みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

バイオリンレッスン ビバルディ・ト短調協奏曲3楽章へ

2017年04月22日 | ヴァイオリン
いろいろと都合がつかなくて、1ヶ月ぶりのレッスンだった。
このところ、猛烈に働いているので、結局、平日は練習できずじまい。
5日間、楽器から離れて、音楽のことを忘れている日々を送っていると、
全然、弾けなくなっているかも?と心配になったりする。
音楽のことを忘れている平日と、楽器に勤しむ休日とで、落差が激しく、なんだか二重人格者みたい・・・。

曲は、この日から、ビバルディのコンチェルト・ト短調3楽章へ。
うまくいけば、発表会の曲。
教本の初級者用定番曲だけれども、弾きごたえのある、魅力的な曲ですね。

=====
<メモ>
・省エネで合理的な運指
 (押さえ直し、しなくても済むところは、抑えたままで)
・全部を頑張り過ぎない
・導音は低くならないように
=====

Vivaldi Concerto in G Minor 3rd Movement

この子の演奏、魅力的ですね。
すごく、参考になる。
思い切りよく、決然として、メリハリがあって・・・。

1ヶ月、さらった感じでは、1楽章よりは、弾き易いかんじ。
これなら、発表会に持って行けるかな???
頑張ろ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釜ヶ谷山

2017年04月16日 | 
「かまがたにやま」
言葉の響きが良くて、かねてから気になっていた山。
岐阜県の山県(やまがた)にある山です。
好天に誘われて、行ってみることにする。
この山は蛭地獄?で有名なので、蛭が出ない今の時期がチャンスなのだ!


登り口の伊自良湖(いじらこ)
盛りは過ぎていたけれど、湖面に花が映る様子は、いいですね。


花は、スミレ
タムシバ、アカヤシオ・・・。


man-made forest


信仰の山なので、お地蔵様たちが、ぽつりぽつり。
二人寄り添う様子は、よいですね。


山頂直下は、雰囲気のいい明るい山道だった。


一応、山頂で。
とても今風の山頂標識だった。


霞が立って、視界は不良。
山頂も、かなり木が茂っていて、一部、南方は開けていたけれども、
近くの百々ヶ峰(どどがみね)が、かろうじて見えるぐらいだった。
(この写真は山頂からではなく、竜神コースの途中、北方)


竜神コースは、苔むした石畳、石階段が随所に。
風情はある。
しかし歩きにくいのだ・・・。
滑りやすくて。
蛭危険地帯だけど、まだ出てなかった。
セーフ!


甘南美寺(かんなみじ)
「かんなみ」の響きも美しい。


収穫は、麓の桜。
少し盛りは過ぎていたけれども、綺麗に咲いていて、
ハラハラと舞い散る様子もいい感じ。
何より、人が少ないのが良かった。




登ってきた釜ケ谷山を遠望。

======
家から、登山口の伊自良(いじら)のキャンプ場までは、1時間と少し。
周回コース(奥の院コースを登り、竜神コースを下りる)を辿り、だいたい3時間。

のんびり春の空気を楽しみながら歩いた。
かなりの陽気で、ずっと半袖で歩く。
凄く汗をかいた。

里には、いろんな花が咲いていて、春たけなわ!

甘南美の花散る里を訪ねけり
(そらみみ)

本当は、のんびりしたかったけれど、
洗濯をせねば!そして、楽器を練習せねば!と言うことで、
けっこう、ダッシュで帰る。

ゆっくりするのは、また次の機会に・・・。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しだけ・・・。

2017年04月09日 | 近況
午後から、天気が回復してくれたので、夕方、里山へ散歩へ。


遠くをじっと眺めていると、心が落ち着いて来る。
視力も心なしか、回復してきたような・・・。


尾張富士山・本宮山


国宝犬山城


人気のない公園で、少しだけ花見する。






いろいろな薄桃が入り乱れて、一番、いい季節ですね。
強風が吹き荒れていて、どんどん散っていたけれど・・・。
しずごころなく・・・。

悪くない休日だった。

@伊木山


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月のピアノレッスン

2017年04月08日 | ピアノレッスン
桜は満開だけれども、生憎の荒れ模様の天気だった。
今週は、残業続きで、1週間のうち、ピアノを触れたのは、水曜の30分だけ。
ん~。
天気のせいか?なんだか気持ちがふさぎ込みがちだったけれども、気を取り直して、レッスンへ。
メリーウィドウ進展中。
バッハの平均律2番プレリュードは、数ヶ月前を思えば、劇的に弾けるようになってきたけれど、数か所
どうにもならないところあり。攻略できるんだろうか???

=====
<メモ>
・流れを作る
・大切な音は、聴いてから、次の音へ
・呼応の「応」は抑えて
・音が離れるところ、あるかなしかの間を
・ラストの極めつけに大切な音、溜めて
・ritの役割
 雰囲気を変えるところ、聴き手に唐突感を感じさせない、変化を予感させるように
=====
週末、弾くのは楽しいですね。
特にメリーウィドウ・ワルツの楽しいこと!

次の曲、ハイドンのソナタニ長調も、だいぶん弾けるようになってきたので、
次のレッスンに持って行こう!

大好きなベートーヴェンの七重奏曲3楽章が、ソナチネアルバムにピアノソナタ版で
載っていることを発見して、喜んで弾いてしまった。
次の次の曲は、これにしようかな???


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の足音

2017年04月02日 | 
今朝は、近くの権現山へ。
雨が去って、空気も澄んで、気持ちいい。
目印を付けた秘密のルートを登る。
春の足音、ひたひたと、という感じ。


蕾はいい。
将来の予感が詰まっている。
綺麗な花を咲かせよ!




真っ白な能郷白山が青空に映えていた。
あの峰は福井県か・・・。
あの峰に立たねば!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加