SUPER PANTOMIME THEATER SOUKI ブログ

スーパーパントマイムシアターSOUKI公式ブログ。創作裏話が盛りだくさん。公演情報もいち早くお届け!

IT'S COOL!

2016-05-28 00:22:53 | SOUKI

SUPER PANTOMIME THEATER SOUKIのHADOです。

 

新しい田原町スタジオaRt/Pitの看板が、加瀬ビルの前にデビュー!

 

いい感じだぜ!

僕自身、もしも知らないでこの看板を見たら、

「おー、こんな所にオシャレそうなスタジオがあるんだなー。よし、調べてみよ。」

なんて思いそう。

 

手前味噌かもしれませんが、田原町スタジオaRt/Pitって結構使いやすいと思います。

この辺りじゃあ、広いうえに安いし。

スタッフは気さくだし、公演や発表会を成功させたい利用者に対して、

同じアーティスト目線で親身な相談に乗ることだって可能だし。

 

あ、そうなんです。

SOUKIの本拠地である田原町スタジオaRt/Pitは、

普段はレンタルスタジオとしての顔もちゃんと持っているんです。

ホームページもありますよ〜。

 

浅草で、広くて安価なレンタルダンススタジオをお探しであれば、

田原町スタジオaRt/Pitへ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

看板リニューアルしました!

2016-05-26 20:24:18 | SOUKI

5月26日(木)

「バンッ!」と突然出てきたこちらの看板。

長年、田原町スタジオaRt/Pitのある加瀬ビルの玄関の立てかけられていた看板でございますわい(^O^)/

このドット柄デザインは自分がSOUKIにやって4年ぐらい経ったときに変わったデザイン。

看板は劣化して何代も代変わりしてますが、、凄いのはそれを支えているイーゼル(土台の方)

新関さん曰く、「12〜3年使ってる」という代物(゚Д゚;)

それだけ長く使っていても

「感謝を伝え、そして!断捨離!」

BOSSがいつも言う格言でございますわい!

それにしても見事にバラバラになりましたわい(゚Д゚;)...一切の迷いが見られませんわい。

 

破壊の後には再生があるのが世の理。

こちらが新たな看板のデザイン!!

長年使ってたイーゼルもリニューアル!

看板の右のイラストはパントマイムの神様「トスチバ」の親戚「レガソッタ」

「レガソッタ」を大きくあしらったシンプルかつ、キャッチ―なデザインですわい(^◇^)

トスチバって誰?それはSOUKIYouTubeチャンネルの映像を観て頂ければすぐにわかります!

今すぐここをクリック

今回の看板はワイドになってるので、より一層、目に入りやすいかと思います。

明日から加瀬ビルの玄関に設置しますので、皆さまどうぞご覧下さい\(^o^)/

トスチバ、レガソッタにちょっと似ている?ガイコツ二人組の合体芸「墓場の大道芸」の動画もアップされましたわい!

その片一方、餡子R★CKでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳩首協議

2016-05-25 18:10:20 | SOUKI

先日、2017年新作公演の1回目のミーティング

歌舞伎俳優 中村京蔵 

 

歌舞伎研究家 大倉直人

常磐津の鬼才 鈴木英一

 

そして…俺ww

 

このメンツが集まったと言う事は

そう! 再び!!

パントマイム × 歌舞伎です!!!

今回もヤバイ作品が出来上がる予感がするね~ ♪

 

この企画も来年の新作で3回目 (^^)

前代未聞のこの企画を続けてこられているのも

皆さまのお陰です

心血注いで創作いたしますのでお楽しみにしていてください!

 

公演詳細はもう少しお待ち下さいませ!

 

皆が手に持ってるのはこれ!美味しかったっす ^_^

千疋屋は間違いない(笑)

 

スーパーパントマイムシアターSOUKI

江ノ上陽一

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれっ?3年しか経ってないの??

2016-05-24 15:11:41 | SOUKI

スーパーパントマイムシアターSOUKIのビリッケンです

 

自分の感覚だとかなり昔の作品なんです。

でも実際は2〜3年しか経っていない、、、そんな作品がコレ

 

『飾りじゃないのよ涙は-ah~ha』2013年

2013年の『シアターライブ!part3』でのビリッケン作品なんですが、、

観ていてもどかしいっ

「そこっ、動くなっ!!」

「なぜそのタイミングで動きだすっ!?」

「猫背っ、猫背っ!!」

「髪型ダサいっ!!」

「今より確実に痩せてるっ!?」

とかとか

 

(↓ここから内容のネタバレになります)

 

何より内容が

電飾光らせて、

ハンドベル演奏して、

股開いて痛がりながらまたハンドベル演奏して、

最後になぜかマジック・・・

パントマイムしてねぇ

 俺、BOSSにどんなコンセプトを提出したんだっけかなぁ

他のメンバーが台本をしっかり書いて提出しているなか、台本出さずに「ハンドベル演奏したいんですけど〜」とか言ってた気がします。我ながらなんて恐ろしい。。

何で最後に脈絡なくマジックしたんだろう。

しかも客席の後ろのお客様にはわかりづらい手元でのマジック

多分、他の先輩方がやっていないことをやろうとしたのかなぁ?

しかしもはやパントマイム作品じゃないっ

 

思い出すのは本番より前日深夜に電飾を股割りマシーンにつけていたことばかり。

 

でも、この発想は今の自分にはできない。

いや、こんなことやりだすまで考えるという作業を怠るようになってしまったのか。

昔の自分を観てイライラしながら初心に帰らないとと反省するビリッケンでした。

 

スーパーパントマイムシアターSOUKI ビリッケン

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました!若冲展!

2016-05-23 17:23:53 | SOUKI

5月23日(月)晴れ

日中と日没以降の気温差が激しい時期です。読者の皆さま。風邪などにお気を付け下さい。

餡子R★CKですわい。

16日に自身で書いたブログの「若冲展。見たい!」

昨日が個人的に最後のチャンスでしたので、意地でも行ってやる!と意気込んで行って参りましたわい(^o^)

「若冲展」

5月は色んな物を精力的に観に行こう!をテーマに掲げた小生、餡子R★CK。

報道やネットでご存知の方も多いかと思いますが、この日の待ち時間は90分待ちでしたわい。

前の日に行ったみおり・スマイリーさんは160分待ち(お疲れ様でした!)

我らがBOSSも自分より先に出向いておりました。

自分が最初に行こうと思って調べたときの待ち時間は240分。

90分待ち...。不思議なもので、非常に気が楽でしたわい(笑)

(噂に上がっていた「給水所」2か所ありました)

この混雑も含めて楽しむのが今回の「若冲展」なのだと(笑)

有名な鶏の躍動感はもちろん、トサカや足のうろこの一粒一粒に至るまでの写真のようなきめの細かさ。

逆に色を使わない墨絵の濃淡だけで再現されるリアリティのある動植物達。

個人的には葡萄小禽図襖絵(ぶどうしょうきんずふすまえ)がガツン!衝撃を受けましたわい。

墨絵の技法の凄さと若冲の技術に驚きを覚えましたわいΣ(・□・;)

絵に限らず、良い物を作るのに「観察眼」とそれを実行する「技術」ってやっぱり必要なのですね。

むむぅ...。もっと色んなものを観て目を肥やさねば(ーー;)(技術もな!)

虎図。像と鯨の屏風絵。とユーモラスな作品。と作風の幅を楽しみ。

「釈迦三尊像」と「動植綵絵」のフロアは異次元。美術初心者の自分でさえ、ため息が漏れましたわい。(´Д`)ハァ…うっとり

たくさんのお客さんの「心」をググっと引き付ける不思議な力をどの作品からも感じましたわい。

ライブで見られて光栄でした!

若冲生誕300年記念。

という事で若冲さんはもちろん、この作品たちを今の世に残して自分たちを楽しませてくれている関係者の皆様にも感謝です。

ジャンルは違えど、先人たちが作り上げたパントマイム芸術を広めて後の世代に伝えていく。

SOUKIがその担い手として、役に立てたら嬉しいですね。

餡子R★CKでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加