我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

天使と悪魔 / ANGELS & DEMONS

2009-05-18 00:02:35 | 劇場&試写★5
ランキングクリックしてね
←please click



全世界同時公開日本でも大ヒット中? 

前作の『ダ・ヴィンチ・コード』がわたしは全然ダメで、
劇場で観て寝ちゃったくらいだったので
期待もしてなかったしどうでもいいかなとも思ったんだけどロン・ハワード監督作はやっぱりなんだかんだ言って見逃せない。
ってことでやっぱり観ちゃいました。

けっこう今回もどうでも良かった (泣)

スピード感溢れる展開のわりには
なんか惹き込まれずで最初の30分はとくにまた眠気襲ってきちゃった

ロン・ハワード×トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。

ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。とのこと。
DEMONSということで、本来の意味は悪霊だけど 観終えたらタイトルの意味 納得、かな。




前作では気になってしょーがなかったトム・ハンクスの頭髪、
今回はこざっぱりと短髪に整えてあって、気にならなかった

そのかわり?登場シーンでいきなりの裸体(プールでスイミング
で、
顔が出るまで一瞬、誰?って思うほどなかなかカラダが若かったような?(笑)



ユアン・マクレガーが神父(司祭だけど)ってちょっと意外。
でもなるほどね、ユアンが出るってこともちゃんと意味があったというか。
このメンツの中ではひとり若い気がするけど。


この人、誰だったかなー?って思ってて。
『宮廷画家ゴヤは見た』でゴヤになった方で『マンマ・ミーア』や『パイレーツ~』にも出てた、ステラン・スカルスガルドさんだった。







5/10

なんかなぁ~、、、、たまーにあるのよね、感想があんまりない映画

前回よりはまだ良かったけど、やっぱり長く感じた2時間半
ダヴィンチの絵の謎解きものだと勝手に勘違いしてた前作。
今回はその続編でまた、ダヴィンチの今度は違う作品の謎を解くのかと(しつこい)思ってたりもしたけど
「世界不思議発見!」で事前にこの映画のタイアップ番組やってたのを観てたので違うということが判明



基本、普通のサスペンスなのねー?
そのわりには、犯人が誰か?という意味での面白さが感じられない。
終わったかと思ってもまだまだ続くクライマックスではユアンの行動にひきつけられるも
なんだかつっこみどころが気になっちゃった。
原作には忠実なのかな?
まだこのシリーズ、続くのかな??  
もし続くのならわたしはもう次回はいいや(笑)




ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。
秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。
それは17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅したものと思われていた。
しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていたコンクラーベに乗じてついに復活を果たしたのだ。
彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上ヴァチカン全体を爆破する計画まで進めていた。
その為に彼らはスイスのCERNから恐るべき破壊力を秘めた“反物質”を盗み出していた。
そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して事件解決に乗り出すが…。



公式サイト
ANGELS & DEMONS   2009年  アメリカ  138min
5月15日より、公開中~



今回のレビュー、短すぎ


コメントTB頂いた方のところにはあとでお邪魔します!
いつもありがとう~


応援クリックしてくれてる方、ありがとう
ランキングクリックしてね
←please click
『映画』 ジャンルのランキング
Comments (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ママ男 / Mama\'s Boy | TOP | スター・トレック / STAR TREK »

70 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作に忠実じゃないです。(笑) (KLY)
2009-05-18 01:04:56
忠実どころかかなりばっさりはしょってますよー。(笑)
反物質が生成される流れから啓示の教会にたどり着くまでに上中下巻の上中は使い切ってます。^^;
原作を直近に読み終わった私は激しく物足りなかったんで、今回は作戦失敗と反省することに決めました。

ステラン・スカルスガルドは私も気になってまして。昨日何気なく「マンマ・ミーア」のサントラを聞いていた時、ふとジャケットに目が行って「あ、ここにいた!」って。(笑)
変な髪型選手権 (ともや)
2009-05-18 01:57:00
こんばんは、migさん♪
原作に忠実っていうか、あらすじをさらっとなぞって映像化したって感じですかねぇ。
なんで、原作読んでる派には大不評です(笑)。
ま、それでも「ダ・ヴィンチ」よりかは幾分マシになっていたのがせめてもの救い…かしらん?

ちなみにあの髪型は継続して欲しかったわ~。
そうすれば、「バンコック・デンジャラス」のニコラス・ケイジと「消されたヘッドライン」のラッセル・クロウと共に、3大変な髪型選手権ができたのに~(笑)。
こんばんわ! (タケナカ)
2009-05-18 02:05:33
原作読んでる方たちからは不評のようですね^^
何人かの方の批評も読んだのですが、面白かったという声もあってmigさんの星の数で決めようと思い、週末観るのを踏みとどまりました。
海外サイトでもあまり芳しくないようです。
ですので、今回は回避します^^;
こんにちは。 (ミスト  (MOVIEレビュー))
2009-05-18 09:59:04
いつもTBでお世話になっています。
余りに私の鑑賞スタイルと一緒だったので
笑いながら拝読させて貰いました。(笑)
私も前半2回ほど一瞬寝ちゃいました!
「ダ・ヴィンチ・コード」もモナリザの絵が中心だと思ってたし、
トム・ハンクスの髪形に違和感アリアリだったし!
そうそう、それに今回の冒頭のクロール姿はCG?
じゃないですよね!?(苦笑)
Unknown (風情♪)
2009-05-18 10:11:34
こんにちは♪

本作は原作ほどに登場人物の背景等が語られてい
なかったので何故の事件なのか?が原作を読んだ
にも関わらず気持ち掴み辛くもありました。
ホントだったらこの辺をキチンと語らないと今回
の物語は成り立たないところなんですがね。
でもまぁ、つまらないと一言で片付けられるもの
でもなかったので、損した感は無いかなぁ…?
気になっていたのですが (cuori)
2009-05-18 10:17:41
私も前回の作品は原作を読んで気合充分で劇場に
行ったのですが、どうでも良かった(笑)

でも一緒に行った夫は面白かったらしく、
今回も観に行きたいらしいです@@;
男性受けするのかな^^;
TBありがとうございました (KGR)
2009-05-18 12:11:15
原作愛好家には不評のようですが、
私は原作読まない派なので、
原作との違いは気になりません。
(と言うか、違いが分からない)

原作の良い点が損なわれるのは
もったいないとは思いますが、

所詮映画と言ってしまうと身も蓋もありませんが、
違いにこだわるのは空しい気がします。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-05-18 12:49:47
すでに前作を忘れてるかも~です^^;
ああ確かにトム・ハンクスの髪型は今回は良くなってますね(笑
原作も未読だし、前作の内容も忘れてるしで、あまり思い入れがなく今回観たのでわりと楽しめましたよ。
テンポも良かったですし、頭を使わなく観られたし?
こんにちは♪ (由香)
2009-05-18 13:37:25
お邪魔します♪
migさんイマイチだったようですね~
前作よりは良かったし、スピード感はあったけど、ただただ慌ただしくて、物語に面白味を感じなかったですよねぇ
原作が大好きなので、文句も出てくるし、、、ちょっと残念でした
第3弾 (にゃむばなな)
2009-05-18 21:30:57
原作者は今回の映画化に凄く機嫌がよろしいらしく、次もこの監督&主演男優でヨロシクなんて言っているらしいですよ。

トム・ハンクスもこういう映画よりも、もう少し若い監督の映画に出演してくれたらいいのにって思いました。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★5