本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『日本人の生き方』 会田雄次

2006年05月07日 | 教養

もうかなり以前、1976年に出された本です。すでに何度も読んでいましたが、他人に貸しているうちに、どこかへいってしまったため、もう一度、今年購入して読んでみました。

やはり同じような感動がありました。わずか80ページ、厚さにすれば5ミリあるかどうかの薄い本です。特に高校生や大学生に読んでもらいたい一冊です。

アメリカ人、イラク人、イスラエル人、中国人、北朝鮮人、何人でもいいのですが、「~人」と聞けば、ぼんやりイメージがわきます、わいてしまいます。もちろん人は人種より、個性によって評価される「べき」ではありますが…、それを戒めても詮無いことで、メディアの議論も常にそのようになされます。

では日本人は一体どういう国民なのでしょうか?「同じ日本人であっても、僕と君とは違う人格だ」と主張するのは、自由で当然ですが、同じ日本人で、同じ親とか同じ世代、または性別、出身地、学校だとなれば、他から見れば、それは一つのくくり(まとまり)になってしまいます。

では日本人をどうくくればよいのか、実際にくく(ら)れるのか?皆さんはどのようにくくりますか?あくまでくくりを否定しますか?もし、自分の思いと違うくくり方をされていたら、どうするか、そんな事を考えさせてくれる一冊です。

http://tokkun.net/jump.htm


日本人の生き方

講談社

詳  細




『日本人の生き方』会田雄次
講談社:79P:525円
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷フラワーランド・チュ... | トップ | 『バカモン!波平、ニッポン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思慮 (さらさ)
2006-05-07 18:42:57
トラックバックをありがとうございました☆

さらさ、と言います。

会田さんの著書は、思慮に富んでいて、

はっとさせられることが多いです。

この本も見つけて読んでみようと思います。
アーロン収容所 (tani)
2006-05-08 08:54:28
会田雄治の本を読んだのはこれだけです。

文庫本と新書本と2冊あります。

新書は古本屋で購いました。300のエンピツの値段書き込みが付いています。

貸した本は帰ってきませんネ。

ボクは、小堀杏奴「晩年の父」は3回買い直しました。今あるのは文庫本ですが、岩波から

出た四六版は今でも惜しかったと思っていますが、貸した人も忘却です。
コメントありがとうございます (lmfjrd)
2006-05-08 10:33:24
こんにちは。コメントありがとうございます。

自分が最初に読んだのは日本教養全集8巻「男性狂気論」でした。学生の当時、思考の転回をもたらしました。もう一度読みたい著作のひとつです。
コメント恐縮です。 (VIVA)
2006-05-08 17:58:24
さらささん:こんにちは。本書はまだ入手可能でしょうが、年々会田氏の著作が手に入りにくくなるのが残念です。お読みになるようなことがあれば感想などお聞かせ下さい。



tani先輩:実は『アーロン収容所』を最初に読んだ時には、その学問的意義がわからず、他の著作をいくつか読んでから、その重要性に気付きました。

本当に、貸した本は返ってきません。何冊、いや何十冊あることやら。惜しい気がしますが授業料だとあきらめます。お金も本も安易に貸したり借りたりするもんじゃないですね。



lmfjrdさん:勉強不足で、『男性狂気論』というのは知りませんでした。さがしてみます。コメントありがとうございました。
Unknown (legenda)
2006-11-10 22:31:31
会田雄次先生の本ばかりを扱う読書クラブがあったらと希望しています。
メールで立ち上げていただけませんか。
legendaさん (VIVA)
2006-11-11 10:35:13
こんにちは、私も会田先生の著作は大好きです。大学時代から、今でも時々読みますし、いろいろな問題が起こったとき、会田先生ならどうするだろうかと考えたりします。

『アーロン収容所』以外は、なかなか手に入りにくくなっているので、お薦めしにくいのが残念です。

メールによる読書クラブというのはやったことがないので、無理ですが、ここまでおっしゃっていただけるのなら、早い時期に会田先生の本を取り上げます。

コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
再び辰巳芳子さん (グローバルファンタジストの好奇心)
「大豆100粒運動」と「いのちのスープ」で有名な料理研究家辰巳芳子さんが、5月3日(水)から4週連続でNHK教育テレビ夜10時25分からの「知るを楽しむ」に出演している。また、知人から彼女の出演した番組を収録したビデオを拝借する機会を得た。連休の一日、久々に ...
アーロン収容所 (狸便乱亭ノート)
{/note/}{/pen/}  ボクは新聞で一番先目を通すのは、第1面下にあるコラム、朝日新聞で言えば「天声人語」である。筆者の署名はないが、凡そその日の社説に沿ったことが、書かれてある。現在の筆者は、本からの引用、紹介が多い。あの頃と同じ筆者であるかどうかボ ...
アーロン収容所、西欧ヒューマニズムの限界、会田雄次著 (お絵かきじいさんのある日)
名著である。もう古典といって良いであろう。イザブロガーは相当部分が若い人ではないか。 あるいはご存じない方も多いのではないかと思ってここで紹介する次第である。 私は最初に買った本を失った。そこでまた買い直した。 奥付を見ると1962年11月15日初 ...
『アーロン収容所』 会田 雄次 (本からの贈り物)
アーロン収容所会田 雄次 (1973/01)中央公論社この商品の詳細を見る 11月11日11時に、オーストラリアでは第一次世界大戦で亡くなった方々を悼んで、黙祷を行う。今年は土曜日だったので、学校では前日の金曜日に黙祷を