庄司卓完全攻略ブログ 迎春

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『仮面ライダーエグゼイド』第14話

2017年01月18日 23時18分40秒 | Anime・特撮
いや、オレンジが俺で、緑が僕と言われましても(;´Д`)。
しかしヒーローものには珍しい永夢先生のクレバーな性格はこういう事だったのか。
バグスターウィルスに感染した影響なのか、二つの人格が生じてしまったようです。それも明確に切り替わるわけでもなく、今回、飛彩先生をけしかけた時のように、永夢自身も無意識のうちに二つの人格を使い分けてるのかも知れません。
まさに「一人で二人の仮面ライダー」ですな。劇場版で仮面ライダーWと共演した時、どういう会話がされるのか興味深いですが、フィリップは当面、仮面ライダー映画には出てくれそうにありませんからねえ(^^;。

アンブレラバグスターが飛彩先生を狙ったのは、患者の白河先生のガンを唯一手術できる可能性があるか。白河先生の方から、敢えてそれを口にしないのは、困難な手術故に失敗したら外科医としての飛彩先生の将来を潰してしまう可能性があるから。
ベテラン外科医ならではの苦悩ですな。今回は手術室で患者のガンと戦う飛彩先生と、ゲーム病を治すためにバグスターと戦う永夢先生で、ドクターライダーという設定がよく生きていました。
まあゲーム要素は相変わらずとってつけた感じですが(^^;、ダブルアクションゲーマーに変身したバトルで元祖『マリオブラザース』ネタがあったのはなかなか(^^;。しかし今時の子供さんは『マリオブラザーズ』なんて分からんだろうに(^^;。

さて大我先生に永夢を倒せという謎の少女ニコはなんですかね。少なくともスクールアイドルやF1ドライバーではないはずですが(笑)。
ニコは永夢を「昔は僕とかいう奴じゃなかった」というところからして、永夢をよく知ってるようです。本人はバグスターだと言ってましたが、これは本当かどうかは怪しいですな。今回ニコはなんか食べてましたが、そういえばグラファイトやパラドは何か食べるシーンはあったかな?

次回、いよいよパラドも変身。それもバグスターではなく仮面ライダーパラドクス!
これまでの言動からしてパズルゲーマーのようですが、果たしてどうなるか。
しかし『エグゼイド』はガンガン攻めてきますな。
すでに一人リタイアで、敵ライバルがライダーに変身とか、普段だったら中盤くらいの展開なのですが、まだ1クール終わったばかり何ですよね。

そういえば貴利矢先生がリタイアして、バイク枠がどうなるのかと思っていたら、ガシャットでレーザーレベル2だけを召喚できるんですな。レーザーレベル2を永夢先生が、武器のガシャコンスパローを壇元社長が持ってるというのも、なかなか面白いですな。
しかしバイク形態のレーザーレベル2。フロントのマスク部分から目が消えているんですな(;´Д`)。
なんかそのうちレーザーレベル1、レベル3、5もマスクに目が消えた状態で、召喚されそうですねえ(;´Д`)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルテリ・ボッタス、メルセデスと正式契約( =゚ω゚)ノ

2017年01月17日 23時24分32秒 | F1
なんかもうすっかり決まってるような雰囲気だったのですが、ようやくと言いますか、バルテリ・ボッタスがメルセデスと正式契約を交わしたそうです( =゚ω゚)ノ。
それにともない、涙の引退を決めたはずのマッサが急遽現役復帰。今シーズンのウィリアムズはマッサと新人のストロールのコンビとなりました。
ニコ(スクールアイドルにあらず)・ロズベルグの電撃引退に伴うシート争いですが、まあ収まるところに収まった感じですね。
ニコ(バグスターにあらず)・ロズベルグ引退でメルセデスのシートが空いたと聞いた時、大方のF1ファンは後釜にはボッタスだろうなあと思ったでしょうからねえ。それだけメルセデスのチームカラーにボッタスが合っていたという事なのですが、問題はチームメイトとなるハミルトンでしょうな。ボッタスもなかなか負けん気の強いドライバーですから、また衝突しそうです。
こうなるとニコ(ヒュルケンベルグにあらず)が来シーズン辺りに「やっぱ、またやるわ」と復帰したら面白そうなのですが(^^;。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『セイレン』第二話

2017年01月16日 23時56分43秒 | Anime・特撮
まあ続けて書くかどうかは分かりませんが( =゚ω゚)ノ。
感想は一応「オリジナルロボットアニメ」「オリジナルアニメ」を優先しておりますので、一応(^^;。ゲーム原作風の作りですが、あくまでオリジナルアニメですからね。

さて最初のヒロイン常木さん。実はかなりぶっ飛んだ子でしたねえ。公式サイトのキャラクターでもトップ、PVなどでもメインヒロイン扱い(^^;なので、一話はかなり誇張した演出で、普通にメインヒロイン属性(というのも変ですが)かと思っていました。
もっとも夏季講習という普段と違う場でいささかハイになってる所があるようです。ジャージを正一に返した時のように、実はさっぱりした性格のようですね。
しかしまぁどうやって帰るのかも考えずに、ホテルを飛び出すとか、なかなか後先考えない性格なのも事実のようです。

一話はかなり大人しかった紳士的表現(笑)も、二話になって徐々に勢いが出てきましたな。しかし自動販売機にエロい事ってなんなんだ(^^;。
夜にホテルを出た常木さんが鹿の大群に襲われて逃げ帰るというのも、考えてみればナチュラルに狂ってる展開だよなあ(^^;。
私の本業のほうで、こんなシーンを書いたら編集さんや校正さん、校閲さんから、いくら何でもこの展開はないだろうと指摘されそうです(^^;。

それにしてもあれですよね。
確かにジャージってエロいよね!(迫真(^^;)
前世紀の話ですが、そういえば中学、高校生の頃、移動教室や修学旅行などで、女の子のジャージ姿にドキドキしたのを思い出しました(^^;。体育館や校庭で見るのとは、何か違うんですよね。
私のようなおっさんに何十年も前のときめきを思い出させてくれた、この作品は、やはり紳士の友のようです(笑)。

さて『アマガミSS』同様、こちらもオムニバス形式で一人あたり4話という事でじっくりやってくれそうです。
もっとも公式サイトで予告されてる常木さん、宮前さん、桃乃さん以外にもPVが用意されてるヒロインもいますし、ひょっと分割で後半はゲームに関するニュースリリースがあってからという事ですかね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今週のまぁいろいろ

2017年01月15日 23時36分03秒 | Weblog
寒いですねえ(;´Д`)。
最近放置気味の作品紹介ブログの方もそろそろ更新を再開いたします( =゚ω゚)ノ。


nisiさん、コメントありがとうございます。
他のゲームだとお薦めパーティー(デッキ)や、自動設定などがあるのですが、『艦これ』はそういうのが一切無いですからね。
そもそも最初に貰えるのが吹雪一隻だけで、これで海戦に出ると間違いなくタコ殴りにされるというバランスですからねえ(^^;。
そういえばこのゲーム、ガチャもないし、ログインボーナスもないし、ソーシャルゲームとしては結構独特の作りになっていますね。

nisiさん、コメントありがとうございます。
『ユーリonICE!!!』:一話を見逃したので、そのまま飛び飛びに見ていました。かなり人気のようですね。
『スクールガールストライカーズ Animation Channel』:うーん、取り敢えずゲームをやってるファン向けなんですかね。ゲーム先行だとそれぞれのキャラにファンがついているのでやりにくそうですねえ。
『エルドライブ』:関東でも日曜夜10時ですね。もっと早い時間帯でもいいのですが、夕方のアニメ枠はほとんど定番作品で埋まってますからねえ。
『リトルウィッチアカデミア TVシリーズ』:『ハリー・ポッター』がヒットして、今は魔法の方がなじみやすいのかも知れません。『リトルウィッチアカデミア』は結構王道路線のようで、これからどう展開していくのか楽しみです。

xさん、コメントありがとうございます。
>高度に発達した科学は魔法と区別がつかないのでひとつ。
所謂「クラークの(第二)法則」ですな。
確かに面倒な説明を省くために「魔法」としてる例もありますが、その一方でやたら複雑に魔法の理論を設定している場合もあって、それなら魔法じゃなくてもいいんじゃないか(^^;とも思ってしまいます。

Silaさん、コメントありがとうございます。
>ヤングガンガンで咲を連載しているスクエニと考えると
>違和感を感じなくなるんですよね(笑)
確かに言われてみれば(^^;。
百花の台詞は、私も自虐ネタに聞えました。

nisiさん、コメントありがとうございます。
そういえば『K』でも副長さんのおっぱいが無駄によく揺れてる回がありましたねえ(^^;。
異能バトルのブームは一段落したかと思っていたのですが、そこに敢えて持ってきてどう見せるかですね。
異能バトルの本家的存在の『ジョジョ』が四部までアニメ化されてしまったので、アニメでどうするかは難しくなりそうです。

xさん、コメントありがとうございます。
アリスソフトの『大帝国』もありましたな。そういえばあれには「誰にケンカ売ったか教えてやるぜ!」が決めぜりふの司令官がいたような……(^^;。
『ROOM MATE 井上涼子』シリーズは、結構好きでサターン版は全作持っています( =゚ω゚)ノ。
第一作は完全に現実時間と連動してるので、あっという間にゲームオーバーが続出という(^^;。
いまスマホ向けにアレンジして出したら、結構行けるかも知れません。

Silaさん、コメントありがとうございます。
昔はこの手のネタだと「派閥争いに終始してる政治家に対して、画期的な政策やアイディアはあるけど知名度や資金がない主人公が、アイドルをやって支持を広げていく」という言わば、アイドルが手段だったのですが、『アイドル事変』ではどうもアイドルが目的みたいですからねえ(^^;。具体的な政策もなく「みんなを笑顔にしたい」という漠然とした理想だけで当選してしまうのは、現実を考えると確かに皮肉になりませんな(^^;。

玖朔夜鬼さん、コメントありがとうございます。
お薦めは金剛姉妹ですね。ご教示ありがとうございます。参考にさせていただきます。
しかしまだ戦艦が出てこない(;´Д`)。一方、空母だけが増えていくという贅沢な悩み(^^;。

Unknownさん、コメントありがとうございます。
ヴァンパイヤやデュラハンというのも、いわば個性付けの一環かも知れませんな。料理が下手とか、お金持ちとか、男の娘とか(^^;。
サッキュバスの先生は今後どうからんで来るか。主人公の先生は生徒を恋愛対象とは見ていませんが、同僚の教師となれば違いますからねえ。

xさん、コメントありがとうございます。
ゲームだと初見の印象が大事ですからね。『亜人ちゃんは語りたい』はアニメなので、このキャラ設定に視聴者が馴れてからが勝負でしょうね。

naiさん、コメントありがとうございます。
まあ現実で考えても、空母はとんでも無い金食い虫ですからね。
しかし赤城さんとセイバーさんはどっちが大食いなんだろうか(^^;。
確かに運営のフットワークの軽さが人気に繋がってるところはあるでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ新番組 諸々

2017年01月14日 23時59分42秒 | Anime・特撮
諸々です( =゚ω゚)ノ。

『ガヴリールドロップアウト』
主人公のジブリール……おっと(^^;、ガヴリールは堕天使ならぬ駄天使、駄目天使というわけですな。
人間世界の娯楽に見せられて堕天ならぬ、駄天してしまったわけですか。
ラブコメだったら、人間世界の娯楽を教え込んだのが男の子で、天使はその自宅に居候するパターンが多いのですが、ガヴリールは普通に一人暮らしで自堕落な生活を送ってる辺りがちょっと違いますな。
ギャグも面白いし、キャラもいいのですが、30分枠だとちょっと間延びするかな。だからといって5分では厳しそうですし、『ウルトラスーパーアニメタイム』枠のようなバラエティ枠で15分くらいでちょうど良かったかも知れません。

『亜人ちゃんは語りたい』
『亜人』のスピンオフだと思っていた皆さん、挙手('ω')ノ。そんなわけでまったく別作品でした(^^;。
最近、多い人外ものですが、この作品の亜人は種族ではなく、突然変異、ミュータントなんですな。だから姉妹で人間と亜人というパターンもあるわけか。
そういえばこちらも主人公は教師で別に恋愛要素はなさそうですねえ。
設定的にラブコメでもいけそうなのに、敢えてそうしてこないのは、最近のはやりなのかも知れませんな。

『クズの本懐』
今期のノイタミナ枠。ヒロインは赴任してきた教師を「お兄ちゃん」と呼ぶので、禁じられた恋か? と思ったのですが、どうやら近所のお兄さんで血縁はない様子。やはり家庭教師だった女性教師に憧れる男子生徒と、同類相哀れむ仲になり、やがて……というところでぎりぎり踏みとどまってる感じですか。
なんか設定的にエロゲか、今は亡き昼メロかという感じですねえ。
一話からなかなかエロス方向で攻めてきましたが、よく考えると今期の関東木曜日
『クズの本懐』=エロい
『うらら迷路帖=エロい
『セイレン』=エロい
とそれぞれ方向性は別ですが、木曜日は見事にエロス方面に振ってきましたなあ(^^;。
まあこちらの原作はそれほどストレートにエロス方面に振ってるわけではないそうですが、どうアレンジするか見所ですな(^^;。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加