横須賀市の地域ガイドブログ 観光やグルメ&おいしい!おすすめのお店紹介 ニュースやイベント基地情報も
 




風邪から復活したものの、その間にいろいろとやる事がたまってしまいました。
いただいたコメントへの返事も遅れて申し訳ありません。
昨年訪れた、鎌倉浄智寺近くのワンシーンです。
小川とアジサイ・・・こんなほっとできる風景が多いのも鎌倉の魅力ですね。

いつもありがとうございます。




Deep City 横須賀 TOPへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おかげさまで体調も良くなりました!復帰1発目はやはり「食べ物ネタ」で
先日鎌倉にあじさいを見に行ったついでに、以前から気になっていた『クアアイナ』に
行ってきました。車ですと国道134号線沿「滑川」交差点を鎌倉駅方面へ入って左側です。


ハワイ生まれのハンバーガー&サンドイッチレストランです。
手前側100mくらいにはもう由比ヶ浜の海岸があり、これからの季節は賑わうのでは。


 
お昼時に行きましたが、2階へ上がるとお客さんがいっぱい。
店内にはサーフィンの映像が流れ、サーフボードが飾られて、ハワイムードを演出しています。
お子さん連れや外人さんも多く、お客さんもどこか海の近くらしい雰囲気がします。



お腹を空かした私が注文したのは、人気No1と書かれた「アボカドバーガー」のセット。
ドリンクとポテトがついて1280円(だったかな?)。普段マックで100円バーガーを
食べている私には、目の飛び出るお値段ですが、ボリュームと本格的なお味に納得。
向こう側のトマトのついているパンを乗せて、大の男が大口を開けてかぶりついても、
1口では収まらないボリュームです。そして肉の香ばしさが野生の本能を呼び起こします。


◆ クアアイナ(KUA AINA)ホームページ ◆


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『クア・アイナ鎌倉店 / KUA AINA』 
神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-3-9 2F
0467-61-2400
営業時間 11:00-21:30 (LO 21:00) 
定休日 なし

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

関連サイト
食べログ→クアアイナ 鎌倉店  写真豊富で詳しいです。

雰囲気よし、立地よし、味よしと3拍子揃った「クアアイナ」
もうちょっと安けれ言う事なしです。国内にも13店舗あるそうですが、
その中でも海の近い鎌倉店は一番ハワイらしい雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。
ここで注意をひとつ。初めてのデートにはおすすめできません。大口を開けてぽろぽろと
こぼしながら食べれる仲になってから、思いっきりがっついてください。

おおっ!うまそう!とかぶりつきたくなった方はポチッとお願いします。
とても励みになります。ありがとうございます。




イベント案内・オススメのお店・何でも横須賀情報&画像の投稿はこちらへ♪ 


Deep City 横須賀 TOPへ



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




鎌倉・成就院にアジサイを見に行った時、もう一つアジサイスポットが近くにある
ということで足を延ばしてみたのが「御霊神社」です。ここは江ノ電とアジサイを
一緒に撮れると聞き、向かいますと、神社の前に江ノ電が横切っています!


そしてそのスポットには先客のカメラマンが多数。踏み切りの音に慌てて撮ったのが
この一枚。撮った時には気がつかなかったのですが、帰ってきてから写真をみると・・・
この6月から運行している「鎌倉ものがたり号」じゃないですか!
アジサイとのコラボもバッチリ!ですよね?嬉しい1枚となりました。

気に入っていただけましたら、最後にポチッとお願いします。
写真はクリックで拡大します。


今日は新しい記事を書く時間がなかったので、
鎌倉・御霊神社前からの江ノ電動画を追加します!小出しですみません。




★フォトギャラリー番外編 江ノ電★


Deep City 横須賀 TOPへ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




鎌倉・成就院のアジサイが見頃を迎えたとのニュースに、いても立ってもいられなくなり、
行って来ました!昨年は台風や工事の影響で見ることができなかっただけに、とても楽しみです。
初めて成就院に来ましたが、アジサイ寺といわれるだけあり、参道のアジサイはとてもきれい。
またここは、鎌倉。観光名所の紫陽花シーズンだけに訪れる人の多さにもびっくりしました。


ここはアジサイの向こうには由比ケ浜が見えるという、絶好の撮影スポットです。
カメラを構えた人で渋滞ができているほどです。いい景色ですね。





取り急ぎ、写真のみの投稿となりましたが、後日お寺の写真も追加します。
月末までは楽しめるそうです。鎌倉アジサイめぐりなんていかがでしょうか?

最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。




Deep City 横須賀 TOPへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鎌倉を歩いていると、ふと休みたくなる時がありませんか?!
この日も鎌倉を歩き回り、ちょっと休みたいな、なんて時に立ち寄ったのがここ『ソンベカフェ』です。
駅から近く、気軽に寄れると、カミさんも何度か行っていて気に入っているお店です。


場所は鎌倉駅を小町通りとは反対側へ降り、右へ線路沿いに行くと見えてきます。
小町通りの方からも、線路を渡るとすぐにあります。(地図は下になります)
オープンテラスになっていて、開放的な雰囲気。



この日はちょっと一休みということで、アイスコーヒーをテラス席でいただきました。
本当に目の前に電車が走っているんです!こういうのもいいですね。
聞くところによると“ソンベ”とはベトナムの小さな村の名前だとか。
メニューもナシゴレンやフォーやグリーンカレーなど、アジアの料理が目に留まります。
店内の家具もアジアのものらしく、とても落ち着けます。不思議とゆったりとした気分に。



また店内ではベトナムなどで直接買い付けた雑貨なども売られています。
ソンベの村で作られる“ソンベ焼き”の陶器は素朴で温かみを感じられます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『ソンベカフェ / SONG BE CAFE』
鎌倉市御成町13-32
0467-61-2055
営業時間  11:30~21:00  土は11:30~22:00
定休日 水曜日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
関連サイト
ぐるなび→ソンベカフェ
食べログ→ソンベカフェ 
google画像検索→鎌倉 ソンベカフェ
今回はちょっと寄っただけでしたが、雰囲気の良さが気に入りました。
次回は食事や、アジアンデザートも食べてみたいですね。

最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

★当ブログ横須賀のカフェ・喫茶店特集★

Deep City 横須賀 TOPへ







そうだ!横須賀に行こう!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと前になりますが、鎌倉へ行った時にお昼を食べに『マッチポイント』へ
行ってきました。ここの『マッチポイント』逗子にもありますが、逗子の方が1号店。
『鎌倉マッチポイント』は2003年12月オープンのお店です。お目当てはカレーです♪


鎌倉駅から、そう遠くない場所にお店はありました。(地図は下になります)
ちょっと上がった2階部分がお店になります。



お店に入るときれいなバーカウンターが目に留まります。
今回はお昼に来ましたが、夜の雰囲気も良さそうなお店です。
窓際にもテーブル席、他にもボックス席のようなテーブル席があります。



早速カレーを注文!こちらはチキンカレー(735円)
一本丸ごと入ったチキンは軟らかく煮込まれていて美味しい。


 
もう一つは海老カレー(945円)。歩き疲れたのでビールも頼んでしまいました。
夏にカレーとビール!く~っ、たまりません!
右はお昼のメニュー。カレーの種類も多く正直迷えます。(クリックで拡大します。)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『マッチポイント鎌倉店』
鎌倉市扇ガ谷1-8-6 OGUROビル2F
0467-25-3339
営業時間 [月~金] 11:30~14:00 17:00~翌1:00
     [土・祝] 11:30~翌1:00
     [日] 11:30~17:00 
定休日 水曜日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
食べログ→マッチポイント 鎌倉店
google画像検索→鎌倉 マッチポイント

湘南や鎌倉は海の近い街。なぜかカレーがよく似合います。
1号店でもある逗子の『マッチポイント』にも行ってみたいですね。


最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

Deep City 横須賀 TOPへ








コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




今回は横須賀よりちょっと足をのばして、鎌倉長谷にありますケーキ屋さんへ行ってきました。
このお店はカミさんが雑誌で見つけてとても行きたがっていたお店です。
お店の名前は『OKASHI 0467 (オカシ・ゼロヨンロクナナ)』。0467は鎌倉の市外局番ですね。
長谷寺の方から鎌倉駅方面へスクーターで走りながら探しますが、当然のように軽くスルーします。
目立たない外観の為、もどってようやく見つける事ができました。(セブンイレブンが目印)



昔の民家をリフォームしてお店にしたのですね。古都鎌倉らしい素敵な造りです。
お店に入ると、ショーケースにケーキがずらり。
店内撮影は×という事なので、お見せできないのが残念。
ケーキは名前ではなく“番号”で選ぶという変わったアイデア。ケーキを選び、店内でいただきます。
長く縦にのびた店内を進むと、1階の奥にもいい感じの席があります。階段を上って2階へ。
え?土足であがっていいの?という日本人的感覚がよぎります。
少し古い造りのお宅に遊びに来た感覚です。



2階は道路側がガラス張りになっていて、ガラスの外にはちょっとした芝生があり、気持ちがいい。
ではでは早速ケーキを!ケーキはほとんどがこのかわいい四角いケーキ。
手前から「No.3」塩味クッキー、クリームチーズ、サワークリーム 473。
「No.4」ビターショコラ、ゲラント塩、ブラックペッパー、アーモンド生地578。
「No.2」シルク生地、フレッシュいちご、フレッシュクリーム420。
  「No.10」ライチ、ピンクグレープフルーツ、ローズウォーター、アーモンド生地420。
正直、ケーキがこんなに高いとは予想していませんでしたが、その味は濃厚で美味しい!
こんなケーキは今まで食べたことがありません。もちろん、ケーキをTAKEOUTし、
プレゼントすることもできますが、はっきり言って、人にあげるくらいなら自分で食べます。


◆ OKASHI 0467 ホームページ ◆


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『オカシ・ゼロヨンロクナナ (OKASHI 0467) 』
鎌倉市長谷1-11-21
0467-25-0753
営業時間 10:30-20:00 
定休日 火曜日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
食べログ→オカシ・ゼロヨンロクナナ OKASHI 0467
google画像検索→okashi0467
イケテル仕事→OKASHI 0467

ケーキのお味もさることながら、お店の造りも一見の価値があります。

そして残念なニュースが一つ、西御門の源頼朝の墓の手前にある、本店でもあり1号店でもある
ダイニングバー『0467』が先日火事によって焼失しました。
こちらもチェックしていたお店だけにとても残念です。早く復活することを願っています。

「長谷寺」や「大仏」「鎌倉文学館」など、近くに見所も多いので、また寄りたいと思います。


最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

Deep City 横須賀 TOPへ





まっすぐ進むと長谷寺




コメント ( 9 ) | Trackback ( 3 )




曇りや雨と見事な“梅雨空”が続く横須賀ですが、先月鎌倉にあじさいを見に行った時に
ビーフシチューの美味しいお店として有名な鎌倉長谷の「カロ(CARO)」に行ってきました!
実はこのお店、以前にカミさん“1人”で来たことがあり、「違うのも食べてみたいから」
との理由で私が誘われたのでした。う~ん利用されてるな・・・
場所は長谷駅から海の方へ歩いてちょっと曲がったとこ。(下記地図参照)

レストラン カロ(CARO)@鎌倉長谷
由比ヶ浜海岸もすぐ近く、いい場所にお店はありました。
こじゃれた感じでもなく、なんとなく入りやすそうな昔ながらの洋食屋さん。


レストラン カロ(CARO)@鎌倉長谷
お店に着いたのがお昼前でしたが、もう満席!店内にも待っているお客さんがいます。
さすが鎌倉、さすが人気店、わたくし甘く見ておりました。
20分ほど待ったでしょうか?!私たちの後にもお客さんは増え、お店の外にも待っています。
店内は外の明るさとは対照的にやや暗めの落ち着いた雰囲気。
お店は1979年(昭和54年)の開店だそうです。もうすぐ30年?!


レストラン カロ(CARO)@鎌倉長谷
注文したのは・・・これははずせません!「ビーフシチュー1850円」
Sサイズ(1350)もありますが、ここは迷わず大きい方で。
なんでも野菜や牛すじ肉を炒めては煮るの繰り返しで、ソースの完成には2週間かかるとか。
手間ひまかけたデミグラスソースは濃厚かと思いきや、意外とあっさり。
牛肉やいんげんなど定番の具が入っています。中に入っている肉がうまい。


レストラン カロ(CARO)@鎌倉長谷
こちらはそのソースを使った「ハンバーグステーキ 1200円」
他にもピザ、タコス、グラタン、ドリアなど洋食屋さん定番のメニューがあります。


『レストラン カロ / CARO 』
鎌倉市長谷2-16-15斉藤ビル1F
0467-25-4379
営業時間 12:00-14:45 18:00-21:15 
定休日 金曜日

関連サイト
食べログ→カロ(CARO)
google画像検索→CARO 長谷

ビーフシチューは見た目からしても美味しさはお分かりいただけるかと思います。
ただ、仕方のない事なのですが、この混み具合はちょっと・・・。
自分の家の近くに、1軒こういう洋食屋さんがあったら嬉しいですね。
できればもう少しリーズナブルなお値段で・・・
ちなみにお店の名前は、オーナーシェフの加藤さんの「加」の字を
「カ」と「ロ」に分けて「カロ」です。ナイス!

最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

Deep City 横須賀 TOPへ






そうだ!横須賀に行こう!



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




北鎌倉の「明月院」を後にし(記事は未完ですが)、アジサイのもう一つの名所「長谷寺」へ。
(成就院は今年はお休みの年だそうです。)
アジサイの季節に長谷寺を訪れたのは初めて。こちらも見事なアジサイと大混雑・・・
長谷寺はアジサイの種類も多く色鮮やか。斜面に咲いているため、アジサイもそして眺めも最高!






  


  


  



長谷寺からの眺望



最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

Deep City 横須賀 TOPへ





ストリートビュー。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




季節は水無月。梅雨ではありませんが、昨日の雨がアジサイに恵みの雨となったのでは?
と思い、北鎌倉にありますアジサイの名所「明月院(めいげついん)」へ行ってきました。
鎌倉での移動も考え、今回は電車ではなくスクーターで。明月院近くまで行くと、なにやら凄い人!
そう、ここは日本有数の観光名所「古都鎌倉」、しかもアジサイシーズン。
アジサイを見たいのは私だけではありません。観光バスで次から次へと人が訪れに来ます。

明月院@北鎌倉 アジサイ
ここが一番人気の撮影ポイント。山門へと続く階段。
人がいなくなるのをしばし待ちますが、いくら待っても“その時”は訪れません。
私の横、後ろにも同様にカメラを構えて待機している方がいます。
しびれを切らした私の写真には、おじさんの特別出演で。


明月院@北鎌倉 アジサイ 明月院@北鎌倉 アジサイ
明月院のアジサイは8~9割が『姫あじさい』という日本古来の品種だそうです。
日ごとに色が変化して、淡い青から深い青になっていくのだとか。
「明月院ブルー」と呼ばれるこの青いあじさいは、
明月院が意図的に青いアジサイを中心に、手入れ、育てているのだそうです。


明月院@北鎌倉 明月院@北鎌倉
(左)北条時頼公墓所


明月院@北鎌倉 開山堂 明月院@北鎌倉 瓶ノ井
(左)茅葺きの見事な「開山堂」
(右)鎌倉十井の一つ「瓶ノ井」。「つるべの井」とも呼ばれ現在でも使える井戸だとか。


明月院@北鎌倉 やぐら 明月院@北鎌倉 総門
(左)「明月院やぐら」 (右)「総門」


明月院@北鎌倉 本堂
本堂「紫陽殿」


明月院@北鎌倉 枯山水庭園
本堂の前にある「枯山水庭園」。混雑の中にも静寂が。


明月院@北鎌倉 後庭園 明月院@北鎌倉 後庭園
(左)本堂より庭園を。
(右)新緑の中に佇むお地蔵さん。秋の紅葉も楽しみです。本堂後庭園にて。


明月院@北鎌倉 後庭園 明月院@北鎌倉 後庭園
「本堂後(うしろ)庭園」花菖蒲と紅葉の季節のみ公開。(拝観料別途500円)
緑に包まれ、たえず鳴いているウグイスの声が、とても心地いい。


「明月院」
◆宗派 臨済宗建長寺派
◆山号寺号 福源山 明月院
◆創建 明月庵 永暦元年(1160) ・禅興寺 文永5年(1268)頃
◆開山 密室守厳
◆開基 上杉憲方
◆本尊 聖観世音菩薩
◆寺宝 木造上杉重房坐像(国重文)・塑造北条時頼坐像(県重文)・明月院絵図(国重文)

◆場所 鎌倉市山ノ内189
◆電話 0467-24-3437
◆アクセス 北鎌倉駅より徒歩10分
◆拝観時間・拝観料 9時~16時半 300円

関連サイト
google画像検索→明月院
google検索→明月院
ハイジホフ→鎌倉のあじさい 明月院
東京写真紀行→明月院
北道倶楽部→明月院の梅と歴史
Wikipedia→明月院

初めて明月院へあじさいを見に行きましたが、「明月院ブルー」はとてもきれいでした。
「枯山水庭園」や「本堂後庭園」「やぐら」など見所も多く、梅や紅葉の季節にも来てみたいです。
あじさいは6月いっぱいが見頃なので、機会がありましたらいかがですか?

最後にこちらをポチッとしていただけたら嬉しいです。
とても励みになります。ありがとうございます。

Deep City 横須賀 TOPへ







コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )



« 前ページ