goo

椿の花に包まれる勝興寺

2017-06-30 16:24:36 | 氷見に椿古木を訪ねる

 

 高岡古城公園を出て高岡市伏木古国府にある勝興寺へ向かいました。


 朝出発する時に、ナビへ目的地を入力してあるので、エンジンをスタートさせれば、ナビのおねえさんがすぐに道案内を始めてくれます。


 高岡市内で銭湯やイオンなどのスーパーの位置を確認しながら、目的地へ車を進めました。


 車に寝泊まりする旅ですから、宿泊地や食糧などの買い出しの当たりを付けておくことは旅を心地よくする必須条件です。


 ナビが目的地到着を告げた場所に「越中国府関連遺跡(御亭角廃寺跡)」の解説が建てられていました。


 その標示には「この付近には御亭角【おちんかど】と称される勝興寺御亭があったため、この地名がついた。・・ 御亭角廃寺跡は福井県越前市の深草廃寺とともに北陸では最古の寺跡とされる。・・・」と記されていました。

 



 しかし、周囲に寺らしき建物がみえません。


 周囲に見えるのは、背高く咲き誇るヤブツバキの花群れだけです。


 今日の目的はツバキですから、それで問題はないのですが、本当にここが勝興寺なのでしょうか。


 実は、十年ほど前に私は一度勝興寺を訪ねているのですが、その時の記憶と様子が異なります。

 



 少し歩くと、「椿の道 入口」の看板が見えてきました。




 そして、その「椿の道」が秀逸だったのです。


 土塁に見事な椿の古木が連なり、遥か先までの行く手を赤く染めています。


 以前訪ね来た時も歩いたはずなのですが、その時は時間に追われていたからでしょう、同じ景色も異なって見えていたように思います。

 

 


 
 静寂に包まれた木々の梢から、照葉を褥に寛ぐ真紅の花が顔をのぞかせていました。

 

 


 
 昔訪ねた三ヶ日町の姫街道のヤブツバキも見事でしたが、その風景を想いださせました。


 最近行く先々で、いつかの日のその時々が連想ゲームのように脳裏に浮かびますが、「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」日が来るまで、今を存分に目に焼き付けておこうと思います。

 椿の道の果てに、万葉寺井の跡と示された史跡がありました。


 どうやら、大伴家持が「もののふの八十娘子らが汲みまがふ寺井の上の堅香子(かたかご)の花」と詠んだ寺井はこの井戸だったようです。


 ああ、そうだったんですね、高岡古城公園の一隅にカタクリの群落があったのは、この歌と関係するのですね。


 え、そうですか、高岡市はカタクリを市の花としているのですか!




 万葉寺井の跡から元来た道を戻り、途中から空濠を越えて勝興寺の境内へと入りました。


 どうやら私は裏手から境内へ入り込んだようです。


 境内のあちらこちらに足場が組まれ、寺全体が改修作業中のようです。


 最初に目にした「経堂」は1805年(文化2年)に建立された国の重要文化財だそうです。

 


 その他にも本堂、総門、唐門、鼓堂など境内には数多くの重要文化財が並んでいました。


 唐門は周囲と異なる雰囲気を感じさせてくれます。


 1769年(明和6年)に京都の興正寺で建立され、1893年(明治26年)に譲り受け北前舟で運ばれ移築されたのだそうです。




 そして「実ならずの銀杏」の名が付いたイチョウの老木がありました。


 雄イチョウなら実が生らないのは当たり前なのに、なんで?と思ったのですが、それなりの理由があるようです。


 「実ならずの銀杏」でネット検索してみて下さい。答えが見つかります。

 



 次が「三葉の松」。


 これも、海外にはリギダマツなどのように三本葉の松もありますから、それなんじゃな?と思いましたが、残念、私には見分ける目がありませんでした。


 これも「三葉の松」でネット検索すると、その答えが分かります。

 



 私は植物に興味があるので、イチョウやマツを見れば事実を極めたくなりますが、夫々の地に伝わる逸話を楽しむだけで良いのかもしれません。


 746年(天平18年)この地に大伴家持が国守として赴任して以来、いや、それ以前から海路を介して京都や新潟などとの交流を重ねながら、恵み豊かな地で分化を育んできた歴史を垣間見た、ツバキに包まれる勝興寺の訪問となりました。



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。