕事がお休みで、次女は来春京都の女子大に入学するのが決まっていてお手伝いです。

 NHKの大河ドラマ「真田丸」は昨年末で終わりましたが、こちらのかすが丸はこれからも毎年冬の陣を張るそうです。

かすが
 https://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27095618/

 かすが丸をご覧になりたい方、いやいや看板娘をご覧になりたい方は、ぜひ年末に八尾・志紀のかすがさんへ。そして上生菓子やブランデーケーキ、海老餅のお買い上げを。

 ちなみに店主は高校サッカー部のチームメートです。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

赤身の正体

2017年01月07日 21時26分00秒 | 食べる
 福島のみなさん こんにちは

 写真の真っ赤になった切り身。なんだかわかりますか。お肉のようにも見えるし、マグロの刺身にも見えます。実は、

 その菓子処「かすが」さんの海老餅です。昨年末お年賀のブランデーケーキを買いに行った際、おいしそうな上生菓子も買い求めました。たくさん買ったので、ちょっとおまけを頂きました。それが写真の「海老餅」です。

 お餅に小エビを練り込んでいて、白い餅と並べると紅白餅になる縁起物です。ちょうどつきあがったところで、まだまだほかほか。はしたない話ですが、かすがさんを出て近くの駐車場に止めてあった車に戻るやいなや、ちょっとちぎっていただきました。これほどつきたての海老餅を頂いたのは初めてでした。おいしい。

 それを一日置き、ちょっと固まったところで包丁で切りました。この時点でちぎって食べてもまだまだおいしい。ラップに包んで冷凍にして少しずつ頂こうとの算段です。端の方が不ぞろいなのは、ちぎって食べた跡です。あしからず。

 

 かすが
 https://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27095618/

 ちなみに店主は高校サッカー部のチームメートです。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

八尾・志紀「かすが」の上生菓子が絶品

2017年01月06日 21時26分00秒 | 食べる
 福島のみなさん こんにちは

 その菓子処かすがさんの店主は学生時代から家業を手伝っていました。なので和菓子職人歴は35年を超えるでしょう。彼のこだわりが上生菓子。特に毎正月には15種類ほども作ります。形、色どり、味、素材まですべて彼の考案です。今年はとり年で、それに合わせたにわとりの菓子も。

 これほど種類は多くありませんが、普段も置いています。ぜひお試しを。

  かすが
 https://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27095618/

 ちなみに店主は高校サッカー部時代のチームメートです。

 それにしても年明け早々、とり年をうさぎ年と書いてしまって(既に修正済み)、大ぼけです。かすがさんの鶏のおまんじゅうがウサギに見えたんですもの。それほど可愛いおまんじゅうだったということで、お許しを。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017年01月05日 08時26分00秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 みなさん こんにちは

 あけましておめでとうございます。旧年中は(有)ニューホンコン造花をごひいきいただき、ありがとうございます。お正月休みを頂いておりましたが、本日が仕事始めです。通常営業に戻っております。

 まだまだお客様のご要望にお応えできなかったりご迷惑をおかけしたりすることもあろうかと思います。しかし「暮らしの一瞬をお花で彩る」、この一事に最善を尽くすよう努めます。

 今年もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八尾・志紀「かすが」のブランデーケーキ

2017年01月04日 21時26分00秒 | 食べる
 福島のみなさん こんにちは

 そのお正月のお祝い会の際、皆がお年賀を持ち寄ります。我が家から皆に贈るお年賀は最近八尾・志紀の銘菓処「かすが」さんのブランデーケーキに決まっています。

 オリジナルのカステラにブランデーをまぶしたケーキです。ブランデーの湿りでカステラ独特のしゃもしゃも感がありません。ちょっとした苦味が甘さも抑えてくれています。香りも抜群。とてもおいしい。これで1400円はお得以上です。ぜひご賞味を

 かすが
 https://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27095618/

 ちなみに店主は高校サッカー部のチームメートです。あしからず。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加