みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

モラゲス五重奏団

2017年05月04日 | ライブ&コンサート
モラゲス木管五重奏のコンサートに行ってくる。
素晴らしかった!
5人中4人は、フランスの著名なオケで首席奏者を務める、最強の木管アンサンブル!
の触れ込みは、本当にその通りだった。

哀切のオーボエも、お茶目なクラリネット、澄んだ音色で囀るフルートも、遠く・懐の大きな大らかなホルンも
みな、温かく柔らかい音色の中に溶け込んで、幸せなひと時だった。
何もかもが、素晴らしくまろやか。
5つの楽器は、皆、兄弟のように感じられるのが不思議だった。

個人的に、圧巻?傑作?なのは、顔を真っ赤にして、吹いて、吹いて、
吹きまる体格のいいファゴッティスト?氏(ジョルジオ・マンドレージ氏)。
あの、熱演を目の当たりにすると、熱くならないずにはいられない。
木管の技術のことは、チンプンカンプンだけれども、凄いんだろうな・・・。

アンコールでのファンサービスも、さすがは、エンターティメントの国、フランス。
芸術性の高い本編とは別に、楽しませてもらえた。

木管の音色に惹かれるようになって、ようやく意中のアンサンブルに出会えたなあ!

前半が終わって、すぐ、CDを購入に走る。2枚、連れて帰ることにする。
こういうことは、終ぞ無かったのだけど・・・。
木管アンサンブルと言うことで、吹奏楽をやっていると思しき女の子たちが多く、
いつもの宗次と比べると、若々しい感じ。サイン会も、すごい列だった。


リハーサルの様子だけど、宗次ホールさんのTwitterから頂きました。
皆さん、姿勢が良かったなあ。




昨秋、オケで弾いたウエストサイドのマリアも!


今回は、サインも頂いた。
フランス語は、「メルシー」しか言えなかった。
英会話学習の成果は、ほとんど発揮できなかった。

@宗次ホール
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広重展 | トップ | ピアノレッスン ハイドン! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もりーち)
2017-05-08 19:18:09
モラゲス五重奏団、行かれたんですね。
私も行きたかったんですが、他のライブの都合で諦めました。
とても素晴らしい演奏だつたようですので、次のチャンスには聴きたいと思います。
Unknown (そらみみ)
2017-05-09 22:18:08
もりーちさん
こちらに行くかは?ずっと迷っていて、
(GW中の天気(山登り)次第で・・・。)
数日前に決めました。

自分の耳で確かめたので、もりーちさんにも自信を持って、お勧めできます!

コメントを投稿

ライブ&コンサート」カテゴリの最新記事