宇宙麻雀理論

麻雀であまり触れられてない事柄を中心に書きます。中・上級者向け。

実戦譜を振り返る1

2016-10-19 14:45:45 | その他



ハッキリ言って押し不利かなと思いつつ、制限時間がなくなり押したが、実戦でも押さない方が良い気がする。
徹底した守備型ならなお、これは降りた方が思える。
和了を逃しても良いという覚悟がないのと、筋なら大丈夫だろう的な甘えが少しでもあると、こういう中途半端な放銃をすることがある。
守備が強そうな人にそういう人がいる。逆に守備型弱そうな人間でもこういう放銃を避ける人はいる。

1、筒子が通ってない。やや筒子が高く、一色形が匂い、筋でも危険、
2、延べ単や亜両面になっても大して良い待ちにならない。
3、現状、大して良い待ちでもない。
4、安牌はそこそこあり凌ぎ易い。
5、萬子が若干安くになればそこそこ良い勝負なるが、引き限定で押し切るのは微妙。



上家から浮いてる出て、当然のポンでドラ勝負。
なんだそのリーチはという、冷笑と、自分のこの局の運のなさに、つい笑いが出てしてしまった局面であった。
ま、こういう立直もあるのかも知れない。私はいくら和了逃しになろうと状況的に相当プラスでない限りほぼ打たないけどね。  

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻雀のためになるポーカー項目 | トップ | 戦略と人間の特性3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。