経営者フォーラム 東京ランド株式会社

借金たっぷり真っ赤な赤字企業でも破産も倒産も夜逃げも無用です。一人で悩んでいないで私たちに相談してください。

実務家通信12号

2016年09月23日 | 日記・エッセイ・コラム
戦中戦後、松下幸之助翁を支えた参謀高橋荒太郎流再建術
「秘訣の八カ条」が経営再建に大きな影響を及ぼします。
①まず自社の経営者の基本方針を「金科玉条」のごとく理解させること。これが出来れば{仏像に魂を入れる}に等しい。
②もとからの従業員の雇用確保を前提とし、「戦力」として再活性化させる。
③自主独立路線を貫き、支援先企業などから大量の{進駐軍}を送り込まない。
④問題の本質を見極め、あくまで品質、コスト、サービスの向上をもって事業を蘇生する。
⑤市場での競合に際し、公平かつ公正な姿勢を貫く。
⑥強固な確信を抱いて徹底的に再建作業を推進する。
⑦苦境に耐え、乗り越えて行く。
⑧責任者や従業員たちの成果に対して報いる。
以上の八カ条は企業再建の要件にピッタリである。と書かれていました。

大切な自分を忘れている
忙しいと、当然「忘れる」という現象が起きます。誰にでも経験があると思います。
この<忙>の字を分解してタテに配置すると≪忘≫の時になります。小話としてもおもしろいと思いませんか。
むかし、孔子が諸国を巡歴して帰国した際に、太守(たいしゅ)の哀(あい)公(こう)に挨拶かたがた旅上の話を報告したそうです。哀公もまた孔子の疲れを慰めようと、「先生のお留守中に隣国へ移転した家来があります。大変あわて者で、最愛の女房を置き忘れ、途中で気が付いて戻ってまいりました。」と笑い話のつもりで申されたそうですが、孔子はにこりともせず、かたちを改めて、言葉しずかに、「妻を置き忘れても、必ず思い出すからよろしいでしょう。しかし、一番大切な自分をどこかへ置き忘れて、忘れっぱなしでいるのが、わが国の現代のすがたではないでしょうか。」とひそかに戒められたそうです。
孔子がお亡くなりになり、二千五百余年の月日が経ちますが、現代はまさに孔子が指導したとおりではないでしょうか。
※人生は自身の心の持ちようと努力を尽くせば再興可能と信じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実務家通信11号

2016年08月30日 | うんちく・小ネタ
実務家通信11号
2016年8月吉日
周囲の事象は全てが我が心の反映である
「心」が経営に大きな影響を及ぼします。
経営者としての心構え、精神状態がどうあるべきか、ということが経営の要諦
なのです。

権謀術策を弄さない
相手が権謀術策を弄する悪い人であっても、それに同調したり、対抗してはならない。
害を及ぼさないためにも無防備であってはなりませんから、此方も色々な作戦を立てようとします。
しかし、そのこと自体がもう自分の心を汚くするのだそうです。では対策は・・・

常に反省のある人生を
人格の相当な部分を占めるのが潜在意識だそうです。
その潜在意識が、くり返しの反省によって変わってくるのだそうです。
※袁(えん)了(りょう)凡(ぼん)「陰騭録(いんしつろく)」を読んでみては・・・

人は皆利他の心を持っている
人間の心は利己的な心と他利的な心、自分だけよければよいという心と、みんなのために何かしてあげようという心、この二つに分かれます。
他利とは他人に対する思いやりの心です。
その思いやりの心、優しい心、美しい心、この様な心は強く意識しなければ育ちません。
美しくて、優しくて、思いやりのある心。
これが、我々大和民族の本質なのです。 

老化物質をためないために
AGEと呼ばれる体内の余剰な糖分とタンパク質が結び付き出来る物質で、日常的に体内で少しずつ生成され排出されにくいと言われています。AGEが血管に蓄積し動脈硬化や糖尿病、骨粗しょう症、アルツハイマーなどのリスク要因になるようです。AGEを多く含む食品「とんかつ、唐揚げ、ステーキ(脂肪多)、高温で料理食品、人工甘味料はブドウ糖の10倍の速さでAGEを生成するそうです。対策として、ワイン、レモン、お酢などの抗酸化成分を摂取し老化を押さえることが、医療費負担削減となり国家負担を抑える自助努力になります。
国家に期待するのではなく、「自身が国家に何が出来るか」安岡正篤翁から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦しい時の資金繰り

2016年04月23日 | うんちく・小ネタ
経済環境が厳しい経営者の皆様には、月末という過酷な時期に突入いたしました。
資金不足の経営者の方が陥る借りて支払う(追加融資や折り返し融資)という呪縛から今月は離れる勇気を抱いてみては如何でしょうか。
足りないから借りるという安易な行動から、なぜ足りないのかという現実を顧みる初心に戻ることを考えてみては如何ですか。
まず、現実に払えるお金を計算します。
次に払う先の優先順位を決めます。
例えば、銀行の返済・給料・仕入先・リース料など設備の使用料、これらの支払が出来ないと何か怖いことが起きる・従業員が辞めてしまう・材料の供給が止まる・設備を引き上げられるなど直ぐに事業が出来なくなると思っているのが一般的だと思います。
ですから、嵐に出あったことのない経営者の方々は銀行を1番にします。
借金が小さい内は銀行を1番にしても資金繰りは回ると思いますが、営業や技術などに能力のある経営者の方は売上を伸ばし経営という乗り物をこぎ出してしまうのです。
売上という荷物を乗せれば載せるほど仕入資金・売掛資金・返済(元本・利息)が重くなり、大きな漕ぐ体力が必要になるのです。
重くなって来たら無理をしないで、荷物を降ろし体力にあった経営に戻すことを考えてください。
銀行・リース会社には返済を数回待ってもらったところで嵐未経験経営者が考えることは全く起こりません。
しかし、無視は良くありませんから払えない事情を誠意をもって話せば待ってくれますが・・・
甘えてばかりではいけません。
待ってもらっている間に次の利益追求を必死に考え無ければ銀行もしびれを切らせむくむくと動き始めてしまいます。
交通標語
「飲んだら乗るな」
金融標語
「無いなら払うな」
今日はここまでにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【不動産(自宅・店舗・工場)を守る対策】

2016年04月19日 | うんちく・小ネタ
経営を営む上で経営者の健全な心身を保ち支えてくれる家族の生活の基礎である自宅や売上を生み出すお店や工場などを失えば経営は窮地に陥ります。
ですから危機管理として無担保の不動産は借主や連帯保証人の名義にしておかない、担保が付いている不動産でも返済のバランスや「転ばぬ先の智慧」が必須になるのです。

担保付不動産が
実勢価値 < 借入残高
        も返済を続ければいつかは下記になりますね!

実勢価値 =又は> 借入残高
は1番順位抵当権者と下位抵当権者への返済バランスや知人や身内などから借り入れている不動債権の抵当権を
下位順位に付けることで護れるのです。★詳しくは書けませんが・・・色々策はあります。

無担保不動産を
主債務者や連帯保証人名義には絶対しておいては駄目です。

雇用を守り家族を守るために転ばぬ先の智慧を早期に実行してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国の借金問題のうそ (国債等の所有者別内訳)

2016年04月19日 | 社会・経済
日本国の対外国債権債務は、対外国債務<対外国債権であり債権者国なのです。
我が日本は借金より債権の方が多く保有しているのが事実です。


そして、国債は日本政府の借金であり日本国の借金ではありません。

また、国債の所有内訳は以下です。
日本銀行31.6%
銀行等29.1%
生命保等21.7%
公的年金5.7%
年金基金3.7%
海外5.4%
家計1.5%
その他1.0%
一般政府(除く公的年金)0.3%
財政融資資金0.0%
(平成27年12月末データ資料)

トップ画像内訳と時期が少し違うだけで大幅に違うことに驚きを感じました。
参考URL 
https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/breakdown.pdf#search='%E5%9B%BD%E5%82%B5%E4%BF%9D%E6%9C%89%E5%86%85%E8%A8%B3'

※82.4%が財務省・金融庁管轄ですので、国債は政府が家族からの借り入れということです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加