巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

永遠の応援者

2017-08-05 18:27:06 | 
あの頃に帰りたい
なんて懐古主義じゃないけど
確かに輝いていた頃がある
誰もかもが笑顔で
交わって、くっついて
意外とそれがしっくりして
一時代の終わりが訪れるなんて
誰も予期しなかったんだ

僕の心の情景
君の心の様相
覗いてみて、きっとわかるから
世界は変幻自在
運命かな、宿命かな?
僕は黄金の旗を振る
仲間を応援し、鼓舞し続けるんだ

僕の心は絶望で埋め尽くされてるけど
何に対してか、抗うことは重要で
それは老いに対してかもしれない
速すぎる時の経過に対してかもしれない

君の心は希望で埋め尽くされてるけど
それを叶える術を誰も知らない
だから僕は旗を振りかざして応援するんだ
君はもう君だけのために生きていい

美しい季節があっと言う間に過ぎて
抗いをよそに僕達はまたトシを重ねる
二人の愛は不器用極まりないけど
こんなのもアリかと君の横顔を見遣る

時が過ぎ、愛のカタチも変わる
僕はいつまでも応援者でありたい
希望と絶望の狭間にいる貴方の為に
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自力本願 | トップ | 天国の番人 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL