なぐも 友美公式ブログ~皆さまとの出会いに感謝!

「にいがた観光カリスマ」「温泉ソムリエ」のなぐも友美が、日々のお仕事から、ぶっちゃけプライベート日記をお届けします♪

結婚披露宴

2016年11月13日 | 新潟市


結婚披露宴でした


2005年~スタートしたうるおいの新潟SNSから波及した
観光や旅行の仲間の一人、まりりんが
新潟市内で数店舗を構える企業さんのお嫁さんに
本当に幸せそうで私も嬉しかった


市内数店舗の各店で競う
料理対決&投票するという
さすが、楽しませる演出が素晴らしかった


私が利用したことがあるお店では、いつも接客とお料理に感動しているので
簡単に紹介しますね。実際にあった話です。

熟成肉のNIQを利用した時には、フォークを落とした音ですぐ気付いてくれて、代わりのフォークと汚した洋服を拭くためのおしぼりをすぐにもってきてくれて、帰りにコートのポケットに熱々のホッカイロが入っていたり

個人利用向けの居酒屋五郎古町店で、宴会をお願いした時にも快く引き受けてくれて、その日、台風が来ていたんだけど、わざわざ電話をかけてきてくれて「気を付けてお越しください」って

パンケーキとサラダのマテリアルカフェのタイサラダは最高に美味しいし

ユッケが美味しい焼肉屋さんの焼NIQの店員さんたちは、みんなニコニコしていて恋が芽生えたのかと勘違いしてしまうくらい(笑)レベルの笑顔で接客をしてくれます

そして、来週は、居酒屋五郎万代店で会議&宴会を臨機応変に対応してくださり

どの店舗も、味と接客にちょっと感動しますよ

まりりん~お幸せに
そして、これからもよろしくお願いします
いつもありがとう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯沢発~酒蔵めぐりツアー

2016年11月12日 | 観光


今年最後の「酒蔵めぐり」ツアー


朝一番10時前から、どぶろく工房を見学


そして、かんぱ~い


奥さまが、手作りのおつまみを作ってくれます


津南の苗場酒造を見学


とってもいい天気で、煙突も気持ちが良さそう


輪島塗のお膳で、地域の家庭料理をいただく贅沢


飲み比べも楽しい


早速、かんぱい


苗場酒造さんのお酒だけを並べて宴会


大満足のお昼です~玄関先で帰りに集合写真


社長の新保さんと奥さまのゆかりさん~恋人どうしみたい


津南は、野菜の宝庫なので、食彩館でお買いもの


最後は、八海山泉ビレッジ


地ビールをいただきます


さっぱりしていて、どんなおつまみにも合いそう


店内には、清酒の八海山や


酒器の販売もありました
さぁ、飲んだ、飲んだ、帰ろう~ 越後湯沢駅到着


ツアー終了後、なぐも友美の上がり酒に付き合う会です。
乗車いただいたお客さまがほとんど付き合ってくれるという嬉しさ


もち豚の


お鍋で最後の最後まで宴会やっぱりビールからだね


すっかり暗くなって解散
保よしさん~今夜もお世話になりました

みなさま!今年もありがとうございました
よく飲みました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柏崎の老舗味噌屋見学ツアー作りたい

2016年11月10日 | 観光

柏崎のバスツアーを作りたくて
みそ西」さんにおじゃましました


老舗のお味噌屋さんで、昔ながらの伝統の味を守り続けています


かりんさんは、お味噌屋さんのお嬢さんで
何とかこの伝統を守りたいと新たな挑戦をしています。


そんな一貫で見学会をしてくれています


味噌樽の中をのぞかせてくれたり


普段は、入ることができない麹室


キレイ
「しょうゆのみ」という商品の原料を見学


しょうゆのみ


蔵の中で出来立てのお味噌を試食したり


見学後は、お味噌汁の提供まで


採れたての天然なめこで、出汁をまったく使っていないのに
ものすごく美味しかった

小さな蔵元さんですが、体験型の楽しい見学会でした
みそ西さん~ありがとうございました


みそ西さんのお味噌を使ったお料理で宴会するツアーもいいなぁ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新津ではしご酒

2016年11月09日 | 食べ物・飲み物

ふむふむ。。。マップを熟読しながら
はしごルートを考えるのもタマラナイ。。。


チケットを


切り離して、いろんな飲食店をはしごします


富寿司さん


鉄道の町にいつにちなんで
線路にみたてたゴボウの上を車輪が!


主催者さんにご案内していただき


和厨(わぼう)さん


パブ・カントリーでは、絶品スペアリブ


この地図付きの飲食店マップが、本当によくできていて
イベント終了後(11月20日終了)も、これを参考にはしご酒しようと計画中です

さぁ、新津へいこう
いつもありがとうございます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の秋の食卓は・・・鮭と菊

2016年11月08日 | 食べ物・飲み物

毎年恒例、信濃川で鮭漁に行ってきました


今年は、鮭が上がるのが遅いみたいです


ぬるま湯につけて、筋などのごみ取り


今日は、時間がなかったので麺つゆに浸して


翌朝には、食べごろです


菊もよく食べますよ~
花びらをがくから外すことを「菊もぎ」といって
子どもの頃、菊なんて食べたくないのに、よく手伝わされました。


よく沸騰したお湯にお酢をいれて、サッとゆでで
お浸しや酢の物でいただくのが一般的
私は、しょうゆ&マヨ派です
新潟の秋に菊は不可欠だ!って思えるほど大好きです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の時代にタイムスリップ「小須戸の歩き方」

2016年11月07日 | 観光

パーソナルカラーの橋本美和さんと一緒に
電車でおでかけ~小須戸で町歩き


小須戸縞の最後の織り師・長井利夫さんのガイドで工場見学


今は、作られていない小須戸縞



機織り機には、糸が張ってありました


江戸時代から、大正にかけて、丈夫な小須戸縞は農作業着として重宝されていたそうです。
長井さんと工場の歴史をご案内していただきました。


ニコニコとガイドしてださるのに
気持ちの深さを感じました。


長屋(外観)を見学


牛乳箱なつかしい


するとガイド役の長井さん
「お~い、居たかい~!!」


「どうぞ、入ってください~」
って、どなたのお家ですか???


素敵な土間から、座敷に上がらせてもらう


元織物組合長の保科さんのお宅


天井がたか~い町屋作りのお宅です


朝7時~18時まで、その後も夜なべして 21時頃夕ご飯
毎日、毎日、機の機械がガチャガチャガチャと音を立てて、
女工さんが何人もお勤めされ
その頃は、尋常小学校を卒業して機屋さんにお勤めするのは花形職業であり
小須戸縞織りのお仕事は、花形産業だったというお話しを聴かせていただきました。


また、ぞろぞろと入っていく~いいの?


マスヤさん~電話番号すごいなぁ。


食料品屋さんで、このケースかわいい~


あら、また素敵な土間がある町屋造り
「冬は寒いし、本当はこわしたい・・・」とマスヤさん


とっても大きな風格ある和室です
古いものを残すというのは、想像以上なんですよね


町屋ギャラリー「薩摩屋」さんで


小須戸縞を見学
町の情報発信基地になっています


町屋カフェのわかばさんで


町屋の雰囲気を味わいながら


できたてトロトロ半熟のオムライスをいただきました


豆乳ソフトクリーム
絶品すぎて撮影忘れ


ガイドを終えた長井さんたちと一緒にランチ
「なんでも儲けることを考え始めたら、商売はつぶれるんだよ」と長井さん。
ニコニコと優しい表情の中に、たくさんの経験と「本当は親の商売を継ぐのは嫌だったが・・・」
商売がいい時も、悪い時も耐えてきた力強さと深さがあります。


恥ずかしい~ってカワイイ 栄森酒店さん


何とも素敵なワンコイン試飲会を開催中


ストーブを囲んで、小須戸のお話しを聴きながら試飲
「うちの裏に、馬頭観音さまがいらっしゃるよ」


云われは忘れちゃったけど


頭の上に馬を乗っけた 変わった観音さまです
「小須戸の馬頭観音をお参りしてから、新潟競馬場に行こう」
ご利益ありそうです


小須戸のみなさんの温かさと強さに触れた町歩きでした
和先生~ありがとうございました!!

さぁ、小須戸へ行こう
いつもありがとうございます






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉女子を連れて行くならココ「焼NIQ]

2016年11月05日 | 食べ物・飲み物

毎回恒例のお肉の会でした
お店は、大好きな焼NIQさん


お肉は、もちろん美味しいんですけど


おつまみも、他のお店とはちょっと違った味付けで


このポテトサラダだけでも、また食べに行きたいくらい美味しい


スタッフのみなさんも優しくて
好きになっちゃいそうでした


みんな大満足なお店です


上司のおじ様たちも言っています
「ここに連れていけば、間違いなく喜んでもらえるから」って
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合唱コンサート

2016年11月03日 | 今していること

娘の部活発表会に行ってきました。

まだ、1年生で出来ることの方が少ないのだけど
温かい先輩たちに支えられていることが
よ~く感じられて、始まる瞬間から感動していました。

ユニーク?積水ハウスの唄にも感動~いい歌詞だ


コンサート終了後のロビーコンサート
毎年、これで3年生が引退とのことで
このロビーが盛り上がるんだそうです。
たぶん30分くらい、、、

感動で、涙涙でした。
来年も楽しみです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星野リゾート講演会

2016年11月01日 | 新潟市


星野リゾートの代表 星野佳路さんの講演会に行ってきました。

一番前のかぶりつき席でした
広い会場に椅子がギュウギュウで、立ち視聴者までいたとか。

辞めていく社員「一身上の都合で」という人に本当の理由を聞いてみるとか
言いたいことを、言いたい人に直接言えるフラットな懐疑スタイルなど

私は、組織に属していないのですが
とっても楽しくて、心に残る講演会でした。

主催してくださったみなさま、
貴重な企画をありがとうございました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観光フォーラム~野内隆裕さんの魅力について

2016年10月30日 | 新潟市

新潟市と、私たちで主催する
「まちあるき・まちづくり観光フォーラムin新潟市」でした


今回のホスト役は、にいがた観光カリスマで路地連新潟代表の野内隆裕さん

野内さんは、日和山五合目の館長さんでもあり
町歩きのガイドをさせたら最高です

スマホなどの人気で、私も含めてですが想像力の欠如があり
野内さんにガイドしてもらうと、その想像力が最高に書き立てられます。

私はバスガイドとして、ず~っと考えていました。
野内さんのガイドは、何かそこまで楽しくさせるのか

・野内さんが楽しそうにガイドするから
・何度も分かりやすくご案内している
・声のトーンと早さ
・何年も同じことを繰り返し伝えている

どれも当たっているのですが、どこかしっくりきません

なぜ、野内さんにガイドしてもらうと新潟ファンになるのか?

そこで、ブラタモリでご案内役を務めた野内さん本人に直接聞いてみた

「ブラタモリという番組もタモリさんの楽しい妄想に付き合う番組だもんね」と野内さん



そこかーーー


私がバスツアーで作る行程のように、美術館で絵を見る、物産館で買い物をするなど
「今も有る」ものでなく
野内さんのご案内は、「今は無い」ところをご案内する。

「昔はここまで川だったんです」「昔はここは海の中でした」という具合に
無いからこそ、お客さまが頭の中で想像のCGを完成させながら歩く

お客さまの想像や妄想をさせる案内役が、今のガイドには大切な要素なんだと気付かされました。


春のバスツアーの行程を作っていますが、無いでなく、「今有る」ものにまた立ち寄ることになりそうで
気付いても行動が難しい私です。。。

とっても勉強になりました。
いつもありがとうございます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加