えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

なぜか長崎は千日紅

2016年10月18日 21時26分00秒 | お花
 熊本のみなさん こんにちは

 ご近所の庭先に千日紅が咲いていました。紫色の可憐なお花です。長崎のお盆には欠かせないらしく、造花でもないかとちょくちょくお問い合わせを受けます。ただ地域が限定されているのでそんなにたくさんは売れず、しいれる年もあればない年も。

 どうして長崎のお盆で千日紅がよく使われるのか。ネットで少し調べてみました。結論から言うとよくわかりません。しかし、あるページには別名で「盆花」と呼んで、お盆に仏花として重宝されていると。地域によってお盆、お墓、仏壇に飾られる特徴あるお花があります。千日紅もその類になるんでしょう。

 今夏は千日紅を扱いませんでしたが、来夏のラインナップには登場します。ぜひお買い求めを。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本酒に添加の糖類は米? | トップ | 布施の高級寿司店『すし富』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。