我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

メッセージ / ET APRES/ AFTERWARDS

2011-05-23 22:28:14 |  DVD,CS,Netfilix鑑賞

 

ランキングクリックしてね
←please click


 

 

秋に劇場公開。マルコヴィッチ出演だから観たかったけど時間の都合で見送った映画。

 

途中まで殆ど書いてたのにタイミングなくて保留してあった割と新作。

最近、DVDリリース時に、劇場公開のとはタイトル変える(主にサブタイトルとっちゃう)作品をたまに見かけるけど

これもそう。「メッセージ そして、愛が残る」って確かに最後のは余計だと思ってたら取れてリリースされた。

 

ギヨーム・ミュッソのフランス・ベストセラー小説を映画化。

 

他人の死期が見える謎めいた医者、ケイ。ジョン・マルコヴィッチ。

 

「猫が行方不明」「スパニッシュアパートメント」「PARIS」のフランス人俳優ロマン・デュリスは死を突然予言される。

母国語ではない英語の芝居に挑戦

 

 

妻役には、「ハートロッカー」にも最後だけ出てたけど「LOST」のケイトのイメージがどうしても拭いきれない、エヴァンジェリー・リリー。

 

 

法律事務所に勤めるネイサンの元に、ある日、ジョゼフ・ケイと名乗る医師が現れる。

幼い息子を突然亡くし、妻や娘と別れてひとり仕事に没頭してい たネイサンに、ケイは見知らぬ青年の死を予告する。

半信半疑だったネイサンだが、不思議な出来事が続き、死を予見するケイの能力を信じるようになる。

ケイ は死期の迫った人に、その運命と向き合う時間を与えるメッセンジャーの役目を果たしていたのだ。

そしてケイがネイサンの前に現れた理由が解き明かされていく…

 



 

 

監督/脚本は、ジル・ブルドス

美しい空気感を捉えたカメラは、「花様年華」「空気人形」「ノルウェイの森」でも担当したリー・ピンビン 

 

 

6/10(60点)

 

 

んー、マルコヴィッチだからこその存在感でこの作品は成り立ってる。

観てる時は、暗く静かに、ミステリアスに進行する雰囲気、「ファイナルディスティネーション」のように

死の運命は定められていて避けられない、というように

マルコ演じる謎の男で医師のケイが人間の背後にフラッシュが見える人の死期が近いというもの。

「いまを生きる素晴らしさに、人はなかなか気がつかない」ことを悟らせようというメッセージなどは

「ソウ」のジグソウか!とツッコミたくもなるけど

前半はマルコの淡々とした存在感と、避けられない死の連続にホラーっぽさも少し感じつつ惹き込まれてみてた。

 

主人公の敏腕弁護士ネイサンは、ある日突然自分の前に現れたこの男と接するうちに“自らの死”を意識するよう変わり、

自分のこれまでの人生を振り返り始める。

そうするとこれまでないがしろにしていたことが見えて来て。。。

ある出来事をきっかけに離ればなれになってしまった家族、ネイサンにとって最後の望みは、

決意したネイサンは、自分に与えられた運命を知る。
元妻と子供と和解して最後の時間を一緒に過ごすことだった。

 

そしてラストの方で突然、ひっくりかえりネイサンは、自分に与えられた運命を知る。

ある瞬間突然、元妻の背後に差す眩しい光を見た。

そう、自分だとばかり思ってた死ぬ運命だったのは彼女。

彼もまた 選ばれた特別な「メッセンジャー」だったー。

 

というやや強引なラストに前半より面白さ冷めちゃった。

映像が美しいところが特筆すべきところ。


 

AFTERWARDS    2008年  ドイツ=フランス=カナダ

2010/9/25劇場公開、DVDリリース中~

 

 

 

 

 

突然の妊婦姿をハワイで以前キャッチされたエヴァンジェリー・リリー、

 

昨日 男の子無事出産 おめでとう!

『LOST』でプロダクションアシスタントをしていたノーマン・カリで、二人は撮影中に知り合って交際。

 

ちなみにエヴァンジェリンの元カレは、同じく『LOST』でチャーリーを演じたドミニク・モナハン。

2004~2009年までもうすぐ結婚言われたほどの真剣交際だった。

 

 

最近はDVDも殆ど観れてない状況だけど、よく考えたら まとめてDVDレビューで良かったなこれ。

久しぶりにツタヤ行ったら、ガエルのDVDスルーのや、ベン(アフレック)のラブコメとか

観たい新作いろいろリリースされてた~

なんとか時間作ってみていきたい

 

 

 

無料動画サイトには負けたくない

 

クリックしてね

←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (10)   Trackbacks (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリス・クリードの失踪 / TH... | TOP | 母の道、娘の選択 / Mother’s... »

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-05-23 23:11:17
あ、migさんこれスルーしてたんだ。
考えようによっちゃ随分だよね。
頼んでもないのに勝手にメッセンジャーにされた挙句に愛する奥さんをって。
結局はメッセンジャーになるための修行期間を描いたかのような作品でしたが、徐々に重く感じられていく命の重さをどう受け止めるのかという部分でのお話は結構好みでした。
もっとも私にゃ絶対むりだけど…^^;
KLYさん☆ (mig)
2011-05-23 23:20:04
早い!
そうなの~、マルコだからみたかったんだけどあまり評判もよくなかったような?
そうでもないのかな?
確かにひどい話しだけど、映像が綺麗でミステリアスなところが観やすかったかな。
うん、奥さんに光なんてみえたら、、、
自分がその存在って分かる以上にショックで倒れちゃいそうよね
タイトルが、、、! (mezzotint)
2011-05-24 00:40:59
今晩は☆彡
びっくりしました。タイトルが変わった
とは驚きです。
マルコヴィッチさん、何気に怪しかったです。
こういう役お似合いですよね、
ところでエヴァンジェリン・リリーの
妊婦姿に、またびっくりしました!
まるで別人ですね。
Unknown (リバー)
2011-05-24 10:06:59
TB ありがとうございます。

なんといっても マルコヴィッチの存在感が
この作品の肝となっているなぁと

ハリウッドとは違う空気感がなんともいえず
リー・ピンビンの仕事が光っていたと思います。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-05-24 22:35:14
migさんのパイレーツのレスにも書いて
あったのに、再度、私のブログにもコメント
ありがとうございました^^
勘違いしてすみませんσ(^◇^;)

さて、この作品、マルコビッチが出ていたし
サスペンスだったので、観ようかなあ~と
思っていましたが、上映館が少なかったので
スルーしてしまいした(^^;
タイトルは「愛が残る」はないほうが、私も
好きです♪

一応観ようとは思っていますので、migさんの
感想はさら~~と読ませて頂きました^^
映像は美しいとのことですから、そこらへんを
期待して鑑賞したいと思います(^_-)-☆

ドミニクと結構長く交際していたのに、別れちゃったんですね(*_*)


mezzotintさん★ (mig)
2011-05-24 23:36:30
こんばんは☆
たまにタイトルって変えて(というかサブタイトルとったりしてリリースになるんですよね~)

ドミニクモナハンと別れたと思ったらあっという間にロストのスタッフとつきあって赤ちゃんなんて早いの。
リバーさん☆ (mig)
2011-05-24 23:37:45
こちらこそありがとです、

そうですね~、ハナシは後半あれ?ってなんちゃったんだけど
映像綺麗で。
マルコヴィッチだからこそ、でしたね。
ひろちゃん☆ (mig)
2011-05-24 23:39:41
いえいえ~わたしこそ、紛らわしくって。


でもひろちゃん、これ観るんだったら他にもオススメしたいのがあるかもー(笑)

ドミニクモナハンとは意外な組み合わせだったけど勝手に応援してたのにな~

こんにちは♪ (yukarin)
2011-06-07 12:43:42
観たのがたまっちゃててコレ1週間前に観ました。
まぁまぁな感じ?
映像はきれいでした。
うん、マルコヴィッチサンだから良かったのもあるね~
yukarin★ (mig)
2011-06-10 00:21:52
こんばんは☆

いや~もうDVDレビューはたまっちゃうと大変だね、どんどん忘れちゃってまとめてじゃないと書けないわ(笑)

マルコが出てなかったらみなかったなぁ

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

15 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
メッセージそして、 愛が残る (LOVE Cinemas 調布)
原作はギョーム・ミュッソの人気小説。人の死が解るという男の出現に戸惑いながらも、徐々に成長しやがてその運命を受け入れる男の姿を描いたちょっとダークファンタジーなヒューマンドラマだ。主人公を演じるのは『モリエール 恋こそ喜劇』のロマン・デュリス。その妻を...
メッセージ そして、愛が残る (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
メッセージ [DVD]悲痛な死や喪失感以上に、ポエティックな映像美の印象が残る人間ドラマ。観ている時のインパクトは弱いのだが、死と向きあうことで生を意識するというテーマが、あ ...
メッセージ そして、愛が残る(2008) (銅版画制作の日々)
 原題:ET APRES京都シネマにて鑑賞。事前チェックもせず鑑賞したこの作品。おぉ~こんなお話だったのね。人の死期が分かるなんて怖いけど、こういうパターン、何処かで観たような気もします。あのジョン・マルコヴィッチが人の死期を予見するという医師ケイ役で登場。マ...
メッセージ (映画的・絵画的・音楽的)
 『メッセージ そして、愛が残る』を、日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)かなり重厚な物語です。  毎日忙しく働く弁護士の男ネイサン(ロマン・デュリス)の元に、ある病院の医師ケイ(ジョン・マルコヴィッチ)がやってきて、自分には人の死ぬ時期が....
メッセージ そして、愛が残る (あーうぃ だにぇっと)
9月22日(水)@シネマート六本木。 配給は日活で宣伝費かけられず、たぶん一回だけ しかも平日の真昼間に開催の試写会で鑑賞。 観客は中高年ばかり。 やや女性が多いくらいで、じいさんも沢山来ていた。
自分の死がわかったら・・・ (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「メッセージ そして、愛が残る」を鑑賞しました。 人の死が見える男 その男に付きまとわれ 自分の死が近いと悟る男 そして別居中の妻 これは愛の映画かな サスペンス要素もありつつ ドラマがメインで 何より 美しい映像 カメラのリー・ビンピ...
メッセージ そして、愛が残る (風に吹かれて)
もしも死期が近いとしたら公式サイト http://www.cinemacafe.net/official/message-movie/ギヨーム・ミュッソ著作の小説の映画化ニューヨークで弁護士をしている
*メッセージ そして、愛が残る* (Cartouche)
  法律事務所に勤めるネイサンの元に、ある日、ジョゼフ・ケイと名乗る医師が現れる。幼い息子を突然亡くし、妻や娘と別れてひとり仕事に没頭していたネイサンに、ケイは見知らぬ青年の死を予告する。半信半疑だったネイサンだが、不思議な出来事が続き、死を...
メッセージ、そして愛が残る (シネマ大好き)
 白鳥の泳ぐ池のほとりで遊ぶ少年と少女。少女が溺れ、助けに走った少年は車にはねられる。彼は助かり、臨死体験を医師に話している。  場面が変わって、ニューヨークの法律事務所で働く敏腕弁護士ネイサン(ロマン・デュリス)。幼い息子を失くしたショックから妻子と...
メッセージ そして、愛が残る (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
フランスでベストセラーとなったギューム・ミュッソの小説を映画化。監督は脚本も手がける新鋭のジル・ブルドス。『花様年華』のウォン・カーウァイをはじめ、ホウ・シャオシエン ...
『メッセージ そして、愛が残る』:死を受け容れる、運命を受け容れる、さていずれか @レンタルDVD (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
ひとの死を予見し、安らかに死を迎える手助けをするメッセンジャー。 主人公のロマン・デュリスは、胡散臭い風貌の医師と名乗るジョン・マルコヴィッチから或る死を告げられる。 死を受け容れるか、運命を受け容れるか・・・ ひとことでいうと、そんな映画である。
~『メッセージ そして、愛が残る』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:ドイツ&フランス&カナダ合作映画、ジル・ブルドス監督、リー・ピンビン撮影監督、ロマン・デュリス、ジョン・マルコビッチ、エバンジェリン・リリー出演。
メッセージ そして、愛が残る (とりあえず、コメントです)
フランスのベストセラーとなったギヨーム・ミュッソの同名小説を映画化した作品です。 美しくてちょっと不思議な映像の予告編に、どんな物語なのだろうと気になっていました。 かなり切ない展開に、悲しみで胸がいっぱいになってしまいました。
メッセージ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【AFTERWARDS/ET APRES】 2010/09/25公開 ドイツ/フランス/カナダ PG12 107分監督:ジル・ブルドス出演:ロマン・デュリス、ジョン・マルコヴィッチ、エヴァンジェリン・リリー、リース・トンプソン、グレンダ・ブラガンザ 遠く遠く愛を探して、いま君へと帰り着く。...
メッセージ そして、愛が残る (こんな映画見ました~)
『メッセージ』(DVD題名)---AFTERWARDS  ET APRES---2008年(ドイツ/フランス/カナダ)監督:ジル・ブルドス 出演:ロマン・デュリス、ジョン・マルコヴィッチ 、エヴァンジェリン・リリー 人の死期を予見する謎めいた男の出現に困惑しながらも、その運命...