むら里はいかい「路傍の石仏 馬頭観音」


▼某月某日・むら里はいかい「路傍の石仏 馬頭観音」

 


農村の道路わきに、馬頭観音が建っています。頭の上に馬の顔のあ
る石仏だったり、馬頭観世音と彫った石碑だったり。


馬頭観音は、馬頭観世音菩薩というのが本名。六観音の一つで、馬
頭金剛明王ともいいます。


この神さまは、馬のように水を飲んだり、雑草を食べ、六道中の畜
生道に苦しむ人々を救うのだそうです。


今のように、車や、トラクターなどの農機具がなかった時代、馬は、
大切な動力源でありました。


人々は、お馬さまをそれは大事にし、かつては農家は自分たちの住
まいといっしょに馬舎をつくったほど。


だから死んだ飼い馬のために路傍に供養塔を建て、畜生道を守って
くれる馬頭観音として馬の安全、無病息災を祈ったのだそうです。

 

 

▼↓【画像】と説明文をどうぞ
http://toki.moo.jp/merumaga/nonokami/inakami06.html

 


▼ヤマケイ新書『日本百霊(れい)山』(山と渓谷社)税込950円
・書店にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。

…………………………………
・【仕事部屋】へもどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/
・【グッズマイショップ】:https://suzuri.jp/toki-umoart
(バッグ、Tシャツ・コーヒーカップ)
…………………………………

 

▼終わり
………………………………………………………………………………

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 某月某日「山... 某月某月「高... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。