某月某月「高山植物・ヤッショ、マカショのキヌガサソウ」


高山植物・ヤッショ、マカショのキヌガサソウ

 

登山中に大きな葉を丸く外側に向かって広げ、その真ん中に首をつ
けたような白い花を見つけました。高山植物のキヌガサソウです。
ハナガサソウともいうそうです。


その名前は放射状に広がった葉っぱが、奈良時代にやんごとなきお
人にさしかけた衣笠に、また踊りに使う絹笠似ているからといいま
す。


キヌガサソウは、日本の固有種とかで、東北地方から中部地方の、
主に日本海側に分布する植物とか。


ユリ科キヌガサソウ属(またはツクバネソウ属)の多年草としてい
ます。


しかし、キヌガサソウは染色体数が異質8倍体であることから、ツ
クバネソウ属植物とエンレイソウ属の雑種起源であるという説や、
ダイスワ属あるいはエンレイソウ属の祖先から倍数花にともない、
分化したという説などがあるそうで、その由来についてはまだ未解
決の問題として残されているという(『植物の世界・112』朝日新聞
社)。

 

▼「イラスト」と説明文をどうぞ↓
http://toki.moo.jp/merumaga/uusangac/uusangac06.html

 


…………………………………
▼ヤマケイ新書『日本百霊(れい)山』(山と渓谷社)税込950円
・書店にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。


…………………………………
・【仕事部屋】へもどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/

 

 


★おわり
………………………………………………………………………………

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« むら里はいか... むら里はいか... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。