本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『信長と秀吉と家康』 池波正太郎

2006年09月16日 | 歴史


信長と秀吉と家康.jpg


信長 ・ 秀吉 ・ 家康。この三人に関する書物はいったいどれだけ出版されているのか想像もつきませんが、今、ちなみに Google で、それぞれを検索しますと

信長:692万件
秀吉:252万件
家康:467万件 
ヒットしました。

並び称されることが多い三人ですが、案外、差がありますね。しかし、三人並べて検索してみますと、やはり60万件もヒットしました。男の子の歴史好きは、戦国時代の武将から入る人も多いですね。(ゲームの『信長の野望』なども含めて…)


本書は、当教室 で出しているメルマガの、読書 “入門書特集” の時に、歴史の入門書として取り上げたものです。歴史が苦手な中学生やひょっとしたら小学校高学年でも、この300ページは、きっと“ 一気読み ” できるのではないかと思いますので、ぜひチャレンジして欲しいです。


単に面白いエピソードを紹介するだけではなく、史実やそのつながりが頭に残るように書かれているという点が実にすばらしいと思います。池波正太郎氏の力は偉大です。ところどころに入る、ちょっとした解説は、わかりやすい授業を聞いているかのようです。

限られた、私の歴史読書ではありますが、その戦国時代ものの中で、入門書として抜群だと思います。


P.S.(1) 生徒には、本書を強くお薦めしたいのですが、どうしても文庫の小さな文字は苦手だという人には、今年のはじめから、『週刊:日本の100人(1号190円:2号以降560円)』が創刊され、その1号が信長です。このあとは、坂本竜馬、家康、東条英機、秀吉と続きます。バックナンバーも在庫さえあれば手に入ります。
→  http://www.de-club.net/nhy/ 


テレビCMで紹介されているとおり、こちらは大型本で、きれいな写真、年表などがふんだんに使われ、ながめるだけでも楽しいできばえで、内容も本格的です。現在は34号まで出ています。我が家もずっと買っております。



P.S.(2)
 ところで、検索エンジンは、英語の勉強にも使えますよ。例えば、ほとんどの高校生は中学で “be surprised at” を叩き込まれていますから、丸暗記していますが、by でも良いんだよというと、びっくりします。教え方が悪いんですね~。そこで、生徒の前で、フレーズ検索をして見せるのです。

surprised at : 1230万件
surprised by :1570万件 
 となって信用してもらえます(笑)。 
ちなみに
surprised to :2130万件 で、これが最もよく使われる言い回しだと推測できます。

ついでにもうひとつ、イラク戦争は war on Iraq なのか、in Iraq か with Iraq か at か of なのか、たとえ英文を読まなくとも、検索にかかる数の違いだけでも、参考になります。興味のある人は試してみてください。


http://tokkun.net/jump.htm
 

『信長と秀吉と家康』 池波正太郎
PHP文庫:300P:570円


■■
   きっかけ  ■■  

子どもを見ていますと、本当に勉強はきっかけです。楽しい本やドラマ、時にはテレビゲームまで…、またライバルの出現などもそうなったりします。難しいのは、相手は、子どもとはいえ、こちらの予想どおりには反応しないことですね。学校や家で大人がなるべくたくさん、いろいろなきっかけを与えることが大切だと思います。

このブログのどれか一冊でも、そういうきっかけになりますように!
できましたら、応援のクリックをお願いします。

   にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング   

信長と秀吉と家康

PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 不良の木 』 北方謙三 | トップ | 『4コマ哲学教室』 南部ヤ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re:『信長と秀吉と家康』  (風竜胆)
2006-09-16 13:27:31
こんにちは

私は、この3人の中では、信長が好きですね。先例に囚われない斬新な考え方が魅力です。

特に、日本を宗教の呪縛から解放したことと、楽市・楽座により、経済を活性化したというのは、その後の日本社会にとってのおおきな貢献ではなかったかと思います。

秀吉が、3人の中で人気がなさそうなのは、もしかすると、今テレビで放映されている「功名が辻」の影響もあるのかもしれませんね。

煩悩 (tani)
2006-09-16 21:47:36


信長よりも、秀吉よりも、家康よりも、更に気になるもの有之。

これを「煩悩」と名づく。

風竜胆 (VIVA)
2006-09-17 11:16:42
こんにちは、信長は、ちょっと日本人とは思えないような、けた外れの思考というか、スケールが違うような気がします。



秀吉は良い意味でも、悪い意味でも、人間味丸出しで捨てがたいし(笑)、自分が生きていくなら、家康の時代が安心できそうですね。



とにかく子どもたちが、この程度(笑)の感想を持ってくれるようになると良いのですが…。
tani先輩 (VIVA)
2006-09-17 11:20:37
コメントありがとうございます。お体大切にして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。