本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『真実無罪』宮本雅史

2006年04月13日 | ノンフィクション
 
本書は、新聞か何かの書評で薦めていたのを、何気なく買って読みました。『もの作り大学』設立にからんだKSD事件というのをご記憶でしょうか。当時の超大物政治家、自民党参議院のドンといわれた、村上正邦氏が証人喚問を受けた上、逮捕され、大騒ぎになりました。

村上氏と言えば、数年前、小渕当時首相が病に倒れたおり、密室で後継総裁を森氏にすることに決めたと言われる、いわゆる『5人組』の一人です。あまり評判の良い政治家ではありませんでしたが、毎朝、靖国神社に参拝するのを日課にするほどの愛国者だそうです。

村上氏は国会で、もの作り大学に関して質問をするように、KSD側の故古関氏(贈賄、有罪確定)から請託を受け、その見返りに5000万円をもらったということで逮捕されました。贈った方は認めていましたが、村上氏は逮捕当時から一貫して5000万円をもらったことは否定し続けました。もちろん世論は『どうせもらったに決まっている』となっていました。

本書はその事件の経緯をずっと追い、多くの証言の矛盾や、検察の不可解な捜査方法から『村上は白』という確信を持ち、“法廷ノンフィクション”という形で事件を描きます。取調べや裁判の証人尋問のシーンは圧巻で、時間を忘れて読みふけりました。公平中立というのではなく、検察特捜部に批判的です。

もし本書が事実だけを書いているとしたら、検察というより、国中が騒いで冤罪を作り出したことになりますから、もっと本書はさまざまなところで話題になってよいと思うのです。筆者には“お抱えご用ライター”とか“魂を売った”とかいう厳しい批判もあるようですが、そのような言葉は権力者の側に媚びている人に使うのであって、筆者のように、すでに議員でもない一被告の側に立っている人にはあまり使わないのではないでしょうか。

宮本氏がどのような方かは知りませんが、一応新聞記者として、ゼネコン汚職をスクープし、新聞協会賞まで取った経歴もあるようなので、民主党にニセメールを持ち込んだようなフリーライターとは違うのではと思っております。

佐藤優氏の『国家の罠』『国家の自縛』を読んでおりましたので、検察という組織に対して、興味があり、その分夢中になって読みました。国策捜査という言葉が頭に浮かびました。ちなみに実際の裁判では1審、2審とも勝てませんでした。

ネットでいろいろ調べようと思いましたが、KSD事件や村上氏の名前で検索してもあまり詳しい情報がありません。イヤな感じがしました。法律のことは全くわかりませんが、日歯連の1億円はどうなんでしょう。村岡氏は無罪になりましたが、青木、橋本、野中の各氏は確実に1億円もらったのに逮捕すらされてません。

http://tokkun.net/jump.htm

真実無罪―特捜検察との攻防

角川学芸出版

詳  細

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『やさしいあくま』なかむら... | トップ | 『リスニング英聞法』伊藤裕美子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新自由主義に歯止めをかけたライブドア事件の国策捜査 (日暮れて途遠し)
2006-04-13 21:33:22
TBありがとうございます。

タイトルは月刊「日本」20006.3月号に掲載された佐藤優氏の8ページにわたる論文のタイトルです。ここで佐藤氏は村上正邦氏について「真実無罪」の記述などを紹介しながら1ページにわたり述べています。

佐藤さんは直接村上氏の人柄に触れる機会があったとのことです。鈴木宗男氏と同じ、ヘーゲルが述べているような「歴史的個人」で、自己の信念に基づいて」一路曽野目的に突進する」タイプと書いています。

また、「月刊日本」で鷲見一雄氏が「村上元労相に逆転無罪の可能性」05/6月号、宮本雅史氏が「調書偏重の刑事裁判を糾弾する!」06/2月号で説得力に富んだ議論を展開しているので、是非参照していただきたいとのことです。

月刊日本は森田実氏のHPで知り、本屋で探してもなかたのでその顛末を私のブログで記事にしたことあります(佐藤優氏著作集第?!)が、結局私は過去にさかのぼっていろいろ見たかったので国会図書館でさがしてコピーを取った次第です。そのとき2月号の宮本氏記事も目にしました。「真実無罪」の件知っていたらコピーをとったのですが、、、またの機会ですね。
拝見しました (VIVA)
2006-04-14 17:58:52
ご丁寧なコメントをいただき恐縮です。『月刊日本』について私も見てみました。実際に手に取って読んでみたい印象です。それにしても佐藤氏やこの宮本氏に関わる人脈は興味深いですね。テレビ番組などにもっと出ないのでしょうかね。すごい反響があると思うのですが、押さえつける勢力があるのでしょうか。分からない世界です。また勉強をしにおじゃまします。
テレビ番組見ました (日暮れて途遠し)
2006-05-02 21:58:12
昨日偶然にテレビで鈴木、佐藤、村上三氏の吉野・後醍醐天皇陵墓詣で見ましたよ。
こんばんは (VIVA)
2006-05-02 22:52:55
いやそうでしたか、ぜひ見たかったですね。日暮れて途遠しさんも偶然なんですね。全く知らず、惜しいことをしました。鈴木宗男氏は復権したんですから、ぜひどこかでまた、特別番組が組まれると良いですね。このメンバーに宮本氏やキツネ目の宮崎氏や、視聴率が必要なら、タケシとか大竹さんとか、ハマコーとか入れれば、絶対大反響だと思うんですけど(笑)。

本書を読んでから、宮本氏のことが気になって、また今、別の著作を読んでおります。これからも何か情報がありましたらよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
佐藤優氏裁判考察 (日暮れて途遠し)
裁判の詳細を聞いていて隔靴掻痒の感があるのは何故かというと、今となっては「国家の罠」によって国策捜査のばからしさ、底の浅さが全部透けて見えてしまっているからだ。 裁判のポイントはイスラエルの学者の招聘、イスラエルの国際学会への日本の学者等の派遣が国際委員
闇権力の執行人 (乱読日記)
鈴木 宗男 闇権力の執行人 感想をまずひと言。 外務省もひどいが、なんか文章もなぁ。 薄い。 「~反省してます。」 「~申し訳なく思っています。」 (でも本当の責任は自分じゃない) そんな感じの印象を受けてしまいました。 MARCデータベースより
真実無罪 (日暮れて途遠し)
昨日の記事「鈴木宗男、佐藤優、村上正邦氏の吉野、後醍醐天皇陵墓詣で」に登場した村上正邦元労働大臣についての参考記事です。 タイトルの「真実無罪」は宮本雅史著の村上氏事件を扱った本の題名ですが、月刊誌正論3月号の「読書の時間」というコーナーで佐 ...
鈴木宗男、佐藤優、村上正邦氏の吉野、後醍醐天皇陵墓詣で (日暮れて途遠し)
4/30(日)夕方、テレビ朝日のニュース番組「Jチャンネル」を見ていたら、堀江保釈を話題として取り上げていて、何と、逮捕経験者として鈴木宗男、佐藤優に加え村上正邦の三氏が吉野を訪れ、参拝したり浴衣姿で対談したりインタビューに答えたりしている姿が紹介 ...
平和学習其の二…(´・ω・`)いい加減にしてくれ (critic 「CHIKISO」)
今日、自分の学校で再び「平和学習」があった。 自分は今月、修学旅行で沖縄に行くのでその事前学習として2学年全員がある「映画」を見せられた。 その映画の題名は「月桃の花」。 「沖縄を訪れたアメリカ人のジョージ(ジョン・カビラに似てる)。このジョージは ...