本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『大学の話をしましょうか-最高学府のデバイスとポテンシャル』 森博嗣 

2006年11月19日 | 教育関連書籍


大学の話をしましょうか.jpg

大阪大学が、世界史の履修漏れの高校生たちの補習を行うと発表しました。大学が高校生の教科書を使って、単位を認めるそうで、文部科学省も、聞いたことがない そうです。 そりゃそうでしょう。

いろんな指摘が可能ですが、未履修問題が、何も片付いていない段階で、大阪大学は、“必修世界史が未履修でも入学を認める”と宣言したことになりかねません。

もうむちゃくちゃですが、それは別の機会にゆずり、今日はもう一つ別の観点から本書を紹介します。


大阪大学がそれを決定した時、竹中亨教授(西洋史)のコメントは


国際化の時代なのに、学生が第二次世界大戦などを知らず社会に出て行くことに歯止めをかけたい


どうです。


“歯止めをかけたい” つまり、阪大という名門校の大学生が、すでに戦争に対する知識がないというのです。

学力低下の論争の火付け役になった、『分数ができない大学生』(岡部 恒治 , 西村 和雄 , 戸瀬 信之 )という調査報告の本をご存知でしょうか。京都大学、慶応大学という偏差値の高い大学でも、小学生の分数さえできない者が相当数いるという告発です。


これに反論し、ペーパーテストの結果だけじゃなく、“意欲も学力だ”などと、言っておりましたが、現状、そのやる気も学習時間の平均も、国際比較では日本はほとんど世界最低レベル


家庭学習をする子とまったくしない子の二極化はかなり前から進行しています。10年くらいやっている先生は絶対、知っている、肌で感じていると思います。


履修漏れ事件の原因が、受験ばかりを意識した高校教育のせいだ、という主張が新聞などにものります。しかし、これ以上、高校生が勉強しなくなってしまった日本の将来はとても明るいとは思えません。


今の受験制度のままで、学力低下の問題をいっぺんに片付ける方法は、実は簡単で、大学の入学定員を大幅に減らして、受験科目数を増やすことです。実施するのが難しいだけです。

実際、少子化をむかえて、大学は個性を出そうと、定員を減らすどころか、逆に次々と新しい学部を作りますし、中国人留学生まで入れてまでも、一定人数を確保しようと懸命に競う大学までありましたね。 入学試験の科目を減らしたり、AO入試や○○推薦などと、実質は生徒の青田買いをしなければ、質を確保できない、定員に届かないところも出てきました。“歯止めをかける” どころではありません。


本書が、何かの売上ランキングに出ていたので、何も知らずに読みましたが、著者の森博嗣氏は人気作家でありながら、名古屋大学工学部建築学科の助教授なんですね。 上記の点に関して、氏は


昔、必要だから大学がたくさんできた。今は少子化なのだからどんどんつぶせば良い と言い切ります。その通りで、そうすれば、学力低下問題だけは一気に解決しますし、税金の節約になります。大賛成です。


本書では森氏がインタビューに答えるという形式で、教育、特に大学の組織などについてご自分の意見を述べています。大学に籍を置く人間としては、非常にラジカルというか、個性的な意見でしょう。

大学の組織がいかに非効率かということを批判する人は、かなり激しい口調になるのが常だと思いますが、森氏のたんたんとした語り方が印象的です。


作家の中には、教育に関して的確な発言する方が多いような印象を持ちます。このブログでも、これまで、重松清氏の『みんなのなやみ』や 村上龍氏の『希望の国のエクソダス』 などをご紹介しました。


非常に読みやすく、アカデミズムの実態を解説してくれている一冊です。残念なのは、インタビュアーの突っ込みというか、踏み込んだ質問が少ないので、なんとなく、表面的な印象を持ってしまいます。聞きたいことはまだまだあるのに~、という感じでしょうか。インタビューでなく、自分で書かれたものであったらと悔やまれます。 

大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル

中央公論新社

詳  細




http://tokkun.net/jump.htm(当教室HPへ)





P.S. ここ二日間、はでに遊ばせていただきましたので、かなりじみな印象ですね、今日の記事は(笑)。実は昨日の川柳も、ランキングでは大変な、高評価をいただきました。ありがとうございます。学問に王道なし【 There is no royal road to learning. 】 と生徒に言っておりますので、あまりの高評価に、“年内はずっとスッコトでいくか” などと誘惑にかられましたが(笑)、私も生徒同様、地道にまいります。

直球あっての変化球だと指摘をいただき、私も変化球投手に代わるのは、もう少し経験をつんだあと。アドバイスを頂いたみなさん、感謝しております。時々は、スットコや川柳なども出しますので、そのときは一緒にはしゃぎましょう(笑)。今後ともよろしくお願いします。昨日までの落差が大きくなりますと決心がゆらぎますので(笑)、できましたら、応援のクリックを… m(__)m (さっ、本よも)
      ↓                         ↓

人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ 



『大学の話をしましょうか-最高学府のデバイスとポテンシャル』森博嗣中央公論新社:187P:756円

ジャンル:
学校
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『〈教育力〉をみがく』家本芳郎 | トップ | 『音読英単語Stage2』岡田賢... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暴論 (Mizo)
2006-11-19 17:51:34
最高学府、東大さんに文理問わず国数英理社すべてを必須科目にしてもらうというのはいかがでしょうか?
受験科目をどういじくっても受験生が減らないと思われる東大さんじゃないとこんなワザはできません。
Mizoさん (VIVA)
2006-11-19 18:09:44
Mizoさん、その通りですよ。その上、定員を大幅に減らす必要があると思います。暴論じゃないですよね。今は、東大ブームだし、東大の教育学の学者さんたちは熱心に発言していらっしゃいます。佐藤学氏も、苅谷先生も…。注目度は抜群で、すばらしい見識ですが、やはり、国全体としての解決策は、難しそうです。

ただ、東大だけハードルをあげてもまだまだのような気がいたします。他の国立や私立も一緒にやらないと…。ですから現実が難しいんですよね。

普通、“競争原理” が働くと、企業はがんばって、技術開発をしたりして、安く良い製品やサービスが提供されて、消費者は恩恵を受けますよね。

大学の競争原理は、確かに、魅力ある大学にしようとして、懸命に努力されているのですが、ハードルを下げる方に行ってしまって、確かに“合格しやすい” という点では、受験生は恩恵をこうむるのですが、その結果、勉強しなくても入れるような状況になってしまいました。

とにかく数が多すぎますね。同じ大学の同じ学部に合格するのに、入り口が3つも4つもあるんです。

森博嗣さん。 (HIRO。)
2006-11-20 00:41:51
森博嗣さんは小説家としてかなり人気がありますね。図書館でもよく読まれます。先日、娘の塾の説明会(定期的にある保護者会)に行ってきました。高校の履修漏れは小中学校のゆとり教育のツケが回ってきたのであって、いわば犠牲者(特に自殺された校長先生など)だとの説明でした。システムに問題があると思います。
こんばんは^^ (シン@偽哲学者)
2006-11-20 01:53:30
最近の教育界は最低ですよね。
中でも私はいま話題のとある地域で
福祉・教育系のバイトをしてるのですがかなり悪いと感じます。
子供たちのモラルと知識も問題ですが
それよりも大人たちの知識とモラル低下が問題だと思います。
自らの国の歴史や世界の歴史のおおまかな流れくらいわきまえないで
何が大人なのでしょうかね・・・
つくづく日本の将来が心配です。
そしsてそれに対しなんの歯止めもできない自分の不甲斐なさに凹みます。
阪大の見識 (主隣)
2006-11-20 03:20:59
阪大が、高校教科書を使って世界史を教えるという事がどういうことか理解できていない方が多いのに驚きです。日本の大人は、アホが多くなったのでしょうね。まず世界史といいますか、歴史を知る事は成熟した人格を形成するのに不可欠です。真の教育者なら、歴史の必要性を十分認識しているはずです。人間と社会の物語だからです。歴史教育をないがしろにする学校は、それなりの教育サービスをしているのでしょう。受験勉強が教育だと考えている教諭が目立っていますが、受験勉強は、教育の付録みたいなものです。。しかしながら、今回の履修漏れに関しては、受験シーズンということを踏まえ、文科省が随分甘い措置にしました。世界史の授業が十分なされるのでしょうか。また家庭科の授業で、見学をする学校があるようですね。随分酷いですね。阪大は、メッセージを出しているんですよ。
HIRO。さん (VIVA)
2006-11-20 10:31:40
塾の保護者会に出られるお父さんはたいてい、問題意識の高い、立派な方が多いですよ。そうです、やはりわけのわからないゆとり教育は早く、手を打った方がいいと思います。

実際のアンケートでも、父兄の半数をかなり超える人たちは反対していますから。
シンさん (VIVA)
2006-11-20 10:36:15
こんちには、子供を育てたのは社会、つまり大人の責任ですよね。この記事でも触れたように、阪大を出た、普通のエリートと呼ばれるであろう人々でさえ、歴史に無知であるというのは危機的ですね。

シンさんのように、その大人としての責任を感じている方がどれほどいるのでしょう。私は塾講師ですから、目の前の生徒たちを教え、あとはこうしてブログで訴えることです。もちろん自分の子供にマナーはしっかり身に付けさせたいです。
主隣さん (VIVA)
2006-11-20 10:41:23
コメントありがとうございます。阪大のメッセージが、何かを動かすといいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
子供を殺すのは教師か親か (プラウドシティ梅島自治会)
文藝春秋 2006年 12月号 [雑誌]文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今月は、足立区教育委員会の予算配分や学校教育について 記事を書かせて頂きましたが、教委側・学校側に偏った内容が多かったので バランスを取るため、地域や親の問題や今後の役割についても 考 ...