goo

高岡古城公園のツバキ

2017-06-28 14:47:32 | 氷見に椿古木を訪ねる

 

 射水市の本橋家跡地から20分ほどはしり、隣の高岡市高岡古城公園に到着しました。


 高岡古城公園は全国桜百選に名を連ねる桜の名所ですが、今日はまだ僅かに蕾が膨らみ始めた程度で、花を楽しむには少々早すぎたようです。



 そうそう、常々感じていることですが、欧州や米国でツバキが賞賛されるほどに、原産国の日本でのツバキ熱が盛り上がらないのは、ツバキが桜の季節少し重なる為ではないかと思うのです。


 日本では花と云えば桜ですから、どれだけ花好の人でも、椿園に足を運ぶ人は、桜を見る人ほど多くいません。


 ツバキ目的で旅する私でさえ、今の高岡古城公園の桜を見て、ああ残念だったな~と嘆くほどなのですから。


 ツバキの品種開発に携わる人は、花色や型にのみ囚われず、桜と競合しない季節に花盛りとなるツバキ等、花を愛でる人の側に立った開発戦略が求められると思いますが、如何なものでしょうか。


 ツバキだって、見られ愛でられてこその花ですよね。



 高岡古城公園を散策していると「夕日」の曲のモニュメントを見つけました。


 「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む・・・」という、日本人なら誰でも知っている、あの名曲です。

 



 モニュメントのすぐ脇に、「夕日」の作曲者である室崎琴月を紹介する一文が掲げられていました。


 室崎琴月は高岡市小舟町に生まれ、東京芸大を卒業し、東京で音楽学校を設立。


 葛原しげるの詩に曲をつけたのだそうです。


 その音楽に関する多大な功績によって、勲四等瑞宝章が授けられたと記されていました。


 何でしょう、旅先でこういう話に接すると、「やったね!」という気分になるから不思議です。


 伊豆大島で見た、「公園の手品師」のレリーフを思い出しました。

 



 桜の季節に運行される遊覧船も本日は運休のようです。

 



 高岡古城公園には多くのツバキが咲くはずなので、ツバキを探していると、少し傾き始めた陽射しの中で、赤い花を散らすヤブツバキに目が留まりました。

 

 今回はツバキを訪ねる旅ですが、タイミングに間違いないようです。 

 



 公園の一角でカタクリが可憐な花を咲かせていました。


 雪国では全ての草木が一斉に花を咲かせます。


 人気のない公園で、贅沢な時間を存分に味わうことができました。

 

 


 
 その先へ歩を進めると、


 「うぐひすの 鳴き散らすらむ 春の花 いつしか君と手折りかざさむ」と


 大伴家持の歌碑が建てられていました。 

 



 大伴家持は万葉集の編纂に重要な役割を果たしましたが、天平18年(746年)に越中国の国守として今の高岡に赴任し、在任中の5年間に詠んだ223首が万葉集に残り、越中国は万葉故地として知られるようになったのです。


 高岡市はそのことに誇りを持ち、文化財などの保護に努めているようです。


 「うぐひすの 鳴き散らすらむ 春の花 ・・」とは梅の花を指すのでしょうか、公園の中の梅園に咲き残る紅梅の姿がありました。

 



 濠を渡りますと、

 


 「国際児童年記念植樹」の表示とともに、数多くのツバキ品種が植栽されたエリアに出ました。

 


 本丸跡を巡る遊歩道に沿って、ツバキが花を咲かせていました。

 


「高岡古城公園のツバキ」とはこのことだろうと納得し、この辺りから駐車場に戻り、公園を去ることにしました。


 後から知ったのですが、高岡古城公園の南外濠に椿山と呼ばれる場所があって、「高岡古城公園のツバキ」とはそこを指しているようです。


 富山には中央植物園もあることですし、もう一度訪ね直す必要がありそうです

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。